MRブログ

相手が許せない|浮気の仕返しはどうする?

浮気をされてしまった時、人によってはそのことはもう許すから元合った関係に戻ろうとする人もいれば、そんなの絶対に許せない、という2パターンに分かれています。その中でも許せなくてどのように仕返しをするのかを詳しく上げていきます。

浮気をされたらあなたはどうする?

自分との関係の本気度を確かめてみてください。特に女性からすれば、その関係が本気なのかそれともただの遊びだったのかという要素は結構重要なものです。

彼氏の恋心が真剣なものならば仕方ないと諦めもつきますし、単なる遊びだったならこのケースのように自分から別れて自由になる、または一度だけの過ちとしてやり直すこともできます。恋人に浮気をされてパートナーの本気度合いを確かめるのは恐ろしいと感じるかもしれませんが、結構重要なことなのでぶつかってみてください。

黙って様子を伺う

既婚者に調査アンケートをした結果、約3割もの人達が浮気をしたことがあると言っているデータがあります。

そのなかでも、実際に離婚するのはその中の3割です。この結果をみる限りでは離婚までするのは意外と少ないと思う人が多いと思います。

離婚するという選択は、生活や子どもに大きく影響してしまい、専業主婦の場合少なからず収入もなくなってしまうからです。

生活を守るために旦那の浮気を黙認したりする妻が多いからなのかもしれません。浮気を許すか離婚するかはもちろんそのカップル次第ではありますが、離婚しにくい現状が続いているのは確かです。

浮気にも色々な種類があり、旦那の浮気が一夜限りの一時的な快楽のためだった場合、旦那が浮気をやめてくれる可能性は大きいです。

特に男性は女性よりも意思の弱い部分があり、誘惑に負けやすいからです。そのため、既婚していても一夜限りの関係を持ってしまったということは多いのです。しかし、その場合でも一度だけならと黙認をするのはいけません。

様子を伺って本気度を確かめるのはいいですが、黙認をするのとでは訳が違います。一度黙認をしてしまうと、旦那は調子に乗って浮気を繰り返してしまうかもしれないからです。

一夜限りとはいってもそれは完璧に浮気と言えるので、二度と繰り返されないためにきっちりと話し合いをすることが大切です。

大抵の人は浮気に対して許すことができないものですが、たった一夜限りの関係であるならその一夜のことだけで離婚になってしまったり、夫婦関係が崩れてしまうのも悔しいものです。

話し合った上で旦那が反省しているのであれば、許す努力をしてみてください。本気の浮気でなかったならまだよかったとプラスに思うようにすれば許せるようになれるかもしれません。

他にも、日々のストレスが溜まることでそれを気晴らしがてら浮気をしてるパターンも少なくありません。ストレスを家庭に持ち込みたくないからこそ外で気晴らしをしているかもしれませんが、妻からしたらなかんか許せないものです。

まず旦那のストレスを癒せる場を妻が提供できたら旦那の浮気もなくなるかもしれないのです。家庭には持ち込みにくい話を第三者である浮気相手には心置き無く話せるかもしれませんが、それだけが理由ではないはずです。

旦那の話を何気なくスルーしてしまっていてそのせいでストレスを外で発散させるようになったのかもしれません、もう一度家庭の今の状況を再確認してみてください。

旦那が軽い気持ちで浮気をしてしまったのであれば、まずはこちらの気持ちをしっかりと話して反省してもらってください。深く反省をすることができたのなら旦那も二度と浮気を繰り返さないでしょう。同じ浮気相手と何年も続いていたり、何飽きも浮気を繰り返している場合は非常にたちが悪いです。

一夜限りとは違って長く続いている分浮気を終わらせるのも難しいです。また、何回も浮気を繰り返していた場合旦那にとって、浮気が刺激的な一時的なものではなく生活の一部になっているのかもしれないからです。

浮気性の可能性もあるので治らないようであればりそこで離婚も視野に入れてみてください。浮気症は簡単にいうと、依存症のようなもので残念ながらなかなか治すのは難しいでしょう。妻側に非がないのに、浮気をやめなかったり繰り返すようであれば離婚を考えてみるのもいいかもしれません。

すぐにやめるように言う

社内不倫の実態とは?

