浮気調査浮気調査を相談するときのポイント!目的やタイミングは?

探偵事務所に浮気調査の相談をしたいけれど、どのようなところかよく分からずためらっているという人は多いのではないでしょうか。相談するときは、まずは調査の目的を明確にすることが大切です。また、良質な探偵事務所を選ぶためには、いくつか押さえておきたい注意点があります。そこで、ここでは、探偵事務所に相談すべきタイミングや相談のポイント、注意点などについて紹介していきます。

浮気調査の相談をするタイミングは?


浮気調査を相談する適切なタイミングは、相談者の性格や状況によって異なります。たとえば、配偶者が浮気をしていると気づいたときに、動揺していつもどおりの態度がとれないという人であれば、早めに相談すると良いでしょう。なぜなら、相談者が動揺することで浮気に感づいたことに気づかれてしまうと、相手は警戒して行動するようになり、証拠を掴みにくくなってしまうからです。もちろん、感情的になって問い詰めたりするのもいけません。

冷静に行動できる人であれば、状況証拠を掴んでから相談するのが良いタイミングです。浮気の状況証拠には、浮気相手との通話履歴やSNS上でのやりとりの記録、不審なクレジットカードの使用明細やレシートなどがあります。これらを写真にとったりコピーしたりして保全したうえで、探偵に相談すると良いでしょう。

ただし、このとき最大限に注意したいのが、証拠を探していると配偶者に気づかれないようにすることです。気づかれてしまうと、警戒して浮気相手と会うのに慎重になったり、会うこと自体をしばらく止めてしまったりする恐れがあります。そうなってから探偵に調査を依頼しても、うまく証拠を得るのは難しいでしょう。なお、自分で証拠を集めるのが厳しいのであれば、無理をしてはいけません。できる範囲で情報を集め、探偵に相談するようにしましょう。

浮気調査の相談をする目的を明確にしよう!


探偵に浮気調査を相談する目的は、大きく次のふたつに分かれます。それが、「有利に離婚するのに必要な証拠を集めるため」と「証拠をつきつけて諫め、相手と別れさせて夫婦関係を再構築するため」です。探偵に相談するときは、調査の目的がどちらであるかを明確にしておく必要があります。なぜなら、具体的に決めないままで探偵に調査を依頼すると、浮気が明確になってからどう対応して良いかわからず、行動できないことがあるためです。

なお、離婚をする場合とやり直す場合とでは、求められる証拠の精度は異なります。離婚を希望する場合は、確たる浮気の証拠が必要です。もし、証拠を突きつけても相手が離婚を承諾しない場合は、裁判までもつれこむこともあるでしょう。裁判では「行為を匂わすメール」「浮気相手からの着信履歴・受信履歴」程度では、不貞行為の証拠として認められない可能性があります。裁判で浮気を証明するためには、浮気相手と継続的に肉体関係があったことが明確にわかるものが必要だからです。

たとえば、浮気相手とホテルに出入りしている写真・動画や性行為をしている写真・動画などであれば、離婚裁判で証拠と認められる可能性は高いでしょう。また、それに加えて、継続的な関係があるとわかるSNSや電話でのやりとりの証拠などもあることが望ましいです。証拠はひとつでは不十分で、複数用意することが求められます。裁判で使える証拠がほしい場合は、はじめに探偵にそう伝えることが大切です。

相談のポイント1:カウンセリング

配偶者の浮気の証拠がほしいときは、探偵事務所にいきなり調査を依頼するのではなく、まずは相談してみましょう。探偵事務所の多くは初回の相談に無料で応じていますし、些細に思えるような内容にでも対応しています。たとえば、配偶者の様子を話して浮気をしている可能性が高いか判断してもらうことも、配偶者に話をどう切りだせば良いかアドバイスを求めることもできます。もちろん、具体的な調査方法や調査にかかる費用の概算など実務的な相談をすることも可能です。

探偵事務所によっては、調査員のほかに「離婚カウンセラー」や「夫婦カウンセラー」などの資格を持ったカウンセラーが在籍していることもあります。浮気の問題はとてもデリケートなものですので、相談するのもつらいということもあるでしょう。また、離婚するべきか再構築するべきか決断できないこともあります。カウンセラーがいれば、相談者の気持ちに寄り添って精神的な面まで含めて適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

