MRブログ

旦那の浮気を許したいけど許せないときにするべきこと

信頼していた夫に浮気をされていた…そんなショックから少し時間が経ち、「旦那の浮気を許したいけど許せない」と悩んでいる方。
とても辛い時期かと思いますが、夫の浮気を「許したい」と考えている時点であなたは前へ進んでいます。
この記事では、旦那の浮気を許したいのに許せない!という方に向けて、旦那の浮気を許し、心の傷を少しずつ癒す方法について解説。また、浮気を許すメリット、デメリットなどについても紹介していますので、まだ心の整理がついていないという方もぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

本当に許して大丈夫?まずは自分の気持ちを確認


愛する人の浮気…とても大きなショックだと思います。
しかし浮気をされたショックを隠し、無理に彼の過ちを許そうとしていませんか?
自分の生活のため、自分の子供のために離婚しない、慰謝料請求しないという選択をする事は確かに大切です。しかし自分の気持ちに嘘をついてまで旦那の浮気を許す方がいいというわけではありません。
もちろん心の中ではつらいけれど彼のことを許したいと考えている方も多いかと思います。ですがまずはこの記事を読む上で、「本当に旦那のことを許していいのか」「自分は本当に何のことについて許したいのか」について最初に考えていくべきかと思います。
ここからは旦那の浮気を許すメリット、許さないデメリットについて見ていきます。
まずはこのメリット、デメリットを確認し、自分の気持ちがどうなっているのかを確認していきましょう。

浮気を許すメリット

まずは、浮気を許すメリットについてです。損得勘定で浮気を許すかどうか決めるのに抵抗のある方もいるかと思いますが、自分の気持ちに整理をつけるため、ひとまず確認してみてくださいね。

夫婦仲修復のチャンスがある

浮気を許すメリットの中で最も大きなものは、今後結婚生活を続ければ夫婦仲を修復するチャンスがあるということです。もし一度離婚という選択をすれば、もう永遠に夫婦仲を元に戻すチャンスはないかもしれません。
しかしどんな形でも結婚生活を続ければまた関係変化のチャンスはめぐってきます。今は言葉にもできないほどのショックを受けているかと思いますが、旦那のことを愛しているのなら、関係修復のチャンスにかけるという選択も有効です。

これまで通りの生活が出来る


次は生活面での話です。現在の旦那と離婚しなければ、よくも悪くもこれまで通りの生活が続くこととなります。現在専業主婦やアルバイトなどで生活をしている方にとって、配偶者と別れてしまうのは大きな問題。
また子供がいる方にとっては、やはり「離婚が子供に悪影響を与えるのではないか」と不安になってしまいますよね。ひとまず離婚をしなければ、今まで通りの生活を続けることが出来ます。
生活のために一度浮気をした旦那と暮らすと言うのも大変ですが、もしどうしても辛ければ今後離婚という選択肢を考えていけばいいこと。ひとまず浮気を許し、様子を見るという選択も賢明です。

夫より優位な立場になれる

状況にもよるのですが、旦那の浮気を許せば、旦那は「一度悪いことをした人」となり、妻であるあなたに対して強い態度が取れなくなります。
家庭内の力関係だけのために離婚の是非を決めるのは問題ですが、もし現在夫に対し「自分の言いたいことを言うことができない」「夫の許可がなければ美容室にも行けない」という方にとっては大きなチャンスでとなります。
もちろん力関係が逆転したからと言って、ここぞとばかりに女王様振る舞いをするのはトラブルの元。しかし現在、自分の自由が奪われていると感じる方であれば、浮気を許すメリットは大きいでしょう。

浮気を許すデメリット

ここからは、浮気を許すデメリットについて見ていきます。浮気を許したからといって、全てが解決するわけではありません。まずはデメリットを確認し、「本当に浮気を許すべきか」考えてみましょう。

