MRブログ

男はなぜ浮気をする|浮気に至る理由とは

彼氏や夫に浮気をされて辛い思いをするという女性の方は世の中にはたくさんいます。現にこの記事を見ているあなたも浮気をされた被害者ということもあるでしょう。

「自分はこんなにも愛しているのに」「あんなに愛情を注いでいたのになぜ裏切られたの」と思っている方もいるのではないでしょうか。

確かに自分という存在がありながら、他の人と関係を持っていたと考えると憤りを感じてしまうのも仕方のないことです。どうして男は浮気をしてしまうのかが気になることと思いますので、この記事では男が浮気をしてしまう理由や対策をご紹介していきます。

男はなぜ浮気をするのか

まず疑問となってくるのは「なぜ男は浮気をするのか」ということです。なぜ男は浮気をしてしまうのでしょうか。様々なパターンをご紹介していきます。

ストレスが溜まっていたから

仕事をしている間に上司から文句を言われたり、仕事で行き詰まってしまった時にはストレスを感じることもたくさんありますし、仕事だけでなく家庭でも妻に細かいことを指摘されたり、価値観の違いから不満を感じていることも多々あるのです。

そんなストレスを発散するために浮気をするという人がいます。浮気相手であれば妻とは関係ないので家庭での不満や愚痴をこぼすこともできますし、浮気相手と同じ職場なのであれば仕事に対する不満も共感してもらうことも可能です。そのため「この人は自分のことをわかってくれるんだ」と感じ、満足感を覚えます。そこからどんどん深い関係になってしまうため浮気に発展してしまうことがあるのです。

身体の関係を求めて

付き合い始めて時が経てば性行為をすることも増えるでしょうが、女性の方からすればそれだけをしたいわけではないと感じ、だんだんと回数が減ることもあります。しかし男性は性欲も満たしたいので性行為の回数が減っていくことに不満を感じてしまうのです。

そんな時自分の性欲を満たしてくれる存在が欲しいと感じてしまい、浮気をしてしまうこともあります。浮気相手であれば都合のいい時だけ会えば良いだけですので、面倒なことにもなりにくいため割り切った関係というのを簡単に作れるのです。

割り切った関係であれば相手に結婚を迫られることも少ないですし、本気になる可能性も少なくなります。そうなればパートナーにバレそうになってしまった時には簡単に別れることができますので、うまく言い逃れをすることが可能になってしまうというメリットが生まれるのです。

この性欲を満たしたいという気持ちは妻が妊娠をして性行為が行えない時にも芽生える感情ですので、妊娠している時にも気が抜けません。

自分の存在価値を感じたい

ずっと一緒にいればだんだんと一緒にいるということに慣れてくるため、最初の頃のようなドキドキは無くなります。そうなれば相手に対してそっけない態度をとってしまうことが増えたり感謝を口に出すことが少なくなるでしょう。

そのような状況にあると男性はプライドが強いために、「自分のことを必要としてくれない」と思うことがあります。本当ならもっと頼って欲しいし、日々の勤労を褒めて欲しいのです。しかし、「男性が働くのは当たり前だ」と思ってしまうことによって最初は感謝されて保たれてきていたプライドが崩れてしまいます。

そんな時職場の女性に仕事のことで頼られたり、褒められたりするととても気分も良くなり「この人は自分のことを必要としてくれている」と感じます。家庭にいる時よりも満足感を感じてしまうことにより、好意を寄せてしまい浮気に発展してしまうこともあるのです。

寂しかった

今までは2人で過ごす時間もあったし一緒にいることで満足感を得ることもできていたことと思いますが、子供ができればそうはいきません。子どもがいると妻は子どもにつきっきりになることが多くなります。食事のお世話だったり、オムツを取り替えたり、寝かしつけたりと構ってもらえる時間は少なくなることが必然です。

