総合探偵社 MR

5年連続業界No.1
日本全国どこへでも調査に伺います
LINEまたはメールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ

24時間365日、フルタイム常勤対応はMRだけ!

電話でお問い合わせ
0120-12-8888

プライバシー保護・秘密厳守

総合探偵社 MR

5年連続業界No.1
メールでお問い合わせ
LINEでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
0120-12-8888

浮気調査データ

当社では、ご依頼いただいた案件の分析を行って、よりよい戦略づくりの糧としています。ある程度の案件数を重ねなければ、分析を行いその中から傾向や対策が見出すのは難しいことです。当社ではおかげさまで多くのお客様のご信頼を得て、数多くの事案より日々分析を行なっております。
このデータを読み解くと、世の中の浮気問題のデータがわかってきます。

浮気調査データ その(1)
当社にご依頼いただいた方の男女比

⇒驚く事に依然として男性の依頼が23.8%と高い割合となっています。
近年では夫から妻の浮気調査の依頼や、父親や祖父からの依頼も増えているのです。

浮気調査データ その(2)
当社にご依頼いただいた方の年齢層の分布

30代層が一番多く見えますが、近年では結婚や出産を経て、再び外で働く女性も増え経済力をもたれた方が増えたことが1つの理由と言えます。またこの数字はあくまでも契約者ベースでの年齢であり、実際には親御さんご同伴での依頼も多数ございます。全体では40代50代のお客様が50%を占めており、平均年齢は45歳前後となっております。

浮気調査データ その(3)
実際に浮気問題の調査をしてみた結果

⇒夫や妻がいつもと違う態度や行動、言動をとり、「何か怪しいかも…」と思った時は既に何らかの変化が起こっている事が多いようです。

浮気調査データ その(4)
離婚件数と調停件数の推移

離婚件数は近年横ばいなのに対して、調停件数は年々増加している傾向にあります。
従来、離婚といえば当事者同士による協議離婚が9割でしたが、慰謝料や養育費などがあいまいになり金銭的なトラブルに発展するケースが増えているため、家庭裁判所の裁判官や民間の調停委員を交えた話し合いによる調停を利用した解決が増えてきています。その背景には養育費を負担する父親の給料の減少やリストラなど経済的事情の悪化があるようです。

浮気調査データ その(5)
浮気発覚後の動向

専業主婦の場合、離婚という選択は不利になってしまうことが多いのが現実です。一般的な年収500万円のご主人だと離婚したところで離婚慰謝料はあまり大きな金額にはなりません。それでも10年後・・・15年後・・・積み重なった収入はそれなりの金額に。一時の浮気に対して離婚という決断は早すぎるかもしれません。ただし、ケースにもよりますので、 経験豊富なカウンセラーに御相談ください。

page top