ずっと不安がつきまとう

「一度浮気をした人は、今後も浮気を繰り返す」という話を聞いたことがある方も多いかと思います。その言葉通り、旦那が再び浮気を繰り返す可能性もありますから、一度浮気をされるとずっと不安な気持ちで生活を送らなければいけません。
また、浮気をされたことであなた自身が疑心暗鬼になり、旦那の行動についていちいち不安を感じるかもしれません。旦那が休日出勤になるたび、浮気が発覚したあの日のことを思い出し、夫に対し「また浮気をしているんじゃないの」と無理に問い詰めてしまうこともあるでしょう。
今はひとまずショックが落ち着き、大丈夫だと思っても、こうした不安はこれからの結婚生活にずっとつきまといます。もちろん、夫婦関係の修復さえ上手くいけばいいのですがもし失敗した場合、今まで以上に辛い生活になってしまうかもしれません。

つらい記憶がフラッシュバックする


浮気を許したと思っていても、浮気をされた瞬間の辛い記憶がふとした時によみがえってくることがあります。浮気の証拠を見つけてしまった時の気持ち、浮気の現場を目撃した時の気持ち…旦那の浮気が原因となったショックなシーンは数えきれないほどあるでしょう。
ふとした瞬間にその時の気持ちや情景を思い出し、人によっては涙が出てしまうこともあります。
夫がそのあなたの姿を見て、一層の信頼回復に努めてくれれば良いのですが、性格によっては「妻が苦しんでいるから離婚した方が良い」と考える人もいます。
このデメリットも、夫婦関係を無事修復できれば収まってきますが、やはりどれだけ旦那が浮気を反省していても、浮気のショックを忘れるには相当な年月がかかってしまいます。

気持ちに反して浮気を許すのはNG!

以上、浮気を許すメリット、デメリットについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。特にデメリットを読み、「やっぱり夫の浮気を許さない!」と考えた方もいるかと思います。しかし生活のことなどを考えると、やはり離婚を思いとどまってしまう人が多いのも事実。今後のことを考え、自分の本当の気持ちを押し込めてしまうという方もいるのではないでしょうか。
しかしこのメリットデメリットを読んで「夫を許したい」という気持ちが無いと気づいたなら、自分の気持ちに向き合い、離婚に向けた話し合いを進めていくべきでしょう。
もし気持ちに反して無理やり浮気を許したりしても、本当に許したいという気持ちが無ければその後の夫婦関係もなかなかうまくいきません。夫婦関係の修復が上手くいかなければまた浮気などの問題が起こってしまう可能性もあります。
まずは自分の中に、今まで一緒に暮らした夫を許したい気持ちがあるかどうか、じっくり考えるようにしましょう。

浮気を許すべき人の条件

浮気を許すデメリットを見たけれど、離婚しようかどうかやっぱり迷っているという方も多いでしょう。離婚を迷うのは、心のどこかで「まだ結婚生活を続けたい」という気持ちがあるということの証明。
ここからは「浮気を許した方が良い人の条件」について解説していきますので、ぜひ今後の選択に役立ててくださいね。

旦那さんのことを愛している人


旦那が浮気をしたかどうかを抜きにして、「やはり旦那のことを愛している」という方は浮気を許し、結婚生活を続けたほうが良いでしょう。
離婚後、まだ旦那のことを好きだったのにその場の勢いで別れてしまったと後悔する方もたくさんいます。そういった後悔を防ぐためにも、まだ夫を愛しているという方は出来る限り浮気を許す方向で考えていきましょう。

夫婦関係に問題があった人

旦那が浮気をした原因として、あなた自身に原因があると考えられる場合、旦那の浮気を許した方が良いかもしれません。専業主婦にもかかわらず家事をほとんどやっていなかった、夫に対しひどい態度をとっていた、あなた自身に浮気の経験があるなど、自身に原因があるなら夫の浮気も1度の過ちとして許すべきかもしれません。
自分が原因で浮気が起こったと考えるのであれば、今後結婚生活を続ける中であなた自身の問題を改善し、旦那との関係をより良くしていきましょう。旦那もそんなあなたの姿を見れば、浮気心は収まってくるはずです。

