MRブログ

夫に浮気させないために実践したいこと

「夫が浮気をしていたらどうしよう」と、不安になった経験はありますか?たとえ夫婦関係がしっかりと築けていたとしても、万が一のことを考えるときりがありませんよね。そんな不安から必要以上に思い悩み、自分を追い込んでしまうという女性は後を絶ちません。時にはその不安を夫にぶつけてしまい、それをきっかけに夫婦関係が悪化してしまうというケースもあるのです。

そこで今回はそんな悩める女性の負担を少しでも軽くするため、夫の浮気予防法に着目してみました。夫に浮気をさせないために妻ができることは、意外にも日常生活に潜んでいることが多いのです。そしてそのなかにはあなたの意識や行動を少し変えるだけで、改善の糸口に繋がるものも存在します。一体どのようなものがあるか…さっそくその詳細を1つ1つみていきましょう。

コミュニケーションを頻繁にとる


最近、旦那さんとしっかりコミュニケーションを取っていますか?コミュニケーションが少なくなると、すれ違いが増えるきっかけになります。すれ違いが増えてしまうと寂しさを紛らわそうとして、浮気に走ってしまう男性は意外と多いのです。

たとえば寂しい時や落ち込んでいる時に優しくされると、その人がとても素敵な人に見えたりしませんか?その相手がもし異性だったら、一時的な気の迷いが起こっても不思議ではありません。アルコールやその場の雰囲気といったスパイスも加われば、尚更でしょう。

「そんな単純なことで?」と思うかもしれませんが、浮気のきっかけというのは些細なものが多いのです。「寂しかった」「夫婦仲が良くなかった」なんて一見耳を疑ってしまいそうな小さな出来事こそ、浮気へ走らせる原因となります。

そのため、夫婦間でしっかりとコミュニケーションを図り、日々絆を深めていくのはとても大切。男性はたとえ「寂しい」「もっと妻と話したい」と思っていても、プライドが邪魔をして、なかなか自分からその悩みを打ち明けることができないのかもしれません。

夫の話にしっかりと耳を傾けていますか?愛の言葉を口にしていますか?「また今度」「今日は疲れているから」なんて先延ばしにしてしまったら、それこそ夫婦の溝を深める原因となってしまいます。コミュニケーション不足に陥らないためにも、夫婦の時間はしっかりと確保しましょう。

ちなみに、どうしても時間が合わないという人はあなたの気持ちがこもった手書きのメモを残すのも効果的です。メモでは、夫を労わる言葉や感謝の気持ちを記しましょう。LINEが普及している今だからこそ、手書きの文面は夫の心に響くはずです。

女であることを忘れない

共働きだったり家事や育児に追われたりしていると、どうしても自分に費やす時間が減ってしまいますよね。そのため、独身時に比べると「オシャレをしなくなった」「メイクをしなくなった」という人が多いのではないでしょうか。はたまた、「結婚してから体重が増えた」なんて人もいるかもしれませんね。

旦那側からしても、おそらくその事実には複雑な心境を抱いているでしょう。そのせいか、ついつい身だしなみのことで奥さんを責めてしまう人が多いのです。たとえそこに「いつまでもキレイであってほしい」という意味合いが込められていたとしても、厳しい言葉を投げかけられたら余計に反発心が芽生えてしまいますよね。

しかし、そこで夫に言い返したり意見を無視したりしてはいけません。身だしなみを整えるとなると、美容院やエステ、メイクなどを連想してしまいがちですが、あなたのできる範囲でいいのです。

たとえばヨレヨレのジャージではなく可愛いルームウェアで過ごすのも良いでしょう。穴の開いた下着を着用せず、セクシーな下着で夫を誘惑してみるのもおすすめです。たまにはちょっと高級なシャンプー使い、いつもと違った香りで夫をドキドキさせるのも効果的!

こうやって見ると、今すぐに実践できることは意外とたくさんありますよね。難しく考えずにできることから始めて、女性であることを目一杯楽しんでみませんか?

