MRブログ

遠距離でも浮気されないために! 単身赴任中の夫にできる妻の浮気対策

妻と離れて暮らすことになる単身赴任は、さまざまな点で心配になったり不安になったりするでしょう。物理的に距離が離れていてすぐに駆けつけられないのは、大きな不安要素です。特に、自分の不在中に妻が浮気をしてしまうのではないか、と不安になる方も多いのではないでしょうか。この記事では、夫の単身赴任中に妻が浮気をしてしまいがちな理由や浮気されないための対策、万が一の場合に浮気を見抜くポイントなどを紹介します。

1.旦那さんの単身赴任中に妻が浮気してしまいがちな3つの理由


浮気を防ぐためには、浮気につながる可能性のある原因を作らないこと、もしくは心配要因を早めに取り除いておくことが大切です。まずは、単身赴任中の夫を持つ妻が浮気してしまいがちな理由を3つ紹介します。

1-1.旦那さんがそばにいなくて寂しい・不安だから

いつもそばにいた旦那さんがいなくなってしまうのは、想像以上に寂しいものです。もともと妻が寂しがりの性格なら、なおさらでしょう。子どものいない夫婦や子どもが自立していて手がかからない夫婦などは、夫が不在なら一人暮らし同然です。電話やインターネットを通してコミュニケーションを図るのは簡単ですが、物理的に距離が離れているため、何かがあってもすぐに駆けつけられないもどかしさや不安があります。寂しいときや不安なときは特に、頼れる人がそばにいないのは心細いものです。

寂しさや人恋しさを紛らわせるため、身近にいる人のぬくもりを求めることが浮気につながってしまう場合があります。浮気の原因が寂しさや不安であるケースの大半は、妻にはもともと浮気をするつもりはありません。しかし、そばにいて助けてくれる男性に徐々に引かれていき、やがて恋愛関係に発展してしまうケースが多いようです。また、妻が旦那さんの単身赴任で寂しがっていることを知っている人に、つけ込まれてしまう場合もあります。さらに、妻が性的に満たされない寂しさを、身近な男性で満たそうとするケースもあるでしょう。流されやすい性格や押しに弱い性格の妻が、はまりやすいパターンです。

1-2.旦那さんから解放されて羽目を外してしまうから

1つ目の理由とは逆のパターンで、単身赴任で旦那さんから解放された、清々したと感じる妻もいます。すでに夫婦関係が冷めていたり、もともと旦那さんの束縛や監視が厳しかったりする場合は、特にそう感じてしまうかもしれません。旦那さんがいるときほど家事をしっかりやらなくてもよくなったり、旦那さんの帰宅時間を気にしなくてもよくなったりすることで、自由な時間が増えて行動範囲や付き合いが広がる場合があります。また、何をしてもバレないだろうと気持ちが大きくなり、羽目を外してしまうパターンもあるようです。もともと遊び好きだったり浮気癖があったりするタイプの妻は特に、監視がなくなることで浮気に走ってしまう可能性が高いでしょう。

1-3.家事・育児の負担が増えてストレスが溜まるから

旦那さんがいないために家事や育児の負担が増え、ストレスから浮気に走ってしまうケースもあります。以前は夫婦で分担していたことを、単身赴任中はすべて妻がしなければなりません。小さな子どもがいる家庭では特に、育児の負担が大きくなるでしょう。また、妻が仕事をしているなら、仕事に加えて家事や育児をすべて一人でこなすのはかなりのストレスになり得ます。さらに、自分がしっかりしなければ、と常に緊張して頑張りすぎてしまう妻もいるでしょう。疲れているときやストレスがたまっているとき、気軽に相談したり愚痴を聞いてもらえたりできる相手がいるとうれしいものです。惚れっぽい性格の妻は、優しくしてくれた人に引かれてしまうかもしれません。ここで紹介した要因が複数組み合わさって浮気の原因となることもあるでしょう。

2.単身赴任中に妻に浮気されないための3つの対策


それでは、いったいどうしたら浮気を防げるのでしょうか。ここでは、単身赴任中に妻が浮気しがちな理由をふまえた上で、妻に浮気されないためにできる3つの対策について紹介します。

2-1.できるだけ頻繁に家に帰って妻と触れ合う

一番の浮気対策は、できるだけ頻繁に家に帰って妻と触れ合い、寂しさや不安を和らげることです。単身赴任先と自宅の距離にもよりますが、少なくとも2週間に1回~月に1回程度は帰るようにするとよいでしょう。海外などの遠距離で休みごとに帰るのが難しい場合でも、長期休暇の際にはぜひ家に帰って、直接妻と会うようにしてください。頻繁に家に帰り直接顔を合わせることで、妻や家の変化に気づきやすくなるというメリットもあります。早い段階で変化に気づき対処できれば、深刻な問題に発展するのを防ぐことができるでしょう。

また、単身赴任で旦那さんが一人でいることに不安を感じているのは、妻も同じです。赴任先にときどき来てもらい、暮らしぶりを見せることで、安心させてあげるとよいでしょう。夫婦が会える日には、ぜひ意識して夫婦水入らずの時間を作ってください。可能なら特別な記念日には休暇をとって一緒に過ごしたり、プレゼントを贈ったりするのもよいアイディアです。直接会う頻度が高いほど、不安が少ないほど、お互いの心に他の人が入り込む余地が少なくなります。

