MRブログ

妊娠中は要注意!夫が浮気をする理由としないように防止するコツを紹介

「妊娠中は夫の浮気に要注意」などとよくいわれます。確かに、夫の行動に十分な注意が回らなくなりやすい時期ですし、スキンシップも十分に取りにくいので、浮気をされやすい状況ではあります。しかし、浮気を予防することは可能です。そこで、妻が妊娠中に浮気をしてしまう男性の心理や浮気に走りやすい男性の特徴を紹介するとともに、夫の浮気が発覚するきっかけや浮気が発覚したときの対処法なども詳しく説明します。

1.妻の妊娠中に夫が浮気をしてしまう理由


夫婦にとって子どもの誕生を待つ間は、幸せでお互いの絆をより深められる時期であるはずです。しかし、妻の妊娠中にもかかわらず、夫が浮気してしまうことはあります。浮気を未然に防ぐためには、妻が妊娠中の期間における夫の心理状態について知っておくことが大切です。

妊娠中によくあるのは、夫が妻にかまってもらえないことから、寂しさゆえに浮気に走ってしまうケースです。妊娠した女性は母親になることを自覚し、胎児の健康や自分の体のことに気を使うようになります。このため、恋人同士のような関係ではなくなり、寂しさを感じる夫は多いようです。

また、男性側の性欲の問題もあります。妊娠中は妻の体に負担がかかることから、性交渉を我慢する夫は多くいます。妻のほうでも体調が悪い場合や、胎児の健康を考えると、セックスをしたくない女性は多いでしょう。セックスレス状態でないにしても激しいことはできないため、満足できない男性も少なからずいます。こうしたことが積み重なると、男性は性欲を他の女性に向けてしまい、職場の同僚や友人、出会い系サイトで知り合った女性と浮気が始まる恐れもあるのです。

父親になることへの恐れから、現実逃避の手段として、浮気が始まることもあります。女性が妊娠中から母親に変わるといわれるのに対し、男性の場合は子育てをしていくうちに父親としての自覚が深まっていくのが一般的です。父親としての自覚に欠ける一方で、家庭を築き、子どもを育てていかなければならないプレッシャーを強く感じるので、現実を直視できず、浮気に走ってしまうケースがあります。

妊娠中に女性が情緒不安定となり、夫婦の関係がうまくいかなくなってしまうのも、浮気の理由として挙げられます。妊娠中はホルモンバランスが崩れやすいため、怒りやすくなったり落ち込みやすくなったりするなど、通常と違う精神状態になってしまう女性が大半です。このような状態ではコミュニケーションもうまくいかなくなりやすいのは当然であり、その結果、男性が外で浮気をしてしまうことがあります。

2.浮気をしやすい男性のタイプは?


浮気をしやすい男性のタイプを知っておくことは、妊娠中の浮気を予防することに役立ちます。浮気をしやすい男性は、見た目のよさや経済的に余裕があるなども関係しますが、根本的には、浮気性であることが主な原因といえるでしょう。したがって、以前に浮気をしたことのある男性は、妊娠中にもしやすいといえます。特に、妊娠中は妻の監視が行き届かないことが多くなるので、必然的に浮気の確率が高まってしまうのです。浮気性の男性は何かきっかけがあれば浮気をしやすいので、妊娠中だからといって安心せずに、しっかり注意をしておきましょう。

また、女性に対する接し方が柔らかく優しい男性は、浮気の誘惑に陥りやすいといえます。たとえば、甘いセリフや情緒的な言葉を抵抗なく口に出せる人や、一見誠実そうで悩みにも真剣に耳を傾けてくれる男性は、女性と親密になりやすいといえます。こうした男性の場合、初めは複数の人との飲み会などで知り合ったとしても、仕事や人生の相談に乗っていくうち、女性と親密な関係になっていくこともありがちなことです。積極的に女性を口説くというよりは、自然に女性から好意を持たれる行動を常々しているというのが、浮気をしやすい男性のタイプといえるでしょう。

3.妊娠中に夫の浮気が発覚するきっかけ


妊娠中に夫の浮気が発覚するきっかけとしてよくあるのは、スマホで浮気相手とのメッセージのやりとりなどを見てしまうことです。ソファで並んで座っているときに、夫のスマホを覗いて知ってしまったという話や、前から怪しいと思っていたので寝ている間に夫の指でロックを解除してメールを読んだなど、さまざまな体験談があります。また、クレジットカードの履歴やホテルの領収書などから、浮気が発覚することもよくあるケースです。

極端な場合は、妻が里帰りをしている間に、自宅の寝室が浮気の現場になることもあります。このようなケースでは、洗面所で自分の化粧品が使われていた形跡があるなどで違和感を持つ場合や、女性の持ち物が落ちているなどが、浮気が発覚するきっかけとなるでしょう。また、何気ない一言でも、浮気を確信する原因になることもあります。普段から日記をつけていたり手帳に日常を記録していたりする女性は、夫の言動に引っかかることがあれば、すぐに裏取りができるからです。