また、なかには、調査報告書を提出したあともカウンセリングをして、依頼者のケアに努めている探偵事務所もあります。なぜなら、依頼者にとっては、報告書を受け取ってからどうするかが重要だからです。浮気調査の結果を受けて速やかに行動しなければなりません。しかし、覚悟はしていたものの、証拠の写真や映像を見て衝撃を受け、どうして良いかわからなくなるというケースもしばしば起こっています。そこで、カウンセリングによって依頼者の心をケアしたり、必要な専門家を紹介したりといったアフターフォローを行っているのです。

相談する探偵事務所を選ぶときは、有資格者のカウンセラーがいたり、アフターフォローが充実していたりすることがひとつのポイントとなるでしょう。なお、相談したからといって必ず契約しなければいけないことはありません。

相談のポイント2:料金体系

探偵に依頼すると決めている場合は、まずは見積もりを取ることが大切です。1社から見積もりを取っただけで、すぐに契約してはいけません。必ず複数の探偵事務所から相見積もりを取るようにしましょう。これは、事務所によって調査方法も料金体系も異なるためです。同じような依頼内容でも、事務所によって大きく料金が変わるのは珍しいことではありません。

なお、事務所によって見積書の書き方は異なりますので、注意しましょう。見積書に必要な費用をすべて記載し、追加料金は一切発生しないというところもあれば、記載するのは基本料金のみでさまざまな追加料金が必要というところもあります。また、着手金とは別に成功報酬を請求するところもあるのです。見積書の金額だけで判断して契約したら、あとからどんどん追加費用が加算されて高額な料金を請求されたということがないように、見積書の内容はよく確認する必要があります。

まず、提示された料金のほかに、追加料金が発生するかどうかをしっかり確かめることが大切です。追加料金が発生すること自体は、必ずしも悪いことではありません。なぜなら、調査の状況次第では予定外の行動に迫られ、費用が発生することもあるからです。大切なのは、どんな状況で追加料金が発生する可能性があるのかを明確にすることでしょう。特に、ほかの事務所と比較して極端に見積もり料金が安いところは要注意です。調査をするのに必要な機材や車両をオプション扱いにして、追加費用として高額な料金を請求してくる可能性があります。

成功報酬制を採用している事務所も注意しましょう。なぜなら、信頼できるまともなところがある一方で、信用すべきでない悪質な探偵事務所も存在するからです。悪質な事務所では、次のようなトラブルが問題となっています。

・着手金や調査費用を受け取っておきながら、いつまで経っても調査結果の報告をしない

・証拠として認められないような曖昧な写真を撮って成功とする

・証拠が得られなかったにもかかわらず、調査期間中に浮気がなかったから成功とする

成功報酬制の事務所と契約する場合は、成功条件を明確にして契約書に明記してもらう必要があるでしょう。

料金に関して不明な点や疑問に思う点があれば、遠慮せず尋ねることが大切です。もしもはぐらかされたり、明瞭な説明が得られなかったりするようであれば、その事務所と契約するのは止めておいたほうが良いでしょう。浮気調査は費用がかかります。見積もりの内容が明確で、安心して相談できる事務所かどうかを判断することが重要です。

相談のポイント3:調査員との相性

調査員との相性は、意外に重要なポイントになります。なぜなら、浮気調査はプライバシーにかかわるデリケートなものだからです。調査を依頼するのであれば、依頼者は、夫婦関係などごくプライベートなことも正直に話さなければなりません。担当の調査員との相性が悪ければ、正直に相談する気になれなかったり、思うような意思の疎通がはかれなかったりして、調査に支障が生じる恐れがあります。

調査が短期間で済むケースでは、調査員とそれほど頻繁に連絡をとる機会はあまりないでしょう。しかし、浮気調査は往々にして長期間に及ぶものです。期間が長引くほど、調査員と打ち合わせをしたり報告を受けたりする機会が訪れます。浮気調査を依頼している時期は、配偶者の裏切り行為によって精神的に参っていることが多いものです。そのようなときは、合わないと感じている相手と連絡をとって話すこと自体が苦痛になりかねません。そのため、探偵を選ぶ際は、人柄に問題がないか、相性が良いかどうかをチェックすることが大切です。

なお、実績豊富で優れた専門知識を有する調査員であれば、性格的な相性がどうであっても、依頼者に配慮した適切な対応をとることができます。実績のある探偵事務所を選ぶのもひとつの方法でしょう。

