MRブログ

浮気の証拠写真はどうやって撮るの?探偵の撮影方法や準備するものを紹介!

配偶者が浮気をしている事実が明らかになった場合、ただ問い詰めただけでははぐらかされたり、逆ギレされたりしてしまうおそれがあります。相手に浮気を認めさせたいのなら証拠を集める必要があり、中でも効果的なのが証拠写真です。
そこで、この記事では浮気調査を検討している人の参考になるように、証拠写真や映像の撮り方や注意点などについて解説していきます。

1.証拠写真はどうして必要なの?


たかだか浮気を認めさせるのに証拠集めをするのは少し大袈裟なのではないかと思う人もいるかもしれません。
しかし、浮気をしている配偶者にその事実を認めさせるのは意外に大変です。証拠なしで話をしても、相手が頑なに浮気を否定して平行線を辿るケースが多いのです。
そして、相手が浮気を認めないと大抵の場合、話がこじれてしまいます。感情的になって激しい口論に発展したり、離婚までするつもりはなかったのに別れようという話になってしまったりといった具合です。
仮に、浮気の事実が明らかになれば慰謝料を請求したり、相手の離婚請求を棄却したりといったことも可能なのですが、明確な証拠がなければそれも難しくなってしまいます。

そこで問題となるのが、どのようなものがあれば相手に浮気を認めさせることができるかです。
たとえば、比較的調べやすいものに浮気相手との通話記録やメッセージなどがあります。ただ、これらは浮気をしている状況証拠にはなっても、離婚できるほどの根拠にはなりません。異性とのメールやLINEのやり取り、食事や買い物時の写真などは直接肉体関係を立証するものではありません。
一方で、浮気の決定的瞬間をとらえた写真やビデオ映像があれば、話は変わってきます。証拠写真や映像を見せられた場合、相手は浮気を認めざるを得なくなってしまいます。もちろん、離婚や慰謝料請求の根拠にもなりますし、逆に、こちらが離婚したくない場合は相手からの離婚請求を拒否することも可能です。

また、メールやLINEのやり取りであっても、肉体関係をもったとわかる内容のものは証拠として有効です。ラブホテルの領収書も滞在時間が書いてあるものが多いので、証拠となります。浮気調査を探偵社に依頼し調査後にもらう報告書は、調査のプロフェッショナルによるものなので不倫の証拠としては有効です。

2.証拠となる写真とは


もし、相手が浮気をしたという理由で離婚や慰謝料請求をする場合は、不貞行為の証拠が必要となってきます。そして、その証拠としては浮気の現場を撮影した写真が最も確実です。ちなみに、不貞行為とは内縁関係を含む配偶者や婚約者が、それ以外の異性と性交渉を行うことを指します。ただ、現実問題として、性交渉をしている写真を撮影するのは極めて困難です。そこで、次善の策として、「状況的に考えて相手と肉体関係があるとしか思えない写真」を用意することになります。

具体的にどのようなものかというと、代表例として挙げられるのが浮気相手と一緒にラブホテルに出入りしている写真です。ただし、一度だけでは性交渉を行った証拠としてはやや弱い面があります。実際、写真が証拠として提出されたにも関わらず、不貞行為とは認められなかった判例もあるのです。したがって、万全を期すのなら、ラブホテルに出入りしている写真を2回以上撮影したいところです。そして、ホテルでの滞在時間が長ければ長いほど強力な証拠となります。

次に、ラブホテルと並んで浮気の証拠として良く用いられるのが、浮気相手の自宅に2人で出入りしている写真です。ただし、自宅の場合はラブホテルと違って直接性行為に結び付かないため、不貞行為の証拠とするには5回以上出入りしている写真が必要となります。その際、強力な補強証拠となるのが、手をつないでいたり、キスをしていたりする写真です。もちろん、性行為そのものが写っていればこれ以上ない証拠となります。極めて稀なケースですが、過去に例がないわけではありません。ちなみに、その場合でも配偶者の顔がはっきりと写っていなければ言い逃れの余地ができてしまうので注意が必要です。