工夫して新鮮さを保つ


多くの時間を共に過ごすと、どうしても慣れが発生します。その慣れがマンネリを引き起こすと、妻を女性として扱わなくなる男性は多いのです。このマンネリを打破するためには、工夫を凝らしていかに新鮮さを保つかが鍵を握っています。

たとえば行ったことのない場所にデートへ出かけるのも良いでしょう。はたまたちょっと奮発して豪華ディナーを楽しむのもいいかもしれません。もちろんその時はとびっきりのオシャレをしましょう。

はたまた思い出のデートスポット巡りを行うのもおすすめです。思い出が色鮮やかに蘇り、初心にかえることができるでしょう。出会った頃の新鮮さを振り返ってお互いの大切さを改めて実感してみませんか?

夫が家に帰ってきたくなるように

なんと既婚者男性の半数以上が「家に居場所がない」と感じていることをご存知でしたか?帰っても会話がない、顔を合わせるとすぐ喧嘩になるといった悩みが多く、こういった状況は時が経つにつれて深刻化するケースが多いようです。そうなると男性側の不満はどんどん蓄積され続けてしまうので、余計にすれ違いが増えてしまう可能性も…。

そんなことにならないためにも、まずは夫が家に帰ってきたくなるような居心地の良い環境をしっかりと築き上げておくことが大切です。たとえば夫が帰宅したら、必ず「おかえり」と笑顔で出迎えてあげるのは非常に重要なポイント!「おかえり」という言葉一つで家に帰ってきたという安心感を与えるのはもちろんですが、「自分には帰る場所がある」という認識を深めることができます。

小さなことかもしれませんが、これも立派なコミュニケーションの一つです。出迎えてくれる人がいるというのは、帰ってくる人にとって嬉しいもの。帰宅後の旦那に何も声をかけないのはもちろん、目を見ずに「おかえり」と言うのも絶対にNG。とびっきりの笑顔で出迎えてあげましょう。

また、温かいご飯やお風呂を用意しておくのも非常に効果的です。大好きな人の手料理や温かいお風呂はこの上ない幸せを感じ、日々の疲れを癒すことができます。

そして、夫婦の時間も大切ですが1人の時間をしっかりと確保してあげることも忘れてはいけません。たとえ家庭を持ったとしてもたまにはゆっくりと自分の趣味に打ち込みたい時だってあります。こういったことに理解を示すのも、円満な家庭を築く上で欠かせません。そんな幸せなことがたくさんある家庭なら、旦那はきっとすぐに帰ってきたくなるはずです。

生活に刺激をもたらす

浮気をする夫のなかには刺激の無さに不満を抱えている人もいます。寝て起きて会社に行く…このサイクルに価値を見いだせず、浮気という新たなスリルを求めてしまうんだとか。そこで実践したいのが、生活に刺激を見いだすということです。

とは言っても、一緒にいる時間が長い夫婦にとって「今さら刺激なんてない」というのが本音ではないでしょうか。お互いの性格や行動パターンを知っているからこそ、刺激を取り入れるということに難しさを感じてしまうかもしれません。

そんな時は、思い切ってあなた自身が異性と関わる場へ足を向けてみるのもおすすめです。たとえば同窓会なんていいかもしれません。妻に異性の影がチラつきだすと途端に焦り出す男性は意外と多いのです。

「もしかして他の異性に奪われるかもしれない」という危機感こそが刺激を生み出し、お互いの関係を見つめなおす良いきっかけになるかもしれませんね。

旦那に依存しない

経済的にも精神的にも夫に依存をしてしまう女性は意外と多いようです。もちろん時には甘えたり頼ったりすることも大切ですが、寄りかかりすぎてしまうのはNG。「こいつは俺がいないと駄目だ」なんて安心させすぎてしまうと、危機感が薄れて浮気をしてしまう男性は決して少なくないのです。

どうしても旦那が生活の中心になってしまう人は、夢中になれる趣味を見つけたり資格取得を目指したり、習い事を始めたりするといいでしょう。夫以外に打ち込めるものを見出して、適度な距離を保つのです。また、何かに対してひたむきに頑張っている姿は見る者を惹きつけるので、あなたの魅力をアピールすることにも繋がります。