そうなってしまうのは仕方ないのですが、少なからず男は寂しさを覚えることでしょう。そんな寂しさを埋めるために浮気相手を作り、どうにか自分の寂しさを紛らわせようとします。そのため本気の恋というものにはなりにくくはなりますが、浮気は浮気なので許せることではありません。寂しかったのであれば一緒に育児に参加してもらえればそのような寂しさを和らげることが可能です。

結婚していないカップルだった場合は会えない期間が長くなると浮気をされることがあります。結婚していないと同棲をしていない場合も多いので一方が忙しくて会えない期間というものができてしまいます。そんな時に1人でいることに寂しさを覚えてしまうと浮気相手に逃げてしまうのです。

小さい頃から誰かに構ってもらうことが癖になっているため人間は構ってもらえないことに不満を覚えやすくなっていますので、寂しさを感じてしまうことは浮気の理由になってしまいやすくなります。

結婚をしていないから

結婚をしてしまえば今までよりももっとお互いのことを尊重して、良好な関係を作っていくようになることとは思いますが、結婚をしてしまうと今までよりも自由がなくなってしまうと思う方もいらっしゃいます。そのため結婚をする前に遊んでおきたいと思ったり、責任が生まれていない夫婦ではない関係のうちに浮気をしてしまうのです。

「結婚をしていないのだから大丈夫だ。」などと考えている人は少なくはないため、結婚をする前に浮気をしておいて都合が悪くなれば別れてしまうということができるので、結婚前最後の遊びと考える人もいます。結婚をする時には綺麗さっぱり別れてしまえば妻にバレることもありません。一瞬の楽しみのために浮気をする人が存在するということなのです。

彼女、妻との関係が良好でない

「最近彼女、妻との関係がうまくいっていない」「家庭ではケンカばかりで気が合わない」など一緒にいることに不満を感じている人はそのストレスから解放されようと他の女性に逃げていきます。

確かに良好でない関係の人と一緒にいても楽しいことはないでしょうし、一緒にいる意味を感じなくなってしまうことでしょう。1人の友達と仲が悪くなればまた別の友達と遊ぶようになるのと同じようなことなのです。妻や彼女との関係が悪化すれば他の女性と関係を持てば自分の不満を忘れてしまうこともできてしまいます。

単純に気が合わないという理由で家庭での関係が悪くなっているという場合には、まず長時間一緒にいることが向いてない相手だった可能性もありますので結婚をする際にしっかり見極めることが必要です。

自分のことを理解してくれる相手だったから

現在の妻が自分のことを理解してくれていたとしても、マニアックな趣味に対して「それは本当に必要なの?」などと言われてしまうと不満が溜まることもあります。確かに意味があるのかと聞かれたらはっきりと答えられるか分かりませんが、趣味にお金をかけることは何よりも楽しいことなので簡単にはやめられません。

そんな時にマニアックな趣味に対して「素敵な趣味ですね。いいことだと思います!」なんて女性が現れたらこの人は自分のことを理解してくれる人なんだと思ってしまいます。そうなればその人と仲良くなることもあるでしょうし、好意を寄せてしまうことだって無いわけではありません。

だんだんと仲を深めていくうちに妻といるよりも自分の趣味に理解があるため一緒にいて楽しいと思い、浮気にまで発展してしまうこともあるのです。

同窓会で好きだった人と再会した

同窓会というのは小学校や中学校など小さい頃の思い出を共に過ごした友人たちと再会をする場ですが、過去に好きだった人や元カノとも再会をする場にもなります。そうなれば昔のことも思い出し懐かしむこともありますし、好きだった人との思い出も蘇るでしょう。

好きだった人が昔より綺麗になっていたなんてことになれば気持ちが傾いてしまうようなこともありますし、まだ好きだったなんて言われたらドキドキしてしまうことも避けられません。ここで自分には恋人がいると踏みとどまれる人ならば良いですが、踏みとどまることができずに好きということを受け入れてしまい浮気に至る人もいます。

以前恋人だった人ともなればお互いのことを少しは知っているわけですので関係を深めていくこともそんなに難しいものではありませんので、関係が発展していくことは時間の問題となってしまうのです。

