MRブログ

浮気していた彼女が妊娠していたらどう対処すれば良いのか

彼女のお腹の中にいる胎児が自分の子供であるかどうか確認する

浮気していた彼女のお腹に胎児がいることが分かったら、まずお腹の中の胎児が浮気相手と自分のどちらの子供であるかをハッキリさせて下さい。なぜなら、この事実がどちらに転ぶかで後の展開は大きく変わってくるからです。

胎児を身籠ってから二ヶ月程経つと妊婦の血液から胎児のDNAが採取できるようになり、どちらの子供であるかを知ることが可能になります。

彼女の浮気相手がDNA採取に応じなかったり、誰だか分からなかったとしても、自分のDNA採取し、子供のDNAと適合しているかどうかを判断すれば彼女のお腹の中にいる胎児が自分の子供であるかどうかが分かります。目下の課題は自分の子供であるかどうかを確認することです。

とはいえ、彼女はDNA鑑定を固辞する場合もあります。もちろんDNA鑑定はした方が良いのですが、その場合はDNA鑑定はしなくても構いません。なぜなら、そうなれば彼女は身籠った子供が自分の子供だと主張することができなくなるため、何も責任を負う必要はなくなります。

 

彼女の妊娠した子供が浮気相手の子供だと発覚した場合の注意点

まずは自分の子供が必要であるということがご理解頂けたでしょうか。下記ではその際の注意点を並べていきます。


この場合の責任はなし

彼女が身籠った子供が自分の子供でなければ、あなたが責任を感じる必要はありません。あなたはあくまで不倫をされた被害者であり、彼女に対して何らの責任はないのです。

子供を産むという選択肢を取ったとしても、産むという選択肢を取ったとしても、不倫をされたあなたは養育費などの援助をする義務は全くなく、彼女と別れるかどうかもあなたの意思で決定することができるのです。

 

彼女と密な関係をすでに築いていた場合慰謝料請求が可能になる

もちろん婚約中に不倫が発覚した場合は慰謝料の請求をすることが可能ですが、事実婚や彼氏彼女の関係でも慰謝料請求することができます。法律上で違法行為となっている不貞行為とは、配偶者がいる者が配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを意味しています。

下記は密な関係と判断されやすい条件3つです。

実家の両親を紹介しあっている

何年も同居している

将来家を購入しようとしている

上記3つのどれかに該当すれば慰謝料請求が可能になります。ちなみに、相手の行為が不貞行為とみなされるかどうかは非常に微妙です。裁判所においての不倫のような行為とは「男女の間の性的交渉とそれに似た行為」のことです。「男女間の性的な交渉」は誰もが考えても明らかに問題ないのですが、問題なのは「肉体関係に類似する行為」です。

とはいえ、肉体関係に似た行為が人によって考え方が違ってしまうのです。胸を触ったら肉体関係に類似すると考える人もいれば、肉体関係とは関係がないと考える人もいるのです。

今までの事例で考えれば、口腔性交や射精などの肉体関係に似ている行為は「性交渉に類似する行為」として認識される可能性が高くなっています。

《 不貞行為の境界線 》
夕食などで一緒になる
接吻
スキンシップ(ここが境界線)
口でする
SEX

スキンシップが境界線になっていますが、男女は特に「性的行為に類似する行為」の捉え方が異なります。生物学上男の場合、より多くの種を残したい(=SEXをしたい)という感情を、一方女の場合はより優秀な種を残したい、という感情を本能的に持っています。

したがって、本命は違うのだから不倫をしていても関係ない、という男性側の主張と「見たこともないの異性に種をまく行為=優秀な種ではない=一緒に暮らすのは不可能」という女性側のスタンスがかみ合わず、裁判所でもこれが争われる点となってもろにぶつかってしまうことがよくあります。

強引にされた場合は不貞行為にならない

女性側の思いとは関係なく、異性にされた・脅迫された等で強引に性的な関係を持たされ、レ○プを受けた側は不貞行為にはなりません。しかし、レ○プした側は自ら行っているために不貞行為になります。このように、自らの意思で肉体的な関係を持ったのかどうかも判別の重要点となるのです。