自分という存在がいるのに向こうから誘われたなどという理由で浮気をしていたら一度「絶対に許さない!」などと自分でも制御できないくらいに怒ってみてください。

そうすると不思議とパートナーの浮気がピタリと止まって、合こんなどの誘いにも行かなくなります。パートナーからしてみれば、普段おとなしい人がそれほど怒り狂う姿をみて本当にまずいことをしてしまったと罪悪感を感じで怖かったからというケースが多いみたいです。

たまには本気で怒ることも必要なのかもしれません。浮気をされたときに一番やってはいけないのは一度だけならいいかと寛大すぎることです。

特に男は甘やかすことによって浮気なんて大したことじゃないんだと軽い考え方になってしまいます。また、怒らないってことはパートナーは怒っていないものかと勘違いしてしまうのです。

ですが、この方法は普段から言葉遣いの荒い人や気性が激しい人が使ってもあまり意外性がないので効果も薄いです。

普段はまったくといっていいほど取り乱さないきちんとした人が鬼のように怒ることでパートナーをびっくりさせることができて効果があります。

他にも、パートナーの良心に訴える方法もあります。例え、パートナーに非があるとしても一方的に喚かれてしまうと、「何なんだよ!」ととっさに反発されてしまうかもしれません。その逆の心理を使って「君は浮気しないと思っていたのに」などとわざとしおらしい人を演じてみれば効果がでます。パートナーの性格で怒るのかしおらしく出るのかを決めてください。

今すぐ別れる

方法が分かれば浮気を見つけられる!隠された浮気の方法

浮気されたあと主導権を握るのは浮気された側の人です。浮気してしまったことがばれると、大抵の人はパートナーの反応を窺っている待ちの姿勢になるからです。

浮気の定義や異性との付き合いに関する価値観は人それぞれ違うものなので、寝るだけなら浮気じゃないという人もいれば、本気じゃないならいいだろうと思っている人もたくさんいます。

ですが、その行為に自分は傷ついたと分からせることができなければ二人に未来はないのでまずは相手の行った行為の大きさを思い知らせた上で主導権をしっかりとつかって別れましょう。

仕返しをする

浮気が発覚した際に「浮気相手のことが本気で好き」などと言ってくるとんでもない旦那が結構います。浮気相手のことを本気で好きと言われても、妻からしたら何を言っているのか理解できません。

そんなときは制裁を加えて離婚をするといいでしょう。旦那が浮気相手との未来を望んでいるのであれば制裁を加えた上で離婚という選択肢を取るのがいいです。証拠があれば慰謝料を請求することもできます。

なので証拠をしっかりと掴んだ上で法的対処法を調べてみてください。浮気の証拠を手に入れることができれば、パートナーに浮気を認めさせることができ、慰謝料の請求や優位な状態で離婚をすることができます。

尚浮気調査のプロである探偵なら浮気の証拠を確実に入手することもできます。浮気を旦那にされた場合あなた自身が集めた証拠は実は法的に無効である可能性があります。

浮気の仕返しにはこんなものがある

夫が浮気をしていたことが妻にばれてしまった場合、その後は様々な展開が予想されます。離婚をつきつけられる可能性もありますし、何事も無く許される場合などその家庭ごとに違うことが考えられます。

しかし浮気の代償は大きいことが多く、時には取り返しのつかない状況にまでなることもあります。人によっては夫の浮気に対して仕返しをしてくる可能性が十分にあります。

夫が浮気をしていることを妻に知られていないと思っていたとしても、実は妻がこっそり仕返しの計画を練っていてそれを行動に起こしている可能性もあります。

仕返しの内容は人それぞれですが、夫が浮気をしたことを後悔するように責めてくるでしょう。時には仕返しの範囲が家庭だけではなく、職場やプライベートな領域に及ぶこともあり、社会的地位や友人関係にまで影響が出てくることもあります。それでは、どのような仕返しの霊があるのかをあげていきます。

