MRブログ

最もわだかまりのない浮気・不倫の許し方

パートナーに、浮気・不倫をされたら、精神的にダメージを受けてしまいますよ。浮気・不倫をされたけど、パートナーと今後も付き合っていきたいと思っている人は、わだかまりのないように、不倫・浮気を許さざるを得ません。
本記事では、最もわだかまりのない浮気・不倫の許し方についてご紹介していきます。

目次

浮気・不倫をされた相手とやっていくことができる?


浮気・不倫をされた場合は、精神的に落ち込んでしまい、もうパートナーとやっていけないかもしれないと思ってしまいがちです。また、一度浮気をした人は再び浮気をしてしまうのではないかと思っていまいます。しかし、浮気・不倫をされた相手と今後もやっていくということは可能です。実際、浮気・不倫の問題を乗り越えたカップルの方が、絆が強いということもあります。自分の気持ち次第で、十分やっていくことは可能です。

気持ちの整理をする

わだかまりのないように、浮気・不倫を許すには、まずは気持ちの整理をしないといけません。気持ちの整理ができていないと、さらにパートナーとの関係性が悪くなってしまうということになります。浮気・不倫をされた時には、すぐに相手に怒りをぶつけたい!と思う人が多くいますが、一旦落ちついて気持ちの整理をするようにしましょう。具体的な気持ちの整理の仕方についてご紹介しますので、参考にしてください。

まずは怒りの気持ちを抑える


気持ちの整理をする方法としては、まずは怒りの気持ちを抑えないといけません。その理由としては、怒りの気持ちを持っている時には、正確な判断ができなくなり、感情に身をかせてしまうからです。浮気・不倫をされたということに対しての怒りを完全になくすということは難しいですが、冷静にパートナーと話しができるレベルまで、怒りの気持ちを抑える必要があります。怒りの気持ちを抑える方法としては、以下になります。

友達に相談する

怒りの気持ちを抑える方法としては、友達に相談をするというのが良いです。気の知れた友達に相談をすることで、具体的な解決策がでてこなかったとしても、気持ちが楽になるということに繋がります。友達に話していると、最初は怒りの感情が込み上げてきていたのに、いつの間にか気持ちが軽くなっているなんてことになります。そのため、怒りの感情がある場合は、気の知れた友達に相談をするようにしましょう。友達に相談をするときは、できるだけ「何故、怒りの感情があるのか」ということを話すようにしましょう。

自分の好きなことに打ち込む


怒りの気持ちを抑えるには、自分の好きなことに打ち込むという方法が良いです。趣味などの好きなことに打ち込むことで、それに没頭することができます。それによって、自然と怒りの気持ちがなくなるということに繋がります

スムーズに話しができるように

パートナーに対して怒りの感情がなくなった場合は、次にスムーズに話ができるように気持ちの整理をしましょう。スムーズに話しができるように気持ちを整理することで、伝えたいことをきちんと伝えられるということに繋がります。また、スムーズに話ができると仲直りしやすくなるということに繋がります。スムーズに話をするためには、怒りの感情ではなく、パートナーに対して好意を抱いているということが大切になってきます。スムーズに話しができるように気持ちを整理する方法についてご紹介しますので、参考にしてください。

二人の楽しい思い出を思い返す

スムーズにパートナーと話をするためには、二人の楽しい思い出を思い返すということが大切になってきます。二人で行った場所の記憶や、二人で撮った写真などを見ていると、自然とパートナーに対して好意を抱くということに繋がります。また、浮気・不倫をされたことは嫌なことだけど許してあげても良いかな、というような気持ちになります。そのため、二人の楽しい思い出を思い返すという方法は、非常に良いですよ。パートナーに、思いを伝える前に、二人の楽しい思い出を思い返すようにしましょう。

嫌いなところではなく、好きなところを書き出す

「好きなところを書き出す」という方法もおすすめです。例えば、「いつも優しくしてくれる」「記念日を大切にしてくれる」「重たい荷物を持ってくれる」「元気がない時に、元気づけてくれる」などのように、好きなところを書き出すという方法が良いです。これをすることで、パートナーに好意を抱くということだけではなく、感謝の気持ちが湧いてくるということに繋がります。好きなことを書き出す時に、注意しないといけないことは、嫌いなところについて決して書き出さないということです。浮気・不倫をされている状態だと、どうしても好きなところではなく、嫌いなところを書き出してしまいそうになります。しかし、それをしてしまうと、パートナーに対して怒りの感情を覚えてしまいます。そうすると、スムーズに話ができないということになりますので、その点を覚えておきましょう。