旦那さんと話し合いが出来る人

旦那さんに浮気をされたショックは大きいものですが、あなたと旦那さんの関係性から考えて今後冷静な話し合いができる、と言う方は旦那を許すことも視野に入れるべきです。
旦那さんと冷静に話をする中で、「なぜ浮気をしたのか」「今までの結婚生活のどこが問題だったのか」を把握することができます。
話し合いの結果、関係を修復し、結婚生活を続けられると考えるなら旦那の浮気は許し、これからの二人について考えていきましょう。

許したいという気持ちがある人

ここまで旦那さんの浮気を許すべき人の条件について見てきましたが、1番大切なのは許したいと言う気持ちがあるかどうか。今まで挙げた条件に当てはまっていなくても、心のどこかに「夫のことを許したい」という気持ちがあるなら、ひとまず離婚は保留としておいた方がよいでしょう。
離婚は、想像以上に大きな決断です。旦那さんの浮気が発覚した現在、とても辛い気持ちかと思いますが、もしこのまま離婚してしまうと大きな後悔につながるかもしれません。
許したいけど許せない…そんな気持ちを抱えている方はここから先の記事も参考にしてみてくださいね。

旦那の浮気、許したいのに許せない心理

旦那の浮気を許したいと思っているのになかなか許すことができない…そんな辛い気持ちを抱えていませんか。
まずはなぜ許したいと気持ちがあるのに今も旦那さんのことを許せていないのか、その心理について見ていきましょう。今は浮気をされたショックで考えがまとまらず、頭がぐちゃぐちゃの状態だと思います。まずはこの心理についてチェックし、自分の気持ちを整理してみましょう。

再び浮気されるかもしれないから

浮気を許せない心理の中には、旦那が再び浮気をするのではないか…と言う不信感があります。特に浮気発覚後も旦那さんからまともな謝罪がない場合や、もともと浮気癖のある旦那さんなどの場合、申し訳なさそうな顔をしていても簡単に旦那さんのことを信用できるわけではありません。
旦那がまた浮気をするかもという不安から、彼のことを許せていない人は、「どんな時でも旦那さんと一緒にいたいのか」と考えることをおすすめします。
浮気を繰り返す人は何度でも繰り返します。もし再び浮気をされても、やっぱり旦那さんと一緒に結婚生活送りたいと思うのか、まずその点について自分の気持ちを考えてみましょう。
「今後何があっても夫と一緒にいたい」と感じるなら迷うことはありません。旦那さんと話し合い、夫婦関係の修繕に向けて動き始めましょう。

裏切られたショックが収まらないから

信頼していた旦那さんに裏切られたショックは大きく、とても数日で収まるようなものではありません。
そのため気持ちが混乱し、まだあなた自身が旦那を許すと言う結論を出せる状態にない可能性があります。浮気されたショックのあまり今後の事についてまともに考えられない…という方はしばらく時間が過ぎるのを待つことをおすすめします。
もちろん離婚調停などに発展した場合のことを考えればなるべく決断を急いだ方が良いでしょう。しかし、まだ迷う気持ちがあるのにことを急ぎすぎるのはトラブルの元。
まずは後悔のないように自分の気持ちを整理することが一番大切です。一度裏切った夫を許すかどうかは、未来のあなたが決めればいいこと。まずは自分の気持ちを落ち着けることに力を注ぎましょう。

傷ついた自分自身に申し訳ないから


なかなか旦那の浮気を許せない心理として、「傷ついた自分自身をないがしろにしていると感じる」という心情があります。
浮気をされたショックは大きく、発覚直後はまともな生活を送れなかったという方もいることです。それほど傷ついた自分自身に対し、「もしこのまま相手の浮気を許してしまったら傷ついた自分の心がないがしろにされるのでは…」と感じることがあります。
しかし、旦那の浮気を許すも許さないも自分自身の心の問題。もしあなたが傷ついた自分自身に対し申し訳ないからと言う理由で、夫を許していないのであれば、もうこれ以上傷つく必要はありません。
許したいと言う気持ちがあれば許し、どうしても無理だと言うなら離婚も考えましょう。傷ついたかつての自分自身の事はなるべく考えず、今後自分がどんな生活をしたいか、旦那さんとどんな関係になっていきたいかについて、まずは考えてみましょう。

