MRブログ

浮気調査で成功報酬とは?料金の例や選び方!

これから浮気調査を依頼する場合は、料金を支払う必要があって、それは成功報酬となっていることが多いです。それでは、成功報酬とは具体的にどういうことなのでしょうか。成功報酬の仕組みをよく理解しておかないと、浮気調査を依頼してから後悔するかもしれません。そこで、成功報酬とは何か、完全成功報酬型のメリットやデメリット、料金の例や探偵事務所の選び方などについて紹介します。

浮気調査で成功報酬とは?


浮気調査を頼む際には、その探偵事務所がどういった料金形態を用意しているのか確認することが大切です。浮気調査では、成功報酬を採用するケースが増えています。これは、調査の前に着手金を支払って、証拠を得るのに成功したときにあらためて報酬を支払うという料金プランです。従来、浮気調査において成功報酬が採用されるケースはあまりありませんでした。なぜなら、成功したかどうか成果地点を設定するのが難しいとされていたからです。

探偵事務所の料金設定は、特に決まったルールは存在せず、自由に設定することができます。探偵業法という法律があるのですが、探偵が調査をする費用の金額については規定されていません。そのため、それぞれの探偵事務所が独自の料金形態を採用することができるのです。調査料金のタイプは大きく分けると2種類あり、成功報酬とタイムチャージ制があります。タイムチャージ制とは、実際に探偵が動く時間分だけ料金が加算されていくものです。1時間あたりの料金が設定されており、それに稼働時間や日数をかけることによって、最終的な料金が決定されます。浮気調査は時間がかかることが多く、成果の基準が曖昧なため、タイムチャージ制が適用されることが多かったのです。ほかにも、張り込みや尾行、素行調査などにもよく適用されています。

成功報酬が増えている理由は、いくつか考えることが可能です。まず、依頼主にとっては、成功報酬のほうが安心できます。報酬が発生するのは成功したときだけであり、失敗したときには払う必要がありません。依頼主にとってメリットがあり魅力的な成功報酬を採用すれば、その探偵事務所を利用する人は増えるでしょう。探偵事務所はたくさんあり、競争が激しいため、そこでよりニーズに合ったサービスを提供するために、成功報酬を採用するケースが多くなっているのです。ただし、探偵事務所のなかには、成功報酬で浮気調査をするための条件を設定しているところもあります。浮気調査の依頼をすべて成功報酬で引き受けることにはリスクがあるからです。

浮気調査で完全成功報酬とは?


浮気調査で採用されることの多い完全成功報酬とは、着手金が存在せず、証拠を得て成功したときに報酬を一括で支払うプランです。失敗したときには報酬を支払わなくても良いのが特徴となっています。通常の成功報酬の場合は、着手金が発生することが多いです。着手金とは、これから仕事に取り掛かってもらうために支払うお金のことであり、必ず支払わなければいけません。したがって、依頼が失敗したとしても着手金が返ってこないことが一般的です。一方、完全成功報酬の場合は、依頼が成功したときにだけ費用が発生する仕組みとなっています。成功したときにのみ報酬が発生するため、完全成功報酬と呼ばれているのです。

ただし、完全成功報酬だったとしても、諸経費がプラスされることがあります。諸経費とは調査する際に必要な経費のことであり、交通費やガソリン代、駐車料金といったものです。そのため、完全成功報酬であっても、諸経費が発生するかもしれないため、事前に確認しておきましょう。成功報酬や完全成功報酬の違いは明確なものではなく、法律で決まっているわけでもありません。それぞれの探偵事務所が料金設定を独自に定めており、完全成功報酬だったとしても、その定義がほかとは異なる可能性もあるのです。仕事を依頼する前に、料金設定の詳細を確認し、疑問点を質問して解決しておきましょう。

また、完全成功報酬の場合は、依頼が成功したかどうかの判断が重要です。しかし、どうなれば依頼が成功したといえるのか、探偵事務所ごとに考え方が違うケースもあります。浮気の証拠が得られたら成功なのか、それとも失敗せずに尾行すれば成功となるのか、これも事前に詳しく確認しておくと良いです。浮気調査をするならば、浮気をしているかどうか確証が欲しいために依頼する人が多いでしょう。そのため、成功の条件を明確にし、自分が納得できる結果を得られたときにだけ報酬を支払うような契約にします。

