大手総合探偵社・興信所ならMR

5年連続業界No.1
日本全国どこへでも調査に伺います
LINEまたはメールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ

24時間365日、フルタイム常勤対応はMRだけ!

電話でお問い合わせ
0120-12-8888

プライバシー保護・秘密厳守

大手総合探偵社・興信所ならMR

5年連続業界No.1
メールでお問い合わせ
LINEでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
0120-12-8888

盗聴発見・盗聴器調査

盗聴発見・盗聴器調査の必要性

近年盗聴器・盗撮器の高性能化により、盗聴・盗撮の被害が増加しています。誰も知らないはずの情報が漏れている、誰かに話を聞かれているかもしれない不安・・・見つかりにくい場所に見慣れない機器が設置されていることもあり、プロに発見してもらうのがベストです。何事もなければまた穏やかな生活が戻ってくるのですから。

盗聴発見・盗聴器調査
もしかしたら・・・と思ったらプロにお任せを。盗聴疑惑

盗聴器発見・盗聴調査

何でも全ての事を、盗聴だと疑う必要はありませんが、その不安が大きいものであれば迷わずご相談下さい。

盗聴器について

個人で使うものであれば、一番安価な機器のものは2万円ほどでいとも簡単に購入できることもあり、一般の人がターゲットにされる事例が急増しています。

盗聴に関する法律

盗聴器を持つことは違法ではないのですが、家や会社の建物に忍び込んで盗聴器を仕掛ければ、 刑法第130条の住居不法侵入罪に問われます。また、仕掛け方によっては 刑法第260条の建造物損壊罪や第261条の器物損壊罪などが適用されることもあります。

【電話を盗聴した場合】
電話回線に機械を仕掛けて通話内容を傍受すると、有線電気通信法第9条の違反となります。

【携帯電話、コードレス電話を盗聴した場合】
携帯電話やコードレス電話は無線式の通信手段なので、有線電気通信法違反にはならず、現行法の中では取り締まるものがありません。しかし、盗聴した内容を第三者に漏らした場合には電波法第59条に違反したことになります。

盗聴器を発見した場合は、どのような法律に抵触しているかを理解した上で対応することが重要です。

ストーカー被害の認知件数は2000年を期に増加傾向

2010年度の段階では、認知件数のみで16,176件となっており、認知されていない件数を踏まえると相当な件数が予想されます。

また、性別で見ると、被害に合っているのは9割方女性となっており、年代別ですと、20歳代~40歳代が8割以上を占めています。


ストーカー用の盗聴、盗撮機器の入手は簡単!?

盗聴、盗撮機器の巧妙さは、技術の発達によって、益々わかりづらいものになっております。
中にはiPodそっくりな盗撮機器や、置き時計型盗撮機器なども。
インターネット上でも「盗撮機器」 「盗聴機器」と検索するだけで、簡単に購入サイトが見つかります。
全国で年間30万台を超える盗撮、盗聴機器が販売されておりますので、少しでもいつもと様子がおかしい、誰かにつけられている気がするという時は、既に盗撮、盗聴の恐れがございます。
ご自身の被害状況に応じて、的確かつ迅速な対策が必要になりますので、まずは一度、調査のプロである弊社にご相談ください。

page top