旦那の浮気を許すための心構え

ここからは、旦那さんの浮気を許すために必要な心構えについて説明していきます。浮気を許すには具体的な話し合いなどが必要となりますがまずはあなたの心構え。話し合いの中で喧嘩になり、夫婦関係がさらに悪化してしまうことが無いよう、まずは自分の心を適切な状態にしておきましょう。

過ちは誰にでもあると考える

浮気を許すためには、「過ちは誰にでもある」と考え、旦那さんが今どれくらい反省しているかを重視するようにしましょう。
30歳で結婚したとして、結婚生活はゆうに40年以上。そんな長い結婚生活の中で、夫婦関係が悪化してしまうことも時にはあります。今、浮気をされたショックで苦しむあなた自身も今後、夫婦関係を悪化させる原因になってしまうかもしれません。
まず過ちは誰にでもあるものだと考え、いったん心を落ち着けましょう。

これからのことを考える

浮気をされてしまったという事実より、これからの夫婦生活、これからの未来について積極的に考えるようにしましょう。
浮気をされた事は非常に大きなショックだと思いますが、今から過去を変えることはできません。愛する人の浮気を許したいと考えているのであれば、過去の事よりこれからの夫婦関係について考えてみましょう。

自分の問題を認める

もちろん浮気をした夫が最も悪いという事実は変わりません。ですが浮気に至った原因として、現在の夫婦生活に対する不満があるかもしれません。
もし自分の中で思い当たることがあれば、出来る限り改善するように心がけましょう。浮気発覚後、夫婦間の話し合いはお互い、責任の押し付け合いで終わってしまうこともよくあります。
なぜなら、自分に一切非はなく、相手が一方的に悪いことをしたと考える方がお互いに楽だから。しかし、浮気と言う結果になった以上、多少なりともお互いに原因はあります。
全く自分の問題がわからないという方もいるかと思いますが、少し心当たりのある方も多いはず。過去の自分を責めすぎる必要はありませんが、「旦那が浮気をしまうのも仕方なかった」と考えると、少し気持ちが楽になるかもしれません。

浮気を許すためにすべきこと7つ


ここからは浮気を許すためにすべきことについて解説していきます。
「浮気を許す」と決めても、そこからの日々は辛く、後悔の連続かもしれません。しかし、あなた自身がしっかりと考え、出した結論が「浮気を許し、夫婦関係を修復する」という事であれば、後はその目標に向けて走り続けるほかありません。
これから、不安のあまり眠れなくなったり、離婚しなかったことを後悔する瞬間も出てくるでしょう。しかし一度「許す」と決めたからには、なるべく自分の気持ちを落ち着かせ、心の傷を癒していくことが大切です。
ここからは旦那さんの浮気を許す方法について7つ、ご紹介していきます。この中のどれか一つでも、あなたの明るい未来のための糧として生かしていきましょう。

信頼できる人に自分の気持ちを伝える

浮気を許す前に、まずは自分の気持ちを落ち着けることが大切です。今まで述べてきた方法を実行してもなかなか精神的なショックは癒えないもの。
そんな時は家族や親友など、信頼できる人に自分の辛い気持ちをとことん伝えてみましょう。周りに話せる人がいない場合、心理カウンセラーなどの専門家に相談するのもおすすめです。
誰かと話すことで辛い心も少し楽になりますし、自分の今の状況について客観的に考えることができます。浮気を許したいのであれば、まずは気持ちを落ち着け、今の状況について考えることが大切。自分の気持ちを誰かに伝えることを、夫婦関係修復の第一歩としましょう。