完全成功報酬のメリット


浮気調査の完全成功報酬にはいくつかメリットがあります。まず、調査を依頼する際に事前に情報がほとんどないケースであっても利用できる点です。なんとなく浮気をしているかもしれないと疑っている段階でも利用できます。浮気に関する情報が少ない場合は、どのくらいの期間調査しなければいけないのか予想するのが難しいです。そうなると、想像以上の期間がかかってしまうケースもあります。時間制の料金だと、調査期間が長くなるほど料金が高くなってしまうのですが、完全成功報酬の場合は調査期間が報酬に影響することはありません。そのため、調査日数を決定できるだけの情報がない場合には、完全成功報酬を利用したほうが有利です。

完全成功報酬であれば、浮気の証拠を得られなかった場合には、報酬を支払う必要がありません。たとえ、調査対象者を尾行したとしても、浮気を明らかにしていると分かる証拠が得られないこともあります。たまたま、調査期間に浮気相手と会わなかったというケースもあるのです。このようなケースでも、完全成功報酬なら、浮気の証拠を見つけられなかった場合は報酬が発生せず費用は0円となるため、安心できるでしょう。たとえば、浮気の決定的瞬間の写真やビデオが撮れたことを成功とするケースがあります。将来、慰謝料の請求も視野に入れているならば、裁判で勝てる有効な証拠を得られることが重要です。完全成功報酬であれば、自分が納得できる結果を得られたときにのみ報酬を支払う契約にすることができます。

また、完全成功報酬では、最終的にいくら報酬を支払うことになるのか、あらかじめ知らされるため、安心です。報酬が自分で支払える範囲内に収まっていることを確認してから契約するため、支払いが難しくなるケースはほとんどないでしょう。ほかのメリットとしては、完全成功報酬のほうが調査員のモチベーションが上がる可能性があります。成功しなければ報酬が発生しないため、調査員は依頼主を納得させる証拠を集めるために最善を尽くそうとするでしょう。

完全成功報酬のデメリット


完全成功報酬のデメリットは、成功報酬が高めに設定されていることが多い点です。そのため、通常プランよりも割高になりやすく、料金の負担が大きくなってしまいます。成功報酬は探偵事務所にとって基本的にメリットのないプランであり、依頼をこなしたとしても報酬が得られない可能性があるのです。そのため、ハイリスクな成功報酬を探偵事務所が導入する際には、成果として得られる報酬を高く設定する傾向があります。

また、誰でも自由に完全成功報酬の料金プランを利用できるのではなく、条件が設定されていることもあるのです。たとえば、事前に詳しい事情を聞いて、完全成功報酬で対応できるかどうか決めるところもあります。これは、実際に調査をしたとしても浮気の証拠が得られる見込みがないならば、完全成功報酬で依頼を受けるメリットが探偵事務所にはないからです。浮気相手が分かっていて、二人が合う日取りまで特定できているケースならば、完全成功報酬で対応してもらえる可能性があります。配偶者が嫉妬深いために浮気していると思いこんでいるようなケースもあり、まずは事前に話をしてから料金プランが決定されることが多いです。

完全成功報酬は成果の基準をはっきりさせることが重要となります。何を成果とするのかよく話し合って確認しておかないと、結果に不満を抱えているのに報酬を請求されるかもしれません。契約内容が曖昧になっていると、完全成功報酬であっても、デメリットが大きくなるため注意しましょう。完全成功報酬の場合、それぞれの案件ごとに報酬が大きく変わることもあります。どのくらいの成功報酬となるのか、相談前に予想することが難しいのはデメリットといえるでしょう。成功報酬は、調査日数や調査員の数、必要機材、依頼の難易度などによって変動するものです。

成功報酬の料金はどれくらい?