ご飯を作らない・不味く作る

浮気の証拠を集める時の注意点|知っておくべきポイント

自分や子どもの料理はちゃんとしたものを作りますが、夫の分だけ不味く作ることで夫一人にだけダメージを与えることができます。

これは一度だけならそんなに辛くはありまえんが、継続して行うことで辛さを感じられるようになります。不味くする方法も甘さや塩加減を極端にしたり、辛さを強くしたり酸味を加えるなどがあります。

他にも、賞味期限切れの食材を使用して料理を作れば、体に影響が及ぶこともあります。お腹を壊したり胃をいためる可能性があり、仕返しの度合いも強くなります。

家事を放置する

こちらも家庭内で行う仕返しで、夫の洗濯物だけ洗わないという方法があります。

夫のできる家事のスペックによっても結果に違いがありますが、毎日蓄積されることで影響が出てきます。今まで妻がすべてやってくれていた夫には辛い内容です。

下着や服の着替えがなくなってしまえば洗濯をしなければいけなくなってしまいます。着たものを放置し続ければ匂いが発生することがあります。

夫が耐えられなくなるまで継続することおあり、長期間の仕返しが予想されます。自宅の洗濯機も使用禁止にすればコインランドリーやクリーニングを使うことになり、それが頻繁になれば手間よなり苦痛を感じることになります。日常生活でストレスが溜まっていく仕返しです。

お小遣いを減らす

夫がお小遣い制の場合、妻が渡すお小遣いを極端に減らすことで十分な仕返しになります。お金が無ければ浮気をすることもできませんし、我慢をしなければなさないことが増えます。

お金が無いので外にいることもできないので、家に帰らなければならない状況になります。そうすることで妻が夫の行動を制限することになります。

自由にできることが限られるようになるため、お金の仕返しは夫にはダメージが大きいはずです。ですがお小遣いが少ないことで知人や家族、金融会社から借金をすることもあるのでそういった心配の無い夫にだけ使える仕返しの方法です。

浮気相手に慰謝料を請求する

不倫相手に大きなダメージを与えるために慰謝料を請求する方法です。妻側には夫と不倫相手の双方に慰謝料を請求する権利があり、それを行使して行う仕返しです。

慰謝料が支払われない場合には裁判などの法的措置もとれるので、物理的に損害を与えることができます。不倫相手が独身であれば有効ですが、相手も結婚していると夫も慰謝料を請求される可能性があります。

他には不倫を言い逃れできないような証拠が裁判で必要になるため、法的に認められている証拠が必要になります。浮気の復讐といえば、旦那だけではなく、浮気相手への仕返しもしたいものです。そんな中浮気相手への復讐にも慰謝料請求が効果的です。

しかし、ここで欲を出して浮気相手へ高額の慰謝料を制きゅしてしまうと、旦那への復讐である旦那の慰謝料請求額が少なくなってしまうことがあります。浮気の慰謝料は旦那と浮気相手の二人が連帯して支払う責務があるからです。

浮気をした旦那に離婚と慰謝料請求を同時に求める方が復讐として大きなダメージを与えることができます。

離婚となった場合の慰謝料額は婚姻関係を続けたときの慰謝料よりも高額請求が可能になることが多いからです。旦那にりこんという復讐方法をとる場合は、まず夫婦二人での協議離婚からはじめてください。

二人の話し合いで折り合いがつかなければ、その後離婚調停を申し立てることになります。離婚調停が不成立となった場合には、離婚裁判により離婚を請求することができるようになります。

離婚裁判では、旦那の浮気は不貞な行為として民法上の離婚事由となります。調停や、裁判手続きで慰謝料も合わせて請求することができます。

親に報告する

浮気相手が判明している場合その家族に密告することで浮気相手にダメージを与えることができます。

浮気相手がダメージをうけることで夫との関係が悪化したり、家族の説得によって関係が解消される可能性もあります。

実際にあった話で、こんなものがあります、夫が結婚してすぐに浮気をしたので長期にわたって作戦を実行した話です。一回目の夫の浮気後はそれを許し、妻も至らない点があったと反省し義理の両親を見方につけます。