 

浮気(不倫)相手に請求できる金額はどのくらいか

【浮気相手に請求しやすい慰謝料の相場は50万~300万】

慰謝料の値段には決まりがあるわけではないのです。金額の高い安い個々のケースによりけりで、請求側が請求される側を説得すれば、それが慰謝料の金額となります。

ここではそんな慰謝料請求の金額の平均的な相場や、慰謝料請求の金額を上昇させるポイントについて説明していきます。

【浮気(不倫)が理由でパートナーと離婚する際の慰謝料の相場は200万円前後】

もし浮気(不倫)が理由でパートナーと離婚に至るまで発展していく場合、過去の事例から浮気(不倫)を説明できる証拠を握っていたら200万円前後が平均の金額になります。
※パートナーに対して慰謝料請求できる値段も同様になります。

【浮気(不倫)が理由だがパートナーと別れない場合の慰謝料請求のだいたいの値は50万~100万円あたり】

別れもせず、別居もしないが浮気(不倫)に対する精神的な痛みを慰謝料として請求したいという際は50万~100万円前後が相場になってきます。関係を続ける場合は、別れる場合よりも相場が低くなってきます。

※パートナーに対して慰謝料請求できる金額も同様です。

【浮気(不倫)相手に対する慰謝料の金額を算出するポイント】

慰謝料請求の額を決定する基準は明確ではないものの、浮気(不倫)の根拠のあるなしや、精神的な苦痛の程や浮気されていた期間の長さを中心として、下記のようなさまざまな要素が加味され、適正な値段が出されるのです。

・不貞行為に至った責任の大小
・精神的な苦痛の程、回数、期間
・婚約していた期間
・子供への影響
・社会的な地位
・悪意
・性別、年齢
・経済状況及び支払いする能力
・暴力、虐待の有無

【慰謝料請求の金額が増える事例】
下記のような事例では、慰謝料請求額が上昇する可能性が高いです。

・不倫相手が自身の家庭を壊すつもりで意図的に不倫した
・長期に渡り、不倫が行われていた
・不倫が明らかであるのに否定続けた
・もう浮気はしないと約束したのにも関わらず再び不倫に及んだ
・不倫が理由で自身がうつ病などの精神病を患った
・夫婦間には子供がいるのに不倫をした
・パートナーや不倫相手が高い所得を持っている

【慰謝料請求の金額が減額する事例】
以下のような事例では、慰謝料請求額が減少する可能性が高いです。

・不貞行為という行為に及ぶ前から夫婦仲が悪かった

・不貞行為による社会的な制裁を不倫相手・パートナーが受けている
・不倫を認めてパートナーが真摯に謝罪をした
・自分が原因でパートナーと不倫相手が不倫という行為に走った

【不倫相手に慰謝料請求ができる事例】

不倫をされたことが事実であれば、一般的に不倫相手に慰謝料請求することができるようになります。とはいえ、この国では婚姻関係を壊させたことの責任を取る考えに法律的な偏りがあるため、法的に離婚の理由となる事実が明らかにされないことには、慰謝料請求を行うことができません。

困難に感じるかもしれませんが、以下で具体的に慰謝料の請求ができる事例とできない事例について書いていきましょう。

慰謝料請求が可能な事例

法律的には、不倫に対しての慰謝料の請求ではなく、不貞行為に対しての慰謝料の請求をすることになります。不貞行為とは男女の間に肉体関係がある、またそれに似たような行為があることを示し、キスやデート、手を繋いだくらいでは慰謝料の請求は認められていません。

ようするに、下が絡む性的な行為が不倫相手とパートナー間にあったかどうかが慰謝料の請求可能か不可能を決まる重要な点となってきます。

万一、不倫相手とパートナーが本気の愛情関係にあったときでも、肉体関係を伴っていなければ慰謝料の請求をすることは出来ません。愛情が本気であるかどうかとは関係がないのです。

【故意、過失がある事例】
不倫相手に慰謝料の請求をするために必要なのは、肉体関係にまつわるの過失があったことが条件になってきます。

不貞行為の過失とは、相手が結婚していることを知っておきながら不倫をすることか、相手が結婚していることを明確に聞いてはいないが、結婚しているかもしれないと気づくはずなのに不倫をすることになります。故意に不倫をしたことになるのです。

