MRブログ

探偵の報告書について徹底解説!浮気・不倫問題に有利な報告書のポイントとは

探偵事務所では、依頼された調査が完了したときに調査報告書を作成するのが一般的です。調査報告書の内容や、手に入れるメリット、使用用途などが気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、報告書に記載される内容から、優れた報告書を作成してくれる事務所の選び方までを解説していきます。
記事を読むことで調査報告書への理解が深まり、不倫・離婚問題を有利に進められるイメージができると思います。

1.探偵が作成する報告書とは


探偵が作成する「報告書」とは、調査の結果を詳細に記した報告書のことです。探偵は、依頼を受けた調査が完了したのちに文章と複数の写真を使って報告書をまとめ上げます。報告書には調査の過程で得られた情報や調査対象者の行動などがこと細かく記録されており、調査対象者がどこで何をしていたのかという実態を詳細に知ることができます。探偵が作る報告書は、調査対象者が浮気や不倫をしていることを証明する重要な証拠になり得ます。

探偵事務所や興信所が依頼者に提供している商品は「調査」という形のないものですが、その中で報告書は唯一形のある商品だともいえるでしょう。また、文章と写真でまとめられた報告書のほかに、調査中に撮影した動画を録画したDVDや会話を録音した音声データが含まれることもあります。動画があれば、調査対象者と浮気相手の親密度や雰囲気がより詳しくわかるでしょう。音声データは、写真ほど重要な証拠にはなりませんが、ほかの証拠と組み合わせて複合的に使うことがあります。

2.探偵の報告書の内容


探偵の調査報告書には、調査中に知ることができたすべての調査記録が時系列で記載されています。調査記録とは、調査開始時からの調査対象者と浮気相手の行動記録のことです。記録するのは対象者と不倫相手が接触しているときだけではありません。「対象者の張り込みや尾行をいつ、どこで開始したか」など、不倫相手と会う前の行動もしっかりと記録されます。調査対象者が行動を起こしてからは、「対象者がどんな交通手段とルートで移動したか」「途中で立ち寄った店舗や場所はどんな所か」を記録することになります。このように細かな部分をしっかりと残すことで、具体性と説得力のある報告書ができあがるのです。

その後、調査中に対象者と不倫相手が接触したのちは「2人がどこで接触したか」「どのようなルートでどこへ向かったか」と続きます。もし2人が「レストランで食事をしたのち、ラブホテルへ入っていった」のであれば、レストランやラブホテルの店舗名や住所、出入りした時刻が記載されます。報告書に使われるのは文章だけではありません。ホテルに出入りする瞬間などの写真は、記録の裏付けとして重要です。また、キスをしているところなど決定的な場面をおさえることもあります。

詳細な事実が写真とともに記録されていれば、万が一調査対象者がウソをついてもごまかしきれないでしょう。調査の結果、浮気相手の氏名や年齢、住所、勤務先といったパーソナルデータが特定できた場合は、それもあわせて記載されます。このように、調査報告書には調査対象者が出かけた日時や場所、相手、行動のすべてが記録されます。つまり、報告書に目を通すだけで「不倫・浮気の全容」が明らかになるというわけです。

3.探偵の報告書が活用される場面

探偵の調査報告書があるとどんなときに有利になるのかを、活用方法とあわせて紹介していきます。

3-1.相手と別れさせるため

浮気相手と別れさせ、自分とパートナーの2人でやり直したい、夫婦関係を再構築したいというときには探偵の調査報告書が役に立ちます。男女関係・夫婦関係の再構築には、しっかりと話し合いをすることが重要であり不可欠です。もし、報告書なしで話し合いに臨めば、「浮気なんかしていない」「心当たりがない」とウソをつかれたりしらを切られたりする可能性があります。「浮気をしているか、していないか」というレベルで言い合いをすれば、平行線のまま何ひとつ進展しないこともあり得るでしょう。そんなとき、調査報告書は有無を言わさずに浮気を認めさせる「動かぬ証拠」となります。

報告書があることで、「浮気は事実である」と相手に認めさせると同時に、「浮気の事実をすべて知っている」という有利な立場に立つことができます。今後もパートナーとともに歩んでいきたいと考えているのであれば、話し合いは「浮気という事実は確かにあったが、それをふまえたうえで今後どうしていくか」という形でスタートすべきです。しかし、最初から調査報告書をすべて開示してしまうと、探偵の調査ではつかめなかった事実を隠されてしまう可能性があるため注意しておきましょう。