気が合うことで楽しかったから

現在の恋人を好きになったのは顔がタイプだったり、相手の優しさに惚れ込んだなんて場合もあるでしょう。いざ付き合ってみたら好きなものや話が合わずすれ違いを感じてしまうということもあります。「確かに好きなんだけどなんか違うなぁ」と生活に不満を感じているところで友人などにとても話が合う人がいたらどうでしょうか。現在の恋人よりも話が弾み、好きなものが同じだと生活していて相手に対して気を使うこともないので気が楽になります。

今までの恋人とは相手の好きなものに合わせ自分の好きなものを我慢していたとなれば、とても満足感を得られることでしょう。そんな満足感からこの人と一緒にいる方が楽しいと感じるためにだんだんと好きになってしまい、最終的には浮気の関係になってしまうということもあるのです。

浮気をされるのは自分にも非がある

浮気をしてしまう人が悪いというのは明確な事実ではありますが、原因を女性自身が作ってしまっていたという場合もあります。

自らが浮気をさせる原因を作ってしまうとはどういうことなのかご紹介していきます。

ストレスを溜めさせてしまった

旦那が家庭で会社の不満をぶちまけるということもありますが、愚痴をたくさん聞くのは心地の良いものでは無いためイライラしてしまうこともあるかと思います。そんな時に「私に言わないでよ!」などと怒ってしまうと旦那さんはストレスを溜め続けなくてはいけないです。

日々のストレスは誰かが聞いてあげれば少しでも心が軽くなるため、他の人に話すことになるでしょう。そんな時異性に聞いてもらうという行動に出た場合には「この人は自分の話をしっかりと聞いてくれるし、気持ちも楽になる」と感じてしまいます。そうなれば家庭にいるときと比較すれば、その人と一緒にいたいと思ってしまうこともあるので浮気になってしまいます。

旦那さんが不満を言わずに他の女性に逃げてしまったのが当然1番悪いことなのですが、最初に奥様がしっかりと聞き入れてあげていればこのような行動に出ることがなかったというのもお分かりいただけるでしょうか。何気ない一つの行動で相手に浮気をさせる理由を作ってしまうこともあるのです。

感謝の言葉などをかけなかった

男性にはプライドがあるという話を先ほどもしましたが、そのことと同様なのですが旦那への感謝がなくなってしまうと浮気につながってしまいます。例えば家庭で初めの頃は妻に「お疲れ様」とか「いつもありがとう」と言ってもらえていたでしょうが、時が経つにつれて慣れてくることから「当たり前」と思い感謝の気持ちも薄れていってしまうことがあるでしょう。

そうなれば男性は少しでも良いので褒められたり感謝されたりしなくなったことで不満を感じてしまいます。そんな時に職場で頼られて感謝されたり、友人から自分の詳しいことに関して聞かれ感謝をされれば気持ちが良くなるのです。職場で頼られたとなればお礼としてご飯に行こうなどと自然な流れになることもあり、親密な関係になっていくということもあります。

慣れてきたというのは一緒にいる時間が長くなったからこそ起こることですが、だからといって感謝の気持ちなどを忘れてしまえば男性の方も不満に思うのです。何気なくしてしまっていた行動が相手を浮気の道へと導いてしまっているということもあります。

構ってあげなかった

子供につきっきりになってしまえば寂しく思う男性の方も多いでしょう。子どもが生まれる前は2人で一緒に買い物に出かけたり、遊びに行くことも簡単にできていたのに現在では子どもを気遣うことでそんな自由も無くなってしまったなんてことを感じてしまうのです。

実際子どもができてから妻がつきっきりになってしまうことは当然といえば当然のことだと分かっているのですが、それでも寂しいと思ってしまい他の女性と遊んだりと浮気をしてしまうのです。家庭にいれば家族がいるので寂しいこともなかったはずなのに、家庭が寂しいものとなってしまえば他の場所に移ってしまうこともあるのは当然でしょう。

