MRブログ

単身赴任中は浮気に警戒!不貞行為の理由と見抜く方法とは?

夫が単身赴任中に浮気をするケースは少なくありません。それまでは真面目だった男性も、家族から離れて暮らすようになると妻とは別の女性と親しくなる可能性が出てくるのです。もしも夫の行動が怪しいときは、専門家に相談してみましょう。この記事では、単身赴任中の男性が浮気をする原因や見抜く方法について解説していきます。

1.単身赴任中に夫が浮気をする理由


まずは単身赴任中に夫がどのようなことを考えているのかを知りましょう。そうすれば、浮気をする理由もおのずと見えてきます。

1-1.寂しさを紛らわしたい

多くの単身赴任者は寂しさを抱えて生活しています。今までは帰宅すれば妻子が出迎えてくれたのに、単身赴任先では一人で食事をして寝るだけの毎日です。しかも、知り合いもほとんどいないので孤独感はふくらんでいきます。「誰か支えてほしい」と思い始めるのも自然な流れでしょう。

そのような気持ちで暮らしているとき、ふらりと入った飲み屋などで異性と話が弾めば、浮気心に火がついてしまいます。しかも、単身赴任では帰宅時間を気にする必要がありません。帰りが遅くなったとしても妻にはバレようがありませんし、外泊も自由です。こうした環境が、不貞行為を後押ししてしまうといえるでしょう。

1-2.独身気分で自由気ままに過ごしたい

単身赴任によって解放感を覚える男性もいます。妻や子どもの世話をせずに済むので、プライベートを自分のためだけに使えるからです。自由を満喫しながら、独身時代に戻ったような錯覚を味わう人も少なくありません。その結果、家族への後ろめたさや責任感が減っていくので、自制心も失われていきます。そのような状態で、独身気分のまま異性と接する機会があると警戒心が消え、浮気に走りやすくなってしまうでしょう。

しかも、単身赴任では仕事終わりだけでなく、休日にも束縛する人がいません。予定を自分で調整し放題です。出会いの多い場へと積極的に足を運び、浮気相手を探すことも可能なのです。

1-3.性欲を満たしたい

夜の営みがなくなるストレスも、単身赴任者が浮気に走る原因です。妻がいない環境で過ごしていると、性交渉を滅多に行えなくなります。これまで高い頻度で性交渉をしてきた男性であれば、単身赴任先で性欲を持て余してしまうでしょう。そして、妻以外の女性も性の対象として見るようになることがあります。

もちろん、浮気だけが性欲の解消方法ではありません。風俗店に通うことで気持ちを発散させる男性もいます。ただ、お店に通うのはお金がかかります。それに、お店を好まないのであれば、身近な女性を口説こうと考えるようになるでしょう。こうした男性の中には「一人で暮らしているのだから当然だ」と勝手に自己肯定を始めてしまうタイプもおり、浮気のハードルが下がるのです。

1-4.妻にバレずに浮気がしたい

もともと浮気願望のあった男性が、単身赴任をきっかけとして本当に行動してしまうパターンもあります。どれほど別の女性を求めていても、妻が一緒にいる環境ではバレる恐れがあるので浮気にはリスクを伴います。しかし、単身赴任中は監視してくる相手がいません。「好きなだけ浮気ができる」と考える男性もいるでしょう。

実際、単身赴任中の浮気は発覚しないまま終わることも珍しくありません。期間が終わって妻子の元に帰れば、浮気相手との関係もきれいに消えるケースも多いのです。そのため、なかなか妻は不貞行為に気づきません。一方で、「僕は独身なんだ」と偽って浮気相手と接近する男性もおり、このような場合は発覚したときに深刻なトラブルへと発展しかねないでしょう。

2.単身赴任中の夫の浮気を見抜く方法


夫が単身赴任中に浮気をしていても、気づきにくいのは事実です。ただし、浮気をする前と後では、男性の行動は変化する傾向にあります。そのため、注意深く夫の様子をチェックしていれば浮気をされたときがすぐに分るでしょう。

2-1.夫の言動

浮気をしているサインとして顕著なのは「言動」でしょう。浮気をしている間の夫は、言動に不審な点が芽生えてきます。たとえば、妻が単身赴任先に行こうとしたら、理由を付けて断ろうとしてきます。また、年末年始や連休などにも家族のもとに帰ってこようとしません。

