MRブログ

セックスレスによる影響とは?セックスレスの原因と解消法を徹底解説!

日本では、夫婦間やカップル間でのセックスレスが深刻な問題になっています。セックスレスを解消したいと思っていても、どうしたらいいのかわからない人も少なくありません。なぜ、セックスレスが起こってしまうのでしょうか。この記事では、セックスレスになってしまう原因や影響などを紹介し、あわせて解消法についても詳しく解説していきます。

1.セックスレスとは?


そもそもセックスレスとはどのような状態なのか知っていますか。日本性科学会によると、セックスレスとは「病気などの特別な事情がなく、1カ月以上性交渉がないカップル」と定義されています。ただし、それぞれの夫婦やカップルによって、性交渉の間隔は変わってきます。たとえば、週に1回程度で良いと考えているカップルの場合、1カ月以上の期間が空いてしまうとセックスレスと感じるでしょう。一方、毎日性交渉をしたいと思っている、もしくは以前は毎日していたカップルの場合は、1週間程度空いただけでも、セックスレスだと感じる可能性があります。

また、セックスレスと呼ばずに「レス」と呼ぶ人もいます。セックスという言葉を使いたくない、友人同士での会話で気軽に使いたいという人も多いため、レスと略するケースも珍しくはありません。このように、呼び方やセックスレスの期間については、夫婦やカップルによって差があります。定義としては1カ月以上ですが、それぞれの状況や感じ方によるので、一般的には期間を問わずどちらか一方が性交渉がないと感じたらセックスレスという認識で構わないでしょう。

2.セックスレスによる夫婦間の影響は?


セックスレスによって、夫婦間に悪影響を与えてしまう可能性があります。性交渉が減った、まったくなくなったと考えてはいても、深刻にとらえていないカップルも多いでしょう。年齢を重ねるとともに性欲が減退しただけ、子どもがいて時間が取れないからと放っておくケースも少なくありません。しかし、セックスレスが原因になって、パートナーが浮気や不倫をしてしまう場合もあるのです。最悪の場合、離婚につながる可能性もあるでしょう。夫婦やカップル間に深刻な影響を与えるケースもあるので、ただ単に性交渉がないだけと軽く捉えずに対策を取ることが重要です。

3.セックスレスになる原因は


セックスレスになってしまう原因にはどのようなことがあるのでしょうか。具体的な原因について紹介します。

3-1.家族になってしまった

家族になってしまうことで、セックスレスが引き起こされることがあります。結婚すると、今までの恋人時代とは違い、「夫婦」という非常に身近な存在になります。恋人とはまた違った関係である夫婦になることで、男女の愛情から家族愛にシフトしてしまうケースも多いのです。一緒に生活をしていくことで、ときめきやドキドキ感が薄れていくのも原因のひとつでしょう。いることが当たり前の存在になってしまうことで、パートナーに対する性的な欲求が減少していくのです。

また、子どもが生まれることで、「男と女」「夫と妻」という関係から、「父親と母親」の関係になっていくのも原因でしょう。特に女性の場合には、子どもが生まれると「母」としての一面が強くなります。夫側も、女性ではなく母親としてみてしまうため、性的対象から外れてしまう可能性があります。

3-2.性行為を必要以上に求められる

性行為を必要以上に求められることも、セックスレスを引き起こす原因です。性行為に対してあまり積極的ではない、後ろ向きな人もいます。パートナーが性行為にあまり関心がないのに、必要以上に求めてしまうのは良くありません。また、断られた際に責め立ててしまう人もいるでしょう。責め立てられることでさらに性行為に対する苦手意識や嫌悪感が増してしまい、セックスレスを助長する可能性があります。

また、妻側が性行為に対して積極的な場合にも、セックスレスになってしまうことがあります。男性は「女性は性行為に対して受け身である・積極的ではない」と思っていることが多いです。もちろんすべての男性がそう思っているわけではないのですが、慎みがあることや受け身であることを求める人も少なくありません。そのため、妻側から積極的に性行為を求められると、イメージと違うと不気味に思ったり、うっとうしいと感じたりしてしまうこともあるでしょう。

3-3.忙しくて疲れている

疲れによってセックスレスが起こることもあります。日々の生活で疲れが多いと、性行為よりも睡眠や休息を優先してしまうのです。企業や職種によっては、長時間労働になることも少なくはありません。また、職場と自宅の距離が遠い場合には、通勤や退勤で体力を使ってしまう場合もあります。その結果、帰ってくるころには疲れ果ててしまって、性行為をするような気分になれないのです。家族の時間を取るために転職したいと思っても、家族を守らなければいけないからと転職に踏み切れず、無理に働いている男性も多いのです。

また、現代では女性の社会進出も進んでいます。正社員や契約社員としてフルタイムでしっかりと働きながら、家事や子育てをこなしている女性もたくさんいるでしょう。そのような忙しい生活を続けていると、とにかく少しでも体を休めることが最優先になります。そのため、しなくても問題ない性行為が疎かになるのです。

