MRブログ

婚約者の浮気調査の仕方は?浮気が発覚したらできることを解説

もしも婚約者が浮気をしていたら、きっと大きなショックを受けるはずです。しかし、大切なのはその後の対処です。また、どのような対処をするにしても、まずは浮気の証拠をつかむことが重要になってきます。そこで、いざというときの参考になるように浮気調査のしかたなど、婚約者の浮気が発覚した際の対処法について解説をしていきます。

そもそも婚約者とはどのような立場?


婚約者が浮気をした場合に問題となるのが、婚約しているという事実をいかにして証明するかです。仮に、夫もしくは妻が浮気をしたのであれば、両者が夫婦の関係であることは戸籍を見れば明らかです。しかし、相手が婚約者の場合は、浮気の証拠をつかんで裁判になったとしても「婚約などしていない」と反論されるおそれがあります。もし、それで婚約をしている事実が証明できなければ、「婚約をしていないのだから、浮気にはあたらない」という話になりかねません。事前に婚約証明書を作成するという手もありますが、それを実行しているカップルはまれです。そこで、何をもって婚約とみなすのかが問題になってきます。
たとえば、単に交際状態にあるだけでは婚約とはいえませんし、「いつか結婚したいね」「ずっと一緒にいよう」と話し合ったという事実だけでも不足です。婚約とは「相手を生涯の伴侶と認めて結婚の約束をすること」ですが、口約束だけでは証拠とはならないのです。したがって、正式に婚約者という立場になるにはもっと証拠となるような行為が必要になります。具体例を挙げると、最も分かりやすいのが結納を済ましているかどうかです。祝宴の場を設け、互いの家族を交えて結納の儀を取り行った事実があれば間違いなく婚約しているといえるでしょう。
また、結婚式場を予約しているなど、結婚に向けた準備が進められていれば婚約者として認められることになります。他にも、「婚約指輪を送り合った」「婚約パーティを開催した」「周囲の人間に婚約通知書を送った」などといった事実も婚約者であることの有力な証拠です。一方、単に両家に挨拶をした、友人に紹介をしたというだけでは証拠としては微妙です。それに、そういったケースではたとえ婚約者だと認められたとしても請求できる慰謝料の額はかなり低くなるおそれがあります。なぜなら、挨拶や紹介をしている段階にすぎず、具体的に結婚の準備を初めていないのなら、経済的損失は少ないと判断されるからです。
いずれにせよ、婚約者の浮気が発覚して裁判で争うような事態になった場合には、最初に婚約した事実を証明できるかどうかが争点となります。その事実をしっかりと認識しておきましょう。

婚約者の浮気のサイン


婚約者の浮気に対して適切な対応をとるには、なりよりも浮気をしている事実にいち早く気づくことが重要になってきます。まずは、婚約者の言動に今までになかった変化が生じたなら要注意です。たとえば、結婚後の相談に応じてくれなくなったなどというのがその典型例です。それに、食事やデートに誘っても遠まわしに断られる場合が増えたというのも同様の現象だといえるでしょう。浮気相手に気持ちが移ってしまっているから、結婚後の相談やデートをするのが億劫になるというわけです。
また、浮気をしている場合は週末に連絡が取れないケースがしばしばあるかもしれません。それは、週末に浮気相手と会っているからです。さらに、浮気相手が出入りしており、いつ鉢合わせになるかもわからない、あるいは浮気の証拠が残っているおそれがあるため、自宅に入れてくれないといったケースも増えてきます。逆に、浮気相手に夢中になっていると、2人でいるときでも相手に連絡をとろうとします。つまり、二人きりのときに常に誰かと連絡をとっているようなら、危険信号です。他にも、それに関連した事柄としては相手からの連絡が気になっていつも携帯をチェックしているといった行動をとる場合もあります。用心深い人なら複数の携帯を用意していることも考えられるので、携帯を2台以上持っていないかどうかという点も要チェックポイントだといえるでしょう。
あとは服装や身につけているものの趣味が変わるというのも、よくある浮気のサインです。服装の趣味が急に変わるのは異性によく見られたいという理由の場合が多く、要するに浮気相手の好みに合わせている可能性が高いわけです。婚約者が男性なら女性受けの良いブランド品を身に着け始め、女性の場合は異性へのアピールとなる香水を付け始めたりします。特に、今までオシャレに全く興味がなかったのに急に身だしなみに気を付け始めるようになったときは、他にも浮気のサインがないかを確認した方がよいかもしれません。

