MRブログ

車を使った尾行は探偵の経験とスキルが成否を分ける!?

尾行には徒歩で追う歩行尾行と、車で追う車両尾行の2種類があります。特に、浮気調査の場合は、車両尾行が用いられることが多いです。しかし、交通法規を守りながらターゲットに気付かれないよう尾行を行うのは非常に難しく、さまざまなリスクを伴います。
そこで、プロの探偵が車両尾行や張り込みを行う際のテクニックや、注意点などを解説します。

1.探偵事務所ではどんな車を用意しているの?


車両での尾行を成功させるには、大きさや色、馬力などを踏まえたうえで、車を選ばなければいけません。
ここでは、探偵事務所が実際に尾行を行う際に使用する車の特徴やそれらのメリットを紹介します。

1-1.ミニバンやワンボックス

尾行に使う車を選ぶにあたって重要なのが、どこにでもありそうな車種を選ぶことです。輸入車や高級車は印象に残りやすく、ターゲットに気付かれるリスクが高くなってしまいます。そのため、ミニバンやワンボックスカーなど、一般家庭で使われる車が選ばれることが多いです。ミニバンやワンボックスカーのように、シートの多い車なら、複数人の調査員を同乗させたうえで移動することができます。たとえ車を使うことが多いターゲットだったとしても、常に自動車で移動するとは限りません。車をパーキングに停め、自転車や徒歩で移動することもあるでしょう。

助手席や後部座席に調査員が乗っていれば、変則的な事態が起きても、すぐに車を降りて歩行尾行に切り替えることができます。また、折り畳み自転車など、調査に必要な機材を積み込みやすいのも大きなメリットです。さらに、ミニバンやワンボックスカーなら、外から見えないよう身を隠しながらの張り込みや、車内からの撮影もしやすいです。特に、長時間の張り込みや、車中泊が必要な現場なら、ミニバンやワンボックスカーのようにゆとりのある車を選んだ方が疲れにくくなります。

1-2.セダンやコンパクトカー

セダンやコンパクトカーも、車両尾行に使われることが多い車種です。オーソドックスな形のセダンタイプは、尾行の際に目立ちにくいだけではなく、調査員自身も運転しやすいというメリットがあります。また、ミニバンやワンボックスカーでは入れないような狭い路地でも、セダンやコンパクトカーなら尾行が可能です。ターゲットがスポーツカーのようなスピードの出る車に乗っているときや、地元の住民でなければ使わないような複雑な道を走行するときは、小回りの利く車のほうが追いかけやすいです。ただし、車内のスペースは限られているので、調査員を何人も同乗させたり、大量の機材を載せたりするのは難しくなります。セダンやコンパクトカーは車両尾行に特化した現場に向いている車種といえるでしょう。

1-3.よく見かける白やシルバーなど目立たない色

尾行用の車を選ぶときに気を付けたいのは、車種だけではありません。車の色も調査の結果を大きく左右します。現場の状況やターゲットの移動手段によって車種を変えることはありますが、どのような車であっても、色はなるべく地味な色を選ぶのが鉄則です。特に、シルバーや白は、自家用車でも営業車でも選ばれることが多く、目立ちにくいので安心して使えます。ただし、車体の色が地味であっても、グレードの高い車や大きな車は、ターゲットや通行人の注目を集めてしまいます。大きな車は車内にゆとりがあり、張り込みがしやすいといったメリットはありますが、できればあまり大きすぎず、街中を走っていても違和感のない大衆車を選んだほうがいいでしょう。なお、外から見たときに車中の様子が分からないよう、後部座席の窓やリアウインドウは全てスモークガラスにするか、フィルムを貼っておかなければいけません。

1-4.黒は怪しく見える

地味な色の車と聞いて、黒い車をイメージする人もいるでしょう。確かに、黒は自動車のカラーとしてはポピュラーな色です。路上でも駐車場でも、黒い車を見かけることはそれほど珍しくありません。特に、夜間だと黒い車は周囲の風景に紛れて、より目立ちにくいものです。ただ、日の高いうちは、色が黒いだけで威圧感があり、目立ってしまいます。万が一、尾行中に周囲の車と距離が空いたり、前を走っている車が退いてターゲットの車の真後ろを走ることになったりしたら、尾行がバレてしまう可能性が高くなってしまいます。

