MRブログ

女性の浮気は男性よりタチが悪い?!

女性の浮気は男性よりもタチが悪い…という噂を耳にしたことはありますか?実は同じ浮気といえども、男女間では求めているものも行きつく先も違ってくるのです。特に女性は表面的なものではなく、精神的なものを望んでいるケースが多いといわれています。

精神的な部分であるが故に女性の浮気は奥が深く、簡単には答えへたどり着くことはできません。しかし、女性の望んでいるものが事前に分かれば、浮気の防止策や浮気をやめさせるきっかけへと繋がるかもしれません。

今回はそんな一筋縄ではいかない女性の浮気について着目し、男女間の違いはもちろん女性が浮気にハマる理由についても解説していきます。浮気をやめさせたい男性や浮気をやめたい女性の対策方法も紹介していくので、女性の浮気に悩みを抱えている人は必見です。

女性の浮気と男性の浮気の違い

それではさっそく、女性の浮気と男性の浮気の違いからみていきましょう。

女性は心の隙間を埋めたくて浮気をする


基本的に浮気は肉体的な快楽を求めて行うイメージがありますよね。しかし、女性の浮気は性的欲求を満たすためではなく、精神的な癒しを求めて行われるケースが多いといわれています。つまり、心のどこかでパートナーに対する不満が蓄積しているのです。

もちろんパートナーに対する不満は人によって異なりますが、寂しさからくる欠落感や喪失感に耐え切れなくなって浮気に走る女性が多いといわれています。「女性扱いされなくて寂しい」「会話がなくて寂しい」「辛い時に味方になってくれなくて寂しい」…そんな寂しさから自分の価値を見出せなくなり、心の拠り所を求めてしまうのです。

趣味や仕事などで寂しさを紛らわそうとする女性もいますが、男女間の恋愛による寂しさは異性でしか埋めることができません。そのため、夫ではない別の男性にすがってしまう女性は多いのです。

万が一心の隙間を埋めてくれる異性が現れれば精神的な安定を得ることができるのはもちろん、そんな自分を支えてくれる姿に心を奪われてしまうこともあるでしょう。パートナーに対する不満があればあるほど、自分を支えてくれる異性は輝いて見えるもの…。故に女性の浮気は本気になりやすいといわれているのです。

男性は快楽を求めて浮気をする


一方男性は言うまでもなく肉体的な快楽を求めて浮気を行うケースが多いといわれています。妻だけでは満たすことのできない性的欲求を浮気相手で満たそうとするのです。浮気相手は顔やスタイルの良い女性が理想ですが、それよりも重視するのは都合の良さ。

「会いたいときに会えるのか」「家庭に干渉してこないか」これらの2つを特に重視しています。家庭を壊そうという気は毛頭なく、あくまでも浮気は浮気にすぎません。しかし、「その行為自体が家庭を壊しにかかっている」という声が多いので、そんな男性の言い分は通らないでしょう。

また、稀ですが男性でも浮気相手に本気になるケースはあります。浮気相手の魅力を見出してしまったり妻に大きな不満を抱えたりしていると、その可能性はどんどん大きくなっていくでしょう。

浮気相手と一緒に過ごす時間が多ければ多いほど関係は親密になっていくので、早めに対処を行うことが大切です。

女性が浮気にハマる理由10選

そもそも女性が浮気にハマる理由とは何なのでしょうか。ここでは、浮気のきっかけとなり得る10個の要素に着目していきます。女性が浮気相手に望んでいるものを事前に把握して、浮気の予防法を見出しましょう。

スリルがたまらない

浮気は常に危険と隣り合わせです。夫にバレないよう慎重に行動する必要があるのはもちろん、「万が一バレたらどうしよう…」「バレたら全てを失うかもしれない…」なんて悩みや不安も増えることでしょう。しかし、そんな自分を追い詰める危険な行為だからこそスリルを生み出し、胸を高鳴らせることができます。