2-2.連絡はこまめにとる

離れて暮らしているからこそ、意識してまめに連絡を取ることが大切です。まめに連絡することで、妻の不安や寂しさを和らげることができるでしょう。お互いの状況を頻繁に共有することで安心できますし、お互いの変化にも気づきやすくなります。できれば、1日に2回ほどは連絡を取るように心がけるとよいでしょう。自分の様子を伝えて安心させ、妻の話を親身に聞いて優しい言葉をかけてあげてください。何気ないしぐさや態度で伝えられないぶん、愛情をはっきり言葉にして伝えることが大切です。

電話やメールに加えSNSなど、金銭的に負担が少なく手軽に状況を共有できる手段がたくさんあります。負担にならない方法で、無理なく続けられる頻度で連絡を取り合うようにしましょう。テレビ電話などを利用して、画面越しでもお互いの顔を見ながら話すと、お互いをより身近に感じることが可能です。また、ちょっとした態度や表情から、声だけでは気づきにくい気持ちの変化に気づくことができるかもしれません。

2-3.信頼できる人に様子見を頼む

浮気対策として、親や共通の友人など、信頼できる人に、定期的に妻の様子を見てもらう方法もあります。ささいな点でも、何か変化があった場合は報告してもらうようにしましょう。妻は定期的に誰かと会うことで寂しさを紛らわせることができますし、旦那さんの知人と定期的に顔を合わせることで浮気へのブレーキをかけやすいという効果も期待できます。ただし、頼む相手をしっかり見極めることが大切です。妻の味方になってしまうような人や、妻の浮気相手になりそうな男性に頼んでは意味がありません。また、妻が「監視されている、自分は信頼されていない」と窮屈に感じないようにも注意しましょう。

3.夫の単身赴任中に浮気している妻に表れる2つの兆候


残念ながら、どんなに浮気対策をして努力していても、妻が浮気をしてしまう可能性が完全になくなるわけではありません。しかし、早い段階で兆候に気づければ、ダメージを最小限に抑えられるでしょう。次は、表れやすい浮気の兆候を、単身赴任中でも見抜きやすいポイント2つに絞って紹介します。

3-1.なかなか連絡がつかなくなる

浮気の兆候の1つ目は、なかなか連絡がつかなくなることです。以前はすぐに電話に出てくれたり、不在着信になっても比較的短時間で返信があったりしたのに、明らかに不在着信の確率が高くなりメールなどの返信にもタイムラグが出てきているなら、原因を探る必要があるでしょう。もしかすると、浮気相手に会っていてスマホを確認していないため、旦那さんからの連絡に気づかないのかもしれません。または、浮気相手のことでいっぱいになり、旦那さんと頻繁に連絡を取り合うのがおっくうになっている可能性もあります。仕事など明確な理由がないのに、話し中や電源が入っていない時間が増える場合も要注意です。

3-2.会う頻度が減る

浮気の兆候として、会う頻度が減ることもあげられます。妻が会いに来てくれる頻度が減った場合は、理由を考えてみましょう。また、何かと口実を作って旦那さんが自宅に帰るのを嫌がったり面倒くさそうにしたりする場合も、注意が必要です。もしかすると、浮気相手を自宅に連れ込んでいるため、旦那さんに帰ってこられると困るのかもしれません。

ただし、以前よりも会う頻度が減ったから浮気をしていると決めつけるのもよくありません。金銭面や旦那さんの体力を気遣って、なかなか会えなくても我慢しようとしてくれている場合があります。また、旦那さんの生活ぶりを知って安心し、信頼するようになったケースもあるでしょう。家事や育児の負担が増えて、ただ疲れているだけの場合もあります。そのため、会う頻度が減ったという事実だけでなく、一緒にいるときの態度や連絡をするときの反応などを考慮して、真実を探ることが必要です。明らかに夫への関心が薄まっている、メイクや服装が変わった、過剰に優しくなった、などの他の変化も見られれば、浮気をしている可能性が高いと言えるでしょう。

4.どうしても妻の浮気が心配なら


妻の態度に浮気の兆候がありどうしても気になるなら、専門家に頼るとよいでしょう。単身赴任で離れて暮らしていると特に、自分で浮気の証拠を掴むのは困難です。そもそも距離が離れていれば浮気調査に割ける時間や体力は限られていますし、自分で調査をすると、調査をしていることを妻に気づかれてしまい、証拠を隠滅されたり夫婦関係に亀裂が入ったりする可能性もあります。費用はかかっても、探偵などの専門家に頼ったほうが安心でしょう。MR探偵社は浮気・不倫調査に定評があり、調査だけでなく、夫婦関係の修復や離婚に関する相談にものってくれます。事前のヒアリングや調査後のカウンセリングもしっかりしているため、単身赴任中の妻の浮気に不安があるなら、一度相談してみるとよいでしょう。

単身赴任したって良好な夫婦関係は維持できる


この記事では、夫の単身赴任中に妻が浮気をしてしまいがちな理由や浮気を防止する方法、浮気の兆候などを紹介しました。単身赴任は夫婦が離れて暮らすため浮気のリスクは高まりますが、旦那さんの努力次第である程度予防することも可能です。遠距離でも良好な夫婦関係を維持するために、できることから始めてみるのはいかかでしょうか。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

未分類の最新記事