MRブログ

分かっていてもやめられない|不倫のやめ方とは

目次

なぜ不倫をしてしまうのか

浮気がバレたらどうなる?|浮気をした人の末路とは

過去の調査レポートで不倫が発覚した家庭の離婚する男女はたったの30%というデータがあります。

これは、現パートナーが不倫に対してちょっと感づいて色々と調べてくるようになるという行動は別れたいからという理由ではないということがわかります。自分も相手も別れることを望んでいないのです。

不倫をするクセがあるままだと家庭崩壊に繋がるのはもちろん、子供への悪影響にもなってしまいます。

不倫の詳細を写真や文章で自分の行動を客観視すると、不倫をした人は皆一層強い罪悪感を感じて不倫をやめようと考えが強くなります。

しかし、そういった罪悪感から逃れるためにパートナーへ攻撃的になってしまったり、家を出て行く人もいますが、このような行動をする人はいずれも精神的に弱く、パートナーや家族に対する愛情よりも自分の自尊心が勝ってしまい不倫をしていなくても関係が崩壊する可能性は非常に高いです。

このようなリスクがあるにも関わらず不倫をしてしまうという人はどのような動機で不倫をしてしまうのでしょうか。

家庭での孤独感

専業主婦である女性が一番その「孤独感」というものを感じてしまいやすい傾向にあります。というのも、家に一人でいる時間が長いというのが一番の原因です。そこにペットや家族がいてくれるだけで家庭での孤独感を感じることは少ないです。

家庭で必要とされたかった

家に居てもやることがない、必要とされていないと感じてしまうと快楽を求めて家を空けてしまいがちです。

居ても居なくても変わらないのなら自分が必要ではないと思い、その寂しさが必要とされたいと思う思考にかわってしまいがちです。自分のことを求めてくれるパートナーがいかに大事かがわかります。

性欲を解消するため

現パートナーとだと解消しきれない性欲を不倫Hによって満たされ、どんどん不倫の快楽に溺れていってしまいます。

パートナーとの体の相性が合っていないと、なかなか解消されない性欲ですが、不倫相手の方が体の相性が良いというパターンが多いため、そのまま不倫Hに溺れていきやすい傾向にあるのです。

暇な時間が嫌だった

主婦業だけだと空いた時間がどうしてもできてしまい、その間にやることがないとそれがストレスになってしまいます。

何か別の趣味などを見つけられたらいいのですが、夢中になれるものって人によってはなかなか見つけられないと思います。

パートナーに満足していない

体の相性が合っていないと、パートナーに満足できないという現象が起きてしまい、不倫Hをして満たしてその快楽へと溺れていってしまいます。

また、休みの日にどこかに出かけるなどといったイベントを頻繁にするかしないかでもその満足度は大きく左右されます。旅行などといったイベントがいかに大事かがわかります。

パートナーが不倫をしている可能性を疑える怪しい行動

現在この記事を読んでいる方はパートナーの不倫を疑っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のためにパートナーの不倫を疑える怪しい行動についてご紹介していきます。

視線を合わせなくなる

一つは視線を合わせなくなることです。パートナーに対する罪悪感があるからこそ真っ直ぐと目をあわせられないのでしょう。これに関しては、不倫だけに限らず何か隠し事をしているときにも言えることなので、視線を合わせないという意味で怪しいと思ったら相談に乗ってあげることも必要です。

次に携帯を手放さなくなることです。しかし、これに関しては現在、SNS投稿などで一切手放さなくなった人も増えてきているので一概には言えません。

しかし今までそういったことをしてなかったパートナーがある日突然携帯を手放さなくなったら怪しいですね。

こちらに類似して言えることですが、家の中でもマナーモードにするようになったらそれも不倫疑惑に繋がります。不倫相手からの連絡でとたんにメールや電話が鳴ったら罪悪感のある自分からしたらパートナーに「誰から?」と聞かれてすんなり答えられないからです。

そうならないために、いざ連絡が来てもばれないようマナーモードにする機会が増えてしまいます。仕事で残業が急に増え始めたという口実も怪しいです。特にいつも定時で上がれてたパートナーが年末の忙しいタイミングとかとはかぎらず突然残業が増えたら誰かと飲みに行ってるような疑惑を感じますね。