実際子育てを手伝えば良い話だとは思うのですが、奥様に「これはこうやるんだ!やり方が違う!」などとやり方を指摘されると手伝う気持ちもなくなり、結果的に子育てに参加できず退屈になってしまうのです。

簡単に怒ってしまうより初めは優しく教えてあげていくことが関係を良好に保っていくためには必要なこととなってきます。

性行為を拒み続けた

人間にとって性欲というものは食欲と睡眠欲と並ぶ三大欲求だと言われていますが、そのように大きな欲求を制限されてしまったら不満がどんどん募っていくのは当然のことだと分かるでしょう。食事をずっとできなければイライラしてしまうこともありますし、睡眠を十分に取れていないと身体的にきつく思い通りに動けないこともあります。そのように性欲が満たされていないと精神的に不満が募り、他の女性でその不満を解消しようとしてしまいます。

妊娠をしているなどやむを得ない場合もありますが、相手の性欲を放置し続けると知らないうちに他の女性と関係を持たせてしまうこともあるのです。確かに気分が乗らないという日もあるとは思いますのでそのような日は拒んでしまっても良いでしょう。しかし毎回のように拒んでしまっていると相手の欲求は限界に達してしまうということを覚えておいてください。

自分はそんなことをするために付き合っているわけではないと思っても相手にとっては重要な愛情表現であり、愛を確かめるための大切な行為なのです。

浮気をさせないためにはどうするのか

浮気をされてしまうのは自分のせいである場合もあると説明しましたが、やはり浮気は良いものではないためされてしまったら気分は良くありませんよね。

それでは事前に浮気が防げればそのような気分にもなることがありませんので浮気を防止する方法をご紹介いたします。

浮気の境界線をはっきりさせる

「そんなもの異性と関係をもったら浮気だろう」と思った方もいるでしょうが、浮気の境界線は人によって違います。浮気自体を取り締まる法律もないため浮気というのは個人の価値観で境界線が決まってしまうのです。

例えば、「異性と遊んだ時点で浮気だ」という人もいれば「性的なことをしていなければ浮気ではない」という人もいます。どちらが正しいということもありませんし、どちらが間違っているというわけでもないのです。

このようなズレは夫婦やカップルの間でも起こってしまいます。男性側は「遊ぶだけなら浮気にはならない」と思っていても女性が「2人で遊んだら浮気だ」と思っていた場合、女性から見てしまえば浮気になってしまうということは分かるでしょう。

これが起こってしまうのは事前に「どこからが浮気なのか?」という境界線を2人の間で共有していないからなのです。どこからが浮気かということを明確にしているカップルであれば「あれは浮気だと思わなかった」という境界線のズレから起きてしまうケンカは防ぐことができます。

なので事前に2人の間でどこからが浮気なのか、どこまでは浮気ではないのかということをしっかりと把握し一致させておくことが大切となるのです。

なんでも話し合える関係を作る

日々の生活の愚痴を聞いていて「そんなこと私に言わないで!」とか「愚痴ばっかりうるさい!」などと言ってしまうこともあるかと思います。確かにマイナスな感情の話を聞いていることは辛いこともありますし、イライラしてしまうこともうなずけますが相手は「このような話をするのはやめよう」と思うようになるでしょう。

そうなれば心を許していたはずのあなたにも話せないことができてしまうので、誰か他の人に相談をするしか心のストレスを発散する方法がなくなってしまいます。男同士で相談をするということもありますが、真面目な回答が欲しかったり真剣に考えて欲しいという時には女性に相談をするときもあるでしょう。

このような些細なきっかけから女性との関係が生まれてしまうこともあります。不満を吐き出すために定期的に会うようになってしまえば、相手の女性や男性自身に恋愛感情が多少芽生えてしまう可能性があるのです。

「あの人は自分の話をよく聞いてくれるから一緒にいたい」や「いつも家庭では話せないことを話せるため楽な気持ちになれる」という気持ちが生まれてしまえば浮気に走ってしまうのも時間の問題となります。