成功報酬の料金はそれぞれの探偵事務所が自由に決めることができるのですが、実際には相場が存在します。相場から大きく外れた料金だと、依頼者のほうが警戒することが多いでしょう。着手金は10万円程度となっていて、成功報酬は30万円程度が相場といえます。これに加えて諸経費も加算されるプランもあるため注意しましょう。調査する際にかかった諸経費は依頼主に請求されることがあるのです。これは事前にどのくらいの経費がかかるのか予想することは難しく、調査を終えてから確定します。

また、成功報酬は証拠の数によって変動することがあり、たくさんの証拠が得られた場合は、それに比例して料金が加算されることが多いです。証拠が1つで良いという人もいれば、できるだけ多くの証拠を得たいという人もいます。後で慰謝料を請求するために裁判をする場合は、たくさん証拠があったほうが有利になるでしょう。ただし、多くの証拠を取得してもらうには高額な成功報酬がかかってしまいます。事前に弁護士に相談して、どのような証拠がどのくらい必要なのか確認してから、探偵事務所に依頼すると良いでしょう。

探偵事務所ごとに料金体系は異なっていて、細かな仕組みが違っているケースも珍しくありません。探偵事務所のホームページをチェックすれば、その事務所独自の料金体系について説明されています。特に補足事項として記されている内容は、細かな部分もしっかりと確認しましょう。たとえば、諸経費や調査機材費など成功報酬以外の費用が発生する可能性があるかどうかはっきりさせておきます。探偵事務所のなかには、調査料金の割引サービスを実施しているところもあるのです。お得な条件で依頼できるチャンスがあるかもしれないため、サイトのチェックは欠かせません。また、依頼を途中で解除する際に違約金が発生するようなこともあるため、こちらも確認しましょう。

成功報酬の料金プランを利用するときのポイント


成功報酬の料金の詳細については、すべて契約書に記載された内容にしたがうことになります。そのため、依頼主や条件が変われば、契約ごとに成功報酬の条件が変わってくるケースもあるのです。事前にしっかりと打ち合わせをして、契約書を作成したならば、その内容も細かな部分までよく確認しましょう。特に成功の条件を記載することは大切であり、依頼者にとっての成功の条件を契約書にはじめに記載しておくのは大事なポイントです。

さらに、調査する期間についてもあらかじめ決めておきましょう。浮気の証拠が得られるまで長く調査を続けてもらうのか、ある程度の期間で打ち切ってもらうのか、事前に決めておき、契約書に書いておきます。たとえば、調査開始から一定の日数が経ったあとは、いつでも打ち切ることができる契約にすることも可能です。また、途中で打ち切ったときに、キャンセル料金や違約金などが発生しない契約であることも確認しておきます。

証拠ごとに細かく成功報酬の料金を設定するケースもあるため、注意しましょう。ラブホテルの出入りの瞬間の写真やキスをしている写真、あるいは動画など、証拠にはさまざまなものがあります。すべて一律で同じ成功報酬が設定されているのか、証拠内容による違いがあるのかチェックしましょう。たとえば、画像を撮影するのと、動画を撮るのとでは、異なる機材が必要となるため、料金が違うことがあるのです。特別な機材を使ってもらうために成功報酬が高くなることもあります。また、成功報酬の料金が相場に近いかどうかチェックすることも大切です。特に、相場よりも安すぎる場合は、調査の質が悪かったり、成功報酬以外の費用を請求されたりする可能性があるため、このような探偵事務所の利用は注意しましょう。

浮気調査会社の探し方

町中の看板や広告

驚くことに現在全国には5000社以上の探偵社が存在すると言われています。しかし実態がはっきりしない探偵社というのも多く、できるだけ信頼できる探偵社を選ぶのがベストということは言うまでもありません。違法な調査をしない、法外な料金を請求されない、調査力があるといった探偵社を見極める方法の一つに、町中で見慣れた看板や広告を出している探偵社を選ぶという事が挙げられます。実態がはっきりしていて、資本もあり、大手であるというのは失敗しない探偵社選びの第一歩でしょう。

タウンページ

タウンページに広告を出しているというのも前述と同じく、信頼できて実態のはっきりしている大手探偵社という意味ではタウンページに掲載されている探偵社というのも探偵社選びの指標になるでしょう。また、タウンページに掲載されている電話番号が実際の事務所のものかを調べることも大切です。電話した先がきちんとした事務所ではなく、アパートの一室であったり、個人の携帯に転送されているような場合には注意が必要です。

ホームページ検索

もっとも手軽かつ確実なのがホームページで探偵社を検索してみることです。会社の住所、電話番号から、探偵業届出番号まで、きちんとした探偵社かどうかの一様の目安がすぐわかります。しかし一方で、立派なビルの写真を一面に出しているにも関わらず、実際はアパートの一室という虚偽といえるものもありますので注意です。