3-4.新たな価値観

今まで、恋人同士や夫婦なら性行為をすることが当たり前だという考え方が大多数を占めていました。しかし、時代が変わり新たな価値観が浸透し始めたことにより、セックスレスになっている夫婦もいます。さまざまなセクシャリティが認知されたことによって、付き合う=性行為という考えを持たない人も増えています。性行為をすることや性欲を持っていることは当たり前ではないという価値観が認められるようになったことで、自分の本音を伝えやすい環境ができました。

今までは、付き合っているのなら誘われたら性行為をしなければいけない、否定してはいけないという固定観念に囚われていた人が、その考えから解放されたのです。そのため、性行為をしたい、もしくはしたくないという考えを自由に伝えられるようになっています。

4.セックスレスの解消方法


セックスレスを解消するためにはどうすればいいのでしょうか。セックスレスの解消方法についてみていきましょう。

4-1.自分磨き

まずは、自分磨きをしてみましょう。夫婦になって長く生活を共にしていると、パートナーに対する性的な魅力が減退してしまいます。また、家族であるという安心感から、ついつい気を抜いてしまいがちでしょう。セックスレスを解消するためには、相手に自分の魅力を再認識してもらう必要があります。具体的には、パートナー好みの服を着てみる、女性なら気を抜かずに化粧やヘアセットなどをして身だしなみを整えると良いでしょう。結婚によって体形が変わった人も少なくありません。男女問わず、ジムに行って体を鍛えることで、魅力的な姿を取り戻せます。見た目を変えることで、性的対象として認識されやすくなります。

また、匂いを変えるのも効果的です。香水や柔軟剤を変えるなどして、いつもとは違った香りをまとってみましょう。日常生活の中にはなかった香りをまとうことにより、パートナーが興味を持ちやすくなります。

4-2.日常のスキンシップ、コミュニケーションを充実させる

性行為によるコミュニケーションも大切ではあるのですが、日ごろからのスキンシップやコミュニケーションを充実させることも重要です。日常でコミュニケーションが足りていないと、愛情が薄れていって性行為をしようという気分になれない可能性もあります。そのため、日ごろから会話をする、ハグやキスなどのスキンシップを取るといいでしょう。

お酒を飲むのも良い方法です。お酒を飲むことによって、自然とスキンシップを取りやすくなります。また、お酒の効果で性行為に誘う恥ずかしさも軽減するので、上手く誘えるようになる

4-3.短時間性行為

仕事や家事、子育てなどに追われていると、心身ともに疲れ果ててしまい性行為をする気分になれません。性行為をする際には、シャワーを浴びたり雰囲気を作ったりしなければいけませんし、行為後の後片付けなど何かと時間がかかります。そのため、短時間で性行為を終わらせて体を休める時間を長く取ると良いでしょう。性行為を行う時間帯をずらすのも1つの方法です。例えば、休日の朝など体力が回復している時間帯を選んで、短時間で性行為を終わらせます。性行為は夜にするものという固定観念を捨てて、元気のある時間帯におこなってみましょう。

4-4.通常の性行為を習慣化させる

性行為を習慣化させるのもセックスレスの解消方法です。もちろん、毎日義務的に性行為をする必要はありません。毎日しなければいけないと思うと息苦しく、逆にセックスレスを助長させる可能性があるので注意しましょう。パートナーと話し合いをして、性行為をする日時を設定します。短いスパンで設定してしまうと苦痛になる場合もあるので、初めのうちは長めのスパンで設定することがポイントです。たとえば、「毎月0のつく日に性行為をする」「給料日に性行為をする」というように、習慣化させると良いでしょう。

人は本質的に、触れ合うことで喜びを感じます。そのため、性行為をしない場合でも抱き合って眠るなど、触れ合う時間を多く取るようにしましょう。

4-5.いつもと違うシチュエーションにする

性行為がマンネリ化してしまうと、パートナーが飽きてしまいます。そのため、シチュエーションを変えて性行為するのも良いでしょう。たとえば、自宅ではないところ、旅行先のホテルや思い出の旅館、ラブホテルなどを選んでみてはどうでしょうか。また、普段と違った性行為をすることで、盛り上がる可能性もあります。アダルトビデオなどを見ながら性行為をする、道具を使うというように、いつもはしないことをしてみると新鮮さを感じられ、性欲が高まるのです。

あなたが今とるべき最善策


セックスレスは、無理に性行為をしようとしても改善しません。セックスレスが長く続いているのなら、まずは日常会話や軽いスキンシップなどでコミュニケーションを取りましょう。また、円満すぎる生活がセックスレスの原因になることもあります。セックスレスであることを忘れて穏やかな生活を過ごしてしまうと解消できません。そのため、セックスレスであることを意識することを忘れないようにしましょう。

カテゴリー: セックスレス   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

セックスレスの最新記事