たとえば、複数名と同時に浮気をしているのに一部の浮気相手しか報告書に載っていなければ、ばれなかった相手とだけ浮気を継続させることが考えられます。それを防ぐために、まずは「探偵に依頼して調査報告書を受け取っている」と報告書の存在を匂わせてみましょう。そうすることで、パートナーが「不倫のすべてを知られてしまった」と思い込み、自ら浮気や不倫を告白してくるかもしれません。相手より有利な立場に立ち、浮気を諦めさせ別れさせる方向へ導くことが重要です。

3-2.慰謝料請求のため

調査報告書は、パートナーや浮気相手に対して慰謝料を請求するときにも役に立ちます。「もしかしたら浮気をしているかもしれない」という疑惑の段階では、慰謝料についての話し合いがスムーズにいくことはほぼありえません。パートナーの不倫・浮気による慰謝料は、自分が受けた精神的な損害に対して請求するものです。そのため、「パートナーが隠れて不倫や浮気をし、それによって精神的な苦痛をこうむった」という証拠が何よりも重要です。

あいまいな証拠しかない場合だと、言い逃れされたり逆上されたりすることも考えられます。たとえば、「来週会おう」という内容のメールやLINEでは、単なる知り合いだと主張されてしまうかもしれません。不倫・浮気は、明らかに不貞行為(パートナー以外の人間と肉体関係があること)があることが前提です。「昨日は楽しかったよ」「また会いたいね」というようなやりとりだけでは不十分だということを覚えておきましょう。その一方で、写真つきの報告書は確実な証拠となります。さらに、弁護士に依頼して法的手段をとる場合、証拠は特に重要です。この場合、何も知らない第三者から見ても、明らかに不貞行為があると証明できるだけの証拠が必要となります。

3-3.離婚のため

不倫を理由にパートナーと離婚したいときにも、調査報告書があると有利に話を進めることが可能です。
離婚の3つのパターン別に解説していきます。

3-3-1.離婚協議

協議離婚とは、夫婦での話し合い(離婚協議)をしてお互いに納得し、そのうえで離婚届を提出する離婚のことです。お金や時間がかからず離婚届を提出するだけですので、もっとも一般的な離婚方法だといえます。離婚することを決断した場合、ほとんどの人が夫婦で話し合いの場を持つでしょう。話し合いでは、離婚への合意、子どもがいる場合は親権や養育費の支払い、財産分与に関することなどを取り決めます。しかし、浮気・不倫を理由に離婚を持ちかした場合、パートナーが「不倫などしていない、離婚しない」と不貞行為を認めなければ話が進展しません。

そこで役に立つのが調査報告書、というわけです。明らかな証拠をつきつけることで、相手に話し合いのテーブルについてもらいやすくなります。あわせて、慰謝料の請求や財産分与についても有利に話し合いを進めることができます。離婚協議は長引けばそれだけ時間をとり、精神的に消耗する可能性があります。探偵の調査報告書というきちんとした証拠を用意し、「離婚原因は不倫をしたパートナー側にある」ということをはっきりさせることが重要です。

3-3-2.離婚調停

離婚協議で双方に折り合いがつかず、話し合いが決裂した場合は、第三者に離婚調停を依頼することになります。これが調停離婚といわれる形です。離婚調停をする必要に迫られた際は、住んでいる地域の家庭裁判所に調停の申し立てをする必要があります。離婚調停では裁判官または家事調停官、調停委員、当事者が出席し、話し合いを進めていきます。離婚調停では弁護士などの代理人を立てることが可能です。費用はかかりますが、「うまく話せる自信がない」「場の雰囲気に流されてしまいそうで不安」といった場合は代理人をつけることを考えるといいでしょう。

離婚調停においては、自分とパートナーが交代で2名の調停委員(男女各1名ずつ)と話をすることになります。調停がどのような方向に進むかは、調停委員による影響が大きい部分です。しかし、報告書という客観的で信用できる証拠があることで、自分に有利な形で調停を進められる可能性が高くなります。調停で自分とパートナーが離婚に合意すれば、離婚することを明記した調停調書が作成されます。調停調書は裁判による判決と同じ効力を持つものであり、合意した以上は必ずその内容を守らなくてはいけません。

3-3-3.離婚訴訟

離婚調停でも双方が納得せず合意に至らなかった場合は、離婚訴訟を起こし、法廷の場で裁判官に判決を委ねることになります。これが裁判離婚です。離婚でもめて裁判にまでもつれ込むケースは多くはないものの、可能性はゼロではありません。この裁判の場でも、探偵事務所の調査報告書は有利な証拠になります。裁判に勝つためには、明確な証拠を示すことが何よりも重要です。パートナーが不貞行為を働いたことをはっきりと示す報告書があれば、裁判官もそれを認め、「浮気・不倫があった」という事実を前提に判決を出します。裁判では離婚の判決を勝ち取れるほか、慰謝料支払いの命令も出してもらえます。証拠の有無や内容が判決を大きく左右することを覚えておきましょう。