それに重なる内容ですが、休日の出勤数が多くなるという行動も不倫するための口実かもしれません。ただ、この二つは確かに怪しい行動に思えるかもしれませんが、もし本当に仕事が忙しくなってきていてちゃんと働いていたのに疑ったとなるとお互いの信頼関係の問題にも繋がってしまうので慎重かつ、安易に大した証拠もなく突き詰めるのだけはやめましょう。

疑われてしまったパートナーも、自分達のために働いているのにそんな風に思われてしまってわ、頑張っている甲斐が無くなってしまいます。仕事なのか不倫なのかそこの見極めはとても難しいので確実な証拠を掴みましょう。

服装を気にしはじめる

次に急なファッションに気を使い始めるといった行動も怪しいです。今までオシャレとは無縁だった人がある日を境にファッションに目覚めていたら不倫相手への気遣いの可能性があります。

自分からしたらパートナーがファッションに気を使って周りからオシャレに見えてくれるのは良い気がしてしまいがちですが、逆に不倫相手からも良いと思われてしまっているということも頭に入れておきましょう。

そっけない対応になった

浮気の証拠を集める時の注意点|知っておくべきポイント

急に愛想が無くなったという行動も不倫の可能性が高いです。自分よりも良い相手を見つけてしまうと無意識にもそうなってしまうものです。

逆に愛想の無いような行動をしてしまうと現パートナーにもそのように思われてしまうので注意が必要です。愛想尽きてしまうことは誰にでもあると思いますが、そういう意味ではなくただ仕事等で疲れててそのようになってしまっていないか気をつけましょう。

連絡が早くなった

浮気の証拠を集める時の注意点

パートナーからのメールの返信が早くなるといった行動も不倫の疑いの一つです。不倫している間は間違えなく携帯を手放さない状態で、常に不倫相手からの連絡を気にしているはずなので、現パートナーからの連絡が入ったら疑われないためにも早急に返信をしてしまうでしょう。

まったく連絡がとれない状況が続いていたら確かに怪しいのですが、あまりに早い返信というのも自分との連絡のためじゃない可能性がありますね。仕事が忙しくて返信が遅い方が逆に怪しくないですね。

やり取りの内容にもよりますが、最近はラインで既読しているのかどうか判断ができるので連絡を送ってすぐに既読がつくのは別の人の連絡を待っていた可能性が高いので気をつけましょう。

趣味の付き合いが増えた

続いて、趣味仲間の付き合いが増え始めるといった行動パターンもその可能性があります。趣味が一緒の仲間とつるんでいると、そこで新たな趣味の合う出会いもあるからです。

何より、パートナーとの相性で趣味が合っているか合っていないのかでは大きく左右されてしまいます。人は自分の好きな趣味をしている時間が一番楽しいと思います。

それにまったく同じ趣味の人が居たら嬉しいものです。不倫相手になるには十分すぎる理由と言えるでしょう。

夜間の外出が増えた

突然夜に家を出始める行動も不倫疑惑があります。突然家を出るという行動は少なくとも何かを隠している、身内には知られたくない事柄があるからそのような行動を起こしがちです。

知られたくないことといったら不倫の可能性があるからということです。不倫相手と飲みに行ってたりするともちろん出費も増えると思われます、そうなると急な出費が増えるというのも怪しいですね。

年末年始、忘年会や新年会で出費が重なるという言い訳をしてきたりすると思いますし、実際のその可能性もあるので見極めづらいところではありますが、新しい新人が職場に入ったなど何も情報がなくある日突然出費が増え始めたら不倫の可能性は非情に高いと思われます。

携帯を複数台持っている

最後に2代目の携帯を持ち始めるといったケースも不倫相手用にしている、または何か隠しごとをしているのはほぼ間違えないでしょう。

ただ、このケースも仕事用の携帯と自分のプライベート用とで本当の意味で使い分けている人もいるので絶対とは言えませんが、もし2代目の携帯を持っていたら両方とも番号等を知っておく必要はありますね。

