MRブログ

もしかしたら浮気?夫が帰宅しない原因とは?

夫の帰りが遅くなったり、泊りがけで家に帰ってこないことが増えたりすると、浮気をしているのではないかと不安になるかもしれません。他の人に相談しづらく、どうしたらよいのかわからず悩んでいる人もいるでしょう。この記事では、夫が帰宅しない原因として他に考えられることや、もし浮気が原因である場合の夫の行動の特徴について解説します。

1.夫が家に帰ってこない!その原因とは?


定期的に夫が家に帰ってこないことがあるなら、まずはその原因を探りましょう。思い込みや思い付きだけで行動すると、状況を悪化させてしまう可能性もあるからです。ここでは、夫が帰宅しない理由として考えられる主な原因を2つ紹介します。

1-1.浮気

夫が帰宅しない原因としてまず思い浮かぶのは、浮気かもしれません。妻以外の女性と関係があり、その女性と過ごしている可能性が考えられます。その場合、妻に正直に原因を話すのではなく、仕事のトラブルや接待、同僚や友人との付き合いなど、不自然に思われないように別の理由を伝えてくるのが一般的です。妻が尋ねる前に、夫の方から自己申告してくるケースも多いでしょう。夫が結婚生活に冷めていたり、相手の女性の方が自分のことをよく理解してくれていると感じていたりする場合は、特に浮気にのめり込みやすいです。また、なかなか会えない、短時間しか会えないなどの条件が、より浮気に夢中にさせる場合もあります。

1-2.家庭内の問題

浮気はしていないものの、家庭内で問題を抱えているために、家にいるのが苦痛で家に帰らないケースもあります。例えば、家庭内で居場所がなかったり、妻からしょっちゅう小言を言われてストレスになったりしているのかもしれません。「仕事が多忙で疲れているのに、家に帰ると労わられるどころか、帰宅が遅いと怒られる」とか、「家にいたら家事を手伝わされるし、手伝ったら手伝ったで文句を言われてストレスがたまる」と感じている男性もいるようです。「家にいると、義母や近所付き合いの愚痴ばかり聞かされて疲れる」と、家に帰りたくなくなってしまう場合もあります。一人の時間が欲しくても自分用の部屋やスペースがないなど、物理的に自分の居場所がないと感じている場合もあるでしょう。

2.夫が帰ってこない時にとるべき対処法


それでは、実際に夫が帰ってこない場合、どのような対応をすればよいのでしょうか。夫が帰ってこない原因や、これからの対応を見極めるためにも役立つ対処法を紹介します。

2-1.夫に連絡する

夫が帰ってこないなら、まずは夫に連絡してみましょう。電話でもメールでもかまいません。どこで何をしているのかが具体的にわかれば、安心できるでしょう。もしかしたら、仕事に没頭するあまり連絡しそびれているのかもしれません。うっかり終電を逃してしまったものの、家族はもう寝てしまっているだろうと考えてあえて連絡しない場合もあります。「やましいことをしているわけではないし、後で(もしくは明日)説明すればいい」と安易に考えているケースもあるでしょう。一方、帰ってこない原因にもよりますが、長時間連絡がつながらない場合は何か隠したいことがあるのかもしれません。また、残業で遅くなるはずなのに電話口から騒がしい声が聞こえてくるなど、嘘をついている可能性が高い場合は本当の理由が別にある可能性が高いでしょう。

2-2.身内や知人に聞いてみる

本人と連絡がとれない場合や、本人の言い分に疑問を感じる場合は、身内や知人に聞いてみましょう。実は仕事で悩みを抱えていて、「家族には心配をかけたくない」と妻には話さなくても、信頼できる身内や知人には相談している場合があります。また、会社の同僚と知り合いなら、仕事の状況や飲み会などの事実確認ができるかもしれません。状況によっては、職場や義理の実家に直接連絡してみることもできます。職場に連絡する場合は特に、できるだけ仕事の邪魔をしないように、夫に迷惑をかけないように注意しましょう。

2-3.家の中の夫のものをチェックしてみる

夫が家に帰ってこない場合は、家の中にある夫の持ち物をチェックしてみるのも良いでしょう。例えば、洗面用具や常備薬、着替えなど明らかに宿泊の準備と言えそうなものを持って出かけていれば、浮気の可能性も考えられます。印鑑や通帳などを持って行ったのであれば、長期的に帰らないつもりなのかもしれません。逆に、普段と変わらず、必需品が残されているなら、何らかの状況で急きょ帰れなくなったと考えるのが自然でしょう。また、うっかり置き忘れた手帳やクレジットカードの明細などから、夫の予定や状況がわかる可能性もあります。

