総合探偵社 MR

5年連続業界No.1
日本全国どこへでも調査に伺います

24時間365日対応 ご相談は無料 MRはお客様のプライバシーをお守りします

LINEまたはメールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ

総合探偵社 MR

5年連続業界No.1
LINEまたはメールでお問い合わせ 電話でお問い合わせ

必見!離婚基礎知識 はじめに

浮気調査申し込み時のお客様の心理は「夫が浮気をしているかもしれない…でも、出来る事なら元の生活に戻りたい」ということが多いようです。そして、当社にご依頼された方の約70%は実際にやり直せています。

しかし「離婚」という結果になることが多いのも事実で、2003年度だけで日本では「284000組」もの夫婦が離婚しています。これはなんと約2分に1組の夫婦が離婚をしている事になるのです。
離婚と言ってもそんなに簡単な事ではありません。離婚にも様々なケースやパターンがありますから、イザという時の為に離婚の基礎知識を知っておくと良いかもしれません。

浮気調査終了後の動向データ

当社にご依頼された方の約70%は実際にやり直せています。
内訳を見てみると・・

探偵社に依頼される方の多くは、やり直す為のひとつの手段だとお考えのようです。浮気調査の結果、真実を知った事で良い意味での変化があった方が全体の約95%を超える結果となっています。
(サンプル数:1,567件)

近年の離婚動向 ~若年離婚の増加~

厚生労働省の人口動態統計によると09年の離婚総数25万3,000件に対する結婚から20年以上の夫婦の離婚件数は16.9%。 一方で5年未満の夫婦は倍以上の35.6%をしめます。
近年このように若年離婚が増えている理由は、できちゃった婚など 交際期間が短いままゴールインするカップルが増えていることや、夫婦の親世代が生活に関わることが挙げられます。
できちゃった婚などであまりに早く子どもを産んでしまうと、夫婦の信頼関係がまだ出来上がっていません。育児は大変なことなので、夫が仕事で手伝ってくれないとなると実家を頼ってしまうわけです。
親世代も若く経済力もあるので娘と孫の面倒をみることが出来てしまいます。
離婚相談で親が一緒に来て「娘と孫は引き取ります」というケースは少なくありません。

また近年の「イクメン(育児する男性)」の言葉も若年層に影響が大きいようです。だんなさんが優しく手伝ってくれるのが当たり前という理想像が出来上がってしまい、現実とのギャップに妻がストレスを抱えてしまうようです。
近年ではこういったすれ違いによる若年離婚が増えてきています。

出展:2010.11.29 スポーツニッポン


page top