大手総合探偵社・興信所ならMR

5年連続業界No.1
日本全国どこへでも調査に伺います
LINEまたはメールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ

24時間365日、フルタイム常勤対応はMRだけ!

電話でお問い合わせ
0120-12-8888

プライバシー保護・秘密厳守

大手総合探偵社・興信所ならMR

5年連続業界No.1
メールでお問い合わせ
LINEでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
0120-12-8888

審判離婚

調停において、離婚には合意であるがどうしても意見が合わない点がある、成立寸前で相手が出頭に応じないなどで調停が不調になった場合には、家庭裁判所が全ての事情を考慮して独自の判断により離婚を決定する事があります。
これに異議がなければ、審判離婚の成立となります。しかし、不成立となった場合は訴訟を起こすか一旦離婚を諦める夫婦が多いようです。

審判離婚の流れ異議申し立てがある場合は、家庭裁判所の判断が成立してから2週間以内に行わなければいけません。審判確定した時点で離婚が成立します。

※審判に異議申し立てをした場合は、裁判離婚となります。

審判離婚のポイント

異議申し立てについて

裁判所が下した審判に、どちらか一方でも異議申し立てを行えばその審判を無効にする事ができます。その際は、審判が下されてから2週間以内に「審判に対する異議申立書」と「審判書の謄本」を添えて提出します。異議申し立てが行われ、審判が無効となった場合は地方裁判所にて裁判となります。2週間以内に異議申し立てがなかった場合は、離婚成立となります。

page top