通常の恋愛では味わうことのできないスリルを味わってしまうとそこから抜け出すのは困難。ダメだと分かっていてもその快感を求めてしまうのです。

背徳感

浮気はパートナーに対する最大の裏切り行為です。そのため、万が一浮気をしてしまったら罪悪感でいっぱいになり、時には自分の情けなさに涙してしまう人もいるでしょう。しかし、その一方でそんな背徳感が生じる浮気にこそ興奮を覚える女性もいます。

「してはいけないことをしてしまった」という罪の意識を感じつつも、悪いことをしている自分に酔ってしまうのです。こういった女性は浮気を繰り返す傾向にあるので、十分注意しましょう。

モテているという優越感


異性に魅力的だと認識されればされるほど、自分の価値を見出すことができるという女性も少なくありません。このタイプの女性は夫の愛情だけでは満足できず、複数の異性からアプローチを得たいという欲求を抱えています。

モテているという優越感に浸りたいだけなので、浮気相手に本気になる危険性は少ないですが、浮気を繰り返す傾向にあります。露出の激しい服装を好んだり、メイクを欠かさなかったりと、常に男性の視線を意識している女性には注意しましょう。

寂しさが紛れる

寂しさから浮気に走るという女性は非常に多いといわれています。「夫は仕事だから仕方がない」と頭では分かっていても、どうしても心では納得ができないのです。そんな心の隙間を満たしたいがために誰かにすがりつきたくなってしまうのは自然な流れ…。

もし自分の心が不安定な時に寄り添ってくれる異性が表れたら、惹かれてしまうこともあるでしょう。寂しさが大きければ大きいほど、その気持ちに歯止めが利かなくなってしまう可能性は高まるのです。

「夫婦仲が悪い」「妻の話をしっかり聞いてあげていない」なんて男性は奥さんの寂しさが爆発しないよう、すぐに対処を行いましょう。

快楽


夫とレスだったり営みに満足していなかったりすると、その欲を浮気相手で埋めたいと考える女性もいます。意外に思うかもしれませんが、浮気相手を求めて出会い系サイトやSNSを利用する人妻は多いのです。万が一浮気相手と体の相性が良ければ、ズルズルと関係を続けてしまうこともあるでしょう。

また、きっかけは快楽欲しさだったとしても、そこから浮気相手に愛が芽生える可能性も十分にあります。日頃から夫婦間でしっかりとスキンシップを取り入れて、このような事態を回避しましょう。

新鮮さを味わえる

結婚当初はお互いの良い面ばかりが目に入り、ラブラブムードが全開な時期です。しかし、長年一緒に過ごすとどうしても新鮮さが薄れていき、お互いの存在が当たり前であると認識してしまいます。そればかりか、相手の悪い面ばかりが気になって険悪なムードになることもしばしば…。

そんな環境が続いてしまうと女性は新婚当初の新鮮さを懐かしみ、新たな関係が築ける男性を追い求めてしまうのです。

夫に対する不満を浮気相手で補える


人は誰しも完璧ではありません。「夫がもっと優しかったら…」「夫がもっと色んなところに連れていってくれたら…」など、不満を挙げればキリがないですよね。実はそんな夫に対する不満を浮気相手で補おうとする女性は、決して少なくありません。

夫にない部分を浮気相手に求め、浮気相手にない部分を夫に求める…欲深い女性はこういった状況を作り出して、自分の心のバランスを保とうとしているのかもしれませんね。

夫に浮気されたことへの仕返し

浮気をする女性のなかには、夫に浮気されたことがきっかけとなる人もいます。このタイプの女性は、浮気に対する背徳感や優越感など一切関係なく、自分が味わった苦しみを夫にも味あわせてやりたいという復讐心で動いています。

「私はこんなにも傷ついたんだからあなたも苦しみさない」といった一見、子どもじみた内容にも思えますがその効果は絶大。たとえ浮気がバレたとしても「あなたからやり始めたんだからお相子」と開き直る女性も多いようです。

最初は復讐心で始めた浮気でも、夫に浮気された悩みを聞いてくれた男性に心奪われて本気になるケースもあります。放置をしているとどんどんドロ沼化する恐れがあるので、早めに対処を行いましょう。