4.妊娠中に浮気をさせないための3つのポイント


どのようなことに注意をすれば、夫の浮気の可能性を減らすことができるのでしょうか。ここでは普段から心がけたい3つのポイントを紹介します。

4-1.1.普段からコミュニケーションをしっかり取る

妊娠中の妻は何かと忙しく、精神的にも肉体的にも余裕が少ないといえます。そうしたなか、夫はかまってもらえない寂しさを感じることも多いですし、性交渉ができないことに不満を感じることもあるでしょう。普段以上にコミュニケーションを心がけることで、夫婦仲がよくなり、結果として浮気予防の効果が得られるはずです。

妊娠中に気持ちが不安定になりやすい女性も多いですが、そのようなときは、素直に体調不良を打ち明けてみてはどうでしょうか。たとえば、精神的に落ち込みやすいので夫を頼りにしているなどと伝えれば、頼られた側はうれしく思うものです。妊娠によるホルモンバランスの崩れなどに対して知識がないこともあるので、医学的な説明をしておけば、夫の協力も得られやすくなるでしょう。男性のほとんどは、妻の気持ちの変化や不安をサポートしてあげたいと思っているはずなので、気持ちが落ち着いているタイミングで、不安や体の状態を伝えてみてはどうでしょうか。

また、言葉だけでなくスキンシップによるコミュニケーションも大切です。子どもができたことで夫をないがしろにしているわけではないことを伝えるために、スキンシップも活用しましょう。心身に負担をかけすぎてはいけませんが、できるだけ妊娠前と同じように、夫のことを気にかけたりスキンシップを取ったりすると夫婦の関係がよりよくなるはずです。

4-2.2.セクシャリティについて話し合う

妊娠中は夜の営みを控える人も多く、性的な不満を抱える男性も多いといえます。ただ、妊娠中であっても、スキンシップはやはり大切なことです。「これぐらいなら大丈夫」「これは不安」など、お互いに確認しあいながらスキンシップを進めていきましょう。セクシャリティについて積極的に伝え合うことで、妊娠中の夜の営みも徐々に慣れていくのではないでしょうか。胎児への影響などの不安があれば、医師のアドバイスも聞き、無理のない範囲でスキンシップを取ることが大切です。

また、性交渉を断る場合には、夫への気遣いを心がけましょう。スキンシップを拒否されると、得てして男性はプライドが傷つくものですし、それが浮気に走るきっかけになることもあるので、納得できる説明や提案をできるだけ丁寧にします。夫の要望に応えられる範囲や難しいことをわかってもらえれば、誤解によるセックスレスも防げるはずです。

4-3.3.ストレスを溜めない

自宅に笑顔の妻がいるのは、夫にとってやはり心地のよいものです。逆に、いつもイライラしていたり塞ぎこんでしまっていたりすれば、自宅に帰りたくなくなってしまうかもしれません。その意味においても、自分のストレスを上手にコントロールして、適度に発散することは重要です。妊娠中の体調変化から気持ちが不安定になってしまうことなどを自覚しつつ、笑顔でいられるように適度に息抜きをしましょう。

たとえば、カラオケをしてストレスを発散したり、趣味の時間を取って出産や夫との関係以外に意識を集中したりするなど、リラックスできる時間を大切にします。自分の気持ちが安定し、愛情を持って夫に接することができれば、浮気をしにくくなるはずです。一人で過ごす時間が多い人は、友達としゃべったり散歩をしたりするだけでも、ストレスを軽減できます。また、買い物や洗濯、掃除などは、夫や親にサポートしてもらうことも大切です。自分一人で抱え込むと苦しくなるので、甘えるべきところは甘えて極力ストレスを溜めないようにしましょう。

5.夫の浮気が発覚したときの対処法


夫の浮気に気がついたときは、怒鳴ったり感情的になったりしないことが大切です。ここでは浮気が発覚したときの対処法を4つ紹介します。

5-1.自分の行動を振り返る

浮気をされた場合、もちろん悪いのは夫のほうです。しかし、感情をぶつけてしまう前に、今一度、自分の行動を振り返ってみてはどうでしょうか。そうしてみると「夫の意見をすべて否定していた」「夫に頼り過ぎていた」「感謝の気持ちが足りなかった」などが思い浮かぶかもしれません。自分の行動を振り返って頭のなかを整理することで、夫が他の女性に気持ちを向けたきっかけが何であったのか、推測できるでしょう。浮気が100%自分のせいだと感じたり自分を責めすぎたりする必要はありませんが、浮気について話し合う前に自分に非があると思う点を伝えておくと、コミュニケーションがしやすくなるはずです。

