MRブログ

浮気率も男女平等の世になった?妻の浮気疑惑をデータに基づいて検証しよう

浮気はもはや男性の専売特許ではありません。男性のほうが圧倒的に浮気率が高いのかと思えば、意外にも既婚女性の浮気率の割合は思いのほか多いのです。本記事では、主にMR総合探偵事務所の調査データを基に、さまざまな面から浮気の実態を明らかにしていきます。そして、妻の浮気に悩む男性に浮気問題を解決するための最善の策を紹介します。

1. 浮気率は男女でどれくらいの差があるか


浮気率に男女差があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。しかし、デリケートな問題なので、気になっても周囲に気軽に聞ける話題ではありません。実は、そんな友人や知人には少し聞きにくいともいえる浮気についてのアンケート調査を、相模ゴム工業株式会社は定期的に行っています。2019年2月に発表された男女1万4100名を対象にした調査によると、20~60代の男性の浮気率が平均26.5%でした。それに対し、20~60代の女性の浮気率は平均15.2%だというアンケート結果が出ています。男性のほうが浮気率は高いのかと思いきや、実際は男性より控えめとはいえ既婚女性の浮気率も決して少ないとはいえないのです。

しかも、30代の女性においては浮気率が17.9%と平均値よりも高い結果になっています。さらに詳しくアンケート結果をみてみると、男性で複数の相手と浮気している人の割合が平均4.3%となっています。また、特定ではないがその相手以外とも浮気していると回答した人が平均5.3%という結果に。一方で、女性の場合は、複数の人と浮気している人の割合は平均0.9%、特定の人以外とも浮気している人の割合は平均0.7%と出ています。このことからも分かるように、男性よりも女性のほうが特定の人と浮気をしているといえるでしょう。

2. 働く妻は浮気率がアップする!


妻が外で働くようになると、仕事を通して人との関り合いができるため、男性と知り合う機会も多くなります。MR総合探偵事務所の調査によれば、およそ23.5%の仕事をしている既婚女性が、これまでに浮気や不倫の経験があると答えています。しかも、そのうちの21.5%の働く既婚女性が、仕事を始めてから浮気したと答えているから驚きです。いったん家庭に入ってから再び働き始めるとなると、妻にかかる負担やストレスははかり知れません。そのようなときに、仕事を助けてくれたり、辛さを共感してくれたりする異性は魅力的に見えてしまうのでしょう。

一方で、専業主婦の場合は浮気経験者が14%と、働く女性よりも少ない結果が出ています。このうち、およそ9.5%は以前仕事をしていたときに浮気したと回答をしているため、外で働く女性ほど浮気する可能性が上がることが分かります。とはいえ、専業主婦の世帯は年々減少傾向にあり、共働きの世帯が圧倒的に多い状態です。日頃から浮気させないように対策するのはもちろんのこと、妻が浮気相手に本気になる前に対処できるかが重要となってくるのです。

3. 浮気相手とはどこで出会う?

上述したように、妻が働きだすと浮気する可能性も高くなります。働きだして接する機会の多くなる職場やバイト先、研修先の異性と浮気をするケースがほとんどです。ただ、職場で関わる異性ではなく、元彼や友人など元々よく知っている仲である人と浮気するケースも多いといえます。特に、妻が働きだすと金銭的な余裕ができ、自分にかけられるお金も増えるため、妻から女の顔に戻ってしまうという危険性はあります。そこに、知り合いから声をかけられたら、ふらっと浮気をしてしまうような状態に陥りかねません。

また、普段育児や家事に追われてストレスを抱える妻の中には、たまに羽目を外したいと思いきった行動に出る人もいるでしょう。羽目を外すべく参加した飲み会やコンパにて、浮気相手と出会うケースもあるのです。英会話教室やジムなどストレス発散のために始めた趣味で、浮気相手と出会ってしまうこともあります。このように、働く女性でなくても浮気相手と出会う機会はあります。専業主婦でも友達づくりのために参加した習い事で気になる異性と出会い、浮気に発展してしまうという可能性も十分にあり得るでしょう。

4. 何がきっかけで妻の浮気に気付いたのか


浮気をすると大抵何かしらの変化が妻に現れます。浮気をするとどこかが変わるのは男女どちらも変わりません。妻に浮気された経験を持つ夫は、何がきっかけで妻の浮気に気づいたのか、その理由について説明していきます。

4-1. スマートフォンの扱い方

妻のスマートフォンの扱い方で、浮気に気がついたというケースは少なくありません。いつもは家事をするときに部屋に置きっぱなしだったスマートフォンを、ある日突然肌身離さずに持ち歩くようになったらとても怪しいといえます。妻がお風呂場やトイレにもスマートフォンを持ち込むようになったときは、夫には見られたくないデータがあるのかもしれません。また、いつもは画面が見えるように置かれていたスマートフォンが、画面が見えないように裏返しで置かれるようになったときも注意が必要です。

浮気相手からの着信やメッセージが来た場合に、見られないように対策している可能性があるでしょう。実際に着信やメッセージが来ているのに、夫の前では一切確認する素振りを見せないときも怪しんだほうが良いかもしれません。その逆もあり、妻が前よりも頻繁にスマートフォンを触るようになり、横から覗こうとすると慌てる場合は浮気の可能性があるので要注意だといえます。同様に、家にいるときにもかかわらずスマートフォンの電源を落としている場合も危ないでしょう。

