大手総合探偵社・興信所ならMR

5年連続業界No.1
日本全国どこへでも調査に伺います
LINEまたはメールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ

24時間365日、フルタイム常勤対応はMRだけ!

電話でお問い合わせ
0120-12-8888

プライバシー保護・秘密厳守

大手総合探偵社・興信所ならMR

5年連続業界No.1
メールでお問い合わせ
LINEでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
0120-12-8888

授かり婚

「授かり婚」という言葉をご存知でしょうか?

近年、芸能人の結婚のニュースなどで聞かれるようになりましたが、"できちゃった婚"や"デキ婚"と言われる言葉と同義の単語です。 結婚前に子供が出来てしまい、必要に迫られて結婚をすることです。

順番が違う、だらしないイメージがある、といったことから「授かり婚」というありがたみを感じるフレーズが出来てきたようです。

もちろん、既に結婚の意思があってのことだったり、何らかの事情で手続きが遅れたものの既にその準備がされていたなど、事実婚に近い状況ならばまだ良いのかもしれません。ですが、現実には二人の夫婦としての準備が出来ていない状況での結婚がやはり多いようです。

厚生労働省「人口動態調査特殊報告」によれば、できちゃった結婚は年々増えており、特に、15~19歳では嫡出第一子のうちの8割以上、20~24歳では約6割ができちゃった結婚によって生まれているそうです。

もちろん、順番が逆であろうと夫婦としての絆が深まり、大変幸せなカップルも大勢いらっしゃることと思います。ですが反面、若年離婚が増加していることも事実であり、夫婦としての準備が整わない中で結婚に至ることが問題になるケースが多く見受けられます。 結婚してみたところ、家庭を顧みない夫だった、不審な行動が多く外に異性の気配を感じるなど、夫婦関係の絆が築けないまま婚姻関係が破綻に至るケースも少なくありません。

こういった場合、とても大切なのはまずは"真実を知ること"です。
ご自身のパートナーを信じることが出来ずに日常のストレスを抱えてしまうよりは、事実を知って、単なる杞憂であればもっとパートナーを信じて絆を深めていくことが出来るでしょう。
もしあなたが親御さまであれば、お子様が誰にも相談できずにそういった苦悩に直面しているとしたらこんな不幸なことはありません。

授かり婚にまつわるご相談

MRでは数多くの現場を知るプロのカウンセラーが多数おります。
様々なケースに合わせたアドバイスをさせて頂きますので、悩まれる前にまずはお気軽にご相談下さい。
お待ちしております。

page top