恋愛映画を見る


スムーズにパートナーと話しができるように気持ちを整える方法としては、恋愛映画を見るという方法がおすすめです。恋愛映画を見ることで、「恋愛はしんどいこともたくさんあるけど、恋愛は素晴らしい!」というように思えることに繋がります。恋愛映画は、恋愛の素晴らしさを教えてくれる映画ですので、スムーズにパートナーと話ができるように気持ちを整えたい時には、非常におすすめです。注意点としては、複雑な恋愛映画は見ないようにするということです。複雑な恋愛映画を見てしまうと、恋愛なんてしたくないと思ってしまう可能性がありますので、その点を覚えておきましょう。

これからどうすべきなのかを考える

気持ちの整理がきちんとできたら、これからどうすべきなのかということを考えるようにしましょう。パートナーの浮気・不倫をきちんと許すことができるのか、許せない場合は、どのような条件をつけるのかということなどを考えるようにしましょう。これからどうすべきなのかということを考える上で、大切になってくることについてご紹介します。

どこまで許せるのか

これからどうすべきなのかを考える際には、どこまで許せるのかということを考えるようにしましょう。パートナーが浮気・不倫をしていなかったというようなレベルまで、許すことができるのか。それとも、浮気・不倫を完全に許すことはできないけど、条件付きで許すことができるのかということを考えるようにしましょう。これを考える時は、自分の気持ちに正直になるようにしましょう。そうすることで、自然と答えがでてきます。どこまで許すことができるのかということを理解しておくことができれば、パートナーと話し合った時に、スムーズに伝えることができます。

元の関係性に戻りたいのか、それとも新しく関係性を築きたいのか

どこまで許せるのかということを考えた後は、元の関係性に戻るのか、それとも新しく関係性を築いていくのかということを決めましょう。新しく関係性を築いていく場合は、一旦パートナーとの距離を置くのかということも考えるようにしましょう。元の関係性に戻るのか、また新しく付き合ったという感覚で始めるのかは、パートナーとの関係性を築いていく上で大切なことです。その点をしっかりと覚えておきましょう。

パートナーの気持ちを考えてみる

わだかまりがないように許すためには、一方的に気持ちを伝えるだけではダメです。パートナーが浮気・不倫をした原因をしっかりと考えてあげるということが、大切になってきます。パートナーの気持ちをしっかりと考えてあげることができれば、わだかまりがない許し方ができるようになり、パートナーとの良い関係性を築けるということに繋がります。パートナーの気持ちを考えてあげる上で大切になってくる点についてご紹介します。

愛情が足りていなかった

パートナーが浮気・不倫をしたきっかけとしては、愛情が足りなかったという可能性があります。仕事が忙しくて、パートナーの相手をしてあげることができなかったというような場合は、寂しさからついつい浮気・不倫をしてしまったという可能性があります。このような場合は、浮気・不倫をしたパートナーが悪いのですが、落ち度は自分にもあるということを自覚しておきましょう。愛情がなくて、寂しかったんだなというようにパートナーの気持ちを考えてあげるということは、大切なことです。

束縛をされて苦しかった


パートナーが浮気・不倫をしてしまった原因には、束縛が関係していることがあります。人は束縛をされてしまうと、それから逃れたいと思ってしまいます。それが結果として、浮気・不倫ということになってしまいます。パートナーのことを束縛してしまっていた場合には、自分が原因という可能性があります。そのような場合は、パートナーが束縛をされてしんどかったんだなというように思ってあげるようにしましょう。

日々に刺激がない

パートナーが浮気・不倫をしてしまった原因には、日々に刺激がなかったという可能性があります。二人の関係性がマンネリ化してしまい、つまらない関係性になってしまっていると、日々に刺激を感じなくなり他に刺激を求めてしまうようになります。そして、結果として浮気・不倫をしてしまったという可能性があります。パートナーの浮気が、日々に刺激がなくなっていたというような場合は、パートナーだけが悪いというように考えるのは避けるようにしましょう。パートナーの気持ちもしっかりと理解してあげるようにしましょう。

