MRブログ

セックスレス夫婦ってどのくらいいるの?効果的な対処法でレスを解消しよう

いつも忙しく過ごしていると、いつのまにかセックスと無縁になってしまうことがあります。家事や育児、仕事などに追われる現代社会において、そのような夫婦は決して珍しくありません。とはいえ、望ましい状況ではないので楽観的に考えないようにしましょう。そこで今回は、セックスレスの悪影響について紹介し、対処法なども詳しく説明していきます。

1.セックスレスの定義


セックスレスという言葉自体はよく知られていますが、どのような状態を指すのかよくわかっていない人もいるでしょう。漠然と、長期にわたって性交していない状態を指すと考えている人も見受けられます。しかし、実際には、行為や期間について具体的に定義されているのです。セックスレスとは、特別な事情がないにもかかわらず、性交やセクシュアルなコンタクトが1カ月以上も行われていない状態を指します。

セクシュアルなコンタクトに含まれる行為は幅広く、キスやペッティングはもちろん、裸でベッドインすることなども該当するので注意しなければなりません。言い換えると、それらを1つでも1カ月のうちに行っている夫婦はセックスレスではないということです。いずれにせよ、夫婦仲の良し悪しは判断材料にはならず、あくまでも上記の定義に当てはまるかどうかで判定することになります。

2.セックスレス夫婦は6割もいる!


夫婦のセックスの事情はデリケートな話題であるため、他の夫婦の実情について知る機会は多くないでしょう。そのため、セックスレスである人は自分を少数派だと思っているかもしれませんが、実は多数派に属しています。アンファー株式会社が30~50代の既婚男女を対象に調査を実施したところ、59.1%もの夫婦がセックスレスであるという結果が出たのです。同時に夫婦仲についても調査しており、夫婦円満であるという回答は81.0%でした。このことから、夫婦仲が良好でもセックスレスであるケースは少なくないとわかります。

また、同社が行った年代ごとの集計によると、年齢が増すごとにセックスレスの割合も高くなるという傾向が出ました。具体的な割合は、30代で47.0%、40代で59.0%、50代で71.3%です。この結果を知って、思っていたより割合が高いと感じて安心した人もいるでしょう。しかし、離婚理由の上位にセックスレスがランクインしているという事実もあるため、安心材料にして油断するのではなく、あくまでもデータの一つとして参考にするのが得策です。

3.セックスレスになった理由とは?


一口にセックスレスといっても、夫婦がそうなってしまう理由はさまざまですし、夫と妻とで理由が異なる場合もあります。以下に夫と妻の言い分をまとめたので見ていきましょう。

3-1.夫の意見

夫側の代表的な理由として、妻に魅力を感じなくなったことが挙げられます。家族として愛している場合や、子どもの母親として立派だと思っている場合でも、女性として見るのは難しくなってしまい、その気になれないというケースは珍しくありません。また、妻が乗り気でないことを理由に挙げる夫も見受けられます。自分はセックスをしたいと感じていても、妻に断られてショックを受けることを恐れ、誘う勇気が出ない状況になっているのです。

妻からの要求にプレッシャーを感じて、したくないと感じるようになる夫もいます。たとえば、仕事で疲れているときに、妻からしたいと言われることが多いと、嫌になってしまうケースもあるでしょう。頻繁に求められすぎて、嫌悪感を抱くようになったという意見もあります。

3-2.妻の意見

セックスレスの妻は、セックス自体に苦手意識を持っているケースが多いです。たとえば、気持ちよくないから好きでないという女性や、汚い行為であると考えている女性もいます。過去のトラウマが影響していることもあるなど、苦手になった原因はさまざまです。また、出産を経験したことにより、したいと感じなくなったという意見もあります。思考や言動が母親モードに切り替わり、日常生活におけるセックスの優先順位が大きく下がってしまうのです。育児で忙しくなるので、したいと考える余裕すらない場合もあるでしょう。

また、夫に魅力を感じなくなったことを理由に挙げる妻も見受けられます。交際中や結婚当初は男性として魅力的だったのに、家でのだらしない様子や家事に非協力的な態度を見ているうちに、そう思えなくなるのは珍しい話ではありません。

4.セックスレスのリスク


妻のなかには、セックスレスでも何の問題もなく過ごしている人もいます。一方、問題のある状況に陥ってしまう人がいるのも事実です。セックスレスのリスクとして、悪影響を及ぼすケースを3つ紹介します。

4-1.夫婦仲が悪くなる

仲の良かった夫婦も、セックスレスをきっかけとして、関係が悪くなる場合があります。特に、セックスに対する意欲に差があるなら注意が必要です。したい気持ちが片方だけにある場合、拒まれた側が傷ついたり互いに文句を言ったりして、夫婦の溝が深まっていくことがあるからです。その結果、浮気や離婚に発展してしまうケースも少なくありません。セックスだけでなく、簡単なスキンシップやコミュニケーションも減ることが多く、そうなると次第に相手に関心を持てなくなっていきます。