旦那ととことん話し合う

ある程度自分の心が落ち着いたら、旦那さんとしっかり話し合うことが大切です。今後夫婦関係の修復に向けて必要なのは、浮気に至った原因をしっかりと探り、夫婦がお互い信頼し努力しあってこれからの生活を良くしていくこと。
話し合いで大切なのは、自分の意見を主張することではなくお互いの意見をありのままに受け止めること。
旦那に対して不満があれば冷静にそれを伝え、旦那があなたへの不満を言ってきてもまずはお互いの意見をただ受け入れるようにしましょう。
まずはお互いがどんな気持ちだったのかを伝えあい、「今後どんな風に夫婦関係を改善するか」について話し合いましょう。

旦那への愛情を思い出す


旦那さんの浮気を許したいと思っている人の多くは、まだ旦那さんのことを愛している人。一度裏切った人を許すためには、愛する人への気持ちを改めて思い出すことが大切です。結婚するとき、「どんなことがあってもこの人と一緒によう」と誓った人も多いはず。
かつての気持ちを思い出し、夫への愛情を再確認してみましょう。

同じ経験をした人の話を聞く

辛い気持ちを癒したい場合、同じような経験のある人の話を聞くことが有効です。
身近に同じ境遇の人がいなければ、インターネットや雑誌などで同じ経験をした方の体験記を読むと良いでしょう。
旦那の浮気を許したという人の考え方や心情を知り、「自分の場合はどうか」ということを考えてみましょう。浮気を許したことのある方からなら、あなたに合った「浮気の許し方」を教えてもらえるかもしれません。
特に具体的なアドバイスを得ることが出来なくても、自分と同じ経験を持つ人の存在は、あなたの心を励ましてくれます。
これまで自分1人で精神的なつらさと戦っていたという方も多いかと思いますが、同じ境遇の人に話を聞けば、少し気持ちが楽になるかもしれません。

浮気の原因について考える

これから夫婦関係を修復するには、浮気が起こった原因について夫婦2人ともが理解していることが必要です。
なかなか原因が見えてこない場合もあるかと思いますが、元々他人だった二人が一緒に暮らしていくうえで全く不満が無い、というケースはほとんどありません。
まずはお互いがそれまで持っていた不満を出し合い、浮気の原因についてきちんと話し合いましょう。
話し合いによっては浮気の原因があなたにもあるという結論が出るかもしれません。しかしどんな結論になったとしても、「浮気を許す」と決めたのならその原因を認め、今後浮気が再び起こらないよう問題を解決していくことが大切です。

とにかく時間をおく

いろいろ試したけど、やっぱり旦那のことを許せないという場合、とにかく時間をおいてみましょう。今は旦那の顔を見るだけで涙が出てくるような状態でも、時間をおけば次第に心は楽になっていくもの。
心の傷がいえるまでには時間がかかるものですから、夫を心から許せるようになるまで短くても一年、長ければ十数年かかる可能性もあります。しかし夫を許せない時間が長くなることは悪いことではありません。ただ日々が過ぎていくだけのように感じても、それはあなたの傷を癒すために必要な時間。「まだ浮気のことを気にしてるの」と誰かに言われたとしても、無理に気持ちを落ち着かせる必要はないでしょう。
どれだけ考え方を変えても心の傷が癒えない場合、とにかく時間がすぎるのを待つことをおすすめします。
一方で、どれだけ時間をおいても全く心が癒されない、という場合、精神的にかなり大きなショックを受けている可能性があります。その際は心療内科など専門の方に相談し、今後どうすればいいか聞いてみてくださいね。

これからどうなりたいかを考える

旦那の浮気を許すために大切なのは、「あなたがこれからどうしたいか」です。浮気を許す許さないという、目の前の問題だけでなく、あなたが旦那さんの過ちを許して、その後どういう生活を送りたいのかを考えてみましょう。
「2人で幸せな老後を過ごしたい」、「昔のように仲の良い夫婦でいたい」など、自分の望む未来を把握すれば、今自分がするべきことが見えてきます。
具体的な未来が思いつかなくても構いません。一年後の今日、どんな気持ちでいたいのか、五年後の今日、どんな夫婦になっていたいのか…ぼんやりとでも未来のことを考えてみましょう。
過去の事実だけでなく、未来のことに目を向ければ少し気持ちが軽くなります。少しずつでも良いので、彼との未来を想像してみましょう。