3つ以上当てはまると不倫の可能性が大きい

今上げてきた項目で3つ以上当てはまっている場合は不倫をしている可能性は非情に高いと言えます。

しかし、どの内容も言い換えてしまえばちゃんとした理由が必ず伴ってしまうものでやはり、お互いその辺は信頼関係が大きく関わってきます。

なのでもしこの項目の全てがあてはまっていてほぼ確実だと思ってしまっても確実な証拠を掴むまではパートナーへの不倫の問い詰めはやめましょう。

不倫をされて傷つかない人なんていません、愛が無かったら付き合ってられないからです。愛情が深ければ深いほど、その傷の深さが増してしまいます。自分がもし不倫をしているのだとしたらそのことに一刻も早く気付き、現パートナーを大切にしていきましょう。

不倫がわかったら関係を無理に続けなくても良い

もし、現パートナーにまったく愛想が無いというのであればだらだらと関係を続けるのではなく、きっぱりと関係を絶ってちゃんとした形で新しい人と付き合っていきましょう。

そうでなければその新しいパートナーに対しても大変失礼な行為だと言えます。相手が不倫しているとわかったのならその理由を聞いておきましょう。もし愛想尽きているというのであればなぜそうなってしまったのか理由を知っておくのも次に繋げるために大きな一歩となるはずです。

そうするためにもパートナーの不倫に気付くことも重要なことです。しかし、パートナーに不倫のことを問い詰めてもそれなりの証拠がないと不倫について動じません。

逆に、大きな証拠もないのに不倫について問い詰めてしまうと自分の非を求めたくなく、その場限りの言い逃れをしようとして別れようとしてくるケースがあります。

確実な証拠を掴んでから事実として突きつけるのが一番でしょう。不倫に正当な理由なんてものは存在しないので、お互い悲しい結末に終わるだけです。

不倫後に起こる問題点

不倫でよく起こってしまうのがやはり、ばれてしまったときの慰謝料の問題です。不倫行為によって離婚となってしまう場合、不倫の期間が長ければ長いほど、請求できる慰謝料が増えていきます。

そのことを相手が知っている場合、言い方は悪いですが、現パートナーを陥れようと、早い段階で気付いて証拠もあるのにも関わらず野放しにして、慰謝料を増やそうとする人も最近では増えているようです。

現パートナーを悪いような言い方をしてしまい、そう思いたくない人は多数だとは思いますが、もし自分が不倫をしている立場なら、そのような悪い部分も人なのだからあるということは十分に理解する必要があると思います。

ちなみに、実際どれくらいの金額なのかというと、不倫の証拠を掴み、それを数年置きに繰り返す事で離婚時には慰謝料で数百万円、財産付与も合わせれば数千万円の金額を手にする依頼者も少なからずいるみたいです。

これは、実際にあった内容なので、たとえ話ではなく過去のデータです。不倫をしているから即座に離婚をする夫婦は少ないとお伝えしましたが、こういった理由も0ではないと思っています。

もちろん、大半の人が今からでもまたやり直して、より一層深い絆で結ばれようと望んでいます。

不倫に関する悩みは相談することもできる

不倫をされていて現パートナーが許せないというのであればあまり身近ではきかないかも知れませんが、探偵会社に相談するのもいいです。誰かに相談をした方がいいけど、パートナーの不倫など誰か知っている人に相談なんて出来ないという人がほとんどです。

そういう方でも探偵会社なら相談に乗ってくれますし、なによりそういう話は多くやはり慣れているので慰謝料問題に関しても詳しい「探偵」に相談するのがお勧めです。

このことで注意が一つ必要なのですが、探偵に相談するに当たって探偵業界も相場ができ始めたばかりなので料金体系が明確な探偵会社に依頼するのがベストです。

逆に、料金体系がはっきりっとしていない探偵会社に依頼してしまうと、後ほどびっくりするほど高額な料金を取らてしまうケースがあったからです。

しかし、料金体系が明確化されていれば、相談をする前から自分のこの以来がいくらくらいかかってしまうのか計算ができるからです。慰謝料をパートナーから請求する場合そのような段取りを組めば間違えなく請求できるので、そこから少しを払うと考えれば全然お得だと思います。

