MRブログ

風俗で浮気を繰り返す夫!許せないと感じたとき何をすれば正解なの?

信じていた夫が風俗に通っているかもしれないと分かると、不安や悲しみ、怒りの気持ちでいっぱいになりますよね。しかし、風俗が浮気と見なされるのか、いまひとつよく分からないと悩んでいる人もいるかもしれません。ここでは、風俗が浮気になるのかや、風俗通いを理由に離婚できるのかなど、気になるポイントについて紹介していきます。

1.風俗は浮気に入る?


そもそも「浮気」という言葉の意味は広く、婚姻関係にある妻以外の女性と交際した場合は、たとえキスやハグをするだけでも浮気と判断されることもあるのです。しかし、法的に浮気というと、不貞行為と同義語であると見なされることが多くなっています。一般的に不貞行為とは、相手の女性との性交渉があったかどうかが問題となるのです。また、風俗店と一口にいっても、法律的な風俗営業というと、性接待をするお店だけでなく、ダンスホールやキャバレーのほかに、広義ではパチンコや麻雀などの射幸心をあおる可能性のあるものを指します。

性交渉はしないけれど風俗店と呼ばれているところも多くあるのです。このように、風俗店にもさまざまな種類があるので、風俗に通っていたからといって、浮気をしていたと断定することは難しいでしょう。しかし、性交渉でなくても、それと変わらない行為を行うお店に行っているのであれば、不貞行為をしていると見なすことができます。

2.既婚者が風俗に通う理由とは


妻がいる身でありながら、風俗へ行ったことがあると答える男性は少なからずいます。妻がいるのにもかかわらず、なぜ夫は風俗に通ってしまうのでしょうか。ここでは、男性が風俗店に通う理由をいくつか紹介していきましょう。

2-1.愛情に飢えている

既婚者が風俗に通う理由の1つに、愛情に飢えているからというものがあります。もちろん風俗店に行き、セックスをすることで快楽を得ることができるのも、風俗に行く理由でしょう。しかし、男性が風俗に求めるものは、セックス以上に癒しであるというケースが多くあるのです。女性は、子供を産むと変わってしまうといわれることもあるように、ついつい子供優先で動いてしまうかもしれません。家事や仕事などが忙しい場合、妻に余裕がなく、夫に優しくできないときもあるでしょう。それに対して不満を感じてしまうと、妻以外のところで安らぎを求めてしまう傾向があるようです。

また、甘えたい男性も多くいるものの、子供の手前もあり、妻に甘えることができない人もいます。そのような男性は、満たされない隙間を埋めて欲しいと願うばかり、風俗店に足が向いてしまうのかもしれません。

2-2.セックスレスが原因

また、セックスレスが原因で風俗に通うという男性もいます。子供ができると、妻はついつい育児にかかりきりになってしまうことが多く、それをきっかけにセックスレスになりがちな傾向があるのです。また、誘ったときに断られてしまうと、次に誘いづらくなり、そのままセックスレスに突入してしまう夫婦も多くいます。しかし、妻とはセックスレスであっても、男性はセックスがしたくないわけではないので、妻では満たされない場合、結果的に風俗に行って解消してしまうことがあるようです。

2-3.刺激的なプレイができる

ほかにも、風俗だと刺激的なプレイができるという点も、風俗に通ってしまう原因になります。こればかりは仕方のないことですが、ベッドでのテクニックがいまひとつな妻だと、セックスしても満足できない男性も多いです。男性経験が豊富な風俗嬢に比べると、夫だけを相手にしている妻はテクニックがなかなか上達していかないものでしょう。また、付き合っているときからマンネリ化してしまって、代わり映えしないセックスをすることに飽きてしまった男性もいるかもしれません。付き合いの長い夫婦であれば、よくあることです。

風俗嬢はお客様に飽きられないように、さまざまな手を研究しています。そのため、毎回新しい刺激を受けることに喜びを感じてしまうのです。さらに、妻には隠しているけれど、特殊な性癖を持っている人もいます。そのような男性は、妻と変わったプレイをすることはできないけれど、風俗でならアブノーマルな性癖を堪能できるのです。

3.風俗通いを知ったときの2ステップ


どのような理由であったとしても、夫の風俗通いを許せないと感じる妻は多くいるでしょう。夫が風俗通いをしていることが分かったときに、どのようなステップを踏んでいけば良いのかを紹介します。夫が疑わしい行動を取り始めたら、早めにステップを踏んで解決することが大切です。

3-1.Step1.証拠をつかむ

夫が風俗通いをしているかもしれないと思ったら、まずは、証拠をつかむことが重要になります。証拠がないのに、風俗に行ったかどうかを聞いても、口を割る夫は少ないでしょう。そのため、夫を問い詰める前に、風俗通いをしていることが分かる証拠を見つけてください。カバンや背広のポケットなどに、風俗店のカードや名刺が入っていないかチェックすると良いです。風俗嬢から受け取った名刺をそのまま入れっぱなしにして忘れているケースも多くあります。また、クレジットカードの明細などをチェックしてみましょう。風俗に行くために、クレジットカードのキャッシングや、カードローンでお金を借りていることもあるかもしれません。