拒否できなかった

パートナーが浮気してしまった原因には、拒否できなかったということがあります。拒否してしまうと、相手を傷つけてしまうというように感じてしまい、浮気・不倫をしてしまったという可能性があります。この場合は、パートナーが悪いですが、全てパートナーが悪いというわけではありません。パートナーだけではなく、パートナーに迫った相手も悪いです。パートナーの気持ちを考える際には、全てパートナーが悪いというように思ってしまわないようにしましょう。

パートナーと正直に話し合う


パートナーの浮気・不倫をわだかまりないように許すためには、パートナーと正直に話し合うということが大切になってきます。具体的には、自分の気持ちを正直に伝える。また、パートナーの気持ちについて聞いてあげるということが大切になってきます。パートナーと正直に話し合うというのは、わだかまりなく許してあげるためには必須です。その点をしっかりと覚えておきましょう。

話し合う際に注意すべきこと

パートナーと話し合う際に注意すべきこととしては、怒らないということです。浮気・不倫に関しての話をしていると、怒りの感情を抱いてしまいがちです。しかし、怒りの感情に流されて、話し合いを進めてしまうと、喧嘩をしてしまうということになりますので、その点を覚えておきましょう。パートナーと浮気・不倫の話をする際には、決して怒らないようにするということを自分の中で決めておきましょう。また、一方的に話すのではなく、パートナーの話や意見もしっかりと聞いてあげるようにしましょう。それができれば、話し合いがスムーズに進みます。

浮気の原因は自分なのか、またそれについて悩んでいることも話す

パートナーと話し合いをする際には、浮気の原因は自分なのかということを正直にパートナーに聞いてみるようにしましょう。パートナーに聞いてみる際には、浮気の原因が自分にあると思う点についての話も正直にするようにしましょう。また、浮気の原因が自分なのかなというように感じて、悩んでいるということも正直に話すようにしましょう。そうすることで、パートナーに自分の気持ちを知ってもらうということに繋がります。浮気の原因は、自分なのかということに関して話すというのは決して楽なことではありませんが、非常に重要なことです。そのため、しっかりとパートナーに伝えるようにしましょう。

やり直したい気持ちを正直に伝える

パートナーと話し合いをする際には、喧嘩をするために話し合いをするのではなく、きちんと関係性をやり直したいと思っていることを伝えるようにしましょう。また、一からやり直したいと思っている場合は、それについてきちんと伝えるようにしましょう。やり直したいと思ってはいるけど、今までとは違う関係性が良いと思っている場合は、それもきちんと伝えるようにしましょう。やり直したいという気持ちとどのような関係性を望んでいるのかという2点は、しっかりと伝えるようにしましょう。そうすることで、スムーズにパートナーと話し合えるということに繋がります。

相手がどうして浮気をしたのか、相手の気持ちを正直に聞く

パートナーと話し合う際には、正直に「どうして浮気・不倫したの?」というように理由を聞くようにしましょう。浮気・不倫をしている人は、自分に後ろめたさがある傾向がありますので、どうしても正直に伝えるということができません。そのため、パートナーがもぞもぞして、何も言ってくれないということがあります。そのような場合には、「きちんと理由を言ってくれたら、怒らないから言って」というように伝えましょう。また、浮気・不倫をした理由に関しての例をだして、聞いてあげるという方法も良いです。「束縛をしていたから?」「日々に刺激がなかったから?」「寂しかったから?」というように聞いてあげるようにしましょう。それができれば、自然とパートナーから話してもらえるということに繋がります。

これからどうしたいのかを聞く

パートナーと話し合う際には、これからどうしたいと思っているのかという点について、話し合うようにしましょう。パートナーが浮気・不倫相手との縁を切りたいと思っているのか、それとも継続的に付き合っていきたいと思っているのかという点などについて、正直に話し合うということが大切になってきます。正直に話し合うということができないと、また同じ問題でトラブルになってしまう可能性があります。そのため、これからどうしたいのかということをについて話し合うというのは、非常に重要なことです。これからどうしたいのかという点について、話し合う際には自分の気持ちをきちんと伝える。そして、パートナーの気持ちを聞くという流れが理想です。