【権利侵害がある事例】
浮気相手に慰謝料の請求をするためには、権利侵害があったことが条件になります。

権利侵害とは、不倫相手が不貞行為により夫婦の平穏で円満な共同生活を侵す行為です。法律では「夫婦は円満に共同生活をしていく権利がある」とされており、この円満に家庭生活を送ることができる権利を不倫相手という外の人間が不倫行為によって奪ったのであれば、それに対して慰謝料を支払話なければならない義務が生じるのです。
【慰謝料が請求できない事例】

以下の事例では、不倫相手がもしパートナーと肉体関係にあったとしても、慰謝料の請求をすることができなくなります。

・不倫をしたという確定的な証拠が存在しない
不倫の証拠がなければ、「不倫なんかしていない」と言い逃れることができたり、言い訳を用意されたりしてしまうのです。

・自身も不倫をしている
自分自身不倫をしていた場合、パートナーにも不倫の慰謝料請求する権利が発生します。これにより両成敗となり、自分の主張だけが認められることはなくなってしまいます。

・不倫という行為に走らせてしまった根元の原因が自分にある
パートナーに不倫をさせる理由が根本が自分にある場合、負い目は自分にあるということになり、慰謝料の請求はできなくなってしまいます。例えば、肉体的な暴力や精神的な暴力、長年に渡りセックスを拒み続けているなどがこれに該当します。

・長年の別居期間中での不倫
浮気行為の前に夫婦同士が別居をしていた場合、”既に夫婦関係が破たんしていたもの”としてみなされるため、この場合は浮気を原因とする慰謝料の請求は出来なくなってしまいます。

・パートナーが極度の精神疾患を患っている
配偶者に精神疾患があり、何が浮気で何が浮気でないのか、何が良くて何が悪いのかの判断能力に欠ける場合は、不可抗力を理由に慰謝料請求が認められないこと多々あります。

・強姦や恐喝による肉体関係だった
自分の配偶者が無理やり強姦をした場合は、同意の上での浮気ではないために慰謝料の請求は認められません。むしろ浮気相手こそが被害者となり、配偶者に対して慰謝料を請求してきてもおかしくはないのです。

【不倫相手への慰謝料をできるだけ増額させる方法】

浮気という許せない行為に対し慰謝料を請求するわけですから、可能な限り増額させたいものです。以下は、必ず増額できるというわけではありませんが、増額する要素として覚えておきたい知識をまとめて見ました。

・不倫の証拠は鮮明なものを準備

浮気に対する慰謝料請求ですから、法廷に提出可能な浮気の証拠を掴んでいることは大前提ですが、その証拠も鮮明であれば鮮明なほど有力なものとして判断されます。

浮気相手、配偶者の顔がしっかりわかるもので、誰が見ても不貞行為であるとわかるものが望ましいです。具体的には、以下のような証拠が必要です。

・3回以上のラブホテルへの出入りを証明できる証拠
・40分以上のラブホテルでの滞在時間を証明できる証拠
・5回以上の相手宅への出入りを証明できる証拠

これらの証拠を素人が1人で集めるのはかなり困難です。1人での調査が本人にバレて対策を練られてしまっては逆効果ですので、不安がある時には迷わず調査のプロである探偵のサポートを受けるのが良いのではないでしょうか。

夫婦関係になかったとしても上記のような条件を満たしているのであれば、慰謝料を請求できる可能性は高まってきます。


育てることを選択したら

不倫相手の子供を彼女と一緒に育てていく道を選んだ場合、彼女と婚姻関係を結べばその子供は例えDNAが違って自分の子供でなかったとしても法律的にはあなたの子供となるのです。