いきなり夫中心の生活から抜け出すのは難しいかもしれませんが、少しずつ生活スタイルを変えていくと現状を打破する糸口が見つかるかもしれませんね。

求めすぎない

365日家事や育児に追われている妻にとって、猫の手も借りたいとはまさにこのこと。共働きであれば尚更、様々な疲労やストレスが蓄積していることでしょう。残念ながら日本ではまだまだ「家のことは女性の仕事である」という認識が根強くあります。

そのため、どうしても育児や家事に関する負担は女性にのしかかってしまう傾向にあるのです。家のことに無関心で非協力的…そんな旦那に苛立ちを覚えてしまうのは、当然のことかもしれません。しかし、そこで感情的になって旦那を責めたててはいけません。

もちろん、あなたが旦那の見えない部分でたくさんの苦労を重ねているというのは分かります。しかし、それと同じくして、旦那もあなたの見えないところで仕事や人間関係のストレスを抱えているかもしれないのです。やっとの思いで帰宅したと思ったら今度はあなたから責められる…これでは夫の安らぐ場所がなくなってしまいます。

また、一家の大黒柱として家族を支えなければならないプレッシャーも、並大抵のものではありません。そこへあなたが「もうお父さんなんだから」「もっとしっかりして」なんて言葉で追い打ちをかけてしまうと、旦那は家族に安らぎを求めなくなってしまうでしょう。

では妻側が我慢するしかないのか…というと、それは違います。旦那に家事や育児で協力をあおぎたい時は難易度の高いものではなく、簡単なものから頼むことをおすすめします。それこそ最初は「ゴミだし」なんかがいいかもしれません。非常に簡単で通勤途中にできるゴミだしは、まさに最初のお願い事にピッタリです。

最初から難易度の高い頼みごとをされると「面倒臭い」「やりたくない」という気持ちが芽生えてしまいますが、こういった簡単なものであれば引き受けてくれる可能性が高まります。更に「ゴミだしお願いできないかな?」「ゴミだしだけ手伝ってもらってもいい?」というように旦那を気遣いながらお願いごとをすればより効果的です。間違っても「ゴミ捨てぐらいやって」「ついでだし、それぐらいやってよ!」なんて厳しいひと言を付け加えてはいけません。

頼まれた側が気持ちよく引き受けることができるよう、言葉には配慮しましょう。もし夫が引き受けてくれたら「ありがとう」「朝は忙しいから本当に助かる」というように、感謝の気持ちを必ず述べ、手伝うことの心地良さを知ってもらうのです。

その後徐々に手伝いの難易度を上げていき、感謝の言葉のレベルも上げていきましょう。「結婚して良かった」「今流行のイクメンだね」なんて愛する妻の口から聞けたら、これ以上の喜びはありません。

ただし、時には頼まれていたことを忘れてしまうこともあるでしょう。そして不得意なことを頼まれれば、上手にできない場合もあります。それでも決して責めず、多くのことを求めすぎてはいけません。夫のできる範囲で協力をあおぎ、できない部分は2人で協力して解決していくようにすると、いつまでも仲の良い夫婦でいれるかもしれませんね。

母親にならない


夫を支えるのは妻の役目と考えている人も多いのではないでしょうか。確かに夫が働きやすい環境をサポートするのは、妻の仕事でもあるという風習は今でも残りつつあります。しかし、なんでもかんでも支え過ぎてしまうのはいけません。

良かれと思ってあれもこれもとサポートをし過ぎてしまうと、あなたの存在が妻ではなく、母親という位置づけになってしまうからです。そうなってしまうと、夫は妻のことを女性として見れなくなってしまいます。

たとえば、「ハンカチ持った?」「ちり紙持った?」と子どもの頃、母親によく言われたという人も多いのではないでしょうか。忘れ物が多い幼少期は、母の何気ない一言で助けられる場面が多かったと記憶に残っている人もいるかもしれませんね。