通帳から多額のお金がたびたび引き出されていないかどうかも、確認してみてください。ほかにも、帰宅時に香水の匂いがする場合も注意が必要です。なお、名刺や明細書など、証拠になりそうなものが見つかったら、証拠隠滅を防ぐために、それぞれの写真を撮っておきましょう。風俗に通っていることが分かる証拠を集めておけば、裁判になったときにも提出できます。

3-2.Step2.夫と今後について話し合う

証拠が見つかったら、夫と今後についてきちんと話し合うことが大切です。風俗通いをしていたことが分かると夫への愛情がなくなり、離婚したいと考える人と、それでももう一度関係修復をしたいと考える人がいます。どちらを選択するかは、人それぞれですが、離婚を考えていない場合は、まず、なぜ夫が風俗に通うのかの理由を聞いてみましょう。夫婦のセックスレスが関係している場合と、遊び心でつい行ってしまう場合など、いくつかの理由が考えられます。セックスレスが原因の場合は、なぜそうなってしまったのかを話し合うとともに、どうすれば解消できるかを相談することも大切です。

2人で過ごす時間を増やしたり、普段オシャレやお化粧をしない女性であれば、身だしなみに気を遣ったりなどして、自分磨きをするのも効果があります。夫の風俗通いは、一方的に夫だけが悪いわけではない可能性もあるのです。自分にも原因があり、離婚したくないと思うのであれば、解決方法を探すのが良いでしょう。一方、夫の言い分を聞いても分かり合えずに、離婚したいと思うのであれば、離婚の意思を伝えましょう。どちらを選ぶのかは、夫婦によって異なりますが、どちらにせよ2人でしっかりと話し合うことが重要です。

4.風俗通いを理由に離婚できるか


離婚する方向になった場合、夫が風俗通いを認め、協議離婚や調停離婚になるのであれば問題ないでしょう。万が一、相手が離婚することを拒否した場合は離婚訴訟に発展します。裁判で離婚するためには、明確な法定離婚事由が必要で、申告した事由が適切であると判断されれば離婚成立になるのです。法定事由は、民法が認める離婚原因のことで、それがあれば相手が合意しなくても離婚ができます。法定離婚事由には、不貞行為・悪意の遺棄・3年以上の生死不明・回復しがたい精神病・その他婚姻関係を継続しがたい重要な事由の5つが挙げられます。5つのうち、どれかに当てはまっている場合は、裁判で離婚が認められるでしょう。

5.法定離婚事由それぞれの判断基準


5つある法定離婚事由のうち、風俗通いに関係してくるのは、不貞行為・悪意の遺棄・その他婚姻関係を継続しがたい重要な事由についての3つです。この段落では、3つの事由について、それぞれどのような定義があるのかを解説します。

5-1.不貞行為について

不貞行為の「不貞」とは、婚姻、婚約、内縁関係がある場合に、自由意思で他の誰かと関係を持つことを指しています。風俗店に何度も通い、風俗嬢と性交渉をしていたことを証明できれば、離婚事由として認められるでしょう。しかし、風俗嬢に不貞の責任を追及し、慰謝料を請求できるかどうかは、状況にもよります。そのため、風俗嬢とそのような行為が認められたからといって、一概に、慰謝料請求することはできません。ちなみに慰謝料は、不貞行為によって夫婦関係が破たんした場合に生じるため、不貞行為よりも前に別居していたなどの夫婦関係が破綻していると思われることがあるのであれば、慰謝料請求ができないこともあります。

5-2.悪意の遺棄について

悪意の遺棄とは、意図的に配偶者を見捨てる行為をすることを指します。つまり、風俗通いにより夫婦生活を破たんさせる意図があったかどうかが、悪意の遺棄にあたるかどうかの判断基準となるのです。たとえば、風俗に通いたいために家に帰らなくなったら、配偶者を見捨てると判断でき、悪意の遺棄にあたる可能性があるでしょう。また、風俗に通うお金を捻出するために生活費を入れなくなる場合も、悪意の遺棄にあたる可能性があります。

5-3.その他婚姻関係を継続しがたい重大な事由について

その他婚姻関係を継続しがたい重大な事由とは、夫の風俗通いが原因となって、夫婦関係が破たんしてしまった場合などに当てはめることが可能です。具体的には、風俗通いをしていたことが理由で別居になったり、2人の間に修復しがたい溝ができてしまったりした場合が挙げられます。夫が心を改め、夫婦の関係修復に努めている場合や、夫婦の信頼関係が致命的に破たんされたとは言えない場合は、この事由に当てはまらないと判断されることもあるのです。

苦しいときほど冷静に!証拠集めはプロに任せよう


夫が風俗通いをしていると分かったら、離婚するしないにかかわらず、証拠を集めておくと良いです。しかし、証拠集めを自力で行うのは難しいので、無理だと思ったらプロに調査を依頼してみましょう。たとえば、MR総合探偵事務所であれば、業界最大手の知識と経験に加えて、特に浮気調査に関して定評があります。確実な証拠を集めたい場合は、依頼を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

未分類の最新記事