現実逃避できる

近年不倫や浮気を題材としたドラマや映画、漫画なんかが大ヒットしていますよね。なかでも夫に不満を抱く主婦が主人公となり、様々なドラマを繰り広げる様は非常に多くの女性から共感を集めています。そして、そんな主人公を自分に当てはめて楽しむ女性も少なくないようです。

なかには見ているだけでは満足できず「自分も体感したい」という欲求が抑えられなくなってしまうケースもあるんだとか…。ドラマチックでデンジャラスな浮気はまさに非日常的な空間。刺激的だからこそ一度ハマるとなかなか抜け出せず、浮気で現実逃避を図る女性は意外と多いのです。

後腐れがないから

男女の交際となると通常であればどうしてもその先の結婚を見据えてしまいますよね。しかし、お互いが割り切っているのであれば話は別です。期待していないからこそ多くのことは求めず、喧嘩になることも少ないでしょう。割り切っている関係というのは、それほど気楽なものなのです。

普段窮屈な生活を強いられている主婦からすると、その都合の良い関係は非常に価値があります。自分が寂しいときにだけ、話したいときにだけ呼べる関係だからこそ自分の全てをさらけ出せるのです。

このタイプの女性は夫にばれたり咎められたりすればすぐに関係を解消しようとします。しかし、自分をさらけ出せる相手を失ったことによって空虚感に襲われるでしょう。その結果、更なる捌け口として新たな浮気相手を見つける恐れがあるので注意しましょう。

女性の浮気をやめさせる方法


万が一妻が浮気をしていたら、どのようにやめさせたら良いのでしょうか。ここではとくに効果的だといわれている5つの方法を紹介していきます。

浮気の証拠を突き付ける

妻が浮気相手に夢中な場合、浮気を自発的にやめる確率は非常に低いです。そのため、「いつかやめて自分のところへ戻ってくるだろう」と淡い期待を抱くのはおすすめしません。むしろ目を背けたことによって浮気が長期化し、浮気相手と妻の絆が深まる恐れすらあります。

また、「なんとなく怪しい」程度で妻を問い詰めてしまうのもNGです。しっかりとした証拠がないのに浮気を問い詰めてしまうと、言い逃れをされてうやむやになってしまう可能性があります。浮気相手に惚れ込んでいる場合は、なんとかそのまま関係を続けようと躍起になるでしょう。

そうなると、浮気がバレそうになった体験を活かしてさらに慎重に行動しようとするはずです。妻が慎重に行動しようとすればするほど、浮気の証拠を掴むチャンスは減ってしまうでしょう。

つまり、言い逃れができる環境下では、自分の過ちを気付かせるのには不十分なのです。浮気相手との関係に舞い上がっている人は、言い逃れができないほど危機的な状況に陥って初めて、自分の過ちを直視できます。そういった環境を作るためにも、まずは妻が浮気をしているという確かな証拠を掴むことから始めてみてはいかがでしょうか。

罪悪感を持たせる

どうしても自発的に浮気をやめさせたいという人は、妻に罪悪感を抱かせるのも一つの方法です。罪悪感を抱かせるには、あなたが妻の心の隙間を埋める必要があります。「なんだか難しそう」なんて思うかもしれませんが、実はとっても簡単。奥さんが喜ぶであろうことをすればいいのです。

仕事後はまっすぐ帰宅し妻の話を聞いてあげたり、家事や育児に協力したり、あなたのできる範囲で構いません。また、奥さんに愛の言葉や労いの言葉をかけるのもおすすめ。「なかなか照れくさくて言えないけど、本当に愛しているよ」「いつもありがとう」なんていわれて嬉しくない妻はいません。

また、休日に2人で手を繋いでデートをし、恋人気分を味わってみるのもいいでしょう。あなたの存在が奥さんのなかで大きくなればなるほど罪悪感も大きくなっていきます。浮気相手が入り込む隙がなくなるくらい、2人の絆を今一度強固なものにしてみませんか?