3.証拠にならない写真とは


世間一般の感覚でいえば、配偶者以外の異性と手をつないだり、キスをしたりするのは立派な浮気です。しかし、法律のうえでの不貞行為は性交渉を意味しているため、それらの写真だけでは浮気の証拠とはなりません。また、浮気相手の自宅に配偶者だけが出入りしている写真も同様です。なぜなら、家に浮気相手とされる人物はいなかったと主張された場合に、それを覆すことができないからです。

それなら、ラブホテルに2人で入る写真なら証拠として十分だと考えるかもしれませんが、実はこれにも落とし穴があります。入った写真だけでラブホテルから出ていく写真がない場合、「確かにラブホテルには入ったが、入っただけですぐに出ていった」などといった言い逃れをする余地ができてしまいます。したがって、ホテルに入る写真だけでは不貞行為の証拠としては十分ではないのです。

4.写真を撮るための張り込み方法


浮気の証拠写真を撮影するには張り込みが不可欠です。ただ、張り込みをするという行為には意外と難しい面があります。そこで、証拠写真を撮る際にはどのようにして張り込みをすればよいのかについて説明をしていきます。

4-1.ラブホテルの場合

張り込みの段取りは、浮気現場がどこなのかによっても変わってきます。まず、ラブホテルに張り込む場合は対象者の移動手段を事前に調べておくことが大切です。なぜなら、徒歩でホテルに入るのか、それとも自動車で駐車場に入るのかによって張り込みの段取りが変わってくるからです。いずれにしても、移動手段に応じて出入り口を確認し、撮影スポットを確保する必要があります。また、2名以上で張り込む場合は、可能であれば1名が待合室などのホテル内で見張りをするのがよいでしょう。そうすれば、ホテル内部での2ショット写真が撮影できますし、もし予定外の場所から対象者が出ていった場合でも外で待機している人に伝えることができます。

それから、撮影スポットはなるべく高い場所を確保するようにしましょう。ラブホテルの多くは入口に暖簾や高い壁で目隠しをしているので、撮影スポットが低いと建物に出入りする決定的瞬間が撮影できません。ホテルの向かいに雑居ビルがある場合はそこを利用して、障害物より高い位置から撮影するのが賢明です。それから、ホテルの駐車場で張り込みを続けるときは、従業員に怪しまれないようにするのも重要なポイントです。ホテルの駐車場は監視カメラを使って従業員がチェックしており、長時間車内に留まっていると立ち退きを求められるケースがあります。

そういう場合は「デリヘルを待っている」などといって時間を稼ぐという手もありますが、必ずしもそれが通るとは限りません。どうしても駄目な場合は一人がチェックインし、もう一人が後部座席に隠れて監視を続けるという形になります。

繁華街にあるようなラブホテルなどと比べて、山の奥まったところや田舎にぽつんとあるようなモーテル型のラブホテルは、非常に厄介です。モーテル型のラブホテルの場合、部屋がそれぞれ独立しており、駐車場も部屋専用のものが用意されています。出入口が通常のラブホテルと違って個別であるため、張り込みが非常に難しいのです。また、駐車場と部屋の入り口にはカーテンなどで囲まれているところが多いため、部屋に入る瞬間を撮影することは、入念に準備したとしても不可能に近いです。モーテルから車が出るタイミングで写真や動画が撮れたとしても、薄暗くて顔が写らないことの方が多いでしょう。

よって、車に乗り込む前と、車から降りるタイミングを逃さないように撮影することが大切です。ただ、モーテルから出ていくタイミングや、車で送迎したあとに降車するタイミングでは、他の人の目を気にして非常に警戒心が強くなってしまいます。尾行に気付かれてしまうリスクも大きくなるため、慎重に浮気調査を進める必要があるでしょう。調査対象の行動パターンが読めていない状況であれば、違う機会に証拠を集めるのも1つの手です。

4-2.愛人宅の場合

愛人宅で張り込みをする場合は敷地外から対象者が出入りするのを撮影することになります。そのため、玄関が外から見えるかどうかをよく確認したうえで撮影スポットを決める必要があります。ただ、愛人宅がマンションやアパートだった場合、外からでは玄関のドアが見えないというケースも少なくありません。そのときはエントランスの出入りを撮影できるポイントを探すことになります。また、出入り口の場所や数を確認し、それを踏まえたうえで張り込む場所を決めるのも重要なポイントです。