その際、理由を深く追求しても「仕事が忙しい」「時間を割けない」といった曖昧な返事ばかりしてきます。こうしたケースでは、妻に浮気の痕跡を見られたくないから遠ざけているのです。あるいは、連休を浮気相手と会うチャンスと考えているので、家族と会いたがらないかです。見極めるために、「浮気をしていないか」とストレートな質問をしてみましょう。当たっているときには、露骨に焦ったり口ごもったりすることがあります。

2-2.お金の動き

浮気を続けるにはお金がかかります。生活をしながら女性にプレゼントを贈ったり、レストランやホテルに行ったりする費用は馬鹿になりません。そのため、浮気をしている夫は家に入れるお金を減らすことがあります。また、給料明細を隠すようになったときも要注意です。お金の動きを妻に知られたくないという意思が働いているからです。

言葉の矛盾も突き詰めるようにしましょう。浮気をする男性は残業や休日出勤などを理由に、妻子に連絡を取らなくなります。ただ、本当に時間外労働を頑張っているならその分の手当てが支給されているはずです。給料の額が変わらないのに「残業がある」と主張しているのであれば、嘘をついている可能性を疑いましょう。

2-3.携帯電話の取り扱い

男性が浮気をするとき、相手女性との連絡には携帯電話を使うことが大半です。そのため、携帯の使い方で変わった点が出てきたなら、浮気をしている可能性があります。たとえば、電話をしてもすぐに出ないのに、間髪入れず折り返しが来るのはおかしいといえるでしょう。その場では電話に出られない理由があり、場所を変えてからかけ直したと考えられます。

また、家族と会っている間でも携帯電話を手放さなかったり、今まではかけていなかったロックが設定されていたりするのも要注意です。机に携帯を置くときも伏せるなど、妻の目に触れないよう工夫しているのも浮気のサインでしょう。浮気を確かめるには、あえていつもと違うタイミングで電話をします。そして、「どこにいるのか」と聞いて、男性が動揺していないかチェックしましょう。

3.単身赴任中の浮気を防ぐ方法


男性が寂しさから浮気に走るのであれば、妻のほうでもある程度のケアは必要です。心の距離まで離れてしまわないよう、気をつかいながら接してあげましょう。

3-1.会いに行く頻度を多くする

寂しさを紛らわせるには、頻繁に会うのが一番です。妻から単身赴任先に足を運び、長期間離れないようにしましょう。定期的に妻と会う機会があれば、夫も孤独を感じにくくなります。また、妻からしても夫の部屋の様子をこまめにチェックできるメリットがあります。浮気のサインを探せるので、もしも夫が別の女性と会っていても気づきやすくなるでしょう。夫がそのことを理解していれば、浮気の抑止効果にもなります。

また、一緒に過ごす時間を設けることで、夫は独身気分をぶり返さなくなります。妻子への思いやりや責任感が消えないので、後ろめたさから浮気を実行に移すのが難しくなるでしょう。

3-2.まめに連絡を取る

なかなか直接会う機会を作れない状況でも、こまめに連絡を取り合いましょう。電話やメールで近況報告をする回数を増やせば、遠く離れている感覚を薄められます。また、夫に妻子の存在を強く意識させることで、浮気の衝動が起きたときも自制心を働かせられるでしょう。

理想的なのは、テレビ電話のように顔が見える状態でコミュニケーションをとることです。声だけで会話していても、かえって孤独感を募らせる男性はいます。少しでも妻子を身近に感じてもらえば、男性は家族への愛情を再確認できるでしょう。そして、「別の女性に甘えたい」という考えを断ち切れることもあります。

3-3.離れていても一緒にいる感覚を大切にする

夫が単身赴任だからといって、存在を無視してしまうと家族の絆は弱まってしまいます。夫が疎外感を抱いたとき、「誰か側にいてほしい」と思う衝動は強まっていくでしょう。こうした事態を防ぐためには、家族の習慣を単身赴任後も変わらずに続けることです。日常会話や食事、予定の話し合いなどをできる範囲で一緒に行えるよう工夫をします。そうすれば、家族全員で生活している感覚を共有できます。

お互いのスケジュールをチェックするには、アプリを活用するのが効率的です。どのように毎日を過ごしているのかを把握しておけば、夫は浮気をしようという発想にいたりません。さらに、食事時にテレビ電話を利用すれば、家族そろって食卓についている気分を味わえるでしょう。