3.帰ってこない夫が過ごしている可能性のある場所


思い当たる原因がなかったり、夫と連絡がつかなかったりして不安な場合は、夫が過ごしている可能性のある場所に直接行ってみるのも良いでしょう。続いて、帰宅しない男性が向かいやすい場所を紹介します。

3-1.ネットカフェ

家に帰りたくないが特に宿泊するアテも無い場合に使われることが多いのが、ネットカフェです。24時間営業しており、ホテルよりも低価格で利用できます。また、軽食やシャワー設備があり、寝ることも可能だからです。お小遣いが少なくても利用しやすいですし、気軽に1人の時間とスペースを持てます。ネットカフェに慣れると、長期間ネットカフェに寝泊まりするようになる人もいるでしょう。実際に、長期滞在者向けの宿泊プランを用意しているネットカフェもあります。

3-2.車の中

車で通勤している場合は、そのまま車の中で夜をこす場合もあります。十分雨風をしのぐことができますし、適当な駐車場に車をとめれば、妻に居場所をつきとめられる可能性も少ないでしょう。また、車の中にいればお金もかかりません。ただし、シャワーやトイレがなく、寝心地もいいとは言えないため、長期間の利用には向いていないでしょう。「昨日ケンカしたから帰りたくない」とか、「疲れたからたまには一人になりたい」など突発的な理由で使われる場合が多いです。

3-3.浮気相手の家・ホテル

浮気をしている場合は、ホテルや浮気相手の家で過ごしている可能性が高いです。「終電に間に合わなくて駅で寝ていた」とか「残業が終わらなくて会社に泊まった」、「友人の家に泊まらせてもらった」などと言い訳をするケースが多いでしょう。逆に、連絡なしで帰ってこないことが多いなら、浮気の可能性は低いのかもしれません。しかし、家に帰らない頻度が以前よりも増えている場合は、浮気相手との関係が深まっている可能性があります。浮気相手と一緒にいる時間が心地よくなると、家への足取りはますます重くなるかもしれません。

3-4.友人の家

友人に招待されて、友人宅で過ごしている場合もあります。夫の事情を知っている友人が、距離を置ける場所を提供してくれているのかもしれません。もしくは、特にやましいことはしていなくても、単純に連絡を忘れていたり、面倒くさいと感じて適当な他の理由を伝えたりしている場合もあるでしょう。例えば、招かれたのがグループであっても、場所が女性の自宅だったり招待客の中に女性がいたりすると、妻にいちいち弁明するのが嫌で、とっさに嘘をついてしまう場合があります。夫の居場所がわかったら、怒ったり責めたりするのではなく、心配していたことを伝え、夫が家に帰りやすい雰囲気を作りましょう。

4.夫が家に帰りたくなくなる帰宅恐怖症とは?


夫の帰りが遅かったり、帰ってこなかったりすることが定期的にあるなら、帰宅恐怖症の可能性を考えてみるべきかもしれません。帰宅恐怖症とは、文字通り「帰宅するのが怖い」「家にいたくない」など、何らかの理由で家に帰ることが憂鬱になってしまうことです。帰宅恐怖症の夫は、無駄に残業時間を引き延ばしたり、まっすぐ家に帰らなかったりします。ファストフード店やカフェ、映画館などで時間をつぶし、家族が寝静まってから家に帰る場合もあるでしょう。症状がひどくなると、カプセルホテルやネットカフェに寝泊まりするようになります。帰宅恐怖症になってしまう理由としては、本人の性格的な問題や、妻との相性などがあげられるでしょう。

5.帰宅恐怖症になりやすい夫の特徴


真面目で責任感が強く、できるだけ争い事を避けたい性格の夫は、帰宅恐怖症になりやすいでしょう。家庭内の問題の責任は自分にあると考えて思いつめたり、家族に気を遣いすぎて疲れてしまったりするかもしれません。また、40代で一定以上の地位についている会社員も帰宅恐怖症になりやすい傾向があります。仕事でも常に大きなプレッシャーを感じているからです。そのようなストレスを抱えていると、家庭に癒やしを求めたいのが通常でしょう。しかし、何らかの理由でそれができない、むしろ家に帰ると余計ストレスを抱えてしまうとなると、帰宅恐怖症になってしまうのも納得できるかもしれません。妻に怒鳴ったり文句を言ったりしない、一見「温厚で真面目な良い夫」の方が、家庭や仕事でのストレスを徐々にため込み、うつ状態になってしまう危険性があります。

