MRブログ

旦那の浮気現場を目撃した場合の対処法

旦那が浮気をしていたら、妻としてどのように対処するのが正解なのでしょうか。適切に行動できる自信があっても、実際に浮気の様子を見ると冷静さを欠いてしまうことが多いです。戸惑ってしまい、何をすれば良いのか分からなくなる恐れがあります。そこで今回は、旦那の浮気現場を目撃したときの対処法を詳しく説明していきます。

1.浮気現場を相手に気づかれないで目撃した場合


浮気現場を目撃した際は、その場の状況に合った行動を選択することが大切です。ここでは、相手に気づかれていないケースにおいて、どのように対処するのが適切なのか紹介します。

1-1.現場に介入せず、まずは証拠を押さえる

別の女性と腕を組んで歩く旦那を街で見かけるなど、たまたま浮気現場を目撃してしまう場合があります。目の前の光景を受け入れられなくて、取り乱してしまう人も多いでしょう。旦那に裏切られていたことを理解すると、頭に血がのぼって怒りを抑えきれない状態になるかもしれません。しかし、感情にまかせて飛び出すのは良くないので、まずは深呼吸をして心を落ち着かせることが大切です。やみくもに現場に介入すると、慰謝料の問題に発展した場合に不利になってしまう可能性があります。

現場に介入したからといって、それだけで浮気が事実だと確定させられるわけではありません。怒りで思考力が落ちている状態だと、言い逃れに対してうまく反論するのは困難です。ヒステリックに詰め寄るだけでは意味がないので注意しましょう。真実を明らかにするために、まずは証拠を押さえることがポイントになります。

1-2.絶対に気付かれないように

浮気現場を目撃されたという事実を旦那に悟られてはいけません。なぜなら、警戒心を急激に強められてしまい、証拠をつかむのが難しくなってしまうからです。目撃されにくい場所で会うようになったり、携帯電話の着信履歴を消去したりするなど、いろいろな対策を講じてくるでしょう。そうして、真実を暴けない状態が続くことになり、その間も旦那はずっと浮気を継続する可能性があります。したがって、こちらが浮気を認識していることは隠しつつ、証拠をつかむための情報収集を進める必要があるのです。

ある程度の情報が集まり、浮気がやはり事実であると確信するにつれて、怒りや悲しみといった感情は強くなってきます。しかし、それらを言動に表さないように気を付け、冷静でいられるように努力することが大事です。情報をもとに証拠をつかむ手段を検討し、旦那に絶対にバレない方法を見つけてから行動に移しましょう。

2.浮気現場に鉢合わせした場合


一方的に目撃するのではなく、浮気現場で鉢合わせてしまった場合は、さらに気が動転してしまう恐れがあります。適切に対処できるように、以下に紹介するポイントを押さえておきましょう。

2-1.脅しや暴力的になってはいけない

浮気現場で鉢合わせたら、浮気の事実を確認するために、メールやLINEを見せるように要求する人もいます。その場では要求しなくても、帰宅後に旦那の携帯電話を取り上げてチェックしたくなる場合もあるでしょう。いずれの場合も強引に見ようとするのは良くありません。脅して無理やり見たのであれば、浮気が事実だと分かる内容が書かれていても、証拠として認めてもらえない可能性があるからです。

また、旦那や浮気相手を目の前にして感情が高ぶったとしても、暴力を振るわないように注意が必要です。恋愛ドラマなどでは、そのような状況で平手打ちをするシーンがよくあります。しかし、現実でそれを実践してしまうと、自分の立場が極端に悪くなってしまうリスクがあるのです。たとえば、浮気相手にケガをさせるような事態になれば、警察沙汰になって罪に問われるかもしれません。冷静になるように心がけ、脅しや暴力に頼らない方法で対処しましょう。

2-2.その場の写真を撮る

妻と鉢合わせた状態でも、旦那は浮気を認めずにごまかそうとすることが多いです。さらに、それ以降は警戒を強めてしまうので、もう浮気相手と一緒にいるところを目撃できない可能性があります。浮気の事実を証明したい場合は、目撃するたびに写真に残すことが重要ですが、その機会自体を持てなくなる恐れがあるということです。つまり、鉢合わせて間近で目撃できている現状は、非常に貴重な機会であるといえます。

したがって、その場で必ず写真を撮っておくようにしましょう。これからの展開に大きく関わってくるので忘れてはいけません。写真を入手できれば、これから旦那の浮気を暴いていくうえで、確固たる証拠の一つとして役に立ってくれます。

3.慰謝料請求に必要な証拠とは


旦那に浮気された場合、その証拠があれば慰謝料を請求することも可能です。ただし、自分が確かな証拠だと思っていても、法律に照らし合わせた場合、そう解釈してもらえないケースがあります。ここでは、慰謝料請求の条件を満たす証拠について紹介します。