婚約者の浮気を証明するために必要な証拠


いくら婚約者が浮気をしているに違いないと思っていても、これといった証拠がない状態で問い詰めたのでは言い逃れをされてしまう可能性があります。したがって、なによりも確固とした証拠をつかむことが大切になってきます。まず、代表的な浮気の証拠として挙げられるのが通話記録やメッセージのやり取りです。特に、ホテルでの待ち合わせの約束をした際のやり取りが残っていればかなり有力な証拠となります。もし、相手の携帯を操作できる環境にあるのなら、メールのデータを自分の携帯に転送した上でじっくりとチェックしてみましょう。その他にも、「また、ホテルに行こう」などといった音声記録も浮気をしている確かな証拠だといえます。
ただ、実際問題として、少し用心深い相手なら携帯は婚約者に触らせないように気をつけるはずです。もしかすると、携帯を複数台用意しているかもしれません。その場合は次善の策として、相手の財布やポケットに入っているレシートをチェックするという手があります。その結果、自分が行った覚えのないホテルやレストランのレシートが見つかれば浮気相手と会っている可能性が高くなるというわけです。これだけでは決定的な証拠とはいえませんが、他の証拠と合わせれば相手を問い詰める材料となります。見つけた場合はとりあえず、レシートのコピーをとって保管するようにしましょう。
そして、より確実な証拠といえるのが、浮気現場の写真や動画です。たとえば、浮気相手と一緒にホテルに出入りしている瞬間の写真や動画があれば決定的な証拠だといえるでしょう。

婚約者の浮気が発覚したらどうすればいい?


相手が浮気をしている事実が明らかになった場合は、まず自分がどうしたいのかをはっきりしておく必要があります。浮気をされた側は相手に幻滅して婚約を破棄するのが一般的ですが、結婚の準備を進めた段階で婚約を破棄するのは両親に申し訳ないと考えて思いとどまるケースもあるのです。そういった場合は、相手とよく話し合った上で2度と浮気をしないようにさせなければなりません。しかし、当人同士だけでは単なる口約束になってしまい、同じことを繰り返されるおそれがあります。それを防ぐ意味でも、できれば互いの両親に同席してもらった上で話し合いをするのが賢明です。
一方、どうしても浮気が許せないのであれば婚約破棄もやむを得ないでしょう。そうなれば、婚約解消に向けての具体的な議論をしていくことになります。ただ、そこで問題となるのが婚約のために生じた費用を誰がどういう形で負担するかです。結婚の準備がかなり進んでいた場合、婚約を破棄すると結婚式場のキャンセルや新居の引き払いといった具合に、多額の費用が発生します。当然、それらは婚約破棄の原因を作った側が払うべきお金です。しかし、実際問題としては相手に支払い能力がないといったケースも少なくありません。その場合は話し合いによって誰が払うかを決めることになります。
もちろん、それは一時的な立て替えなので、今後そのお金をどのようにして返済してもらえるのかの回答を書面でもらっておいた方がよいでしょう。そこを曖昧にしておくと、相手が支払いを拒否して民事訴訟を起こさなくてはならなくなったということにもなりかねません。

婚約破棄で慰謝料を請求できる条件


浮気が原因で婚約破棄となった場合、浮気をされた側は相手に慰謝料を請求できるというのは事実です。しかし、そのためにはいくつかの条件を満たさなければなりません。まず、婚約が確実に成立していたことを証明する必要があります。たとえば、プロポーズを経て婚約指輪を購入していたり、結婚式の準備を進めて式場を予約していたりした場合は婚約が成立していたとみなして間違いないでしょう。一方、相手の実家にいって挨拶をすました程度では「結婚をするつもりはなかった」と反論されるおそれがあります。
次に、確実に浮気をしていたという証拠が必要です。ちなみに、婚約者以外の相手とデートをしていたというだけでは浮気の証拠とはいえません。なぜなら、一緒に食事をしたり、映画を見に行ったりといった行為は友人や知人とも行う可能性があり、必ずしも浮気目的とはいえないからです。それでは腕を組んだり、キスをしていたりした事実があった場合はどうかというと、それでも慰謝料を請求する理由としては不十分です。そもそも、法律にはキスや腕組みといった言葉はありません。浮気に相当するものとしては「不貞」という用語があるだけです。不貞とは配偶者や婚約者がいるのにもかかわらず、別の人間と肉体関係を結ぶことを意味します。つまり、浮気相手とセックスをしたという証拠がないと慰謝料は請求できないというわけです。
一方、婚約者だけではなく、浮気相手にも慰謝料を請求したいというケースもありますが、その場合は浮気相手が婚約者がいる人間と交際をしていた自覚があったかどうかが焦点となります。実際問題として、異性と付き合うのに自分が婚約していることを素直に告げる人はあまり多くないはずです。そういう意味では浮気相手に慰謝料を請求するのはかなり難しいといえるでしょう。

