MRブログ

浮気は早めの対処が肝心!行動の変化から見破る方法と取るべき3つの行動

「1日中スマホを手放さない」「急に外出することが増えた」など、パートナーの様子から浮気しているかもしれないと怪しんでいませんか。いつまでも思い悩んでいても、事態が好転することはありません。素早く解決策を探ることが大切です。
そこで、ここでは、パートナーが浮気をしているかどうかを見破る方法や、浮気していると確信を得たときに取るべき行動についてまとめました。

1.浮気と不貞行為の違いは?


「浮気」と「不貞行為」は同じように使われることが多い言葉ですが、厳密にいうとこの2つの定義は異なります。
ここでは、それぞれの言葉がどういうときに使われるかについて詳しく説明します。

1-1.浮気の定義は広い

「浮気」には、法的には明確な定義はありません。一般には、幅広い意味でパートナー以外と深い関係になることを指します。しかし、必ずしも肉体関係が伴うわけではありません。どのような行為を浮気と考えるかは、人によって異なります。「肉体関係はまったくなく、ひんぱんに連絡を取り合って2人きりで食事をしただけ」であったとしても、恋人や配偶者から浮気をしたとみなされることもあります。一方で、連絡を取りあったり食事を2人きりでしたりしても気にならず、肉体関係をもって初めて浮気したと捉える人もいるのです。浮気と考えるかどうかは、パートナーがその行為によって裏切られたと感じ、傷ついているかどうかが1つの目安となります。

1-2.不貞は肉体関係がある

不貞行為は、パートナー以外と自由意思で肉体関係を持つことを指します。この場合のパートナーは「婚姻関係にあるか婚約している」もしくは「内縁関係にある」ことが必要です。どちらにも該当しない恋人の場合は、相手がほかの人と自由意思で肉体関係をもっても不貞行為とはなりません。また、キスやハグをしただけといった場合も、肉体関係に該当しませんので、不貞行為とは認められないでしょう。ただし、お風呂に一緒に入るなど、性行為の類似行為を行ったときは、不貞行為であると判断されることがあります。

そのほか、同棲している、ラブホテルに長時間2人きりでいるなどの行動は、肉体関係を持ったと証明するものがなくても不貞行為とみなされる可能性が高いです。これは、状況から肉体関係があったことが強く推測されるためです。なお、不貞行為は民法にも規定されていて、法定離婚事由として認められます。

2.こんな様子が見られたら浮気しているかも


男性も女性も、よほど慎重で用心深い性格でない限り、浮気をしているときは普段とまったく同じではいられないものです。パートナーの些細な変化を感じたことがきっかけで、浮気に気がつくということはよくあります。しかし、なかには仕事が忙しく精神的に余裕がなかったなど、浮気とはまったく別の理由で普段とは違う行動をとっていることもあるでしょう。そこで、パートナーがなんとなく怪しいと感じたら、浮気しているかどうか判断するために次に述べる3つのポイントをよく観察してみることが大切です。

2-1.スマホの扱い方が変わった

浮気をしていると変化が表れやすいのが、スマホの扱いです。たとえば、以前は部屋のどこかに置きっぱなしにしていたのに、肌身離さず持ち歩くようになったといったケースが挙げられます。トイレまで持ち込んだり、入浴の際は脱衣所まで持っていったりするようになったら疑わしいでしょう。また、これまではロックをかけていなかったのに急にロックをかけるようになったり、見ている画面を覗き込もうとすると慌てたりするなどの行動も怪しいです。

さらに、家にいるときに着信があっても出ない、着信音自体を消していたりマナーモードに設定していたりするなども、浮気をしている人によく見られます。音を消したりマナーモードにしたりしているのは、浮気相手からの着信があっても家族に気づかれないようにするためです。外出中にこちらから電話をかけると何故かひんぱんに圏外になっているときは、浮気相手に会っている可能性があります。

2-2.生活態度が変わった

浮気をするとお金の使い方が変わることもよくあり、急に金遣いが荒くなることがあります。これは、浮気相手と食事やホテルに行くのにお金がかかるからでしょう。不審なクレジットカード明細がないか、こっそりカードローンを利用していないかなど、確かめてみるのも大切です。また、見た目に気をつかうようになるのも、よくある変化です。たとえば、これまではろくにしていなかった髪のスタイリングに凝るようになったり、服装に無頓着だったのにおしゃれな格好をするようになったりといったパターンが挙げられるでしょう。これは、浮気相手に良く見られたいからです。さらに、下着にまで気をつかうようになることもあります。

