MRブログ

旦那の浮気調査をしたい!具体的なチェックポイントはどこ?

旦那が浮気をしているのではないかと疑われるとき、心穏やかではいられないでしょう。浮気が事実かどうかを知るためには、勇気を出して調べる必要が出てきます。そのためにはいったいどのようなことを確認すればいいのでしょうか。そこで今回は、旦那の浮気調査をおこなう上で知っておいたほうがいいことや、押さえておきたいポイントについて解説します。

 

そもそも浮気の証拠集めは本当に必要なの?


旦那に不貞行為を知るための浮気調査は、精神的にも厳しくて悲しい作業になってしまう可能性が大きいでしょう。事実を知るのが怖くなって、不安なまま日々を過ごしてしまう人もいます。そんなつらい思いをしてまで、旦那の浮気や不倫の証拠を集めなければならない必要はあるのでしょうか。答えはイエスです。もし、旦那の浮気が単なる疑惑に過ぎず事実ではなかった場合、調査をすることで疑いを晴らすことができます。一方、浮気が事実であったケースでも、やはり証拠集めはとても大切なことなのです。
浮気の確固たる証拠をつかむことができれば、その証拠をもとに旦那と話し合うことができ、浮気をやめさせる方向に進んでいくことも可能になります。証拠がなければ、いくら旦那を問い詰めても、上手に言い訳されたりはぐらかされたりしてしまうこともあるでしょう。そうすると、気持ちの収拾がつかないままの毎日が、その後も続いてしまいかねません。そのほかにも、たとえば慰謝料を請求したいと思っても、浮気が事実であるという明確な証拠を示すことができなければ、その願いをかなえることは難しくなります。
また、万が一、旦那の側から離婚したいという申し入れが出てきたとしても、旦那が浮気していたという事実をはっきりと示すことができる場合は、離婚請求を退けて拒否することもできるのです。旦那の浮気を疑った時点では、まだ自分はいったいどうしたいのかが分かっていない人も多いことでしょう。しかし、証拠を持っていることで有利に運ぶことが多いことは紛れもない事実なのです。行動に出られるまま日々を過ごしていると、旦那の浮気を怪しんでいることを察知されてしまい、証拠隠滅を図られないとも限りません。早い段階で浮気の証拠集めをはじめることも、実は大きな意味のあることだといえるのです。

浮気の証拠の集めのポイント1:スマホ

浮気の証拠集めに使うことができる身近なアイテムの1つにスマートフォンがあります。旦那のスマホをチェックしていると、浮気相手と連絡を取り合った形跡が残されている場合もあるでしょう。SMSやメールの送受信履歴、コミュニケーションアプリでのやりとりの様子や内容をチェックしてみましょう。二人で食事や飲みに行ったことを匂わせる内容よりも、宿泊したことがわかるメールなどのほうが、当然、浮気の証拠としては強力です。浮気相手の名前を本名で登録しているとは限りません。男性名を使っていたり、会社の取引先を思わせる名前にしてある可能性もあります。
SNSのメッセージを使って、浮気相手とコンタクトを取っている人もいます。頻繁にログインしているSNSには注意が必要です。また、インターネットの閲覧履歴から予測変換のワードを調べてみても、意外な証拠が残されている可能性があります。ただ単に浮気を連想させるようなメールやメッセージが残されていないからといって、安心することはできません。メール内容ややりとりの流れの中で、不自然な形でメッセージが削除されているケースでは、旦那が用心深くて浮気の証拠を隠そうとしている可能性も疑われるからです。やりとりの内容を読んでみたとき、会話が上手く成り立っていないような場合は、一部が削除されている疑いが濃いといえます。
そのほかにも、スマホ内にある画像や動画ファイルもチェックしましょう。浮気相手の姿や形跡が残っていたり、会話や声の一部が録音されていたりと、なんらかの手掛かりを入手できることもあります。旦那のスマホにインストールすれば、追跡や監視をおこなえるアプリもありますが、使用するのには本人の同意が必要です。また、他人のスマホを許可なく勝手にみてしまうと、プライバシーの侵害にあたる恐れがあるので気をつけましょう。