3-1.実際の性行為の写真

法律で慰謝料請求が認められているのは、不貞行為を立証できる場合のみです。不貞行為とは、配偶者がいるにもかかわらず、自分の意思で他の異性と性的な関係を持つことを意味しています。したがって、浮気相手と実際に性行為に及んでいる様子を写真に収めれば、不貞行為を示す明らかな証拠になるということです。だだし、実際のところ、性行為の現場を妻が目撃するような状況になることは多くありません。起こりうるケースとしては、妻が予定外の時間に帰宅したときに、旦那が浮気相手を自宅に連れ込んでいた場合などが挙げられます。

一方、車中やビルの物陰でキスをしている様子ぐらいなら撮れそうだと感じる人もいるでしょう。しかし、せっかく苦労しながら撮影をしても、その写真は慰謝料請求が可能な水準の証拠として扱われない可能性が高いです。キスのみだと不貞行為には該当しないので注意しましょう。

3-2.ラブホテルに出入りする写真

性行為の現場を撮影できない場合でも、慰謝料を請求できる方法があります。そのために必要なのは、旦那と浮気相手がラブホテルに出入りしている現場を撮った写真です。一緒にそこを利用していたという事実が明らかになることで、両者の間に不貞行為があったと見なしてもらえます。なぜなら、ラブホテルは性行為をするための建物という認識が世間一般に浸透しているからです。したがって、多くのケースにおいて、そのような出入りの写真は決定的な証拠として用いられています。

しかし、その写真を突きつけても、「仕事の打ち合わせをしていただけ」などと言い逃れをしようとする旦那も珍しくありません。それに対する備えを万全にしておきたいなら、何度か撮影を行って証拠の能力を高めておくという手段があります。

4.複数の証拠を合わせると証拠になるもの


単独では効果が弱い証拠でも、他の証拠と合わせることで、慰謝料請求に利用できるものがあります。以下に挙げる写真はどれもそのタイプなので、基本的には複数を組み合わせて利用しましょう。ここでは、どうして単独では慰謝料請求の対象になりにくいのか解説します。

4-1.キスやハグ、手を繋ぐなどの写真

妻の立場としては、旦那が自分以外とキスやハグをしていたら十分な浮気だと思えるかもしれません。それどころか、手を繋いでいただけでも、裏切られたという気持ちでいっぱいになることもあるでしょう。これらを撮った写真があれば、決定的な証拠であるかのように思えて、旦那や浮気相手に法的な措置を取ろうとする人もいます。しかし、実際には、どれも不貞行為には該当しないので注意が必要です。スキンシップなので重要に見えやすいですが、それらを証拠として提示しても、慰謝料の請求を認めてもらうのは困難といえます。

キスやハグをしていれば、その先の性行為を行っている可能性もあるでしょう。だからといって、実際はどうなのか問いただしても、旦那や浮気相手が素直に答えることは期待できません。「酔ってキスをしただけで他に何もしていない」というように、言い逃れをするケースがよく見受けられます。

4-2.シティホテルに出入りする写真

シティホテルでも性行為は可能なので、旦那と浮気相手がそこに入る写真があれば、慰謝料を請求できると思う人もいるでしょう。しかし、シティホテルはラブホテルと違って、世間一般では性行為をする場所と認知されているわけではありません。そのため、実際には性行為が目的でも、他の目的を挙げることで言い訳が通りやすくなっています。たとえば、証拠として使えるのが出入りの写真だけでは、仕事や食事のために利用したという主張を覆すのは難しいです。宿泊していた場合でも、別の部屋に泊まったというような言い訳が通用します。

こういった事情があるため、シティホテルで撮る写真を有力な証拠にしたいなら、建物の出入り以外にも着目しなければなりません。セキュリティなどの関係でホテル内で撮影するのは難しい場合もありますが、同じ部屋に2人で入るところまで撮影しておくのが望ましいです。

4-3.買い物や食事などのデートの写真

デートをしている旦那と浮気相手を見ると、非常に親密に感じられる場合があります。しかし、いくら恋人のようなムードが漂っていても、それだけで肉体関係があるのか判定できません。そのため、一緒に買い物や食事をしているところを撮影しても、不貞行為の証拠にはならないので注意しましょう。高価な宝石をプレゼントしている現場などを撮った場合も同様です。いずれのケースも、それだけでは慰謝料の請求に結びつけられません。

やみくもに写真を見せても、いくらでも言い訳をされてしまいます。たとえば、買い物の写真に対しては、「妻のプレゼントを一緒に選んでもらっていた」という主張が可能です。また、食事の写真を見せた場合は、「飲食店で資産運用の相談をしていた」などと言ってごまかせます。このように、言い逃れの余地がたくさん残った状態であることを理解しなければなりません。そのうえで、他の証拠と組み合わせて、少しでも効果を高められるように工夫しましょう。

より確実な証拠を押さえるには浮気調査の依頼もあり


浮気現場を目撃しても、慰謝料を請求できるとは限りません。それどころか、浮気の事実を証明できなければ、今後も旦那と浮気相手との関係は続いていく恐れがあります。そのような状態を避けるため、冷静になって視野を広げてみましょう。確実な証拠を押さえたいなら、自分だけで解決しようとせず、浮気調査を依頼するのが得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気の最新記事