ここまでことを全て把握していれば自分自身が不倫することも無くなると思います。

確かに、不倫をすることによる一時的な快楽は何よりも強く、それが周期的に欲しくなる一種の麻薬のようなものですが、冷静に考ればこのようなことに陥ることは無いでしょう。

誰も家庭崩壊など望んでいる人なんていません。また、慰謝料を払うことになって数百万、数千万円という大金を払えるのかという問題にもなってきます。そこまで考えても尚不倫を続けられることはないと思います。

そうなってしまわないためにも、恋愛は法律ではありませんが、パートナー同士のルールも守ってお互いが円満になるような付き合い方を見つけるのが重要になってきます。

家庭がある場合は話しは別ですが、まだ付き合っているという段階で愛想尽きているというのであればそのまま関係を続ける必要はないです。

その場合、結婚した後浮気して結果誰もが望まない未来になってしまう危険性が高いと考えられるからです。しかし、現パートナーを愛しているというのであればそれ相応の覚悟のような誓いが必要です。

不倫相手とはどこで出会うのか

仕事をしている人、家庭で主婦をしている人などはどのような場で不倫相手に出会ってしまうのでしょうか。以下でご紹介していきます。

職場

家にいる時間よりも多い職場だと家族といる時間よりも長い仕事仲間でそのように発展してしまうパターンもあります。

一緒にいる時間が長いということはそれだけで相手のことが少しずつ理解していって親近感というものが湧いてきてしまいます。

最初はただの仕事仲間という関係だったのが親近感が湧いていき、どんどん親しくなるに連れて不倫という行為に及んでしまうことも一つの可能性です。それこそ、家庭で現パートナーに必要とされていないと可能性は非常に高くなります。

飲み会

飲みの場では、互いが思ったことをぶつけやすい場所でもあるのでそこで意気投合し、現パートナーへの不満や寂しさから今、自分の目の前にいる相手の方が自分のことをよくわかっていると思い、不倫行為に及んでしまうケースがあります。

その相手との体の相性が合えばその後も不倫行為が続いてしまう可能性が高くなります。

元恋人

現パートナーと元恋人とどうしても人は皆比較してしまいます。その時に元恋人の方がよかったと思い、尚よく知ってる人間ともなると連絡しやすいのでそのまま不倫につながってしまうことがあります。

SNS

SNSだと色々な人と出会え、最近だと趣味が合った人と仲良くなりやすいシステムになっているため今のパートナーよりもっと理想的な人と出会えることが非常に多いです。

更に、SNSの場合そこで不倫行為に及んだとしてもばれる可能性が一番低いと思いがちだからです。

確かに、職場の仲間や元恋人と比べると現パートナーからしてもまったく知らない人間関係の繋がりのパターンが多いので軽い気持ちで不倫行為に及んでしまいます。

失敗してもそんなに傷つかないというのもSNSから出会う理由の一つです。職場の人とだとその後も共に仕事をして行く上で気まずくなるというようなケースがないからです。合わなければいい、またはブロックをすればいいからと考えがあるからです。

不倫をやめられなくなる理由

不倫をしてしまう人も悪いことをしているという自覚はあります。しかし、それでも不倫を続けてしまうのにはやめられなくなってしまうという理由があるということです。

どのような理由から不倫をやめることができなくなってしまうのでしょうか。

都合のいい関係を作れてしまう

現パートナーとは違い不倫相手の場合自分の休みに合う、または気が向いたときに、という非常に都合の良い関係を作ることができてしまいます。

自分の都合に合わせてくれる人とだと行動も楽で私たち人間は楽をすると楽な方、楽な方へといってしまう傾向にあるからです。

不倫関係なら結婚などとは違い、経済面などは考えなくていいというのも理由の一つに大きく関係があります。都合がいいというのはこういう面でも言います。

いけないことをしている感覚がたまらない

いけないとわかっているからこそばれたらやばいといった「スリル」を楽しむケースもあります。

特に生活がマンネリ化していて刺激が無いと、非日常的なことをしてみたいという興味で不倫行為を楽しみ、その非日常が日常になってしまい不倫をやめられなくなる理由の一つになっていきます。