さらに、忘れてはならないのが愛人宅の場合は、証拠を確かなものにするためにラブホテルと比べてより多くの写真が必要だという点です。そのため、できるだけ人目に付かないポイントを確保することが大切になってきます。

5.うまく証拠写真を撮影するためのポイント


隠し撮りの写真はただ撮影すればそれでよいというわけではありません。たとえ何枚写真を撮影したとしても、それが証拠として使えなければ意味がないのです。
証拠は「いつ」「どこ」で会って不貞を行ったかというもの。日付入りで写真・ビデオなどで確実に二人が写っていると認識できるものが必要です。よく、携帯の写真などでご自身で撮影する方もいますが、手ブレをしていたりぼやけていたりして一見わかりづらいものだと認められない場合もあります。
そこで、証拠能力の高い写真を撮影するためのポイントについて紹介していきます。

5-1.顔をはっきりと写す

浮気調査において、写真が証拠として認められるためには写っているのが誰なのかが判明できることが条件となります。たとえば、後ろ姿だけの写真だと、体型や髪型がそっくりだったとしても別人だと主張されるおそれがあります。ピンボケ写真なども同様です。そのため、動かぬ証拠だと主張するためには顔がはっきりとわかるように撮影する必要があるわけです。ただ、建物へ入っていくときは後ろ姿しか撮れなかったというケースも少なくありません。その場合は出てくるときに正面から撮影するようにしましょう。そのうえで、2枚の写真を照らし合わせれば、後ろ姿の写真も同一人物であると証明することは可能です。

5-2.時間の記録を残す

撮影の際には、カメラの時間設定を正確な時刻に合わせておくことも大切です。なぜなら、それによってホテルや愛人宅などでの滞在時間を割り出せるからです。もし、写真に表示されている時刻と実際の時刻が大きく食い違っていた場合は写真の証拠能力自体が疑われるおそれがあります。それを避けるためにも、撮影前に正確な時間を表示しているかを確認しておく必要があります。また、現代ではほとんど見かけなくなりましたが、万が一、手持ちのカメラに時刻表示機能そのものがないという場合は、張り込みを行う前に新しいカメラを用意しておくようにしましょう。

5-3.どの場所にいるかわかるようにする

いくら鮮明な写真でも、どこで撮影したのかわからなければ確かな証拠とはいえません。たとえば、2人の顔をアップで撮影し、背景がほとんど何も写っていないというケースです。浮気現場の証拠写真は場所を特定できて初めて意味があるのだということを忘れないようにしましょう。したがって、撮影をする際には、ラブホテルの看板などの周りの景観も一緒に写しておくことが大切です。ただし、ビジネスホテルやマンションなどの場合は、建物だけではなく、部屋を出入りする場面も撮影しておきたいところです。

6.張り込みや証拠写真の撮影に必要なもの


浮気調査の張り込みは長時間に及ぶため、周辺住民に怪しまれたり、対象者に気づかれたりするリスクが高くなります。そのリスクを回避するために必要なのが作業服とカラーコーンです。現場作業をしているように見せかけることで、警戒の目は弱まり、長居がしやすくなります。また、カメラを持ち歩いていると、やはり警戒されてしまうので、それを隠すためにカメラサイズの箱やタオルなども用意しておいたほうがよいでしょう。それから、万が一、対象者に目撃されても素性がばれないようにするには、変装のための服や小道具なども欠かせません。

一方、撮影のために必要なものとして挙げられるのが小型の三脚とバッテリーです。大型の三脚は目立つのでNGですが、小型のものであれば定点カメラを設置する際に役に立ちます。それから、張り込みの途中で充電は難しいのでカメラはもちろん、携帯電話の予備バッテリーも用意しておくのが無難です。さらに、張り込みの最中は動けないことが多いため、十分な量の水や食料も用意しておいたほうがよいでしょう。

7.証拠写真は自分で撮影できる?