さらに、たとえ大衆車であっても、スモークガラスやフィルムで車内が見えない黒の車は、住民に怪しまれてしまいます。最悪の場合、通報されてしまうケースもあるので気を付けなければいけません。とはいえ、スモークガラスやフィルムは、車内で張り込みをしている様子や撮影をしている姿が見えないようにするためにはどうしても必要です。できる限り怪しまれないよう、黒い車や黒っぽく見える色の車は避けましょう。

1-5.馬力の弱いものは失尾してしまう

車種や色と同じく重要なのが、車の馬力です。ターゲットの車よりも性能が劣る車を使うと、場合によっては追いつけずに見失ってしまいます。失尾は探偵がしてはいけない失敗の一つであり、プロとして失格です。特に、軽自動車は小回りが利く一方で馬力が弱く、高速道路では不利なので避けるべきです。ただし、馬力があったとしても、海外メーカーの車やスポーツタイプの車、それから改造車は使ってはいけません。

なぜかというと、海外メーカーの車やスポーツタイプの車は目立ちやすく、ターゲットに気付かれてしまう可能性があるからです。オープンカーも尾行には向いていません。改造車は、一見すると改造車と分からないものもありますが、違法な改造を施すと、警察に止められてしまうこともあります。万が一、尾行中に警察に止められるようなことがあれば、ターゲットを見失ってしまうでしょう。色や形が目立ちにくく、かつ十分な馬力があるものを選ぶ必要があります。

1-6.タイムズのカーシェアリングも便利

探偵事務所や調査員自身が用意した車ではなく、レンタカーやカーシェアリングを利用するのも、テクニックの一つです。タイムズのカーシェアリングは借りられる場所が多く、事前に会員登録さえしておけば、面倒な手続きをせずにすぐ借りられるので、浮気調査の際は特に便利です。現場によっては何度か尾行や張り込みを繰り返さなければならないこともあり、毎回同じ車を使っていると、怪しまれるリスクが高くなります。タイムズのカーシェアリングを活用すれば、毎回違った車で現場へ臨めるので、車種やナンバーを覚えられてしまう心配もありません。

2.車で尾行を行う際に気をつけているポイント


車両尾行を行う際は、ターゲットの動向だけではなく、交通ルールにも注意しながら進めなければいけません。ここからはプロの探偵が車両尾行の際に取り入れているテクニックや注意点を紹介します。

2-1.追い始めるタイミングが重要


車両尾行を成功させるには、最初の行動が肝心です。たとえば、ターゲットが車に乗り、エンジンをかけると同時に動き出してしまうと、ターゲットの印象に残ってしまう可能性があります。初動が目立ってしまったために、行く先々で警戒されてしまい、ターゲットに猜疑心を植えつけかねません。走り出した直後は気付かなかったとしても、バックミラー越しに追って来る車を見て、尾行だと分かってしまう危険もあるでしょう。尾行を始めるときは、ターゲットが十分に離れてから動き出すことが重要です。できればターゲットの車が見えなくなってから発進した方が安全です。

2-2.信号や踏切、高速道の出口の手前では距離を詰める

信号や踏切は、失尾しやすいポイントの一つです。調査前にターゲットの通勤ルートや目的地が分かるのであれば、地図を見て信号や踏切の場所を確認しておいた方が良いでしょう。尾行中は信号が切り替わるタイミングを見計らい、遅れないようターゲットとの距離を詰めます。距離を詰めすぎるとターゲットに怪しまれてしまいますが、距離を開けすぎると信号が変わったときに振り切られてしまうおそれがあるので要注意です。

また、歩行者用の信号は時差式の信号とは違い、変わるタイミングが不規則なので気を付けなければいけません。歩道に信号を待っている歩行者がいないか確認しながら、ターゲットとの距離を測ります。一方、踏切は信号よりも、開閉のタイミングを計るのが難しいです。可能な限り目立たないよう接近しなければいけません。走行中にターゲットが車線変更をしたときは、すぐに車線を変えるのではなく、タイミングをずらしてから車線変更を行います。

2-3.ターゲットの真後ろの追走は厳禁

素人が車両尾行を行うと、ついターゲットに近付きすぎたり、ターゲットの真後ろに車をつけてしまったりすることがあります。真後ろを追走すると、ターゲットに気付かれる可能性が高くなり、非常に危険です。たとえ煽っているつもりがなかったとしても、同じ車が真後ろからずっとついてくれば、大抵の人は気が付きます。近付きすぎたときは間に1~2台車を挟むように誘導するなどの技術が必要です。