しかし、これを夫婦の会話で使用するとどうでしょう。「書類は持った?」「定期は持った?」など、言葉は違えど、これでは子どもの手荷物を心配する母親となんら変わりはありません。このような関係を続けていると、あなたの魅力は夫の母親の陰に埋もれてしまう恐れさえあります。

上記のような状態を引き起こさないためには、日頃から旦那のできる範囲内のことには手を出さないという習慣を身につけることがとても大切です。ハンカチや靴下の準備など、自分でできることはなるべく夫に任せて状況を改善していきましょう。

愚痴ばっかり言わない

家事や子育て、ママ友間のトラブルなど、妻にだってたまには愚痴りたくなるときもありますよね。確かに一番身近な人物で自分のことを分かってくれている夫には、こういった日々のストレスを吐き出しやすいかもしれません。しかし、それが毎日のように続いてしまうと、夫はうんざりしてしまうでしょう。

そればかりか、毎回愚痴をこぼす妻に対して退屈な印象を抱いてしまうかもしれません。また、愚痴をこぼしていると自然としかめっ面になってしまうことが多いので、あなたの魅力は内面的にも外見的にも半減してしまうのです。そうなると、夫が他の女性へ安らぎを求めても不思議ではありません。

かと言って愚痴りたい気持ちを無理に抑え込んでしまうのも、あなたのストレスを蓄積する原因となってしまいます。本当に辛い出来事があった時や第三者の意見が欲しい時は、むしろ1番に旦那へ報告するといいでしょう。

しかし、自身でそのストレスが解消できそうなときは、夫に頼るのではなく自分で対処をするといいかもしれませんね。美味しいものを食べたり自分の好きなことをしたり、おもいっきり寝てみるのもいいでしょう。そういった時間を確保できない人は、アロマに癒しを求めるのもおすすめです。自分なりのストレス解消法を見付けて、イライラと上手に向き合っていきましょう。

日々感謝の気持ちを伝える

夫婦になると、どうしてもお互いの存在が当たり前になってしまう傾向にあります。相手がちょっとした気遣いを見せても、気付かないうちにそれが当然と感じてしまう…なんてケースも珍しくないでしょう。

逆に嫌な部分は非常に目立ちいつまでも尾を引きずってしまいます。良い部分はスポットが当たりづらくなり、悪い部分ばかりが注目される…そんな夫婦関係は良好とは言えませんよね。また、良い部分に気付いていたとしても今更感や照れが拭いきれず、言葉にできていない人も多いのではないでしょうか。しかし、「言わなくても伝わっているだろう」「お互い様」なんて油断や隙こそ、お互いの本当の気持ちが伝わらない原因となってしまうかもしれないのです。

そんな現状を打破するためにも、日々感謝の気持ちを伝えていくことはとても大切だといえます。「家族を支えてくれてありがとう」「夜遅くまでお疲れ様」など、旦那が当たり前にしていることにこそ感謝を伝えたい部分が見つかるはずです。

どうしても言葉にして伝えるのは恥ずかしい…という人は、LINEで感謝の気持ちを綴るのもいいでしょう。それでも難しい場合は、何かプレゼントを用意するのもいいかもしれません。小さなメッセージカードを添えて、「ありがとう」と一言伝える…これだけでも夫婦関係を維持する大きな力となるかもしれませんね。

記念日を大切にする


夫婦になると、催し事や記念日などを蔑ろにしてしまいがちです。恋人同士のときはイベントとあらば毎回お祝いしていたはずなのに、いつの間にか忘れてしまったり面倒くさくなってしまったり…なんて話はよくありますよね。

確かに子どもができたり仕事が忙しくなったりすると、それどころではなくなってしまうという気持ちも分かります。しかし、誕生日や結婚記念日といった特に大切なイベントもお祝いをしなくなってしまうのは夫婦間に亀裂を生み出す大きな原因となる可能性があるのです。

代わり映えしない毎日に嫌気が差し、イベント事すら無関心…そんな寂しさを浮気相手で埋めようとする男性は、決して少なくありません。新鮮さを失った妻と自分が誕生した日を心からお祝いしてくれる浮気相手を比べると、間違いなく分が悪くなってしまうでしょう。誕生日なのに将来を誓い合った人に祝ってもらえないという悲しみは、想像よりも深い傷を残してしまうケースがあることを忘れてはいけません。