5-2.証拠を集める

話し合いの程度にもよるので一概にはいえませんが、浮気について夫と話し合う前には、浮気の証拠をつかんでおく必要があります。確実に証拠を押さえたいなら、証拠を集めるまでは気づかないふりをしたほうが得策です。場合によっては、証拠を隠滅されてしまう恐れがあるからです。もし、慰謝料請求や離婚など、法的な措置も含めて検討しているなら、専門家の力を借りるべきといえます。個人で証拠を集める人もいますが、確実に夫に知られることなく証拠をそろえるのは難しいことですし、法的な効力があるかどうかも判断しにくいからです。

5-3.今後どうするかを決める

自分の行動を振り返り、必要な浮気の証拠を集めたら、今後の夫婦関係をどうするか、夫と納得するまで話し合うことになります。夫婦で顔を合わせて話すのが理想ですが、感情的になったり言い負かされたりする心配がある場合は、信頼できる人に同席してもらいましょう。生まれてくる子どものことも考えて、慎重に話し合うことが大事です。

経済的に余裕がない場合などは、安易に離婚を選択せずに、夫婦関係の再構築を目指したほうがよいといえます。ただし、浮気をなかったことにするのではなく、二度と浮気をしないように条件を付けるなど、夫婦にとって、そして生まれてくる子どものために、建設的な話し合いをすることが重要です。

5-4.慰謝料請求をする

慰謝料は浮気に対する償いの形のひとつです。慰謝料は夫と浮気相手に対してそれぞれ請求できますが、浮気をしたという法的に有効な証拠が必要になります。この意味でも、専門家の調査を依頼して準備しておいたほうがよいのです。また、弁護士に間に入ってもらうことで、慰謝料請求のほかに、職場の異動を要求したり、浮気相手に対して今後夫や家族に一切接触しないなどの約束をさせたりすることも可能です。男女トラブルに強い弁護士であれば、和解交渉を有利に進められるので、このような案件を得意としている法律事務所に相談してみてはどうでしょうか。

6.離婚せずに再構築を選ぶなら知っておきたい注意点


妊娠中に浮気が発覚した場合、生まれてくる子どものことを考えて婚姻関係を続けていくのが一般的です。しかし、夫婦関係の再構築という道を選ぶ際には、二度と同じような過ちが起こらないように注意が必要といえます。具体的には、反省が一時的なもので終わらないように、話し合いで合意したことを書面に残しておく法的な方法があります。こうしておけば、約束が破られたときは、書面をもとに夫に離婚請求をしたり有利な離婚条件を認めさせたりすることができます。

夫の謝罪を受け入れても、裏切られた記憶は消えません。しかし、夫婦関係をやり直すなら、関係を修復するために、信頼の気持ちを取り戻すことが大切です。いつまでも不機嫌な態度をとったり顔色をうかがったりしていると、夫婦関係は冷めていくばかりなので、コミュニケーションを取るように歩み寄ることも重要です。

7.浮気調査は探偵事務所への依頼がおすすめ


夫の浮気が疑われるときや、浮気の決定的な証拠をつかみたいと思っているときは、探偵事務所に依頼するのがおすすめです。実績がある探偵事務所なら、法的に有効な証拠をしっかりつかんでくれます。特に妊娠中は、本格的な浮気調査を自分でするのは難しいことです。カウンセラーが在籍していたり、男女問題に強い弁護士を紹介してくれたり、浮気をされた女性の味方になってくれたりする探偵事務所の利用を検討してはどうでしょうか。

夫にバレないように浮気調査をするためには、信頼できる探偵事務所を選ぶことが大切です。事務所選びのポイントは、まず調査料金やプランが明確であることです。今後の生活のためにも、妥当な費用で調査をしてくれる事務所を選びましょう。成果に応じて報酬を支払う事務所は安心できます。アフターフォローも重要です。妊娠中の浮気問題は精神的にも負担が大きいため、メンタルケアも含めて対応してくれるカウンセラーが在籍していたり、いつでも相談可能な専任の弁護士を紹介してくれたりするなど、手厚いフォローを備えた探偵事務所が向いています。

妊娠中の夫の浮気は冷静な対応と判断を心がけよう


妻が妊娠中に浮気をする男性は、決してめずらしいとはいえません。しかし、なぜ浮気に走るのか、どのような男性が浮気をしやすいのか知っておくことで、未然に防ぐことは十分に可能です。もし、夫が浮気をしないように対策を練っていたのに浮気をされてしまったときは、冷静な話し合いが必要不可欠です。浮気の調査や法的な話し合いのためにも、探偵事務所や弁護士に相談しながら、ベストな解決策を考えてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気の最新記事