きっかけとなった問題を解決する

妻の話をしっかり聞いていますか?休日なのに毎回家でダラダラ過ごしていませんか?「まさかそんな小さなことで…」なんて思うかもしれませんが、そんな小さなことこそが妻の中では大きな不満となり、浮気に走るきっかけとなってしまうのです。

もしかすると既に奥さんはそのサインを出しているかもしれません。「ちゃんと話聞いてよ」「たまにはどこか連れて行ってよ」なんて言われていませんか?言われている間はまだ良いですが、奥さんがあなたに対する不満を漏らさなくなったら一大事。ひょっとすると既にあなたとの関係を諦め始めているのかもしれません。

手遅れになる前に妻からのサインをしっかりと受け止め、現状を少しずつ改善していきましょう。奥さんの不満が改善すれば、浮気相手との関係を思い留まってくれる兆しが見えてくるかもしれませんよ。

釘をさしておく

なんとか穏便に済ませたい人は、妻に釘をさす方法もおすすめです。やり方は妻の目をじっと見つめながら、「万が一浮気をしたらすぐに離婚するから」と伝えるだけ。「それだけ?」と思うかもしれませんが、浮気の当事者には何とも言えぬ恐怖が襲ってくるでしょう。

ただしこの方法は浮気相手と妻の関係性が浅いときにのみ有効です。上記でも触れたように、既に浮気相手と妻との絆が深まっている状態であれば、なんとかその関係を続けようとするでしょう。

夫婦仲が良いほど「夫を失いたくない」という思いが強まるので、妻との絆に絶対的な自信がある人は試してみるといいかもしれませんね。

男の涙を見せる

「女性の涙は武器になる」なんてよく聞きますよね。現に女性に涙を見せられたら、相手が悪くても思わず自分から謝ってしまう…なんて人も多いはずです。しかし、女性の涙が男性に有効なのと同じく、男性の涙も女性にとって有効です。

ただし、あなたが妻にたくさん涙を見せているならば話は別。滅多に見せる機会がない男の涙だからこそ、妻の心に響くのです。涙を見せながら浮気をやめてほしい旨を伝え、あなたの辛さや気持ちを可能な限り妻に届けましょう。

別れを切り出す


究極に追い詰められた環境は、自分の過ちを振り返る手助けになります。本当に大切なものを失いそうになって初めて浮気の過ちに気付き、冷静になれる人は多いのです。そのため、既に妻が浮気をしている確かな証拠がある場合は、別れを切り出すのも一つの方法でしょう。

ただし、あなたに対する気持ちが妻側に残っていないようであれば、言葉通り離婚になってしまう可能性もあります。究極の方法ですが非常に効果が期待できるため、最後の手段として残しておくといいかもしれませんね。

絶対に行ってはいけない浮気の辞めさせ方

浮気をされている側からしたら、一刻も早くやめさせたいと思うのは当たり前ですよね。しかし、出方次第では逆効果になってしまうことも…。ここでは、浮気をやめさせる際に絶対にしてはいけない注意点をみていきましょう。

過度な束縛


浮気をされた側からすると「妻を自由にし過ぎたから浮気をしたんだ」という結論に行き着く人もいるかもしれませんね。たしかに自由な時間がなければ、妻が浮気へ走る要因が1つは減るかもしれません。

しかし、だからといって極端に妻のことを束縛してしまうのはNG。束縛されたことによる反発心から、余計に浮気がやめられなくなってしまう事態に陥ってしまう可能性があります。妻がまだ浮気相手のことを忘れられず会いたいとのぞんでいるならば尚更その気持ちが燃え上がり、逆効果となるでしょう。

そのため、浮気をやめさせたい時は、過度な束縛をするよりもゆっくりと二人の時間を築き上げていく方が効果的です。ゆったりと流れる時間の中で夫の大切が分かれば、自身がした過ちにも気付くこともできるでしょう。時間がかかるかもしれませんが、自分の非を自ら受け止めることができなければ、浮気を根本的にやめさせることは難しいのです。