複数の車両で交代しながら尾行をしたり、調査員が乗ったタクシーを間に挟んだりすれば、気付かれるリスクはさらに低くなります。しかし、車が少ない道路だと、間に挟める車両もなく、どうしてもターゲットの後ろを走らざるを得なくなってしまうこともあるでしょう。そのような場合は、バックミラーやサイドミラーに映らないよう、死角になる位置を走るのもテクニックの一つです。

2-4.夜間の尾行はターゲットの車が見えにくい

夜間に尾行を行う場合、ターゲットの車の形や色がはっきり見えない分、昼間よりも尾行が難しくなります。そのため、ターゲットの車を確認するために、距離を詰めなければいけません。しかし、夜間であっても近付きすぎると、尾行が分かってしまう可能性が高まります。そこで、テールランプの形を覚えておけば、遠くからでも確実にターゲットの車を見分けられます。

テールランプは距離をとる際の目安にもなるでしょう。なお、信号や踏切を待つ際に、ターゲットの真後ろにつくことになってしまったときは、ヘッドライトを点灯したままにしておきます。なぜかというと、目立ちたくないからといってヘッドライトを消してしまうと、車両の中がターゲットから見えてしまうためです。ヘッドライトを常に点灯したままにしておけば、車の中の機材や運転手の顔を見られる心配はありません。

2-5.土地勘があれば先回りもできる

土地勘のある場所で尾行をする場合は、脇道や近道を使って先回りをするなどのテクニックを使うことも可能です。たとえば、先回りできる道を知っていれば、常にターゲットの後をつける必要はありません。ターゲットが走行している道の先で待ち構えていれば良いので、信号に引っかかる心配もなく、失尾するリスクも減らせるでしょう。尾行を行うときは、とにかく気付かれないことに神経を注がなければいけません。たとえば、赤信号に引っかかり、ターゲットだけ先に行ってしまったときは、無理に追いかけようとせず、別の場所で待機していたチームの車と交代するのも手です。

複数の車両で連携をとって、位置を入れ替えながら尾行するのも良いでしょう。万が一、ターゲットを見失ってしまったときも、チームで動いていれば手分けして探すこともできます。しかし、探しても見つからない場合は、諦めるしかありません。無闇に深追いをせず、ターゲットに気付かれる前に尾行を切り上げれば、別の日に改めて調査を行うという対応もできます。

2-6.ターゲットの車が不審な動きを始めたら要注意!

万が一、ターゲットの車に不審な動きが見られた場合は、尾行に気付かれている可能性が高いです。たとえば、ずっと一定のスピードで走行していたにも関わらず、急に速くなったり遅くなったりしたときは、追尾している車の動きを見ています。ウィンカーを出さないまま、急に曲がったときも同様です。さらに、目的の方向へ真っ直ぐに向かうことなく、迂回したり元の道に戻ったりしているときも、尾行がバレていると考えたほうが良いでしょう。尾行に気付かれたり、ターゲットに警戒されたりすると、以降の調査が難しくなってしまいます。車を特定されないためにも、バレたと思われるような行動が見られて時点で尾行を諦め、ターゲットから離れた方が無難です。

3.ターゲットの車に前もってGPSを取り付けることも


万が一、失尾してもターゲットの行き先が分かるよう、GPSを設置して保険をかけておくのも一つの方法です。GPSにはリアルタイムで位置が分かるタイプと、移動の記録が本体に残るタイプの2種類があります。記録されるタイプを使えば、行き先が分かることもありますが、証拠写真を撮るためにはらリアルタイムで分かるタイプのものが必要です。GPSを取り付けるには、簡単には見つからないよう、ターゲットの車両の下に短時間で設置する技術が求められます。

ただし、GPSはある程度精度が良くなければ役に立ちません。全面的にあてにするのではなく、あくまでも補助として使うことが前提です。GPSを監視すれば、実際に尾行を行わなくても、ある程度の行動パターンは読めます。ターゲットの行動を把握したうえで尾行をすれば、成功率も上がるでしょう。

4.車の尾行は危険を伴う行為!プロでも細心の注意を払っている


尾行に慣れていない素人が、ターゲットに気付かれないよう車両尾行を行うのは非常に危険です。特に、ターゲットの運転技術が高かった場合は、途中で見失ってしまったり、尾行に気付かれてしまったりするリスクが上がります。確実に尾行を成功させるためにも、無理に自分で追うことはせず、プロの探偵に任せましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

未分類の最新記事