もっともその選択を取る場合、彼女の罪や自分の子供でない子供と向き合わなくてはならなくなるため、かなりの覚悟が必要になってきます。


彼女の妊娠した子供が自分の子供だと発覚した場合の注意点


浮気を理由にして別れたとしても養育費の支払いは必須

浮気をするような彼女と付き合のは無理だと言っても、法律的には父が堕ろすことを強制させることは不可能です。

堕ろすのは父と母の両人の賛同が必要で、なんとしてでも子を堕胎させたければ彼女を納得させることが必須となります。

下記は母体保護法第14条という法律です。

都道府県の区域を単位として設立された公益社団法人たる医師会の指定する医師(以下「指定医師」という。)は、次の各号の一に該当する者に対して、本人及び配偶者の同意を得て、人工妊娠中絶を行うことができる。


別れたとして、子供の親権が取れるかどうか

夫婦関係でなくても、腹の中にいる子があなたの子だと知られれば、養育費を支払う義務が生じてきます。自分の子でないと主張したとしてもDNA鑑定であなたの子だと解明されれば言い逃れはできなくなってしまいます。その場合、養育費の支払いから逃れることはほぼ不可能になります。

彼女の行為が元で別れるにも関わらず、養育費まで求められるなんて、なんとも理不尽な話ですが、賛意の上で行為に及んだ性行為での妊娠は両者の責任として扱われることになりかねません。

加えて中絶も同様に扱われ、彼女から費用の負担を求められたら二分の一は出してあげる必要があるではないでしょうか。

 

別れたとして、子供の親権が取れるかどうか

彼女と離婚した後に生まれた子の親権は余程の事がない限りは彼女のものです。裁判所で親権争いの裁判をすることもできますが、通例では乳児には母は必要不可欠のものと判断が下されるので未婚の男性が親権を得られるケースはかなりレアなケースになってきます。

彼女に精神病や持病があり育児可能な状況でないことが明らかである場合は、可能性はがでできますが、基本的にそのようなレアケースでない限りは親権を得るのは女性側になります。

 

【不倫した妻から夫が親権をとる方法】

妻のほうが親権を取りやすい傾向があるのは紛れもない事実。とはいえ、夫が絶対に親権を取れないわけではありません。どんな方法があるのでしょうか。

前述した通り妻が親権を取りやすいわけは、妻の方が夫より長い時間一緒に住み、子どもの日常生活の基本を作ってきたため、もし夫が親権を取りたいのであれば子どもと一緒にいられる時間を作るためにワークライフバランスのとれる仕事へ変えるために転職活動も考えなければならないのです。

調停委員から評価をあげる方法

離婚調停では前述したようにいくつかの重要な視点がありますが。

経済的な力
監護能力の高まり
家庭環境が良好であること
子に対する愛情の深さ
養育意欲の上昇

をアピールすることが親権を取るための可能性を高めるのです。

経済力の高さは養育費でまかなえる点を考えると決定力は低く、今まで日中妻が子育てをしていたのならば監護能力の高さでは不利と言えるのではないでしょうか。

とはいえ、だからといって父親として子どもに何もしていなかったわけではないと思います。そこをアピールするのです。

 

【慰謝料の請求を減額もしくは無しにして譲歩できる】

不倫で離婚となれば慰謝料請求を妻にすることになりますが、妻から慰謝料をとることができなければ不倫相手から慰謝料請求をすることになるのです。

このとき、あえて慰謝料請求をしないあるいは減額をし譲歩し、相手側から親権を譲ってもらう可能性をあげられる可能性があります。

 

【共に暮らすために監護権だけ得る】

これまで「親権」と言ってきたものの、実は親権の中には「身上監護権(しんじょうかんごけん)」と「財産管理権」があるのです。

離婚の際大抵は父母どちらかに身上監護権も財産管理権も渡ることになりますが、父母で権利を分離することが可能です。親権から分離された身上監護権のことを「監護権」と呼び、この監護権をどちらかが持ち、親権をもう一方が持つことになります。

監護権を持つことができれば親権を持っていなくとも子どもと一緒に暮らすことが可能です。もしも「一緒に暮らし、育てたい」という部分を叶えたいのであれば財産管理権は妻へ、監護権はあなたへ分けることで達成可能です。