その後は仕事の始め働きながら家事をしっかりとこなし、それを周囲にも評価されるまでに完璧に良妻を演じます。

そんなことも知らない夫は二度目の浮気をして、それを気に妻が仕返しを結構しました。まず、夫の不在時に会社に訪問し、同じ職場にいる不倫相手の女性と面会をします。もちろん面会は会社の上司や同僚にもみらえることになって、不倫も公になります。

また、その不倫相手の夫にも手紙を使って密告していたため、後に夫は不倫相手の夫にも慰謝料請求をされました。

長期にわたって良妻を演じていたため、義理の両親も妻の両親も味方になっており、妻は相場以上の慰謝料やマンションなどの財産分与を手にして離婚をすることができたといいう内容の話です。長期にわたるつま の冷静さと巧妙な仕返しが際立つものです。

仕返しでもこれはNG!

旦那の浮気に動揺して感情がコントロールできなくなり、旦那を罵倒してしまう奥さんがたくさんいます。

しかし、浮気をした旦那に対して罵倒をするのは逆効果になってしまいます。罵倒されたことによってさらなる喧嘩に発展してしまったり、逆ギレされてしまう可能性があるからです。

罵倒せずに冷静に話し合いましょう。浮気問題は非常にデリケートで、人になかなか相談しづらいものではありますが一人で溜め込んでいてもいいことはありません。

信頼できる友人などに相談をして少しでも心を軽くしてください。旦那の浮気が発覚したとたんに別居すると言い出したり、離婚すると言い出すのはやめてください。浮気した旦那の言い訳など聞きたくないと思いますが話し合うことは非常に大切なことです。

しっかりと話し合いをすることで夫婦仲を再構築できたという話もよくあります。なのでまずかしっかりと話し合いをするようにしてください。

また、こんなにつらいことおがおきたのは自分が管理しなかったからだと思うと相手を管理したくなるというのは当然のことです。二度と浮気をしてほしくない気持ちは分かりますが、恋人やパートナーのメール、形態、クレジットカード、その他個人情報にまでアクセスするのは行きすぎた行為です。相手に許可をもったとしても、かぎ回るようなことはやめてください。

許可ももらわずにかってにこそこそかぎ回る人も多くいますが、それはあまりにもまずいやり方です。許可があろうがなかろうが、相手のプライバシーを侵害しても二度と浮気をしない保証にはなりません。

信頼を回復するどころか、二人の間にわだかまりを残すことになるでしょう。常に監視されているような恋愛は誰もしたくありません。相手を虐待することにもなりかねません。また、被害妄想が増すばかりで傷が癒えることもありません。電話やメールを見るたびに不安を感じることになるからです。

暴力を振るう

暴力を振ることで、相手とこちらの立場が五部五部になってしまい、逆に相手から仕返しをされてしまうというリスクを背負うからです。

自分も浮気をする

周囲に迷惑をかけずに夫婦間でだけ仕返しをしたい場合、妻も浮気をするといったものがります。妻も浮気をすることで妻が受けたダメージと同じものを夫に与えることができるものです。

この仕返しをされた場合、妻に愛情のあるときは夫へのダメージが大きいのですが愛情の程度によってはさほど影響が無い場合もあります。夫の浮気だけではなく、妻の浮気も加わると離婚に発展するケースんもあり、影響は夫婦によって違いが出ることが多いです。妻の浮気によって夫が自分のしたことの重大さをしることのできる可能性はありますが、その可能性にかけるには少しリスクが大きすぎます。

復讐のために離婚や慰謝料請求を考えているのならなおさら自分が浮気をするのはやめたほうがいいです。旦那と同じ責任負うことになるので、裁判離婚においてもふりになり、相手と同じ立場に立つことになってしまいます。