そのため2人の間では何でも話せるという関係を作っておくことが重要です。嫌な話を無理に聞けとは言いませんが、多少の愚痴などはしっかりと聞いてあげましょう。相手の愚痴を全て拒絶していたら心が離れてしまう原因となってしまいます。

相手のことを尊重する

「親しき仲にも礼儀あり」というようにしっかりとお互いのことを尊重し合うようにすることで浮気をされる確率は下げることができます。いくら好きな相手だからといって毎日雑な扱いをされたり、感謝の気持ちを持たれなかったりすると不満が生まれてくることもあるのです。

例えば相手のことを思いやってした行動に「あ、そう」と冷たく言ったり、毎日苦労して稼いでくれていることに対して「当たり前でしょ?もっと稼げないの?」なんて言ってしまえば嫌気がさしてきてしまうことも当然ですよね。もし自分が同じ立場になってそんなことを言われたらと想像するとよく分かります。

男性は特にプライドが高いのにそんなことを言われてしまえばたまったものではありません。まず怒るでしょうし一緒にいることも嫌になってしまうこともあります。そうなればだんだんと自分から心が離れていってしまうことも普通のことですよね。

一緒にいる生活に慣れてきてしまうと確かに雑な扱いになってしまったり、最初の頃にしていたような感謝を忘れてしまうこともあるでしょうが、良い関係を保っていきたいのであれば旦那さんや彼氏がどのような苦労をしているのかということを知った上で、多少は労ってあげることが大切となってきます。

少しでも2人きりの時間を作る

夫婦になってしまえば毎日一緒にいるから2人きりの時間なんてたくさんあると思うかもしれませんが、この場合はそのような家にいる2人の時間ではなく外に出て買い物をしたり遊ぶ時間を設けるということが大切となります。家にいるだけでは新しい刺激を得ることはできませんし、日々と変わらないためつまらないと感じてしまうのです。

毎日家では一緒にいますがたまに「今日遊びに行こうよ」と誘われればとても新鮮な気分にもなりますし、仕事の疲れを癒すことができることもあります。遊園地などに行って羽目を外して騒ぐということをしない限りは仕事に疲れを残してしまうということもありませんので、仕事に支障が出ない程度に遊べば良いのです。

例えば外に出て綺麗な景色を見に行くだけでも良いですし、ストレス発散に軽い運動をしに行っても楽しい気分を味わえます。休みの日にずっと家にいては景色なんかも変わることはないですし、趣味ではない限り特別運動をするということもないでしょう。

普段はしないことをちょっとでもすると特別な気分にもなりますし、2人でいることに充実感を感じます。それだけでも浮気を防ぐことが可能なのです。

日常に新鮮さや刺激がなくなってしまえば「この人と一緒にいてもつまらない」と思ってしまうことで新たな刺激を求めて浮気をしてしまいます。確かに浮気相手とは家で過ごすこともないので新鮮な体験ができることは多いので楽しいと感じてしまうこともあるでしょう。そんな新鮮な体験を旦那や彼氏にも与えられれば、浮気相手とでなくても楽しいと思わせることができるため浮気の防止に繋がるのです。

束縛をしすぎない

束縛をされることは大切にされていることと感じることもありますが、いき過ぎた束縛は自由を奪うこととなり不満を感じさせる原因となってしまいます。

例えば異性と会うことを禁止されるならまだしも、同性の友人と会うことさえ制限されてしまえば飲み会など楽しめることも減ってしまうためとてもストレスとなるでしょう。実際に自分がそのようにされたら嫌ですよね。そのような現状から逃げ出そうと思ってしまうこともあるかと思います。

その現状から逃げる方法の一つとして浮気をしてしまうのです。浮気相手からは束縛を受けることもありませんし、とても自由な生活を送れることでしょう。そのため束縛されているという現状よりも多少自由がある方が浮気はされにくくなるということです。