身上監護権
子どもと一緒に暮らし、教育する権利と義務。

財産管理権
子どもの財産を管理する権利。子ども名義の銀行口座などの管理や他にも携帯電話など契約の代理人となる権利。

離婚して親権も監護権も取れなかったほうの親もしくは別居中で一緒に住んでいない親が「子どもに会うための権利」のことが面会交流権です。

残念ながら親権を得られない場合は、協議や調停で面会交流権を狙ってください。面会交流権を得るに当たって決め、面会交流ができるかどうか・面会交流の方法・回数・どこでいつ行うのかを決めるのです。


浮気した彼女の妊娠が発覚しても絶対NGな行動

 


中絶をしつこく求める

人工中絶は医師会から指定を受けた医師のみが、以下の条件に当てはまり父親と母親の両者から同意を受けた場合にだけ認められている手術のことを言います。
1、妊娠の継続又は分娩が身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれのあること
2、暴行若しくは脅迫によつて又は抵抗若しくは拒絶することができない間に姦淫されて妊娠したこと

 

浮気相手への暴力的な手段

「金を払わないと不倫を周りに言いふらすぞ!」このような恐喝を行えば、名誉棄損罪や名誉罪に確答し、彼女から訴えられると罪に問われてしまうリスクがあるのです。

浮気の行動が自分にとってどんなに許せない行為だったとしても、婚姻関係がない個人間の恋愛では法的効力も効かなくなってしまうのです。

浮気相手がへの強い嫌悪感が沸くのは当然ですが、感情に身を委ねて暴れたり法律違反となるような要求をすれば自分の立場が危険になってしまうので、熱くならず落ち着いて判断ができるように注意がいるのです。

 

 

浮気な女に2度と関わらないための対処法

二股をするような女を避け、女を浮気させないためには下記の2つを自覚して男女の関係を築いていく必要があるのです。

二股しやすい女性の特徴
二股されやすい男性の特徴

自分がどんなに注意していても女性側に問題があれば二股を避けるのは難しく、逆に自分が女性側に不満を与えているようなら彼女は自分より良い人を見て、あっさりと二股してしまうのではないでしょうか。

第一に、二股の原因が女性側であったのか男性側だったのかを自覚して、何度も同じ轍を踏まないようにすることが重要になってきます。

 

【二股しやすい女性の特徴】

・考え方がコロコロ変わる

飽きっぽく新しいもの好きといった特徴は人間関係に現れることがあるのです。推しているアイドルや俳優がコロコロ変わる女性の趣向で、普段交流している男性に対しても当てはまります。
・常時に恋人を持っていた

飽きているにも関わらず、彼氏に貢がれることを期待して別れない女性がいるのです。さらに悪いことに、新たに魅力的な男性が見つかれば彼女達はすぐに乗り換えてしまいます。このタイプの女性は嘘をつくことに抵抗がないので要注意となっています。
・寂しがりやである

いつ予定を聞いても「ごめん、今月は忙しい…」と答える女性が結構存在します。常に相手を求める人は結婚しても変化しません。「夫が構ってくれないから」という理由で浮気する可能性が高いです。
・場の空気に飲まれ安い

断ることが苦手という女性は浮気に対しても強く拒否することができないのです。八方美人の人は特に、「嫌われたくないから」という理由でトラブルへと発展してしまう事例があるのです。
・異常に見た目を気にする

男性の稼ぎに合わないブランド物を購入し、メイクや服装を常に気にしたりする女性は、潜在的に「男性の視線を集めたい」という希望を持っているのです。同じ理由として、男性が集まる場所へ行くことに抵抗を感じない女性にも注意が必要になってきます。
・体の接触が多い

人間はスキンシップを多く取ると、緊張感がほどけ親近感を抱くようになるのです。また、人間の体は人に触れると気持ちがいいと感じる構造になっきて、頻繁に体を触ってくる人間に対して「もっと触ってほしい」という依存心理が働くことが推測されています。浮気する女性はスキンシップを頻繁にしながら、このような心理を知ってか知らずか巧みに刺激しているのです。
・抵抗なく男と2人になる

軽々しく男性の部屋に遊びに行き、または居酒屋やカラオケなどを含め個室で二人きりになることに全く抵抗がない女性は危険なのではないでしょうか。これは男性に性交渉のきっかけを与えているようなものなのです。
・友人関係が広い