関係修復のためにできること


あなたが夫の浮気を許し、夫婦間の話し合いをしっかり行ったとしても、それですべてが解決するわけではありません。一度関係が悪化すると、そこから再び仲良し夫婦になるのは至難の技。夫婦お互いが「関係を修復したい」と思っていても、なかなか元通りにはなりません。
夫婦関係を修復していくには、具体的な行動が何より大切。まずはあなたの方から夫婦円満に向けて、一歩踏み出してみませんか?ここからは夫婦関係を再建する方法について具体的に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

浮気相手との関係を終わらせる

最初に必要なのは、旦那と、その浮気相手との関係を終わらせること。浮気が発覚した時点で関係が終わっているケースも多いかと思いますが、未だひそかに連絡を取り合っている場合もあります。
また、浮気相手が仕事を通して出会った女性である場合、関係を終わらせようとしても上手くいかないことがあります。
もし浮気相手と旦那がまだ別れていないなら、あなたから直接浮気相手に連絡を取る方法が最も確実です。「浮気を知っている」と相手に伝え、夫との関係を終わらせてもらうよう働きかけましょう。
しかし、浮気されたショックが大きすぎて、浮気相手と連絡を取るなんて到底できない、という場合もあります。そんなときは浮気相手と別れてもらうよう夫に頼み、「あなたとはプライベートで二度と会わない」「連絡してきたときは法的措置も考える」などの内容でメールを送ってもらいましょう。
このようにプレッシャーをかければ、浮気相手の方から夫に連絡してくる可能性は大きく減ります。そしてメールを送ってもらった後、本当に関係を終わらせたかどうか夫に聞き、再び浮気をしないよう気にかけておきましょう。

夫婦間でルールを決める

一度旦那に浮気をされた身としては、「また浮気されるんじゃ…」と不安な気持ちになってしまいます。
あなたの不安を軽減するため、また夫が再び過ちを犯さないようにするため、夫婦間で新しいルールを決めるという方法があります。例えば、「毎日1度は連絡を取り合う」や「出かける場所を必ず報告する」など、夫と話し合い、双方納得のいくルールを作ってみましょう。
もちろんルールの作りすぎは息苦しさにつながるのでNGですが、「連絡の頻度を高くする」、「帰ってくる時間を必ず伝える」などのルールは守っていけるのではないでしょうか。まずはルール作りを行い、夫婦間での連絡や会話を増やすことをめざしましょう。

浮気の原因を把握し、解決方法を決める

結婚前から浮気性、という方でなければ旦那さんが浮気をした原因がどこかにあります。夫婦間の話し合いで浮気の原因を把握し、解決方法を決めることが夫婦関係修復の大切な一歩。
原因を知ればそれを解決するための方法が分かり、具体的に今後どんな行動をすべきかが見えてきます。原因が分かるまでとことん話し合い、その解決方法についても意見を出し合う。これが夫婦関係を修復するために必要なステップです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。旦那の浮気を許したいけど許せない気持ち…本当に辛いですよね。心のショックを癒すためには時間が必要ですので、何もできない自分を責めるのではなく、どんな時間も自分と夫が幸せになるために必要だととらえ、前向きな気持ちを持ちましょう。
そして、浮気を許したい気持ちがあるのなら夫婦関係の修復に向け少しずつでも前進して行くことが必要です。ぜひこの記事を参考に、旦那さんとの今後の関係をより良いものにしていってくださいね。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秘密厳守!24時間対応します。

浮気問題のご相談はこちらから

まずは、いつでもご相談ください。

お電話、メール、LINE@どちらからでもご相談は無料です。
24時間・秘密厳守(セキュリティ対応)にて受け付けていますので、安心してご相談ください。

ご相談・お問い合わせフォーム

※携帯電話のメールアドレスをご入力の際は、0120128888.com のドメイン受信許可設定を行って下さい。メールを受信できない可能性があります。

ご確認の上、送信ボタンを押して下さい。

未分類の最新記事