3-4.感謝の気持ちを伝える

浮気防止に効果的な心がけは、シンプルながら「感謝を口にする」ことです。「ありがとう」「ご苦労様」といったフレーズをしっかり相手に伝えるよう意識しましょう。「言わなくても分かってくれるだろう」と思っている女性もたくさんいるかもしれません。しかし、離れている状態で伝える言葉は、夫に真実の気持ちとして受け入れられます。こうした言葉の繰り返しが、夫からの愛情を繋ぎ留めてくれます。

一方、労いの言葉がないと男性は「これほど頑張っているのに妻から大事にしてもらえない」と考え始めます。その結果、妻以外の女性に癒しを求めてしまうのです。単身赴任の夫には、思いやりを欠かさないようにしましょう。

4.単身赴任中に浮気が発覚したときの対処法


もしも夫の浮気が発覚しても感情的になってはいけません。以下、単身赴任中の夫の浮気について対処法を紹介します。

4-1.浮気の証拠をつかんでから事実確認をする

夫が浮気をしていると勘づいても、すぐに問いたださないようにしましょう。夫に「妻が気づいた」と思わせることで、証拠隠滅に走らせてしまうからです。まずは、冷静に慰謝料請求や離婚訴訟で使える証拠を集めていきます。証拠がある状態で問い詰めたら、夫も言い訳ができません。正直に浮気の有無を告白するしかないでしょう。そのうえで、浮気相手の素性や会った回数などを聞いていけば、その後の手続きも有利に運べます。

4-2.今後について話し合う

浮気が発覚したからといって、すべての夫婦が離婚を選ぶとは限りません。本当に別れるのか、もう一度やり直すのかを夫婦で話し合いましょう。その際には、冷静さを保つことが大事です。家族関係を再構築したいと考えているにもかかわらず、妻が怒り狂う姿を見てしまって気持ちが萎えていく夫もいるからです。あくまでも夫の反応を注視しながら、今後の振る舞いについて決めていきましょう。

なお、夫婦の将来をすぐに選択する必要はありません。保留期間を設けて、お互いの気持ちを整理するのもひとつの方法です。あえて夫と連絡を取らず、一人でどうするべきかを考えてみましょう。夫が反省している様子を見せてくれるならやり直すなど、保留期間によって相手への気持ちが変わる可能性も出てきます。

4-3.再構築を選ぶならルールを決める

仮に夫婦関係を再構築するとして、今までの状態を続けていても浮気を繰り返される恐れがあります。その機会に、夫婦間のルールを決めて厳守するよう約束しましょう。たとえば、定期的に会話をする時間を設けたり、食事をするときはテレビ電話をつないだりするなどの方法があります。

また、ルールを決める際には相手への不満や要求は包み隠さず告げましょう。夜の営みに関することなど、デリケートな問題であっても胸に秘めてしまうと、今後も引きずりかねません。そして、やり直すと決めたからには同じことをいつまでも責めないようにします。些細なポイントで浮気を疑うなどしていると、夫のほうが愛想を尽かしてしまうでしょう。

5.単身赴任中の浮気で離婚を考えるなら専門家への相談がおすすめ


浮気の証拠集めは自力でも可能です。しかし、事実を確認するたびに精神的なダメージを受けるので、冷静な判断ができるとは限りません。着実に裁判や慰謝料請求で効力のある証拠を手に入れるには、探偵事務所に調査依頼するのが得策です。探偵であれば、素人のスキルでは得られない証拠を入手できます。何が証拠になるのかの判断も間違えません。

さらに、離婚裁判や慰謝料請求では弁護士事務所のサポートを受けましょう。法律面や相手との交渉をサポートしてくれるうえ、判決が出た後のアフターフォローまで任せられます。慰謝料が正しく支払われるよう、夫側を気にしてくれるのもメリットです。女性スタッフと話せる探偵事務所や弁護士事務所なら、安心して相談できるでしょう。

単身赴任中は浮気対策と心構えが重要!


夫の単身赴任では、一緒にいたときには起こらなかった心理が働くものです。そのため、これまで以上に浮気対策を行うよう心がけましょう。それでも、夫の浮気が発覚したなら冷静に証拠を集めて話し合いを有利に進める準備をすることが大事です。プロの探偵事務所に頼めば、自力では入手できない決定的証拠をつかめる可能性が高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気の最新記事