4.優れた報告書とは


このように、探偵事務所の調査報告書は裁判の証拠となる可能性もある重要なものです。場合によってはその後の人生も左右しかねません。ここでは、証拠として説得力のある優れた報告書はどんなものなのかを解説します。

4-1.画像・映像が鮮明

不貞行為が確かにあること、または確かにあると推測できる証拠として、鮮明な画像や映像は不可欠です。たとえば、ホテルに出入りする男女の姿をとらえた写真を証拠として提出しても、写っている人物が誰なのかを特定できなければ証拠としての能力が低いといわざるを得ません。調停や裁判では第三者が証拠を見て信憑性を判断するため、「第三者が見てもはっきりとわかる」ことが重要です。具体的には「顔がはっきりと写っている」「撮影された場所が確実にわかる」といったことがポイントになります。報告書を証拠として提出しても、画像や映像のクオリティが低いせいで人物が判定できなければ、証拠としての効力は著しく低くなってしまうでしょう。

4-2.具体性のある文章

文章に関しては、5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どうしたか)が明確で、かつ具体的であることが大切です。時刻は「○時頃」などあいまいな表記ではなく、「◯時◯分」と分まで正しく記載されていなくてはいけません。立ち寄った場所や施設についても、「ラブホテル」などの一般名称ではなく、「ホテル◯◯□□店」といった固有の店舗名が詳細に書かれている必要があります。車を利用したのであれば、車種・ボディカラー・ナンバーまでしっかりと記録されていることがポイントです。写真では知り得ない会話内容についても、わかりやすく具体的に記されている必要があります。

4-3.日付・時刻・場所が正確

日付・時刻・場所という絶対的な情報については、正しく記載されていることが大前提です。「写真に刻印されている時刻と、文章で記載されている時刻が違っている」というようなことはあってはいけません。小さいことでも矛盾があれば「でっち上げでは」と疑われ、証拠としての効力を失ってしまう可能性があります。場所については、番地や建物名といった詳細が記載されていることが望ましいでしょう。その場所に建物や施設が存在していることを確認するには、Google Mapや住宅地図が活用できます。こういった第三者が提供している情報とあわせて証拠とすれば、わかりやすくなり信憑性も増します。

5.自力調査でも報告書は作れる?


探偵事務所に調査を依頼して報告書を作成してもらうには、それなりの出費が避けられません。だからといって、自力で報告書を作成することはかなりハードルが高く、労力に見合ったものを作れないことが大半です。まず、証拠として十分なクオリティの画像や映像を用意するには、高性能なカメラやレンズが必要になってきます。自ら張り込みや尾行をしつつ、それらを使いこなして決定的瞬間をおさめることは、それなりの知識や経験がないとかなり困難です。

また、探偵事務所では撮影した写真や映像を見やすいように補正しています。明るさを調節したり角度を変えたりするには、専用のパソコンやソフトウェアが必要です。さらに、探偵事務所では万が一離婚裁判に発展するケースを考慮して、証拠写真の見せ方を工夫したり、裁判官が好む文章表現を採用したりもしています。これは、数々のノウハウを持つプロの探偵事務所だからできることだといえるでしょう。証拠として採用されやすく、効力を発揮する報告書にするには、見よう見まねでは難しいものがあります。加えて、当事者が作成したものだと、自分の都合のいいように書かれているのではと思われ、「客観性に乏しい」と判断されかねません。

6.優れた報告書を作成してくれる探偵事務所を選ぶポイント


調査報告書には、規定のフォーマットや共通のひな形などがなく、クオリティは探偵事務所によってばらつきがあります。そこで、証拠として効力のある報告書を手に入れるためにはどんな事務所を選べばいいのかを紹介します。

6-1.サンプルを開示してくれる

まず、相談者が見られる報告書のサンプルを用意してある事務所はいい事務所であるといえるでしょう。一般的に、日常生活において探偵の調査報告書というものを見る機会はほとんどありません。報告書といわれても、どんなものなのか想像もつかない人が大半だということです。そんな人のために、現物と変わらないフォーマットで作られたサンプルがあれば、どんな内容が記載されるのかを事前に確認することができます。サンプルで必要な事項がきちんと掲載されているか、あまりにも簡易的すぎないか、写真は鮮明か、といったことをチェックしましょう。サンプルを用意していない事務所や、出し渋る事務所は避けたほうが賢明です。

