MRブログ

浮気した男性は改心するの!?浮気再発を防止するためにやるべきこと

パートナーを大切に思う気持ちが強いほど、浮気をされたときのショックは大きいものです。パートナーの浮気に気づいたとき、相手に対する信頼の気持ちが揺らぎ、このまま交際を続けていいのか、関係を持続できるのかと不安になるものですよね。そこで、この記事では浮気をした男性は改心するのかという疑問や浮気の再発防止に向けた対策について紹介します。パートナーとのこの先の関係に不安を持っている方は参考にしてください。

1.浮気を繰り返す男性の特徴


浮気は、必ずしも一時的な心移りや気の迷いによるものだけとは限りません。二度としないと約束しておきながら、繰り返し浮気をする人も世の中にはいます。一度だけではなく、何度も繰り返す男性は、そもそもどのような原因があって浮気をしてしまうのでしょうか。ここでは、浮気を繰り返す男性の特徴を3つ挙げて、詳しく解説します。

1-1.極度の女好き

世の中には、「女性」という存在自体が好きで、とにかく女性と一緒にいたい、女性と関わりのある日々を送りたいと望んでいる男性もいます。ただし、女好きである男性であっても、真面目な性格で、パートナーに対して誠実な気持ちを持っている人であれば、自らの浮気願望をしっかりと抑えられるものです。しかし、なかには、特定の女性だけでは物足りなくなると、思いのままに浮気してしまう気持ちの弱い男性もいます。根っからの女好きだと、女性との関わりを常に維持するためなら、こまめに連絡を取るなど、努力を惜しまない人もいるのです。

1-2.プライドや理想が高い

浮気を繰り返す男性に多く見られるのが、自分の考えにも言動にも常に自信を持っている自信家タイプです。浮気をしたいと思ってはいても、パートナー以外の女性から好意的な感情を抱いてもらえる自信がなければ、実際に浮気の行動に出る勇気は出ないものです。たとえ、女性を誘って失敗しても、自信家の男性なら自分に落ち度があったとは考えないため、めげることもありません。また、浮気をパートナーに気づかれることはないと自信をもっているので、浮気がばれてしまうリスクを恐れずに浮気に走ります。

自分に自信を持っている男性は、自身を高く評価するので、どのような女性にアプローチをしても失敗することはないと考えます。自尊心が高いと、自分は女性から好かれるだけの価値がある人間だと思うので、女性の興味が自分に向かないことは許せません。そのため、相手の女性が1人であれば自分だけを見てほしいという独占欲がわき、多くの異性に対しても自分だけのものにしたいという支配欲が生まれます。さらに、浮気であっても、価値ある自分に合った相手でなければ満足できません。プライドが高いため、付き合う女性に対して、容姿も性格もスタイルもすべてが自分の理想に合っていることを望み、その理想も確固としています。

1-3.自己肯定感が強い

どのような理由があったとしても、大切なパートナーを裏切る行為である浮気は決して許されることではありません。しかし、男性のなかには、自分に都合のいい理由を挙げて、浮気を正当化させる人もいます。生活を長く共にしていると、ときには、気持ちのすれ違いが生じたり、理想通りの生活が送れなかったりすることもあるものです。そのようなときに、「パートナーに満足がいかない」から「自分が別の女性に気持ちが移っても仕方がないことだ」と考えて、浮気を正当化させる人がいます。

浮気を正当化するような人は、自分が行っていることを間違っていないと考えているため、罪悪感なく浮気をしてしまいます。そもそも浮気に対して悪いことという認識がないので、何度でも繰り返してしまうのです。

2.男性が浮気を改心するきっかけ


浮気を繰り返す男性でも、あるきっかけを機にやめるケースもあります。ここでは、具体的にどのようなきっかけがあると男性は浮気を止めるのかについて4つのパータンに分け、紹介します。

2-1.浮気がバレても必要以上に責められなった

パートナーの男性が浮気をしたことを知ったとき、多くの女性は、まず、怒りや悲しみの感情を持ちます。そして、裏切られたことへの悔しさから男性の行動を感情的に非難することが一般的です。そのため、多くの男性は浮気がばれると、本命の女性から責められることを恐れます。ところが、強く非難されると想定しながら本命の女性に会っても責められなかったとき、予想外の展開に男性は気持ちが動揺してしまいます。その後、通常であれば責められるはずなのに、怒らない理由を考えて悩みます。