二人の中で、きちんと決まりごとを作る


パートナーとこれからどうしたいのかということについて話し合った後は、二人の中で決まりごとを作りましょう。二人の中で、きちんと決まりごとを決めることができれば、浮気・不倫の防止に繋がります。二人の中で、決まりごとを決める際には、二人がきちんと同意していることが大切になってきます。片方が一方的に決めた場合は、しんどい決まりごとになってしまい、再び浮気・不倫をしてしまうということに繋がってしまう可能性があります。決まりごとは、二人できちんと決めるようにしましょう。決まりごとをした際には、忘れないようにする工夫が必要になってきます。

浮気・不倫を防止する方法

パートナーの浮気・不倫について、わだかまりなく許せることができたら、パートナーが浮気をしないように防止するということが大切になってきます。浮気・不倫というのは、自分でしてはいけないと思っていても、ついついしてしまうということがあります。そのため、浮気・不倫ができない環境を作っておくということが、何よりもの浮気・不倫の防止になります。浮気・不倫を防止する方法について、ご紹介しますので参考にしてください。

パートナーの周りの人と仲良くなる


浮気・不倫を防止するためには、パートナーの周りの人と仲良くなるということが大切になってきます。周りの友人や家族と仲良くなっておくと、パートナーが「浮気したらまずいな」というように自然と思います。周りの目を気にして、浮気・不倫をしないという事につながりますので、パートナーの周りの人と仲良くなるというのはとても大切なことです。また、パートナーの周りの人と仲良くなっておくことができれば、パートナーに異変があった時などに、知らせてくれるということに繋がります。そのため、パートナーの周りの人と仲良くなるというのは大切なことですので、その点を覚えておきましょう。

次はないよ!と伝えておく

パートナーの浮気を防止する方法としては、次はないよ!というように伝えておくということです。次はないよ!と念を押すことで、もう2度と浮気・不倫をしないでおこうというように思います。そのため、浮気・不倫を防止する方法としては理想的です。しかし、注意しないといけないことがあります。それは、あまり強く念を押しすぎるのは避けるということです。強く念を押してしまうと、逆に束縛をされているというように感じてしまい、浮気・不倫をしてしまうという可能性があります。そのため、程よい程度に念を押すようにしましょう。

共通の趣味を持つ

共通の趣味を持つことで、パートナーと一緒にいる時間が自然と長くなります。浮気・不倫をしてしまう原因の中には寂しさということがありますが、共通の趣味を持つことによって、寂しさを与えなくて済みます。そのため、パートナーの浮気・不倫を防止したいと思っている人は、共通の趣味を持つのが良いです。加えて、共通の趣味は家で出来るものではなく、写真を撮るなど外に一緒に出かけるような趣味の方が良いです。

男女の関係性を維持しておく


パートナーの浮気・不倫を防止する方法としては、男女の関係性を維持しておくということが大事です。一緒にいる期間が長くなってしまうと、どうしてもマンネリ化した関係性になってしまい、異性としての目線が弱くなってしまいます。異性としての目線が強いと、他の異性に興味がなくなりますので、男女の関係性を維持しておくということがとても大事です。男女の関係性を維持する方法としては、定期的にデートをするという方法が良いです。デートをすることによって、付き合った頃のドキドキ感を味わえるということにつながりますので、その点を覚えておきましょう。

浮気・不倫を乗り越えたら絆が強くなる

浮気・不倫を乗り越えているカップルや夫婦は、他のカップルなどに比べて絆が強くなっている傾向があります。そのため、ちょっとのトラブルなどでは別れない強い絆が生まれます。浮気・不倫を乗り越えているカップルや夫婦が、なぜ絆が強いのかということについてご紹介します。

一緒に壁を乗り越えている

浮気・不倫という問題を乗り越えていると、一緒にしんどい問題を乗り越えたという経験が生まれます。一緒にしんどい壁を乗り越えていると、自然と二人の間に強い絆が生まれます。そのため、浮気・不倫という問題を解決した後は、二人の関係性が強くなります。