必要最低限で束縛することを悪いこととは言いません。「異性と2人で遊びに行かないで」とか「異性が飲み会にいるなら報告はしてね」など小さなものなら相手もさほど不快には感じませんし、自由がないと思うこともなくなります。そうなれば他の女性に逃げて行くということもなくなるので浮気が防げるのです。

浮気をされた人が取る行動

浮気に対する措置を取っていたとしても浮気をされてしまうことを100%避けることができるとは言い切れません。世の中には様々な人がいるため対策が効く人もいれば効かない人もいるのです。

もし浮気をされてしまった時にはどのような行動を取ることが正解なのでしょうか。

なぜそうなったのかを聞く

なぜ浮気をしてしまったのかという動機をまずは確認するようにしましょう。そうすることで先ほどご紹介させていただいた自分に非があった浮気なのか、相手が主体となって行った浮気なのかを知ることができます。

浮気の動機を知った上であれば許せることなのか許せないことなのかということも判断することができますので、相手の気持ちを理解しないまま別れてしまうということは防ぐことが可能になりますし、自分は今後どのような行動を取れば浮気の対策が取れるのかわかるのです。

なのでまずは全ての内容を聞くことがその後の関係に大きく関わってきます。

距離を置く

浮気が発覚した際には怒り、悲しみ、焦りなど様々な感情が入り乱れることと思いますが、そんなたくさんの感情の中で冷静に話を進めて正しい判断を下すということはほぼ不可能と言えるでしょう。

そのためすぐさま「浮気をされた!早く別れたい!」なんてことを言い出してしまうこともありますが、ここはグッと我慢をして冷静になるまで時間を取ってください。しかしこの時に相手が近くにいると怒りを思い出してしまうこともありますので一度距離を置くことが必要となります。

このように距離を置いた上で冷静を取り戻せた上で話し合いをすることで本当に好きだった人と別れ、後に後悔をするということは防ぐことが可能なのです。

復縁をする

相手のしてしまったことを受け入れしっかりと話し合った上で復縁をすることを決める人もいるかと思います。しかし復縁をするにも簡単なことではありません。一度浮気をされ裏切られてしまっているわけですので、簡単には今までの信頼を取り戻すことも難しくなります。

別にそんな心配はないと思うかもしれませんが、一度浮気をされているため不安な気持ちというものも生まれやすく精神的に安定しなくなってしまうということもあるのです。些細なことも気になってしまいますし、もう一度浮気をされてしまったら冷静さを保つどころの話ではなくなります。

そのため復縁をする際にはしっかりと約束事などを決め、信頼関係を再構築していくことが何よりも重要になってくるのです。

別れる

もし話し合った時などに相手のことをとても許すことはできない、信頼を取り戻すことはできないと思ってしまったら別れるという決断をすることになります。

苦渋の決断となるかもしれませんが、自分のストレスとなってしまっていた浮気をされていたということがなくなるだけで気持ちはとても楽になることもあるので、思い切って別れてしまうことも悪い決断ではないです。別れてしまった直後には後悔が残ってしまうこともありますが、時間が経つとだんだんとその気持ちも薄れていきます。

うまく別れる方法としては徐々に距離を置いていくことでお互いの気持ちにも距離を作っていき、数ヶ月後に別れるようにすれば好きだったという気持ちがピークに達している状態で別れるということはなくなるので後悔は大きくなくなるのです。

まとめ

どうして男性が浮気をしてしまうのかということに関してご説明してきましたが、女性自身に非があって浮気をされるということもあるのはおわかりいただけたでしょうか。

様々な理由で浮気をされてしまうのですが許せる浮気と許せない浮気があるということです。そもそも浮気は良いことではないので全て許せるわけではないのでそこは自分の価値観で決めていただけると最善の判断を下すことができるかと思います。間違った決断をしてしまい後悔のないようにしてください。

カテゴリー: 女性の不倫, 浮気調査, 離婚   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

女性の不倫 | 浮気調査 | 離婚の最新記事