行動を縛り付けるのではなく、妻の意見もしっかりと尊重して浮気という問題を解決していきましょう。

一方的に責めたてる

浮気という裏切り行為に憤りを感じ、相手を罵りたくなる気持ちも分かります。しかし、「おまえが100%悪い」「なんてことをしてくれたんだ」と一方的に責めてはいけません。浮気という繊細な問題に感情をぶつけても、相手の心には響かないケースが多いからです。

夫の声が心に届かないと、申し訳ないという気持ちよりも「なんで私ばっかり責められなきゃいけないの?」と逆上してくる可能性すらあります。もちろん、浮気をした妻に非があるのは明確です。しかし、そこで一歩引いて受け身になると妻に罪悪感を持たせることができます。

人は罪悪感を持つと、相手の意見を素直に聞き入れようとします。そのため、一方的に責め立てるよりも、相手の心を強く動かす効果が期待できるのです。感情的になる場面だからこそ一度冷静さを保ち、妻が正しい道を歩めるようサポートしてあげましょう。

暴力


男性は女性と比べると体つきが大きく異なるのはもちろん、筋力も発達しています。力勝負でもすれば、その差は歴然。結果は火を見るよりも明らかでしょう。それをいいことに浮気をされた男性のなかには暴力で妻をねじ伏せようとする人もいます。しかしこの行為は、浮気をやめさせるどころか現状を悪化させる原因にしかなりません。

たとえ暴力を振るったことによって妻が大人しく自分の言うことを聞いてくれるようになったとしても、それは一時のものにすぎません。妻の心はあなたからどんどん離れて、自分のことを理解してくれる心のよりどころを探し求めるでしょう。

また、暴力を起こしたことによって妻から訴えられる可能性もあります。そうなってしまうと、仲を深めるどころか二人の溝はさらに深まり信頼関係を取り戻すことは非常に困難な状況に陥ってしまいます。

妻の浮気をやめさせたいと強く願うのであれば、冷静に話合うことができる場を設けて感情を上手くコントロールしましょう。

脅迫

なかには妻の浮気という罪を戒めるために、脅迫じみた行為をしてしまう男性もいます。このタイプの男性は、妻の羞恥心を煽ることで自らの過ちに気付かせようとする心理が働いているそうです。

おそらく脅迫の内容は「浮気をやめなかったら身内にバラす」と持ち掛けるケースが多いでしょう。浮気は世間的に大きく非難される行為です。妻の両親や親戚、友人、知人、職場先に浮気の件を知られては、妻の居場所がなくなる恐れがあります。

そのため、妻はバラされたくない一心で夫の言い分を飲むことでしょう。その姿を見た夫は「分かってくれるなら」と思い留まるかもしれません。一見、これでおさまりをみせたかのように思えますが、実はこれらの行動は逆効果になり得るのです。

なぜなら「妻の浮気を周囲に漏らす」という夫の発言は、妻からすると脅迫という名の暴力でしかありません。浮気をやめた理由が愛情ではなく恐怖であるならば、たとえ妻が浮気をやめられたとしても仲睦まじい夫婦の姿を取り戻すことは難しくなってしまいます。

頭ごなしに脅迫をして妻を縛っても、浮気の根本的な解決には繋がりません。しっかりとお互いに話し合って、妻の居場所を導いてあげましょう。

女性自身が浮気をやめたい時の方法

浮気をやめたいけどなかなかやめられない…そんな悩みを抱えている人は、以下の4つの手段を試してみましょう。

徹底的に相手との連絡を絶つ

浮気相手との関係を終わらせる1番手っ取り早い方法は、相手との連絡を断ち切ることです。連絡を絶つことができれば、自分から連絡をすることも相手から連絡がくることもなくなります。連絡を絶つ場合は、電話番号以外にもLINEやSNSなど浮気相手と少しでも繋がる可能性があるものは徹底的に削除しましょう。