口コミから検索

ネットでの口コミは参考になるものが多いものの、実情は自作自演で好印象を与えるものであったり、逆にライバルが印象を悪くさせようとしているものであったり、、参考程度に考えるのがよいでしょう。

浮気調査会社を選ぶ時に見るべきポイント

探偵業届出証明書が交付されているか

探偵業を営むものは探偵業法に基づき都道府県が交付する探偵業届出証明書が必要となります。前述しましたが、全国には5000社以上の探偵社がありますが、きちんと届け出をしていない業者がいたら要注意です。探偵業はデリケートな個人情報を扱ったり、秘匿性の高い調査方法を行うものですので、しっかり法律に則って、適性な方法で調査を行う業者である必要があります。届け出は各拠点ごとに必要になりますので、それぞれきちんと届け出をしているかを確認しましょう。

会社名を調べて過去に違法な調査で行政処分を受けていないか調べる

探偵業者の中には違法すれすれだったり、完全に違法な手段を用いて調査をするものも残念ながら一部には存在します。前述の通りデリケートな範囲の調査内容、調査方法となりますので、過去に違法なことをして行政処分を受けていないかを調べることも重要です。何度も社名を変えて平然と業務を行っているところがないかもチェックです。

事務所をきちんと構えており所在地がはっきりしている

全国展開をする大手と謳いながらも、各地の事業所には実態がないというケースも存在します。事務所と言いながら、実はマンションの一室であったり、レンタルスペースであったり、はては拠点の実態がまったくない場合も。喫茶店で打ち合わせを提案してくる場合は、事務所なり相談室なりが本当に存在するのか確かめておくことが大切です。重要なプライバシーが絡む相談になりますので、喫茶店など人との接触が多い場所は極力さけ、プライバシーがしっかり守られた相談室で相談するようにしましょう。

連絡をした時の対応が丁寧

調査に不慣れであったり、自信がないような業者は電話応対ひとつとっても何かしら気配を感じるものです。多くの調査実績を持ち、信頼を築いてきた探偵社はやはり最初の対応から丁寧であることが多いです。特に、どういう悩みがあるのか親身になって丁寧にヒアリングしてくれることがとても大切です。気持ちを整理して、必要な情報をしっかり聞き出してくれてこそ、無駄のない的確な調査が行えるのです。

デメリットを隠さない

一番あってはならないのが調査の失敗ですが、緊迫した状況の中での難しい調査では100%というものは存在しません。仮に成功率、満足率100%などと謳っている探偵社があればとても注意するのがいいでしょう。調査には発覚のデメリットがある、調査をしたことによって家族関係が変化することがある、などといったデメリットも隠さずしっかり伝えてくれる探偵社こそが信頼できると考えて良いでしょう。

料金体系が明確で見積書を出してくれる

相談無料、見積もり無料というところは今や多くなったものの、いざ見積もりとなったら予想外の金額になったり、調査後に新たな料金が発生するといったトラブルを抱える探偵社というのも残念ながら存在します。まずは料金体系が明確で、何人の調査員が、どのような調査方法で、どのくらいの時間をかけて調査をするのかという説明がしっかりあり、それに基づく見積書を出してくれる探偵社を選びましょう。

浮気調査で成功報酬を選ぶなら確認が必要!


浮気調査で成功報酬を選ぶならば、契約内容や条件の確認が大切です。特に調査が成功したといえる条件や調査日数、成功報酬の金額などは契約書に明確に記載してもらいましょう。成功報酬の内容は探偵事務所が自由に決められ、契約書の内容がすべてです。事前によく打ち合わせをして、満足できる条件を契約書に記載してもらい、調査を頼みましょう。

監修 岡田真弓

株式会社MR
代表取締役社長
岡田真弓

監修:岡田 真弓 
総合探偵社MR代表

2003年 株式会社MRを創業。浮気調査、家出調査など、家庭内の悩みを女性目線で解決し、業界注目のカウンセラー制度を創設。
2008年、探偵の専門的な技術の向上と育成を目指しMR探偵学校を開校し、学長に就任。2017年、一般社団法人日本ライフメンター協会を設立し、理事に就任。
現在、ラジオ日本にて毎週火曜日23:15~放送中の『岡田真弓の未来相談室』にパーソナリティとして出演中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気調査の最新記事