6-2.料金が明快である

まれにですが、調査後に初めて「報告書の作成は調査とは別料金」と提示してくる事務所があります。調査を終えていても報告書がなければ有形の証拠を手に入れることができませんので、依頼者は納得していなくとも払わざるを得ません。特に、報告書の作成に高額な費用を請求してくるような事務所は要注意です。事前に、料金にはどこまで含まれているかをしっかり確認しておきましょう。見積もりの段階で相談者の要望をしっかりと聞き取ってくれ、事前に明確な料金を提示してくれる事務所もあります。調査結果により追加料金が発生するかどうかは、事務所選びの重要なポイントです。

6-3.違法調査を行わない

世の中には、違法行為を含めた調査を行う探偵事務所が存在します。盗撮や盗聴、外部の情報屋を使った不正なデータ取得などがこれにあたります。店の店員にお金を渡して内部でしか見られない顧客データを取得する、といった行為ももちろん犯罪です。違法調査を依頼した場合、依頼者自身にも罪が及ぶことがあります。情報を手に入れられるからといって、手段を選ばないのはたいへん危険です。そのため、「違法調査や個人情報などの不正取得は行っていない」と明記している事務所が安全でしょう。

6-4.アフターケアを怠らない

探偵事務所の仕事は調査をして依頼者に報告することですが、依頼者は報告書を手に入れたところからがスタートです。報告書に記載された事実を受け止め、今後どうしていくかを決めなくてはなりません。関係修復を望む人もいれば、離婚して他人として生きていく道を選ぶ人もいるでしょう。しかし、どちらにせよ依頼者は大きな選択を迫られます。

そのため、調査のうえ報告書の提出をもって終了という事務所よりは、依頼者の精神的苦痛に寄り添い、今後のことも相談できる事務所のほうが安心できます。探偵事務所に調査依頼に来るのは、トラブルに頭を悩ませている人ばかりです。そんな依頼者のために、中には調査中からカウンセラーに相談できる事務所もあります。依頼者の心情に親身になって寄り添い、アフターケアやフォローの体制を整えている事務所には信頼が置けます。

6-5.浮気問題に強い

探偵事務所は全国各地に数多く存在しますが、すべての事務所が浮気や不倫の調査に長けているというわけではありません。事務所ごとに特徴があり、得手不得手もそれぞれです。浮気調査は最終的に裁判へともつれ込むこともあり、依頼者の希望に添うように対応するには相応の専門知識が求められます。調査報告書は裁判の証拠としても採用されるため、そこで勝てるような形に仕上げることが重要です。これらのことをふまえると、浮気調査の経験や実績が豊富な事務所が安心だといえるのではないでしょうか。さらに、もし調停や裁判にまで発展したときのことを考えると、詳しくアドバイスを受けられたり、不倫や離婚問題に詳しい弁護士を紹介してもらえたりする事務所が頼りになります。

7.浮気・不倫問題解決の秘訣は専門家への相談!探偵の報告書を活用しよう


不倫・浮気問題の解決には裁判所という司法が絡む可能性があり、証拠となる探偵の報告書は調停や裁判の結果を左右しかねない重要なものだといえます。そのため、その分野に強い探偵事務所を選択し、相談することが納得できる決着への第一歩だといえるでしょう。MR探偵社は、不倫・浮気調査に定評のある事務所であり、年間1万5000件以上の相談実績があります。写真と動画による調査報告書は充実の内容で、もちろん証拠として使用可能です。

また、事実の調査や証拠の確保のみに終始せず、事前にしっかりとヒアリングを行い、依頼者の思いに寄り添って調査を進めていきます。調査終了後には、傷ついて疲れ切った依頼者の心のケアにまで気を配り、次のステップへ進めるようサポートしています。パートナーの浮気は、大きな精神的ショックをもたらすものです。ていねいで確実な調査に加え、精神的なサポートまでしてくれるMR探偵社であれば、安心して任せられるのではないでしょうか。

監修 岡田真弓

株式会社MR
代表取締役社長
岡田真弓

監修:岡田 真弓 
総合探偵社MR代表

2003年 株式会社MRを創業。浮気調査、家出調査など、家庭内の悩みを女性目線で解決し、業界注目のカウンセラー制度を創設。
2008年、探偵の専門的な技術の向上と育成を目指しMR探偵学校を開校し、学長に就任。2017年、一般社団法人日本ライフメンター協会を設立し、理事に就任。
現在、ラジオ日本にて毎週火曜日23:15~放送中の『岡田真弓の未来相談室』にパーソナリティとして出演中。

カテゴリー: 浮気調査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気調査の最新記事