また、結婚記念日はお互いが初心に帰る上で欠かせない日です。「こんなことあったね」と写真を見返して思い出話に花を咲かせるのもいいでしょう。また、愛の言葉や感謝の気持ちを伝えるのもいいかもしれません。普段何気なく言われるのも嬉しいですが、記念日だからこそ輝く言葉もあります。二人だけの記念日を最高の形で重ねていくと、更に絆が深まっていくかもしれませんね。

夫の家族と仲を深めておく


義家族と仲を深めるというのはとても難しいことですよね。現に嫁姑問題の悩みを抱えている女性は多く、夫の家族とどう向き合っていくかは結婚をする上で一つの課題となっています。しかし、夫からするとやはり妻が自分の家族と仲良くしてくれるのは嬉しいもの。万が一妻が自分の家族と良好な関係を築いてくれたら、感謝の気持ちしかありません。そんな奥さんの頑張りを全て無にして浮気をしたいかと聞かれれば、答えは限りなくNoに近いでしょう。

もし浮気でもすれば夫はあなたとの関係はもちろん、妻と仲の良い自分の家族との関係すら危ぶまれてしまいます。「こんなに素敵な奥さんがいるのになぜ」「そんな息子だとは思わなかった」という非難の声にも晒されることでしょう。絶対的な味方ともいえる肉親の信用を失うというのは、非常に大きなダメージを伴います。

お姑さんとの関係が上手くいかなかったら義父・義兄弟の誰かと親しくしておくのも一つの手です。強力な味方は一人でも多く獲得しておき、浮気ができない環境を作りましょう。

釘を刺しておく

あなたがどんなに良い奥さんでも、たとえ良い夫婦関係を築けていたとしても、機会があれば浮気を目論む男性は残念ながらいます。そしてそういった男性は気になる異性を見つけた際、必ず何かしらのサインを残すのです。「いきなりスマホを触る時間が増えた」「帰宅後の機嫌が良すぎる」なんて女性から見れば一目瞭然。

しかし、男性は気分が盛り上がっているからこそ爪が甘くなってしまいがちです。そのため、自分では浮ついた気持ちを上手に隠せていると思い込んでいるでしょう。そんなときにあなたから釘を刺されたら…動揺を隠せないはずです。

「もしあなたが浮気をしていたら、すぐに離婚する」「浮気は絶対に許さないから」など、釘をさす言葉は核心に迫れば迫るほど効果を増します。「急にどうしたの?」と聞かれたら、友人夫婦やテレビという理由を作れば自然な会話が成立するでしょう。

浮気とはいかなくても、旦那に少しでも浮ついた気持ちがあればあなたの言葉は必ず心に刺さるはずです。釘を刺す際は目を見て伝えると更に真剣さが増します。ただし、釘を刺すのは夫婦関係が良好でなければ意味がありません。失いたくないからこそ浮気を思いとどまるきっかけになるので、日頃から良好な関係を保てるよう努力しましょう。

夫と同じ職場で働いている友人を作る

最も浮気相手と出会う機会があるといわれている場所は、ずばり職場です。1日の大半を過ごすため必然的に仲が深まり、浮気へと発展してしまうという話は今や決して珍しくありません。同期のみならず上司や部下に至るまで、その可能性は十分に考えられるのです。

そんなときに有力な武器となるのが夫と同じ職場で働く人間です。職場内の人に監視されれば、夫も派手な行動は控えるでしょう。筒抜け状態のなか浮気をするというのは非常に考えにくいので、浮気の芽を早めに摘むことが可能です。

とは言っても、夫と同じ職場で働いている人と知り合う機会というのはなかなかないかもしれませんね。そんなときに活用したいのが会社のイベント事です。会社で催されるイベント事は家族も招かれることが多く、夫と同じ職場で働いている人と交流を深めることができます。

