MRブログ

浮気を否定されたらどうする?証拠を集めて不倫を認めさせよう!

夫や妻に浮気の疑いがあって問い詰めると、ほとんどの人が始めに否定をします。不倫を認めさせて謝罪させたり、離婚したりしてお金を受け取りたいと思った場合には証拠が必要です。ここでは、浮気に関しての証拠の重要性や効果のある証拠とはどのようなものかについて解説するとともに、証拠を集める際の注意点についても紹介していきます。

1.なぜ証拠を集めるべきなのか


浮気と不倫、どちらもパートナーがいながら他の異性に引かれて関係を持つことをいいますが、厳密な意味の違いはありません。一般的に浮気は婚姻の有無や肉体関係の有無にかかわらず用いる言葉で、不倫は結婚している人が他の人と肉体関係を持つ場合に用いられることが多いです。配偶者の浮気や不倫を知ると多くの人がショックを受け、心を乱し感情的になります。しかし、後のことを考えると冷静に証拠を集めることが大切だといわれているのです。ここからは配偶者に浮気や不倫の疑いがある場合の、証拠を集める必要性について紹介していきます。

1-1.夫婦関係を再構築するのに使える

浮気や不倫をした配偶者は問い詰められたときに焦り、必死になって隠そうとします。このとき証拠がないと否定して隠し通すかもしれません。証拠があれば相手に提示することによって、浮気を認めさせることができます。自分が離婚するつもりはなく夫婦関係を再構築するつもりの場合、証拠が重要になります。証拠がないと実際には浮気をしていても、口では否定し、裏で浮気相手との関係を清算したりバレないで浮気を続ける方法を考えたりするかもしれません。なにより、浮気の事実がわからないままでは常に疑いの心を抱き、夫婦間の信頼関係は築けず、関係の再構築は困難となります。

浮気した本人も証拠を提示されたことにより浮気を認めざるを得なくなり、浮気の理由が軽い気の緩みや魔が差した程度の場合は、後悔してやり直そうと謝罪してくるのがほとんどです。また、浮気が明らかになったことにより本人が罪悪感を抱き後ろめたい心情となり、夫婦や家庭関係の修復に前向きになると考えられています。浮気事案では夫婦関係や家庭関係を修復するためには、証拠は重要なものとなります。

1-2.離婚請求が認められやすい

配偶者が不倫をした場合に、どうしても許せないという人も多くいることでしょう。そうした場合に考えるのが離婚です。離婚には3種類あります。お互いに納得して離婚届に署名と印鑑を押して役所に提出する協議離婚と、互いの言い分について調停員を交えて話し合い、離婚の合意に繋げる調停離婚。そして、相手が離婚に応じないときに裁判を起こして離婚を成立させる裁判離婚です。配偶者の不倫が理由での離婚は、世間体や社会的な地位を守るために不倫した本人が離婚したくないと主張することがあり、調停離婚や裁判離婚となるケースが多くあります。

調停離婚になった場合には、不倫の確固たる証拠を持っていることで離婚の請求が認められます。また、話し合いがこじれ裁判になった場合でも不倫の証拠があることによって夫婦関係破綻の原因となり、裁判で有利にはたらくのです。さらに次項で詳しく紹介しますが、離婚が成立して慰謝料を請求する場合にも証拠があれば有利に進められます。

1-3.慰謝料請求で有利に進められる

配偶者の不倫によって離婚が成立した場合に、不倫された人は配偶者と不倫相手に慰謝料を請求できます。不貞行為を伴う不倫は、不法行為の一種であると民法709条に規定されているからです。不法行為は人の権利を侵害する行為で、証明されて認められれば法律違反となり罰せられます。不貞行為は一人ではできなく相手があっての行為ですので、相手にも損害賠償請求ができるのです。2人の行為を不貞行為と認めさせるには、当然ながら証拠が必要となります。証拠があれば50万円から300万円程度の慰謝料を請求することができます。逆に証拠がなく配偶者が不倫を認めなければ、慰謝料請求ができなくなる場合がほとんどです。