浮気の証拠の集めのポイント2:衣類

衣類にも、ときとして浮気の証拠が残されていることがあります。ベーシックな方法としては、旦那が帰宅したときにさりげなく近づいて、スーツに女性ものの香水の匂いがついていないかどうか確かめてみます。もし匂っていたら、浮気相手と抱擁した可能性も否定できません。別の衣類については、洗濯するときに詳しく調べます。ワイシャツを洗う前にチェックしなければならないのはメイクの付着です。
口紅だとひと目でわかるケースも多いのですが、付着していたのがファンデーションの場合では色も薄めです。じっくりと念入りに調べないと見えにくいこともあるので、できれば自然光の下でおこなうと見落としにくくなります。旦那が浮気相手と深い関係にあると、下着に痕跡が残されているケースもあります。人によっては抵抗が大きい作業ともいえるのですが、体液などがついていた場合には浮気の証拠として有力です。
そのほかにも、浮気が原因となって衣類に現れる変化があります。それまで服装には全く無頓着だったのが急にファッションに敏感になり、身だしなみを気にするようになったり、よく新しい服を買うようになったりした場合も要チェックです。しかも、一人で出かけるときにオシャレな服を身につけるようになると、浮気相手と会っている可能性もあるでしょう。いままでずっと妻まかせだったのに、自分で下着を買うようになるのも怪しい行動です。ノーブランドの下着を平気で着ていたのに、雰囲気の違うタイプのものを選ぶようになっても同様に疑わしいといえるでしょう。

浮気の証拠の集めのポイント3:金銭面

浮気をしていると、お金の使い方も変わることがあります。浮気相手のためにお金が必要になるのですから、変化が見て取れるのも当然のことでしょう。常日頃から旦那のお金の使い方を知っておくと、変化に気づきやすいものです。一般的に浮気が疑われる場合には金遣いが急に荒くなることが多いのですが、逆に浮気相手から高額の贈り物を受け取るケースもありえます。旦那の身の回りの持ち物の中に、いつの間にか見慣れないブランド品などが増えていないか気を配ることも重要です。
タイミングを見計らって、旦那の財布の中身を調査することも有効です。入浴中や就寝中を狙えば、落ち着いて財布のチェックができるでしょう。調べたいのはレシートです。いつどこで、何を買ったときに受け取ったレシートなのかがわかります。ホテルのレシートは入っていないでしょうか。見知らぬレストランやバーでのレシートは、浮気相手と二人で入店したときのものではありませんか。また、コンビニやスーパーのレシートが出てきたら、購入した品物を確かめます。旦那が飲まないようなお酒や避妊具の購入履歴が載っていたら、浮気の立派な証拠です。また、自宅や会社の近辺の店なのか、見覚えのない街にあるのか、店がある土地についても確認します。これらの情報をもとにすれば、浮気相手と次に会う場所を推測するためのヒントにもなります。
クレジットカードの明細書も重要です。購入履歴の中に、自分がプレゼントされたわけではない女性向けのアイテムが含まれていないか調べましょう。スマホや携帯電話の料金にも、浮気の形跡が現れることがあります。急に通信料が増えているようなら、その頃から浮気がはじまった可能性が高いと考えることができます。

浮気の証拠の集めのポイント4:車

もし旦那が浮気のときに車を利用していたら、車内に証拠が残っている可能性も出てきます。自分のものではない髪の毛が、助手席などのシートに落ちていないか調べましょう。粘着シートを利用した清掃道具を使えば、かんたんに集められます。助手席といえば、シートの位置も重要項目のひとつです。頻繁に助手席が動いているようだと、それも疑わしい要因です。いつも自分が乗るときにセットした座席の位置を覚えておくと、比較することができます。
次にチェックしたいのはごみ箱や灰皿です。旦那が普段から好んで口にする食べ物とは違う、別の種類のごみが入っていないか調べます。タバコの吸殻が残っていた場合、銘柄を見れば旦那のものなのか、別の人が吸ったタバコなのかも見分けられます。ダッシュボードも開けて、中をくまなく捜査しましょう。油断から、レシートや明細書などが残されている場合も案外多いものです。さらに、カーナビの履歴を調べてみると、旦那から報告を受けている行先とは違う場所が入力されてはいないでしょうか。ETCも同様です。ETCの記録をチェックすると、高速道路の走行記録がわかります。不審な記録が残っていないかどうか、忘れずに調べましょう。
車の中で聞いている音楽にも、ときには浮気の兆候が表れるものです。それまで聞いたことのないようなアーティストのCDを、浮気相手の趣味に合わせて用意することもあるかもしれません。あるいは、浮気相手が自分で持ち込んで、車内に忘れていった可能性もあるでしょう。いずれにせよ、見覚えのないCDが紛れ込んでいないかどうか、一度はチェックしてみましょう。

 

旦那の浮気の証拠を残すには日記も有効!