異性の友達が多ければ多いほど何かに誘われる機会は多くなってきます。友達の友達、またその友達というように異性との出会いや交流の場がどんどん増えてしまうことが予想されます。浮気は当然異性とする行為になるので、異性との出会いの場が多ければ多いほど浮気の可能性も上がってしまうのです。

 

【二股している女性の特徴】

・ケータイをいじるときの仕草が変化した

何を見ているのか、何を打ち込んでいるのか、あなたから見て全く画面がわからないように操作しているのであれば、画面を見せたくない理由があるからからです。例えば、異性とメールで逢瀬に関する連絡を取り合っているのかもしれませんし、一緒に撮ったラブラブ写真を眺めているのです。以前とスマートフォンの扱いが変わり、浮気を疑う十分な理由になるのです。
・お金の管理者変わった

あなたが管理していたはずの口座を突然「私が管理する」と言ってきた場合は、その口座を使用する理由、またはあなたに見られたく理由があるからなのではないしょうか。特別な人とのデートや、おめかしには出費がつきもの。また、お小遣いが減った、口座の入金が増えたなどの、著しく収支が変動してきた場合も異性の影があるので要注意になります。
・外出が増えた

「友達と外食する」「仕事の関係で人と会う」などもっともらしい理由を作って外出し、本当は浮気をしていたというケースが多々あるのです。疑わしい場合は、時間を空けて「○月○日って誰とごはん食べてたんだっけ?」と改めて訊き直してみるのはどうでしょうか。さて、もともと聞いていた理由と同じ理由が返ってくるのでしょうか。
・ファッションのバリュエーション増えた

女は気まぐれで自分磨きや美しさを追求する生き物なのですが、あなたが知っている妻の趣味から明らかにズレているならば他の誰かに合わせている可能性が高いです。
・趣味や趣向が変わった、増えた

外見同様、趣味や趣向の変化があった場合も誰かに影響された可能性が十分に考えられるのです。特に、今まで一切の興味も示さなかったものに関して突然博学になり出した時は、それだけ影響力の高い人物が周囲にいることが想定されるので注意が必要です。
・話すときに顔をあわせなくなってしまった

人と会話する時には、普通であればその人のほうに顏を向けます。真剣な話をしている時には特に、視線が合うことも頻繁に起こるのです。しかしそれが一切ないとなれば、心の中を悟られたくないという心理の表れ、後ろめたい理由が考えられます。あなたに対してだけならば、浮気は決定的。
・新しい話題に詳しくなった

常にアンテナを張っている人も、急に人気のデートスポットの情報に詳しくなったりしたら要注意。誰かと既に行ったか、または誰かと行きたがっていると考えて良いのではないでしょうか。それがパートナーであるあなたであれば、全く問題はないのですが。
・家の車に乗ることを嫌がる

共用している車があるのにそれを使わない理由として考えられ、車に男性の匂いが移ったり、車の中に落ちた物的証拠(髪の毛など)が発見される可能性があります。そもそも、毎回男性側の車に乗せてもらってデートしているのであれば、わざわざ自分の車を使う必要もなくなってきます。

・気が短くなった

女性は、より優秀な遺伝子を欲するあまり男性と男性を比較するという本能的な癖がありるのです。もしも以前と比べて気が短くなったと感じる場合は、もしかしたらあなたと浮気相手とを比べては、その差にイライラしている可能性があります。

 

 

まとめ

真面目で優しい人だと「他人の子とは言え、妊娠した彼女を捨てて路頭に迷わせるのは…」と思い悩んでいる人もいるとは思いますが、無理矢理関係を続けてもあなた自身が憂鬱になるだけになってしまい、自己の幸せを第一にするのならすぐに見切りをつけることも選択肢の一つです。

騙され、裏切られた精神的なダメージから回復するには時間コストがかかると思いますが、そんな女のためにあなたが前進できなくなるのは凄く勿体ないことなので、すぐになるべく気にせず忘れることが重要です。

カテゴリー: 女性の不倫, 浮気調査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

女性の不倫 | 浮気調査の最新記事