また、「連絡を絶つ前に最後に一言だけ…」と行動に出るのはおすすめしません。今までのことや二人だけの秘密の話に花が咲き、気持ちが再熱する危険性があるのです。

そうなってしまうと、この先もズルズルとした関係は続くでしょう。自分が浮気をやめたいと思い立った時の気持ちを今一度思い出して、しっかりと浮気相手との関係を断ち切りましょう。

予定をたくさん入れる


浮気は時間がなければ行えません。時間があるからこそ、浮気相手に連絡をしたり会ったりする時間を作ることができるのです。実際に暇を持て余していることが原因で浮気へと足を踏み入れてしまう主婦も少なくありません。

このような場合は、自分のスケジュールを埋めて浮気相手との時間を確保できない環境を作ることが大切です。趣味や習い事など、自分が熱中できるものならなんでも構いません。たまには友人と会って、お互いの心境を語り合うのも良いでしょう。

一歩引いて自分のことを客観視してみると、男性以外に自分が時間を費したいものはいくらでもみつかるはずです。時間を大切に使って新しい自分を発見することが、浮気をやめれる近道に繋がるのかもしれません。

浮気のリスクを今一度確認する

浮気には様々なリスクが伴います。夫だけではなく母親や父親、場合によっては友人や職場の人にまで迷惑がかかることはおろか、あなたの人間性が疑われてしまう恐れもあるのです。そればかりか、離婚の危機はもちろん、多額に慰謝料が発生して生活苦に陥る危険性すらあります。

また、子どもがいる場合は当然親権をあきらめざるを得ないケースも出てくるでしょう。そうなると、愛する子どもに会う機会は極端に減ってしまいます。万が一子どもが大きくなって親の離婚理由を知ったら、ショックを隠し切れないはずです。

では、なぜこんなにもリスクが生じるのに浮気がやめられないのか…それはまさに浮気のリスクに目を背けているからだと考えられます。このタイプの人は、すでに浮気は悪いことであるという事実に気づけているはずです。あとはリスクに目を向けることができれば、浮気をやめることは案外容易かもしれません。思い浮かべるだけでリスクを実感できない人は、文字に起こしてみるのも効果的です。

浮気をすると後々どのようなマイナス面が自分に襲い掛かるのかを今一度確認して、本当にそんなに浮気が価値のあるものなのかを考えてみましょう。

誰かに背中を押してもらう


浮気をやめたいと思ってもどうしてもやめられない場合は、誰かに背中を押してもらうのもベストな選択です。自分の意見だけではなく、人の意見も聞き入れることで本当の答えが見つかる場合もあります。

しかし、浮気というのは世間的に良い目で見られていないことが現状です。デリケートな問題が故に、誰にも相談することができなくて悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。そんなときは、ネット上で第三者の意見を聞き入れてみるのも1つの手段です。

匿名で相談できるからこそ、自身の悩みや感情を全てさらけ出すこともできるでしょう。なかには厳しくも親身になって応えてくれるユーザーも多いので、あなたの背中を押してくれる可能性は十分にあるといえます。

自分の意思の弱さに心当たりがある人は第三者の力を借りて、新たな一歩を踏み出してみるといいかもしれません。

まとめ

女性の浮気と男性の浮気の大きな違いに驚いた人も多いのではないでしょうか。女性の浮気は肉体的な快楽ではなく精神的な安定を求めているケースが多い故に複雑です。そのため、できるだけ早く浮気の存在に気付き、対処を施すことが大切なのです。

見てみぬふりをしたり一方的に責めたりして誤った浮気のやめさせ方を行ってしまうと、夫婦の溝は深まる一方。心の隙間が原因なだけにしっかりと話し合いの場を設けて、根本的な部分から解決していかなければなりません。

もちろん浮気をされた側が歩み寄るのには抵抗があるでしょう。デリケートな問題だからこそ、感情的になって相手を咎めたくなる気持ちも分かります。しかし、辛い状況だからこそ一度冷静になる必要があるのです。

あなたの行動ひとつで、家庭の未来が大きく変わるかもしれません。絶対に後悔のない答えにたどり着けるよう、今一度妻の話に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 女性の不倫   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

女性の不倫の最新記事