万が一そういった催し事がない職場の場合は、夫の同僚を家に招いてホームパーティーをするのもいいでしょう。その際、同僚の奥さんも一緒に招くことで、情報源はさらに広がります。夫の職場と密接な関わりを持つ人物と仲を深め、浮気をさせない状況を作りましょう。

夫のSNSを把握しておく


自分の心境や趣味などをアピールできる場として人気が高いSNSは、私たちの生活に溶け込んでいるといっても過言ではないサービスです。性別や年齢問わず、幅広い人たちに親しまれていることから日頃愛用しているという人も多いかもしれませんね。

そんな利便性が高いSNSも、実は浮気のきっかけになる原因として非常に多く取り上げられています。なぜなら「元カノから連絡がきた」「以前片思いだった人からメッセージが届いた」なんてことは、SNS上では十分起こり得る出来事だからです。

一見、運命の再会を果たしたようにもとれる出来事ですが、浮気に関係性があるのであれば話は別です。ましてや浮ついた気持ちがある男性にそんなメッセージが届いたら、火を見るよりも明らか。浮気の引き金になるのは目に見えています。

そこで是非実践しておきたいのが、夫とSNS上でも関わりを持つことです。SNS上で夫婦の繋がりがあれば、たとえ異性からメッセージがきたとしても夫にストップがかかるでしょう。ましてやデートの誘いなんてもってのほか。SNS上で妻と浮気相手がいつでも出くわす危険性があるのに、わざわざそんな危ない橋を渡るとは考えにくいです。

万が一そういった危険を冒そうとすれば、SNSの更新が急に止まったり、退会しようとしたりと不自然な行動が明るみになるでしょう。そうすれば浮気に繋がる前に防止することは十分可能です。便利なSNSを逆に利用して、夫の浮気予防を行いましょう。

スマホの画面を夫婦で撮った写真にしてもらう


夫婦の写真をスマホの画面にするというのは一見自然なことのように感じますが、実は浮気予防に効果的です。スマホの画面をあなたが写っている写真にしてもらうだけで、まず夫が既婚者である旨を周囲にアピールすることができます。

スマホの画面が女性だった場合、「この女性は奥さんですか?」と妻の存在を聞かれるのは自然な流れ。結婚指輪だと仕事上外さなければいけないケースもありますが、スマホの画面は仕事の影響で変えるというケースはないでしょう。

また、それと同時に夫婦仲の良さを周りにアピールすることも可能です。毎回スマホを出すたびにあなたの顔がチラついては、異性も迂闊に夫へ手を出すことはしないでしょう。

なかなか「スマホの画面を夫婦の写真にしてほしい」と言い出せない人は、記念日や旅行時といった特別な日に写真を撮影し、その写真を「一緒にスマホの画面にしたいな」とお願いをするといいでしょう。普段なら恥ずかしいことでも何かきっかけがあると言いやすくなるかもしれませんね。

まとめ

夫婦とは言えど1日の大半は共に過ごせず終わってしまうケースが多いでしょう。お互いの行動が見えない時間が長ければ長いほど不安を感じてしまい、浮気という万が一の可能性を疑ってしまうのは当然のことなのかもしれません。

しかし、ただ不安に身を任せて夫を責めたてたり必要以上に疑ったりしては、夫婦仲の危機に直面する恐れがあります。そして何より精神的な疲労があなたに重くのしかかることによって体調面でも悪い変化が訪れてしまうかもしれません。

そのため、まずは一人で抱え込まないことが大切です。相談できる友人が周りにいなければ、ネットで後腐れなく第三者の意見を聞くのも今の時代だからこそできる解決策です。そもそも精神面でも肉体面でも健康を保たなければ、浮気防止のために動き出すことはできません。

夫の浮気を予防するというのは非常に難しいことのように感じてしまいがちですが、日常生活に目を向けてみると、あなたにできることはたくさんあります。今回の例を参考にして、まずは夫婦間の信頼や絆を強固なものにし、夫が自然とまっすぐ家へ帰りたくなるような家庭を目指しましょう。

カテゴリー: 浮気   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気の最新記事