婚約者の浮気調査で気を付けたいこと


浮気をしているという決定的な証拠をつかむには浮気現場の映像を撮影するのが一番ですが、それを自分自身の手で行おうとしてもなかなかうまくはいかないでしょう。なぜなら、尾行しながらの証拠写真の撮影にはかなり高度な技術が必要となってくるからです。そもそも、お互いによく知っている間柄なので途中で気づかれるおそれがあります。それに、婚約者がどのタイミングで浮気相手と会い、いつホテルに入るかなどといったことを事前に把握するのは困難です。そうなると、何日も尾行を続けなくてはならなくなり、相当な体力と気力が必要になってきます。それに、歩行での尾行ならまだよいのですが、車での尾行の場合、慣れていないと事故につながりかねません。
その上、尾行に失敗して浮気の証拠を集めている事実が相手にばれると警戒されてしまいます。また、それ以上に問題なのが尾行や撮影はプライバシーの侵害にあたるおそれがあるという点です。もし、法に抵触した場合、裁判で写真や動画を提出しても証拠として使えなくなってしまうおそれがあり、最悪の場合は逆に、訴えられてしまいます。ちなみに、尾行ではなく、隠しカメラをセットして証拠を掴もうと考える人もいるかもしれませんが、それも違法行為です。その結果、証拠が見つかればまだいい方で、証拠をつかむ前に隠しカメラが見つかると、こちらが一方的に犯罪者となってしまいます。
いずれにせよ、個人による尾行や証拠集めのための撮影は極めてリスキーな行為なので、出来る限り控えるのが賢明です。

婚約者の浮気について確実な証拠をつかむ方法


慰謝料請求を確実に行うには、浮気相手と肉体関係にある事実を明確に示す証拠が必要になります。そのためには尾行や映像撮影が必須となりますが、素人がそれらを行うのは困難ですし、失敗した場合のリスクも少なくありません。そこで、検討したいのが探偵や興信所への依頼です。そうした専門家なら浮気調査には慣れていますし、顔を知られていないので尾行に気づかれる心配はほとんどありません。法律に対する知識やさまざまなケースでのノウハウも豊富です。その上、そういった調査に関する専門的な訓練を受けており、最新の機器を駆使しているため、相手に悟られずに短期間で証拠を集めることができます。
ただ、浮気をしているかどうかが曖昧な状態で依頼すると、もし浮気をしていなかったときに費用を浪費することになりかねません。逆にいえば、浮気をしているのがほぼ確実で、あとは決定的な証拠をつかむだけという場合なら、探偵などに依頼するというのは最善の選択肢の一つだといえます。

婚約者の浮気が気になったらまずは証拠をつかもう


婚約者に浮気の疑いがある場合はまず、その証拠をつかむことが大切です。しかし、尾行や撮影といった本格的な浮気調査は意外に難しく、下手をすると違法行為になりかねません。そこで、確実に証拠を得るためにはプロの探偵への依頼が有力な選択肢となります。婚約者に浮気をされるというのはつらいものですが、しっかりと証拠を集めて自分にとって最適だと思える対処をしていきましょう。

監修 岡田真弓

株式会社MR
代表取締役社長
岡田真弓

監修:岡田 真弓 
総合探偵社MR代表

2003年 株式会社MRを創業。浮気調査、家出調査など、家庭内の悩みを女性目線で解決し、業界注目のカウンセラー制度を創設。
2008年、探偵の専門的な技術の向上と育成を目指しMR探偵学校を開校し、学長に就任。2017年、一般社団法人日本ライフメンター協会を設立し、理事に就任。
現在、ラジオ日本にて毎週火曜日23:15~放送中の『岡田真弓の未来相談室』にパーソナリティとして出演中。

カテゴリー: 浮気調査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気調査の最新記事