浮気調査の相談で注意したい点


探偵事務所のなかには、高額な料金を請求したり調査を十分に行わずに費用を請求したりするなど、悪質なところもあるのが実情です。浮気調査の相談や依頼をするときは怒りや混乱で冷静な判断ができなくなっていることが多く、悪質な事務所に引っかかってしまう可能性が高いです。できるだけ冷静になり、次の点に注意して選ぶようにしましょう。

・誇大広告を出して依頼者集めをしていないか

・提示されている料金が安すぎることはないか

・探偵業届出番号、探偵業届出証明書があるか

・無料相談で契約を急かしたりしないか、質問に親身に答えてくれるか

誇大広告とは、「証拠は必ずつかみます」「調査の成功率は100%です」など、過大な表現を使っている広告のことです。しかし、どんな調査であっても必ず成功するということはあり得ません。このような広告を出している探偵事務所は、一見頼もしく思えますが、誠実とはいえないでしょう。また、事務所の公式サイトなどに表示されている料金が、相場からみて安すぎる場合も注意が必要です。あとから高額な追加請求をされる可能性があります。

探偵は、開業の際には都道府県に届け出なければなりません。これは、探偵業法という法律で義務づけられていることです。もしも、探偵業届出番号や探偵業届出証明書が公式サイトや事務所にないのであれば、その探偵事務所は届出を行わずに営業している可能性があります。探偵は資格や免許が必要な職業ではありませんので、届出番号や証明書があれば安心というわけではありませんが、ひとつの目安になるでしょう。

無料相談のときに、親身に相談にのってくれるかどうかも判断のポイントとなります。良心的な探偵事務所では、相談者の悩みや話を詳しく聞き、どうすれば良いか適切なアドバイスをしてくれます。場合によっては、相談者が勘違いしている疑いが濃厚で「浮気の可能性が低く、おそらく調査の必要はない」という助言がされるケースもあるのです。しかし、詳細な話も聞かず、悩んでいる相談者に「早くしないと気づかれて証拠を消されてしまうかもしれませんよ」などといって契約を急かすケースもあります。このような探偵社では、信頼して任せるのは難しいでしょう。

また、調査員や相談員の感じが良く、親身にアドバイスにのってくる探偵事務所であっても、料金についての明確な説明がないところは要注意です。探偵事務所の料金体系には、実際の調査にかかった時間に応じて料金が決まる時間料金型や成功したときに報酬の支払いが発生する成功報酬型などがあり、どれを採用しているかは事務所によって異なります。どこまでを基本料金に含み、どこからが追加料金になるのかも違うでしょう。その事務所の料金体系がどのようなもので、契約すると調査費用が総額でいくらになるのかといったことをわかりやすく丁寧に説明してくれるかどうかも、大切なポイントです。

浮気調査の相談はタイミングやポイントを押さえよう!


配偶者の浮気に気づいたら、適切なタイミングで探偵事務所に相談することが大切です。確たる証拠もないまま、感情的になって相手を問い詰めることは避けましょう。探偵事務所に相談するときは、丁寧なカウンセリングがあるか、納得のいく料金か、調査員との相性は良いかといったポイントに注意し、信頼できるところに依頼しましょう。

監修:岡田 真弓 
総合探偵社MR代表

2003年 株式会社MRを創業。浮気調査、家出調査など、家庭内の悩みを女性目線で解決し、業界注目のカウンセラー制度を創設。
2008年、探偵の専門的な技術の向上と育成を目指しMR探偵学校を開校し、学長に就任。2017年、一般社団法人日本ライフメンター協会を設立し、理事に就任。
現在、ラジオ日本にて毎週火曜日23:15~放送中の『岡田真弓の未来相談室』にパーソナリティとして出演中。

MR探偵事務所の浮気調査はこちら

浮気調査・不倫調査動画

MR探偵事務所ではみなさまに探偵をより身近に感じていただき、探偵調査のことを知って頂くために[YouTube]チャンネルを開設して浮気調査・不倫調査の調査動画も配信しております。万が一お困りの時になったら探偵という選択肢を知って頂ければと思います。

【浮気調査】二人の男と不倫?探偵の尾行映像を特別公開!第一弾

【浮気調査】不倫旅行を追跡!! 名探偵の調査映像特別公開!第二弾

【浮気調査】同級生で不倫!?[探偵の調査映像を特別公開!第三弾

田村 淳
24時間 365日 相談・見積もり無料!
まずはお気軽にご相談ください。