4-2. 見た目や雰囲気

妻が外で働くようになって、見違えるように綺麗になったというケースは多くあります。人目に触れるようになったことで、外見に気を遣うようになる女性もいる一方で、意中の男性に振り向いて欲しくて見た目が変わる場合もあります。専業主婦の妻がいつもスッピンで部屋着を愛用していたのに、急にお洒落を始めたときにも注意が必要だといえるでしょう。また、夫婦の営みやデートが少ないはずなのに、妻が新しい下着や洋服を買い始めたときは、何らかの兆候である可能性があります。夫に関心を持ってもらいたい、あるいは浮気のどちらかであると考えるべきでしょう。

前者であれば今後の接し方次第で夫婦関係を修復できますが、後者であれば早く手を打つ必要があります。特に、女性は恋をすると生き生きと輝くともいわれ、妻の肌ツヤが良くなったり、急にダイエットを始めたりした場合には疑ったが良いかもしれません。妻が滅多に怒らないようになり、優しくなったというケースも浮気のサインである可能性があります。

4-3. 外出・外泊の頻度

妻が外出する回数が増えた、友達と飲むといって外泊するようになったという場合は限りなく黒に近い状態だといえます。外出が増えること自体は良いことですが、明らかに頻度が多い、あるいは外泊までしているとなると妻はかなり浮気相手にご執心な状態である可能性があります。特に、綺麗にして外出している様子だったり、外出の予定を伝えなかったりと誰の目から見てもおかしい行動が多いときには浮気を覚悟するべきでしょう。急にPTAなどに参加するようになった、休日出勤や友人や会社の飲み会が増えたなど思い当たる節があるのならば、警戒しておくことに越したことはありません。

5. 妻が浮気をはじめたきっかけ


MR総合探偵事務所の調べによると、既婚女性が浮気を始めるきっかけで最も多いのは、「パートナーとうまくいっていない」ことによるものです。また、妻の約8割が夫に何かしらの不満を抱いているとも回答しています。このことから分かるのは、妻は夫で満たされないうっぷんを浮気に走ることで晴らしているということになります。ただし、浮気をする妻が全員そうではなく、中には単純に浮気相手を好きになってしまったというケースもあるのです。

浮気相手を好きになってしまったことが浮気のきっかけであると回答した人は、パートナーとうまくいっていないと答えた人に次いで多い結果となっています。浮気相手を好きになったという回答とほぼ同じくらい多かったものとして、なんとなくという回答もあります。夫にときめくことが少なくなっている状態で、ときめきをくれる男性がいれば思わず浮気をしてしまうのかもしれません。

6. 浮気をしていた妻の心理


浮気をしている間、妻は罪悪感を抱いているのか、浮気をされた側は気になるところです。MR総合探偵事務所が調査したところ、浮気中に夫や彼氏に対して罪悪感にさいなまれていたと答えた女性が多い結果になりました。次いで多かった意見としては、浮気相手の妻や彼女に対して罪悪感があったというものです。ちなみに、自分の子どもに対して罪悪感を持っていたと答えている女性も一定数います。このことからいえるのは、女性は夫婦やカップル間のトラブルがあったとしても、浮気自体に対して罪悪感を持つ人が多いということです。

一方で、男性の浮気の場合はというと、既婚男性を対象に行った調査では「誰に対しても心は痛んでない」という意見が最も多くなっています。男性の場合は女性と違い、心を満たす目的で浮気するのではなくて、体を満たす目的で浮気しているケースが多いのです。実際に、同事務所がアンケートしたところ、体を満たす目的で不倫を始めたという意見が最も多く見られます。こうした男女の違いもあって、また機会があれば浮気したいかという問いに対して、浮気をしていた既婚女性の約6割は「思わない」と回答しているのです。

7. 浮気の終わらせ方


浮気を終わらせるには、まず夫が浮気を知っていると妻に知らせることが重要です。実際に、MR総合探偵事務所の調査でも、浮気をやめた理由として「パートナーにバレたから」や「自責の念にかられて」という意見が多いことが分かっています。ただし、証拠もないままに問い詰めたりすると、話がうやむやに終わる可能性もあります。妻が言い逃れできないような証拠をつかんでから、妻と話し合いの場を設けるようにしましょう。こちらが勘づいていると分かれば、妻が警戒して浮気をバレないように証拠を隠滅する危険性もあります。一方的に怒鳴りつけたり、証拠が不十分のまま問い詰めたりすると、埋まらない溝ができ夫婦関係を再構築できなくなるかもしれないので注意しましょう。

8. 浮気の確たる証拠をつかむ最善の策とは


浮気の証拠をつかもうとしても、自分だけでは調査できる範囲に限界があります。最善の策は、プロの調査会社に浮気の調査をしてもらい、証拠をつかんでもらうことです。ただし、プロの調査会社も千差万別であり、なかには悪質な会社もあるので気をつけなくてはいけません。調査会社を選ぶときのポイントとしては、追加料金が発生しないこと、浮気調査の実績があることを確認しましょう。

MR総合探偵事務所ならば、NPO日本家族問題相談連盟より、最優秀探偵社賞や特別功労賞を10年連続受賞している実績があるので安心です。調査員は探偵学校を卒業したプロで、調査にはハイテク機器を使用し、確実な証拠をつかむことに長けているといえます。業界最大手の知識と経験を有している事務所なので、安心して任せることができます。

放置して良いことは何一つない!早めに平穏な生活を取り戻そう


もし妻の様子が急に変わったと感じるのであれば、浮気を疑ったほうが良いかもしれません。浮気が確実である場合に、夫婦関係の再構築を望むにせよ離婚するにせよ、まずは事実関係をはっきりさせて証拠をつかむことが大切です。自分では調査が難しいため、できるだけ信頼できる探偵事務所に調査を依頼することをおすすめします。自分にとって良いと思う方向へ進めるよう、まずは相談だけでもしてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

未分類の最新記事