大手総合探偵社・興信所ならMR
5年連続業界No.1
日本全国どこへでも調査に伺います
LINEまたはメールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ

24時間365日、フルタイム常勤対応はMRだけ!

電話でお問い合わせ
0120-12-8888

プライバシー保護・秘密厳守

大手総合探偵社・興信所ならMR

5年連続業界No.1
メールでお問い合わせ
LINEでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
0120-12-8888

専業主婦探偵~私はシャドウ 第6話 2011年11月25日

株式会社MR

他の探偵会社からもらった写真を眺めるシーン
 

Q. 探偵会社同士でこういうやり取りがあるのですか?

A. もちろん、ありません(笑) お客様の個人情報、調査によって得られた情報は一切外部に漏れることはございません。今回のシーンもいわゆる演出ですね。
探偵業界は個人情報の最たる部分を扱うお仕事です。その為、社内での情報管理には相当徹底しており、データの扱いから社内コミュニケーションまでかなり細かく規則化しています。その為他業界の方とお話したときに非常に驚かれることが多くあります。
とは言え、探偵業界も規模の大小あり、そこまで徹底できる企業ばかりではありません。
今後は業界としていかにその品質を高めていくのかも、しっかり取り組んでいきたいところです。



橋の上から夕日を眺める対象者を張り込むシーン
 

Q. 「1対2対」というフレーズがありましたが本当に使われているのですか?

A. はい、実際に使われています。
「1対と2対が同じ方向に歩き出すとは限らないだろう」といって橋の両サイドに張り込みましたが、1対が対象者本人、2対がその相手(交際相手)になります。
今回のような橋の上から別行動というのはあまり無いかもしれませんが、不倫などの逢瀬の現場においては警戒してこういった別行動をとることが珍しくありません。

なお、第5話では他にも「"面"を撮ってこい」と陣内が指示する場面もありましたが、これは正面の顔を撮ってこい、という意味です。
芹奈はすっかり探偵が馴染んでいて、こういったキーワードもすんなり理解していましたね。他にも探偵ならではの"業界用語"があるのですが、あまりお話し過ぎるとNGなものもありますのでココまでです。
探偵にご興味ある方は是非一度弊社運営の探偵学校を覗いてみてください。


意外にも緊迫するストーリー展開となってきましたね! 産業スパイのスリリングさと、複雑な心理描写が面白くなってきました。 来週以降も是非お楽しみに!

検証!主婦探偵シャドウ 一覧に戻る

page top