2-2.自分を信用し疑っている様子がない

本命の女性を裏切るような行為をしてしまったことに強く罪悪感を覚えたときも、男性が改心するきっかけとなります。浮気をする男性が罪悪感を覚えるタイミングのひとつが、100%自分を信頼しているパートナーの気持ちに気づいたときです。相手を信じられずに疑心暗鬼の状態で接するパートナーの態度は、男性が圧迫感を感じやすく、余計にほかの女性のところへ逃げたい気持ちを高めさせます。お互いの距離がだんだんと離れていくにつれ、夫婦関係が悪化し、一時的な浮気では済まなくなる可能性もあるため要注意です。

一方、裏切りをしている自分に対してすら何の疑いも持たずに信用してくれるパートナーの姿を見ると、浮気をしている男性でも罪悪感を覚えることがあります。ここまで自分を大切にしてくれている女性はほかにはいないので、大切にしなければならないという反省の気持ちが芽生えて、改心することもあるのです。

2-3.別れを切り出された

浮気は、本命のパートナーの存在があってこそ成立するものです。浮気をする男性は、ほかの女性と関係を持っても、それはあくまで一時的な関係であり、本命のパートナーと別れることは考えていません。本気で別の女性と交際したいと思っているのであれば、本命のパートナーときちんと別れてから、新たな女性と付き合うはずです。浮気はあくまでも遊びであると考えているからこそ、本命のパートナーとの関係を維持したまま、ほかの女性と関係を持ちます。

2-4.身近な人に軽蔑された

浮気により、パートナーの信頼だけではなく、多くのものを失うことに気づかされたとき、改心する男性もいます。たとえば、長く付き合いのある友達など、自分をよく知る身近な人に浮気を知られ、軽蔑されて距離を置かれたときに後悔する人も少なくありません。また、子どもの幸せを望み、誰よりも信頼の気持ちを寄せてくれている自分の両親に対して、浮気は大きな裏切りとなります。子どもが行った過ちから軽蔑の目を向けずに入られない両親の姿を見て、親不孝な自分を後悔する人もいるのです。

加えて、会社の人など第三者から指摘される場合もあります。社会通念上で正しくない行為とされている浮気を知ると、客観的な視点から過ちを指摘せずにはいられない第三者もいるものです。そのような際には、投げかけられる指摘に耐えなければならず、辛い時間が続くことになります。さらに、社内での浮気がばれることで解雇されてしまうケースもあり、リスクの高い行為をしてしまったことで改心を迫られる場合もあるのです。

3.浮気を繰り返させないためにやるべきこと


パートナーの浮気に悩んでいるときには、浮気をしやすい男性の性格や改心のきっかけなども気になる内容ですが、最も知りたいポイントが浮気を防止する方法ですよね。
ここでは、繰り返される浮気を止める方法について具体的に紹介します。

3-1.感情的にならず論理的に話し合いを進める

パートナーの浮気に気づいたら、まずは冷静な対応をするように心がけることが大切です。相手の裏切りを知ると感情的になりやすいものですが、思いを相手にぶつけて責めることは浮気防止策としてあまり効果はありません。話し合いの際には、お互いに客観視できる状態を作ることが大事です。気持ちを一度落ち着けたうえで相手と向き合うことにより、冷静な判断ができるようになります。また、相手の勝手な言い分に納得できず、声を荒げて相手に気持ちをぶつけるような一時的な効果しかない言動を取らずに済みます。

3-2.浮気の証拠を集め保存しておく

浮気や不倫をしていることが確実だとしても、本人に否定されてしまったら、それ以上、強くはいえなくなります。そこで、疑いがあるときには、相手と話をする前に証拠を集めておくと安心です。今後、離婚や慰謝料を請求することになったときに、自分に有利な流れで話を進められるようになります。証拠集めでは、「集めるもの」と「方法」に注意が必要です。