1-4.配偶者からの離婚の請求が認められにくい

配偶者の不倫が発覚し、その後不倫した配偶者が離婚を迫ってくるケースもあります。離婚は生活を一変させます。夫婦関係というのは戸籍だけではなく税金や財産、家族や親族にも大きな影響を与えていて、離婚するとなると人生までも変わってしまうからです。特に子どもがいる場合には自分だけの人生ではないので、たとえ配偶者が不倫をしても離婚には踏み出せない人もいるのです。

不貞行為は離婚の理由にはなりますが不倫された側が離婚を求めずに、不倫した配偶者が離婚を迫ってきた場合には裁判所が離婚を認めることはほとんどありません。これを「有責配偶者」からの離婚請求問題といいます。不倫した側の身勝手な行為のせいで夫婦関係が破綻したにもかかわらず、要求どおりに離婚を認めてしまっては、あまりに不公平ですよね。不倫した人を有責配偶者と証明するためには、不倫の証拠が決め手となりますので証拠集めが大切となるのです。

2.使える証拠とは


配偶者が不倫をして裁判や示談交渉で有利となる証拠は肉体関係を証明するもの、性行為を確認できるものや、それを推測できるものとなります。例えば、異性とのメールやLINEのやり取り、食事や買い物時の写真などは直接肉体関係を立証するものではありませんので、不貞行為とみなす証拠にはならないのです。実際に不貞行為として使える証拠で多いのが、ラブホテルや相手の家に出入りする写真やビデオ映像です。写真の場合は滞在時間がわからないため、複数枚の写真が必要となります。

また、メールやLINEのやり取りであっても、肉体関係をもったとわかる内容のものは証拠として有効です。ラブホテルの領収書も滞在時間が書いてあるものが多いので、証拠となります。浮気調査を探偵社に依頼し調査後にもらう報告書は、調査のプロフェッショナルによるものなので不倫の証拠としては有効です。

3.証拠を集める際の注意点


配偶者に浮気の疑惑が浮上し証拠を集める際に注意するべきことは、配偶者にばれないようにすることと不貞行為としての使える証拠を集めることです。ここで具体的に解説していきます。

3-1.配偶者にばれないようにする

誰の力も借りずに自分だけで配偶者の不倫の証拠を集めようとすると、配偶者にばれてしまうリスクが高まります。一緒に暮らし生活を共にするなかで、ちょっとした変化にも勘付いてしまう可能性があるからです。浮気の証拠を集めていることがばれると警戒心を持たれてしまい、決定的な証拠はすぐに処分されるなどして証拠を集めづらくなります。具体的な証拠集めの方法として携帯電話やスマートフォンを確認したり、スマートフォンに浮気調査のアプリケーションをインストールしたりする方法があります。GPS機器を配偶者の車やバイク、カバンに仕掛けて置くのも有効です。

3-2.使える証拠を集める

配偶者の不倫によって証拠を集める際には相手に言い逃れをさせない、裁判で使える証拠を集めなければ意味がありません。使える証拠とは肉体関係を証明できるものでなければなりませんが、これを相手にばれないように素人が集めることは至難の業です。ついぼろが出てしまい、怪しまれることがほとんどです。また、証拠は1つでは不確実とされることがあります。例えば、2人でラブホテルに入った写真を撮ることに成功したとしても、前述したように写真の場合はラブホテルから出てきた写真も必要になります。

2人でラブホテルに滞在した時間、肉体関係を持てるだけの時間ホテルに滞在していることが重要となるからです。こうした複数の証拠を集めるのは難しいので、浮気調査の専門家でもある探偵に依頼することをおすすめします。

浮気の疑いがあったら証拠を集めよう


配偶者に浮気の疑いが浮上した場合、証拠が重要となります。証拠を集めることで裁判や示談交渉を有利に進められるからです。しかし、証拠は裁判所で認められるものでなければなりません。配偶者が相手と肉体関係を持ったことを証明できるものでなければならないため、自分で証拠を集めるのが難しい場合は探偵事務所に依頼しましょう。浮気はした方が100%悪くなります。証拠を手に入れて有利に戦うことをおすすめします。

カテゴリー: 不倫の証拠, 浮気調査   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

不倫の証拠 | 浮気調査の最新記事