浮気の証拠写真を個人で撮影するにはさまざまな困難が伴います。まず、夜間でも相手に気づかれずに顔がはっきり写るように撮影するには専門のスキルが必要です。それに、ラブホテルなどの出入り口をピンポイントで押さえるのは素人では困難です。なにより、社会人の場合は時間的制約から長時間の張り込み自体が不可能だという問題があります。
さらには、ホテルなどに潜入するときは対象者に顔を知られていると常に気付かれるおそれがあるので危険です。したがって、潜入などの行為は対象者に顔を知られていないほうが容易だといえます。
また、友人知人に相談しているうちに、証拠を撮ってあげるよという流れになることもあります。この場合もやはり素人による調査には限界があります。それどころか、車で尾行をと意気込んだ結果、事故を起こしてしまうということも。また、発覚してしまうと友人まで巻き込んだ人間関係の崩壊も考えられます。

8.うまく撮影するために探偵がやっていること


探偵は素人にはない独自のスキルを有しています。たとえば、浮気調査の場合は夜間や照明の暗い建築物の中で撮影しなければならないケースが多いのですが、探偵はそうした事態に備えて、性能の良い一眼レフカメラや暗闇でも撮影できる暗視スコープカメラなどを用意しています。また、ターゲットに接近しての撮影も可能なように、ペンや腕時計と一体化している小型のカモフラージュカメラなども仕込んでいるのです。このように、多様なカメラを持ち、状況に合わせて使い分けられるのが探偵ならではの強みです。

さらに、探偵は変装をしたうえで対象者に接近して撮影したり、ビデオカメラのみ設置して張り込んだりするなど、さまざまなテクニックを駆使しています。その中でも、特に大きな効果を発揮しているのが車載カメラを搭載した車両での張り込みや尾行です。ちなみに、車載カメラとはドライブレコーダーとも呼ばれるアイテムで、走行中の記録を録音録画する機能があります。この車載カメラを作動させながら車で尾行を続ければ、その間の対象者の行動はすべて証拠として押さえられるというわけです。

9.探偵に依頼する際にはどんな準備が必要?


素人では証拠写真の撮影が困難だと判断した場合は、専門家である探偵に依頼するという選択肢があります。その際に準備しておくものとしてはまず、対象者の写真が挙げられます。それも、本人確認がしやすいように、なるべく最近のもので容姿のはっきりとわかる写真を選ぶことが大切です。
次に、対象者が使っている車やバイクなどの情報を提供します。具体的には車種・色・ナンバーなどです。同時に、生活パターンや勤務場所、勤務終了時刻などといった対象者自身に関する情報も提供します。

そのうえで、証拠が得やすいような状況を設定します。たとえば、旅行や出張という口実で長期間家を空けるのです。そうすることで、対象者は油断をし、証拠を得やすくなるというわけです。

証拠写真の撮影はプロに任せよう!


素人が浮気の証拠写真を撮影するのは困難です。相手に顔を知られているので気付かれる可能性が高いですし、同じ場所で長時間張り込みをしていると不審者に間違われてしまいかねません。それに、暗闇や相手に気づかれない離れた場所から証拠能力の高い写真を撮影するのにはかなりのテクニックを必要とします。
自分で浮気の証拠を並べたところで逆ギレされたり、関係をさらに悪化させるだけで、メリットは何もありません。一方、専門家へ浮気調査を依頼すると、確かなノウハウや高度な撮影機材をもって確実に事実を明らかにすることができます。そして、いったん事実をつかんでしまえば、その後の対応も明確になってくるでしょう。もし、「パートナーが浮気しているのではないか」と気になっているのならば、いつまでも悩んでいることはありません。思い切って専門家へ依頼し、浮気調査をしてみましょう。

監修 岡田真弓

株式会社MR
代表取締役社長
岡田真弓

監修:岡田 真弓 
総合探偵社MR代表

2003年 株式会社MRを創業。浮気調査、家出調査など、家庭内の悩みを女性目線で解決し、業界注目のカウンセラー制度を創設。
2008年、探偵の専門的な技術の向上と育成を目指しMR探偵学校を開校し、学長に就任。2017年、一般社団法人日本ライフメンター協会を設立し、理事に就任。
現在、ラジオ日本にて毎週火曜日23:15~放送中の『岡田真弓の未来相談室』にパーソナリティとして出演中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

浮気調査の最新記事