また、関心と同時に、2人の絆が薄れていくことも問題です。結婚していると、夫婦や家族で一致団結して乗り越えなければならない課題が発生することがあります。そのような場合に十分に協力できなくて、解決が困難になってしまうリスクもあるのです。

4-2.ホルモンバランスが崩れる

セックスレスは、ホルモンバランスに関するリスクも招くことになります。たとえば、ドーパミンの分泌が減ってしまうこともその一つです。セックスで気持ちよくなるとドーパミンが脳から分泌され、その影響で幸福感や満足感を得やすい状態になります。一方、ドーパミンが不足してしまうと、不満を感じやすくなったり、うつ病に発展したりするケースもあるのです。また、女性ホルモンの分泌量が少なくなり、美容面に悪影響が出てしまうことも多いです。肌や髪をきれいに維持するのが難しくなり、手入れを欠かしていなくても、老けたような印象になる場合があります。

また、セロトニンの分泌量が減ることにも注意しなければなりません。セロトニンは幸せホルモンと呼ばれるものであり、それが減ることによって、更年期障害の症状が重くなってしまう恐れがあるからです。

4-3.健康状態が悪くなる

健康に関するリスクも多いので気を付けなければなりません。精神面に関しては、ストレスが溜まりやすくなってしまうことが挙げられます。セックスをして充実感を得ることは、気分をリフレッシュさせる効果が大きいです。セックスレスになると、その機会がなくなるのでストレスに弱くなってしまうのです。身体面に関するリスクとしては、免疫力が低下する可能性があります。感染症にかかりやすくなるので、仕事を休むことが増えるなど、日常生活において支障が出てしまうこともあるでしょう。

また、命に関わる重大な事態を招くケースがあることも忘れてはいけません。たとえば、夫は前立腺がんや心臓病をわずらうリスクが高まりますし、妻には乳がんの発見が遅れてしまうリスクがあります。

5.セックスレスの解消方法


セックスレスを解消したくても、夫からの誘いを待っているだけだと、状況は何も変わらないかもしれません。そのため、自分から働きかける意識を持つことが大切です。先に挙げた男性の意見をベースとした対処法を以下に挙げていきます。

5-1.夫を異性として意識して自分を磨く

夫婦がセックスレスになる理由として、妻の性的な魅力の不足を挙げる夫は多く、全体の5割を超えるという報告もあります。ここでポイントになるのは、魅力の不足を感じさせる妻とそうでない妻の違いについて考えることです。妻を異性として魅力的に感じている夫は、美容面の手抜きをしないところや、恥じらいの気持ちを忘れないところに好感を持っています。そのため、まずは夫を異性として見る意識を強め、自分もそう意識してもらえるように努力していくことが大切です。

具体的な方法としては、同じ女性として魅力的に思える芸能人などを手本にするという手があります。いろいろと情報収集をして参考にすることで、自分にとって効果的な美容法を見つけ、ファッションもおしゃれなものに変更していきましょう。

5-2.積極的なスキンシップをはかる

自分からスキンシップを行っていくことも、セックスレスの解消に効果的です。体が触れ合うことで夫の注意を自分に向けやすくなりますし、自分が夫に関心があることをアピールする効果も期待できます。ただし、やみくもに触ろうとするのは良くありません。夫はどのようなスキンシップをうれしく感じるのか知っておくことが重要です。アンファー株式会社の実施した調査では、唇へのキスが1位、後ろからのハグが2位、手をつなぐことが3位という結果になりました。

とはいえ、セックスレスの状態だと、いきなりキスやハグをするのはハードルが高いと感じる人もいます。その場合は、夫の反応を見ながら、コミュニケーションの一つとして軽いボディタッチを日常生活に取り入れることからスタートしましょう。

6.夫の反応が鈍ければ浮気の可能性も


いくら自分磨きなどの努力をしても、セックスレスが続いてしまう場合もあります。夫がスキンシップを不自然に避けるなど、今後も解消する見込みがなさそうなら、浮気されている可能性についても検証したほうが良いでしょう。しかし、夫のことを信じたい気持ちが強かったり、浮気の有無の調べ方がわからなかったりして、どうすれば良いのか悩んでしまうケースも珍しくありません。そのように真実を自分で明らかにできない場合は、専門家に依頼するという手段があります。

ただし、いろいろな探偵事務所が存在するため、適切なところを選択することが大切です。実績を確認するなどして、浮気調査に関して十分なノウハウを持っていることをチェックしなければなりません。MR総合探偵事務所であれば、浮気調査の実績が豊富で評価も高いため、有益なアドバイスをたくさん受けられるでしょう。

この先も共に歩んでいくために不安の芽は早めに摘んでおこう!


夫婦円満であれば、セックスレスでも問題ないと感じる人もいますよね。しかし、どちらか一方でも現状に不満を抱いているなら、これから夫婦仲は悪くなっていく恐れがあります。セックスレスの解消を望むのであれば、自分から夫にアプローチする積極性を持つことが重要です。ただし、浮気の可能性があるなら自分で対処するのは困難かもしれません。解決したいなら、調査をプロに依頼することも選択肢の一つとして検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

未分類の最新記事