犯罪行為をおこなう

どんなに復讐をしたいとおもってもこれらの犯罪行為に値することだけは絶対にやってはいけません。自分が復讐を成功させたいと思っているなら尚更です。

業務妨害

会社によっては妻帯者との浮気はイメージが悪くなるため、浮気相手が何かしらのペナルティをうけることもあります。ですが浮気相手と夫が同じ職場の場合密告により夫も社会的信用を失ってしまうため、夫も会社からペナルティを受けてしまう可能性もあります。また浮気相手も結婚していて双方が不倫だった場合い、夫も慰謝料を請求される場合があります。

脅迫をする

夫や不倫相手に脅迫をすることで逆に相手に訴えられて不利な立場になってしまう可能性があるからです。

浮気相手に嫌がらせをする

旦那の浮気相手が非常に憎くなってすぐにでも浮気相手のところに乗り込んで怒鳴りつけたくなる気持ちはわかりますがそれは絶対にやってはいけません。相手が万が一法律に詳しかった場合、こちらの発言などが脅迫にみなされてしまう場合があるので慰謝料をきっちりともらうためにもグッと堪えてください。

器物損壊

浮気をされたら復讐の意味はなくても、頭に血が上って思わず旦那を叩いたり、物に当たったりすることがあると思います。しかし、この旦那に対する暴力や、物に当たった器物損壊は暴行罪や器物損壊罪といった犯罪になるうえ、離婚の際にあなたに不利な結果を導く要素になる可能性も高いです。このことから、暴力や器物損壊は復讐の方法としてはやってはいけないことです。

仕返しの下準備

妻が目に見えた結果を望まない場合、表に立った行動を起こさないと時に使われるのが呪いです。呪いのサイトに夫や浮気相手の名前を書き込んだり、藁人形などオカルトの範囲で行うものです。

実際に呪いをかけられた人が被害を受ける可能性は低いかもしれませんが、呪いをかけることで妻側にとってはストレス発散などの役割があります。呪いがもたらす結果についてはかけた部分もありますが、未知の部分が大きくなってます。被害に関しては何かあったとしても呪いと関連付けることは難しいため、自ら手を下したくない人が行う方法です。

浮気をしていることを明確にする

浮気をされているかもしれないと思ったら何があったのか正確な情報を確認してください。浮気をしているという情報を耳にしたり、疑っているという段階では、まだ答えを出してはいけません。まずは恋人やパートナーと話し合いをする必要があります。

とてもつらいことになるかもしれませんが、何があったのかを知るには他に方法がないからです。実際のところなにがあり、どういう状況で浮気をしたのか。

いつ浮気をして、何度浮気をしたのか。また、浮気相手との関係はどういう状態で自分との恋愛関係も続けたいと思っているのかどうか。それと避妊はしたのかということです。

そんなことを聞いても自分の恋愛の今後には関係ないと思うかもしれませんが、性感染症の検査をする必要があるかどうかを知るために大事なことです。

このときに、浮気をしていたときの状況を洗いざらい話させるのはやめましょう。ベッドの上では、浮気相手のほうが自分よりも良かったんじゃないかというとうな自虐的な考えに襲われてしまうかもしれないからです。そんな情報を聞き出しても、実際には何の役にも立ちません。

浮気の証拠を集める

夫との結婚生活で受けた仕打ちを我慢して妻が復讐するといったものです。妻は結婚当初から夫の性格に疑問持ち始めるのですが、その理由がギャンブルや暴力、そして浮気でした。他にも、夫が浮気の後ろめたさからたまに家事をしても、それを妻にアピールをし、感謝を求める態度でした。

妻に対しても思いやりや感謝の気持ちが無いばかりか、わずかな生活費を妻に渡すだけで残った給料やボーナスは夫が自由に使うなど酷い行いが目立ちますが、妻は夫の暴力が怖くて何もいえない日々を過ごしました。

妻はパートをしながらストレスをためる生活を続けていましたが、ついに我慢できなくなった妻は探偵に依頼をして、不倫の現場を映した鮮明な写真を証拠として手に入れました。その証拠を使って弁護士に依頼をして、不倫相手と夫に対して慰謝料を請求し、離婚も成立させたといった話です。