いけないことをしているという「スリル」がないと生きていけない、それをすることによって快楽状態になれるという一種の麻薬と同じようなものです。

身体の相性が良い

不倫をやめられなくなる一番の理由が身体の相性です。今のパートナーでは満足のできない、相手にしてくれないなどといったケースがあるなか、不倫相手となら身体の相性が抜群に良い人と出会うことができます。

そんな相手を見つけてしまうとその時の快楽1度経験してしまうと忘れられず、不倫行為がやめられなくなってしまいがちです。

身体の相性こそパートナーを成立させる一番の原因とも言われ、不倫により得られるHの快楽が普通の恋人関係とのHの快楽よりもはるかに高いと言われています。

不倫をやめる方法

不倫をやめたいのにやめられないという方もいらっしゃることかと思います。そんな方のために不倫をやめるためにはどのような行動を取れば良いのかご紹介いたします。

自らの家庭のことを考える

不倫は一時的な快楽が強いのですが、将来性を考えると幸せはないと言えます。

つまり、将来を強く意識している人ほど不倫行為にはまりづらい傾向にあ流と言えるでしょう。自らの家庭、将来を考えることが不倫をやめるにあたって重要な考えになります。

過去の事例で、賢い多くの人は不倫行為には及ばないのですが、それほど賢くない人も不倫の関係を自力で解消できています。考え方一つでやめられるということです。

不倫をしたら起こりうることを想定する

まず隠し事をしているということは、それがばれたときに「家庭崩壊」はまず間違えないでしょう。

仮に、現パートナーがそれを許してくれたとしても前とまったく同じ関係を保つというのはおそらく難しいでしょう。今の家庭、関係を壊したくないと考えることが重要になってきます。そこまで想定することで不倫関係をやめる力になります。

不倫をする時間を作らない

不倫をしてしまう最初のきっかけはおそらく空いた時間があるからです。自分のスケジュールで常に何もしない時間ができるだけないよう、パートを始めたり友人と気分転換に旅行などをすることも不倫をやめることに繋がります。

不倫について相談をする

不倫に限ったことではありませんが、やはり一人で抱え込むより他の人に相談することで気が楽になり、自分のことを客観的にみることができます。

そうすれば何が正しいかがはっきりと見えてくるはずです。他の人に相談するというのはとても勇気が必要なことですが、自分が本気で不倫をやめたいと考えているのであれば、家族、友人など頼れる人に相談するのが一番です。

自分自身が不倫相手になっているという人には相手にそういったパートナーがいるのであれば正式に付き合ってもらえるよう相談をしましょう。

一時的な快楽に身を任せてもその先に必ず幸せなんてものは存在しません。逆の立場で考えてみてください。

もし仮に今付き合っているパートナーがいるとして自分はその人を愛していて全てを捧げる覚悟もあり日頃から仕事も頑張っているのに、そのパートナーが不倫をしていてその愛に対して全く応えてくれないというほど悲しいものは無いでしょう。

その相手を自分がやっていると考えれば胸が痛くてそのような行動をしてしまうことはなくなるはずです。それもそうですが、不倫している同士での今後の関係や未来を話し合っていくこともとても大切になって行きます。

不倫相手と会わないようにする

一人でやめることを決意したとしても不倫相手と会うことによって関係を続けてしまうというケースもあります。

将来性を考えてやめることを決意したとしても不倫相手に会うことで一時的な快楽がまた欲しくなり、関係が続いてしまうということです。

また、人と相談して決意したとしても不倫相手の言葉によって惑わされることもあります。自分が周りに流されやすいと自覚しているのであれば不倫相手に会わないようにするというのも重要です。

はっきりと別れを告げる

不倫相手に別れを告げて今後不倫行為に及ばないように話すこともとても大事なことです。将来性がないのは不倫している自分も、もちろんですが不倫相手にも将来性が無いのは同じことです。お互いが不倫関係に対して良くないという自覚することで明るい未来が見えてくるはずです。不倫相手のためにも1日でも早く不倫関係を絶ってお互いの元の正しい道を歩んでいくことがとても大切です。