いろいろと手を尽くして自分なりに浮気調査をしたにもかかわらず、これといって有効な物的証拠が見つからないケースもあるでしょう。そんなときには毎日の行動や出来事を日記につけて記録として残しておくと、それがのちに証拠として日の目を見ることもあるのです。たとえば、日々の会話の中で、さりげなく旦那のスケジュールを聞き出します。どこに行くのか、誰と一緒なのかなどを教えてもらい、その内容をまとめて日記につけておくのです。何日か過ぎてから旦那にその日の行動について尋ね、詳しい行動の説明をしてもらいます。もし日記に書いてあった話と夫がしてくれた説明の内容がかけ離れていたとしたら、その日に浮気相手と会っていた可能性も否定できません。
日記に記録する内容ですが、夫の帰宅時間や気づいた変化、交わした会話などいろいろなことを詳しく残すのがベターです。日記は信ぴょう性の高さが重要になるので、必ず真実を記録します。改ざんを疑われないようにするために、消しゴムで消すことができる鉛筆ではなく、ボールペンや万年筆を使って書きましょう。バインダー式のルーズリーフなどは用いず、製本されたタイプの日記帳を選ぶことも大切です。毎日の天気も合わせて書き込んでおけば、日記の信頼度も一段とアップするでしょう。

 

有効な証拠を集めるには?


旦那の浮気や不倫が疑われるとき、ただ単に旦那を問い詰めたり、お灸を据えたりしたいだけならば、自分で浮気調査をおこなって集めた証拠だけでも事足ります。旦那のスマホで見つけた怪しいメールを突きつければ、懲らしめることもできるでしょう。しかし、裁判を起こして慰謝料を請求したいとなると、事情は変わってきます。浮気や不貞行為の証拠として裁判でも通用するものであるためには、それなりの条件をクリアしていなければならないからです。確実に不貞行為があったということが誰の目から見ても明らかになるものでなければ、裁判での証拠としては認められにくくなります。
たとえば、旦那が浮気相手と連れだってラブホテルに出入りしている写真や、二人が一緒に旅行に行ったことが分かる動画などがそれにあたります。その際には、撮影日時も記録されていて、不貞行為が繰り返されていたことが明らかになることなども重要なポイントとなるのです。素人が独自に浮気調査をおこなうのは、体力的にもテクニック的にも厳しいことです。実際に裁判証拠として採用されるほどの強い証拠を集めることができる保証もありません。苦労して揃えた証拠が弱すぎて役に立たなかったり、収集方法に問題があったために採用されなかったりするケースもあるのです。
その点、探偵などのプロに浮気調査を任せると、裁判の場でも通用する有効な証拠を集めてくれます。探偵や興信所は探偵業法に基づいて業務をおこなっているため、正当な方法で合法的に浮気の証拠を集めてくれるので確実なのです。

 

旦那の浮気が気になったら証拠を集めよう


旦那の浮気が疑われる場合、懲らしめたいだけにせよ慰謝料を請求するにせよ、証拠をつかむことが大切です。もちろん、自分ひとりで調査をおこない、浮気の証拠集めをすることもできます。しかし、調査に伴う労力や集めることのできる証拠のクオリティーを考慮すると、やはり探偵や興信所などのプロに依頼するほうが無難な選択だといえそうです。旦那の浮気が気になりはじめたら、まずは確固たる証拠を集める努力をしましょう。

監修 岡田真弓

株式会社MR
代表取締役社長
岡田真弓

監修:岡田 真弓 
総合探偵社MR代表

2003年 株式会社MRを創業。浮気調査、家出調査など、家庭内の悩みを女性目線で解決し、業界注目のカウンセラー制度を創設。
2008年、探偵の専門的な技術の向上と育成を目指しMR探偵学校を開校し、学長に就任。2017年、一般社団法人日本ライフメンター協会を設立し、理事に就任。
現在、ラジオ日本にて毎週火曜日23:15~放送中の『岡田真弓の未来相談室』にパーソナリティとして出演中。

カテゴリー: 浮気調査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気調査の最新記事