まず、集めるものは、裁判で証拠として認められやすいものでなければなりません。たとえば、メールや電話の履歴を手に入れることができても、何回か送受信があったことだけの記録では、友達同士で連絡を取り合っている可能性もあるため、証拠として不十分です。肉体関係があった証拠となる内容が記録されているものでなければなりません。また、写真も証拠となりやすいものですが、メールなどと同様、不貞行為があったことを立証できるものしか意味をなさない場合があります。さらに、撮影した日時が記録されているもので、不貞行為が複数回あったとわかる写真であることが条件です。

そのほか、SNSやブログなどに特別な関係を感じさせるツーショット写真などがあった場合にも証拠として使用できますが、アカウントが本人のものであることも立証しなければなりません。何度も同じお店や同じ交通ルートを利用していることがわかるクレジットカードやICカードの履歴も、継続的なものであれば証拠にすることができます。

一方、集める方法は、違法な手段で行わないように気をつけなければなりません。正しい方法で証拠集めをしないと、自分が訴えられてしまう恐れもあります。証拠を正しく確実に集めるためには、興信所や探偵などを利用するのも方法です。浮気調査の専門家に代行してもらえば、個人で証拠集めをするリスクやデメリットを防げます。

4.浮気調査を依頼するメリットとは


失敗のないように浮気調査をしたいなら探偵などのプロに依頼すると安心ですが、具体的にどのような点で安心できるのでしょうか。ここでは、プロに依頼することの主なメリットを3つ紹介します。

4-1.相手に調査がバレるリスクが低い

調査の知識がない人が個人的に調べると、ターゲットとしている相手に調査していることを気づかれてしまうリスクが高くなります。調査途中で、調べていることが相手にばれてしまったら、すべての証拠を隠されてしまい、それまでの努力や計画が台無しです。また、尾行しようとパートナーと時間差で家を出て、すぐ近くにいるのに別々に歩いているのを見た近所の人から不審に思われてしまうのも気まずいものですよね。しかし、探偵に依頼すれば、そのような気まずさや失敗も起こりにくくなります。探偵は、過去の調査の経験から、どのようにすればターゲットに悟られずに調査を進められるか、近所の人に注目されずに調べられるかを知っているからです。

4-2.法的効力がある証拠を集められる

きちんと証拠となる写真などを集めることは、決して簡単ではありません。そもそも、撮影するシーンが、法的に効力があるものであるかを判断することは素人では難しいものです。苦労の末に撮影した写真でも、写りが悪ければ、状況の確認ができずに証拠として使用することはできません。しかし、探偵は、調査経験があるため、撮影のテクニックも、十分な撮影機材の準備も万全です。撮影に失敗した写真で不利な立場になる心配も減ります。これまでの豊富な調査事例のなかの似た事例を参考にしながら、法的な拘束力を持った証拠をつかみ、個人ではできない証拠集めをしてくれるのが、外部に依頼することの大きなメリットです。

4-3.調査だけでなくその後の相談もできる

浮気の悩みは調査が終わればそれで終了となるわけではありません。調査の結果によっては、その後、裁判をしたり離婚契約へと進んだりしなければならない場合もあります。個人で調査をしていると、浮気の事実をつかむことだけで精一杯となりますが、プロに依頼すれば、今後のことも踏まえたうえで調査をしてもらうことが可能です。裁判や離婚交渉の際に有利となるような証拠集めや報告書作りもしてもらえます。特に、慰謝料請求は知識のない個人で行うことは簡単ではありません。裁判を起こすのも1人ではどうすればよいか迷ってしまいますよね。また、浮気相手と会うだけでも人によっては大きな負担となるものです。そのうえ、自分に有利な形で示談交渉をすることは素人だと非常に苦労します。その点、知識も経験もあるプロに依頼すると負担も軽くなり安心です。

浮気を改心させるために!証拠集めは専門家に依頼しよう


隠れて逢瀬を重ねる浮気の現場や証拠を押さえることは、素人にとって難しいものです。明確な証拠を集められれば、相手に見せて浮気を改心させるきっかけを作れる可能性もあります。また、離婚などに進み裁判を起こすことになった場合でも、証拠は大切です。今後、どのような選択をすることになっても重要な存在となる証拠を確実に押さえたいなら、専門家への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気の最新記事