不倫の後に関係を良好に保つためには

不倫の後にもパートナーと別れず、関係を続けていきたいという方もいらっしゃるでしょう。

不倫をされた後ですのでいくつかの注意点はございますが、良好な関係を保つことは可能ですのでその方法についてご紹介いたします。

これからについて話し合う

そのまま不倫関係を続けてしまうとお互いの将来性が無いのは明らかです、自分のことだけではなく相手のことを大事に思い関係を良好に保つためにはお互いの未来のことを話し合うこともとても重要です。

先の文でもお伝えしましたが、一人で考えて解決できるのであれば苦労はないのですが、不倫相手との関係を良好に保つために相手の考え聞いてよく話し合い、両者円満に解決するのが一番の解決方法です。

不倫をしていたことをパートナーに話したらまず間違えなく今まであった信頼は無くならないにしても少ない状態にあると言えます。となれば、まずはパートナーの信頼を取り戻すことが重要になってきます。

これからはどうしていったらいいのかパートナーの希望や自分の考えを告げて今後の近い将来などを話し合いましょう。遠い未来よりも近い未来の話をして現実感のあることを話し合いお互い実感していくことで関係を良好に保っていけるでしょう。

仲直りの際にきつく言い過ぎない

仲直りをしたいのであればまずは自分が悪いということを意識して相手に当たらず、また相手を悪く言わず自分の過ちを謝ることが大切です。

不倫を行ってしまうにあたってもちろん自分が100%悪いということはなく、現パートナーにも原因があることは間違えないことなので相手を悪く言いたくなる気持ちもあるとは思いますが、不倫後の関係を良好に保ちたいと考えているのであれば自分のなかで気持ちをグッと抑えてきつくあたらないことです。

なぜ不倫行為に及んでしまったのかをパートナーに伝えることで今後の関係で良好に保ちやすくなります。必ず反省していることがわかるよう強く言うのではなく自分が100%悪かったという姿勢で話しましょう。

不倫をしたらどうするのかをはっきり伝える

次にもし、不倫をしたらどうするのかをお互いに明確に決めることで信頼を少しでも保つきっかけになります。あまり現実感の無い内容にするよりも、出来る範囲で尚且つ、自分にとってデメリットの大きい内容にすることも重要です。

そうすることによって、相手からの信頼が保て、良好な関係を続けることができるでしょう。曖昧な内容ではなくはっきりと現パートナーに伝えましょう。

もし、仮に自分が不倫されたことを想像してどうしたらパートナーのことを許して、どのような約束をしてくれたら信頼できるのか逆の立場にたって考えてみるといいかもしれません。

パートナーも同じ人間で少なくとも今まで共に過ごしてきた仲が長ければ長いだけ自分に近い考え方にあると言えます。逆の立場で考えれば相手の思っていることがわかるはずです。

安易に考え、汗って「もし次に不倫をしたらあきらめて別れる」などと言った選択に走るのではなく、よく考え相談した上でこういった内容にするのかお互いのルールを決めることはとでも大切なことになっていきます。

今後不倫のことを引きずらない

過去に不倫があったからといって、話が解決したあとにそのことをいつまでも引きずるのは絶対にタブーです。お互いの信頼関係にもひびが入ったままになってしまいます。

パートナーがせっかく改心したのにも関わらずいつまでも疑われたままになってしまうとそれがストレスになりまた別の場所で発散場所を探さなくてはいけなくなってしまいます。話し合いでお互いが納得するまでするのが一番いいでしょう。

まとめ

この記事を読んだ皆さんに理解しておいていただきたいのは不倫で喜ぶ人なんてどこにもいないということ、不倫はいけないということです。

当たり前のことですがいざその状況を目の当たりにしてしまうと考えがゆるくなってしまうからです。周りの環境、今後の未来をよく考えてから行動することで不倫に陥る危険性は下がります。

万が一不倫行為に及んでしまったという方は一人で抱え込まずに誰かに相談して現パートナーに少しでも早く打ち明けると良いでしょう。先ほどもいいましたが、不倫によって即座に別れようとするカップルはごくわずかです。むしろ、不倫を乗り越えたカップルの方が絆をより一層高めたという前向きな考えの人が多いのです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

未分類の最新記事