突然「友達からの遊びや飲み会の誘い」が増えたときも疑わしいでしょう。友達ではなく、浮気相手との約束の可能性があります。今までまったく興味がなかったことを突然始めたときも、浮気相手の影響を受けてのことかもしれません。

2-3.仕事が忙しい日が増えた

パートナーの仕事が忙しく、休日出勤や残業が多いと心配になるものです。しかし、これまであまり多くなかったのに、さしたる理由もなく突然休日出勤や残業が増えたり、休日に出張に行くようになったりした場合、浮気をしている可能性は否定しきれません。特に、仕事が忙しく疲弊しているはずが、生き生きとした表情を浮かべ喜んで家を出ていくといった場合は怪しいでしょう。

3.浮気を確信したときすべきこととは


パートナーの日々の行動を観察しているうちに、疑惑がグレーゾーンから真っ黒に変わることがあります。浮気していることが明白になると、取り乱してしまってもおかしくはありません。しかし、ここで慌てて行動したりあからさまに動揺した姿を見せたりするのは悪手です。辛くても堪え、次に述べる3つの行動をとるようにしましょう。

3-1.怪しいと感じたときほど冷静に

パートナーの行動が怪しいと感じたときほど、冷静になることが必要です。これは、パニックになって行動すると、優位に立って話を進められないためです。相手にうまく言いくるめられてしまう可能性もあるでしょう。浮気している確信を得たとしても、取り乱さない覚悟をしておくことが大切です。頭に血が上り、勢いのままパートナーを問い詰めたりしてはいけません。なぜなら、よほどの証拠でもない限り、相手は認めず、より慎重に行動するようになる可能性が高いからです。また、責められたことで恐れたり嫌いになったりしてしまい、浮気相手に深入りするようになる危険もあります。

なお、パートナーの行動を怪しいと感じると、スマホを盗み見て証拠を探したくなるものです。しかし、相手の了承なしにスマホをチェックすることはプライバシーの侵害に、相手のアカウントでSNSにログインする行為は不正アクセス禁止法違反に触れる場合があります。リスクを考えると、やめておいたほうが賢明です。

3-2.これからどうしたいか考える

パートナーの浮気がわかったときにまずすべきなのは、「これからどうするか」を決めることです。このとき、再構築を目指す人もいれば、浮気相手に慰謝料を請求する、絶対離婚に持ち込むという人もいるでしょう。これからどうするかによって、すべき行動が変わります。たとえば、浮気されてもまだ愛情がある、経済的に自立するのが難しいなどの理由から絶対離婚したくない人もいるでしょう。その場合は、パートナーを不用意に怒らせないようにする必要があります。これは、相手をなじったり責めたりして怒らせてしまうと、ますます気持ちが離れ、隠れて浮気を続ける可能性があるからです。

離婚するつもりなら、有利に離婚するために証拠集めの準備に入りましょう。まともな証拠もないままで離婚に向けて動いても、慰謝料などの面で有利に離婚できない可能性があります。また、離婚する・しないに関わらず、浮気相手に慰謝料の請求をすることは可能です。ただし、この場合も浮気の確たる証拠が要ります。

3-3.専門の調査会社に依頼する

これまでに述べてきたように、浮気を理由に離婚するときも浮気相手に慰謝料を請求するときも、明確な証拠をそろえなければなりません。しかし、会う約束をしているメールがあるといった程度では、不貞行為の証拠としては不十分です。不貞行為の証拠と認められるものには、たとえば、ホテルに出入りしているときの写真や映像、肉体関係があったと推測できる電話の通話記録などがあります。つまり、性的な行為をしたことが推測できるものが必要になるのです。しかし、素人がこういった証拠を得るのは簡単なことではありません。

また、勘違いしていただけで、実はパートナーは浮気などしていなかったという場合があります。そのとき、もし自分がこっそり調べていることがパートナーに知られてしまうと、信頼関係にひびが入るだけでなく、怒りをかってしまう恐れも十分にあるでしょう。そのため、下手に自分で調べるよりは、専門の調査会社に依頼するほうがよほど安心で確実です。調査会社は、どういうものが不貞行為の証拠として認められるかよく把握しています。必要な証拠を効率良く集めることができるでしょう。

後悔しないよう立ち回ることが未来へつながる希望になる


パートナーを観察して浮気をしている可能性が濃厚になったら、冷静ではいられないのも当然でしょう。しかし、自分で必要な証拠を集めるのは難しいため、プロに調査を任せることが望ましいです。また、心のうちをさらけ出せる環境を整えることも重要でしょう。
MR総合探偵事務所は、浮気調査に強いとして定評ある探偵事務所です。認定カウンセラーが裏切りに傷ついている依頼者の心のケアを行っている点でも高い評価を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気の最新記事