大切さに気がついている


浮気・不倫という問題があると、お互いがしっかりと二人の関係性や存在について考えるようになります。そして、この人のここは嫌いだけど、この人がいないとダメ!と思うことに繋がります。そして、パートナーの大切さに気がつくということになります。

お互いのことを理解している

浮気・不倫という問題を解決するには、お互いのことを真剣に理解して考えるということが大切になってきます。浮気・不倫という問題を乗り越えているカップルや夫婦は、お互いのことを深く理解しているので、絆が非常に強いという状態になっているケースがほとんどです。

浮気・不倫問題を解決したら、仲の良い関係性を目指す

浮気・不倫問題を解決したら、仲の良い関係性を目指しましょう。仲の良い関係性を築くことができれば、パートナーの浮気を防止するということができます。また、それだけではなく一緒にいて楽しいと思える関係性を築くことができます。仲の良い関係性を目指すには、どうすれば良いのかという事についてご紹介します。

浮気・不倫の問題について触れない

仲の良い関係性を目指すには、浮気・不倫の問題について触れないということが大切になってきます。浮気・不倫の問題について、長期的にパートナーに問い詰めたりすると、一緒にいるのがしんどいというように思われてしまいます。そうすると、仲の良い関係性になるということはできません。浮気・不倫の間違いについて触れてしまうというのは、できるだけ避けるようにしましょう。1度、浮気・不倫の問題を解決したら、できるだけなかったというような対応をしてあげるのが理想的です。そうすることで、パートナーから「一緒にいて居心地が良い」と思われることに繋がります。

愛情表現をしてあげる


仲の良い関係性を目指す場合は、愛情表現をしっかりとしてあげるということが何よりも大切になってきます。パートナーに愛情表現をしてあげることができないと、パートナーは寂しいという感情を抱いてしまいます。また、自分は愛されていないのではというように思ってしまい、他の人で寂しさや愛情を求めたりします。そのため、仲の良い関係性を目指したいと思っている人は、しっかりと愛情表現をしてあげるようにしましょう。愛情表現の方法としては、言葉にして伝えてあげるという方法が一番良いです。「好き・愛している」という言葉を伝えるのが恥ずかしいと思っている人は、「ありがとう」という言葉を伝えるようにしましょう。ありがとうという言葉でも、十分に愛情を伝えるということは可能です。

ある程度、自由を与えてあげる

仲の良い関係性は、いつも一緒にいるというわけではありません。ほどよく二人の間に距離感があって、自由があるという関係性です。自由があるけど、お互いのことを信頼しているという関係性が仲の良い関係性ということですので、その点をしっかりと覚えておきましょう。パートナーのことが好きだから、心配だからという理由でいつも一緒にいようというスタンスになってしまうと、パートナーからしんどいというように思われてしまうということがあります。そのため、ある程度の自由を与えてあげるようにしましょう。それができれば長期的に仲の良い関係性を築くことができます。

定期的に一緒にデートに行く

仲の良い関係性を築きたいと思っている人は、パートナーと定期的にデートに行くようにしましょう。定期的にデートに行くことができれば、関係性がマンネリ化するということはありません。そのため、仲の良い関係性を築くことができます。デートに行く場所としておすすめなのは、映画館やショッピングなど、二人の時間がきちんととれる場所です。二人の時間が確保できる場所にデートに行くことができれば、ゆっくりとお互いのことを話すことができます。また、デートを重ねることによって、二人の共通の思い出が増えるということに繋がります。

まとめ


いかがだったでしょうか。パートナーの浮気・不倫をわだかまりなく許すためには、まずは気持ちの整理をするようにしましょう。気持ちの整理をすることで、パートナーと冷静に話し合える状態になります。気持ちの整理をすることができれたら、パートナーがどうして浮気・不倫をしたのかということについて考えるようにしましょう。パートナーが浮気・不倫をしたという原因の中には、寂しくしてしまったというような原因が含まれている可能性があります。パートナーの気持ちを考えることができたら、正直にパートナーと話し合うようにしましょう。そして、浮気・不倫の問題を解決することができたら、仲の良い関係性を築けるように努力しましょう。

カテゴリー: 浮気   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気の最新記事