仕返しをする際に注意すること

まず、代表的な慰謝料請求をする際に、浮気の事実が証明できなければ立場は五分五分ということを大前提に理解しておいてください。

浮気の確定していない時には何もしない

恋人やパートナーが浮気をしていることがわかると、感情は激しく乱れます。頭の気持ちを整理して今後どうするか考えるための時間は必要なものです。

浮気の話を最後まで聞いたら、距離を少し置いて、こちらから連絡するまでは連絡しないで欲しいと言います。だいたいどれくらいの期間になるか伝えてもいいと思います。

自分の気持ちに整理がついたら連絡するとだけ言ってもいいです。今後の方向性を決める目安になるかもしれないので、距離を置いた直後の自分の反応がどんなものか注目するといいです。

すぐに関係を修復したいと思う人もいれば、別れて二度と顔も見たくないと思う人もいます。つらいらい権のあと、相手への気持ちが冷めるのは自然なことです。最初の衝動は抑えるようにして、できるだけ冷静な頭で判断するチャンスを自分に与えてください。

自分が訴えられないようにする

浮気をした旦那への復讐は法的手段でしてください。浮気した旦那への仕返しは、慰謝料請求などの法的な方法で行う必要があります。

暴力や嫌がらせなど、違法な方法で復讐をしようとすると、旦那から逆に訴えられてしまう可能性があります。浮気をした旦那に仕返しをするのに自分が悪者になるのは避けたいものです。法的な復讐方法といえば、慰謝料請求と離婚です。

旦那に浮気をされたら、復讐したいほど憎らしいと思う人も多いとは思いますが、そんなとき法律は浮気した旦那への復讐手段として慰謝料請求という手段を用意しています。

また、浮気のい慰謝料の相場というのは婚姻関係を続けた場合と離婚に至った場合では、金額の差があります。

より旦那へ大きな復讐をしたいと思うのなら、離婚と同時に浮気の慰謝料請求をした方が高額の慰謝料を受け取れる可能性が高いので覚えておいてください。

浮気をした旦那への復讐でSNSで書き込むことをしたり、他人に対して浮気の事実などを言いふらす行為をするとこのような暴露行為は復讐のつもりで行っているでしょうが、あなたに対する周りの評価が著しく下がることになってしまうだけではなく、やりすぎると逆に旦那から訴えられてしまう可能性もありますのでやめましょう。

周りの人間との関係を崩れないようにする

とある体験談でこんなものがあります。結婚してからも夫とか恋人気分を忘れないでいた女性が、浮気をされたときのものです。

夫とは結婚後もデートをして仲良くしていたのに、残業と言っていた日に妻とも行ったことがあるレストランに行っていた証拠のレシートを発見します。

疑惑を感じた妻は夫の携帯を確認し、浮気の証拠をみつけて夫を問いただしましたが、妻が悪いと夫は開き直りました。その態度に妻は尽くす妻になると宣言し、その後は良妻を演じますが夫は妻公認と勘違いをしながら浮気を続けます。

その様子を妻は携帯の日記に記録してそれを義理の両親に偶然を装って見せます。義理の両親や友人達に偶然を装って見せます。義理の両親などは激怒して夫を怒ったため、夫は浮気を解消し、妻に対して低姿勢になりました。

この妻はしばらくは不倫をネタにわがままを言いたい放題にした後、離婚して慰謝料を請求するのが目的だったというまわりの人間を味方につけて行った体験談です。これなら、自分のまわりとの人間関係も崩れないで高額な慰謝料を請求をすることができる上に、新しい出会いの恋もしやすくなります。

まとめ

浮気をされてしまうとどうしてもパートナーに対して復讐をしたいという気持ちが出る人が多いとは思いますが、過度な復讐精神は逆に自分の首をしめてしまう可能性が非常に高いので慰謝料請求を復讐とすることをここではすすめます。

カテゴリー: 女性の不倫   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

女性の不倫の最新記事