6.帰宅恐怖症にさせやすい妻の特徴


夫が帰宅恐怖症になる大きな原因の1つは、妻の言動です。例えば、仕事から疲れて帰ってきたのに、愚痴や不満ばかり聞かされる夫は、家庭でさらにストレスを感じるかもしれません。妻が暴言を吐いたり、なんでもコントロールしようとしたりする場合も、家庭は居心地の良い場所とは言えないでしょう。妻が子どもばかりに関心を向け、夫への関心がなくなってしまったと感じて、疎外感を感じる夫もいます。帰宅後の時間の使い方も、休日の予定も、食事のメニューも、すべて子供中心になっている場合は注意が必要です。さらに、夫に出世や給料アップなどを求めすぎる妻や、家事も仕事も完ぺきにこなしている妻がプレッシャーだと感じる人もいます。夫に帰宅恐怖症の兆候があるなら、早めに、夫の生い立ちや性格を考慮しつつ、「夫にとって居心地の良い家庭か」という観点で自分の言動を見直すことが必要かもしれません。

7.浮気している夫の特徴とは?


夫が帰ってこない原因が浮気であると考えられるものの確実な証拠がない場合は、どうしたら良いのでしょうか。浮気している人に見られる特徴や行動パターンを知っていると、本当に浮気をしているのかを見極めるのに役立ちます。最後に、浮気をしている夫の主な特徴を3つ紹介しましょう。

7-1.残業や出張が増えた

浮気を始めると、残業や出張を理由に家にいない時間が増えます。仕事に関係する事柄は真偽を確認しづらく、文句も言いにくいため、よく使われる言い訳です。また、仕事を口実にすればある程度の時間を確保しやすく、定期的に使ってもあやしまれにくいと感じるのでしょう。以前と比べて明らかに残業や出張が増えているなら、浮気をしている可能性があります。特に、以前よりも連絡が取れない時間が多くなったり、返事が遅くなったりする場合は注意しましょう。そのような場合は、早めに、仕事内容や出張の予定などに関して具体的に尋ねてみてください。具体的に聞いておくことで、つじつまの合わない点や、夫のささいな言動の変化などにも気づきやすくなります。浮気を疑っていると悟られないように、普段から良好なコミュニケーションを保っておくことが大切です。

7-2.服装・持ち物が変わった

夫が急に服装や持ち物に気を遣い始めた場合も、女性の影を疑った方が良いでしょう。浮気相手の女性に恋愛感情を持ち、少しでもよく思ってもらうために身なりに気をつけ始めたのかもしれません。選ぶ服装の雰囲気が変わったり、髪形を整えるのに時間がかかるようになったりするなら注意してください。急にブレスケアアイテムを使い始めたり、アクセサリーなど見たことのない小物を持っていたりする場合も浮気の可能性があります。匂いにも注目してみると良いでしょう。女性用のシャンプーや柔軟剤の匂いなど、普段と異なる匂いで浮気に気づくケースがあります。夫自身が香水をかえたり、車内で芳香剤を使い始めたりする場合も浮気の可能性を疑ってみましょう。

7-3.携帯をこまめにチェックする

多くの妻が夫の浮気に気づく特徴は、夫がスマホを置きっぱなしにしなくなることです。常にスマホにロックをかけるようになったり、お風呂場にまで持っていくようになったりします。もしかすると、スマホの中に、妻に見られたくない情報が入っているのかもしれません。また、スマホを持ってトイレにこもる時間が長くなったり、短時間の外出が増えたりする夫もいるでしょう。その間に浮気相手からの連絡を確認したり、返信したりしているのかもしれません。妻に見えないようにスマホを操作している場合は、何か隠したいことがあると解釈するのが自然でしょう。さらに、スマホに通知がきても見られないように、わざわざ画面を見えないようにしておく夫もいます。妻といるときに電話がかかってきても出なかったり、連絡通知がきてもすぐに確認しなかったりするケースは特に怪しいでしょう。一緒にいるときに連絡通知がきたら、夫がどのような反応をするのかを確認してみてください。

夫が浮気してるかも思ったら!探偵事務所に相談してみよう


浮気をしている人の特徴が夫に複数あてはまり、浮気の疑いが強いものの、これといった証拠がないと不安が募るだけでなかなか次の行動にはつながらないかもしれません。証拠を押さえたくても自分自身でできることには限界がありますし、リスクもあります。そんなときは、浮気調査の経験も実績も豊富な探偵事務所に相談してみるのはいかがでしょうか。

カテゴリー: 浮気調査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気調査の最新記事