浮気調査LINE(ライン)アプリでバレずに浮気調査をする方法とは?

「最近旦那のLINEをしている時の様子が違う・・・」
「彼氏のスマホを覗こうとしたら隠された・・・」

もしかするとそれは浮気や不倫のサインかもしれません。
特にLINEは凄まじいスピードで普及し、非常に気軽に使えるコミュニケーションツールとなりました。さらにプライバシー設定も充実していることから浮気や不倫をするのにうってつけのツールになっているというのも事実です。

今回の記事では、LINEを使った浮気や不倫を見抜く方法について解説をしていきます。便利なツールに隠れた欠点を突き、浮気や不倫の証拠を掴むことが可能です。

この記事の内容を実践して、パートナーが浮気や不倫をしていないかをチェックしてみましょう。

調査力とアフターケアのMR探偵社

LINEが浮気・不倫に最適なアプリの理由

以前までは主な連絡手段としてメールが使われていましたが、メールはセキュリティや構造の都合上、浮気や不倫をしていることが非常にバレやすかったです。

しかし、LINEの場合は浮気や不倫がバレにくい理由があります。逆に言えば、その仕組みを利用することで浮気や不倫を見抜くこともできるなのです。

ここでは、LINEでの浮気調査を攻略するためにまずLINEの特徴を解説していきます。

気軽に連絡先を交換できる

LINEは今や日常生活で当たり前に使われているチャットツールです。
LINEはQRコードなどで簡単に友達追加をすることができるため、非常に気軽に連絡先の交換をすることができます。これがLINEが浮気や不倫に最も効果的なツールであると言われている所以です。

合コンやナンパ以外の職場でもLINEの連絡先を交換するケースは近年非常に多くなってきています。

トーク履歴の削除が一瞬でできる

LINEでトーク履歴を削除したい場合、トーク一覧画面で消したい人の名前を左にスワイプすることで全てのトーク履歴を削除することができます。用心深い人は浮気相手とのやりとりをその都度削除している可能性が高いです。

「LINEを見せて!」と浮気を疑ったあなたが言いよったとしても、相手はこっそりとその場でトーク履歴を削除して証拠隠滅を図ろうとするでしょう。LINEは浮気や不倫がバレそうになった時でもすぐに履歴を削除することが可能なのです。
通知をOFFにすることでメッセージの受信をバレなくできる
メールであれば、全体の通知のオンとオフの設定しかできませんが、LINEであれば通知をオフにする相手を簡単に指定することが可能です。全体の通知をOFFにしていると通知がないのにマメにLINEをチェックしているような状態になり、怪しまれやすくなってしまいます。しかし特定の人からのメッセージ通知をOFFにすれば浮気や不倫をしている気配を出さずに済みます。

そして、相手が居ない時にこっそりと浮気相手との連絡を取ることができるのです。

通話が無料な上に履歴を削除することができる

LINEでの通話は電話での通話と違い電話料金が発生しません。長電話をしていて電話代がかさばってしまうと、誰と電話しているのか疑われることもあるでしょう。しかしLINEであれば通話も無料でできる上に、通話の履歴も削除することができるので証拠を完全に隠滅することが可能なのです。

電話であれば、着信履歴と発信履歴を1つずつ削除しなければなりませんでしたが、LINEであればそのような手間がかからないのです。

浮気相手の名前をLINE上で変えられる

LINEでは相手の表示名を簡単に変更できます。本来はニックネームなどを入力するための機能ですが、例えば「あや」と登録されている名前を「田中太郎」で登録することによって、女性からの連絡を男性からの連絡として偽装することが可能です。

特に浮気や不倫をしている相手の名前を、

  • ・会社の同僚や上司
  • ・友人の名前

などに変更することによって、パートナーにLINEを見られてしまったとしてもバレないようにカモフラージュすることが可能です。

浮気相手を友だちリストから非表示にできる

LINEにはブロックとは別に非表示リストというものが存在します。非表示リストに登録された人は友達リストに表示されなくなります。浮気や不倫の相手を非表示リストに追加して、尚且つトーク履歴を削除すれば浮気相手の痕跡に気づくことはほぼ不可能です。

もし非表示リストに浮気相手と思われるアイコンを発見した場合、編集ボタンを押すとトークの内容を表示することができます。ただし、一度表示すると非表示リストからはずれてしまいますので、確認したことがわからないように再び非表示リストにいれておかなければなりません。

最悪の場合、浮気相手をブロックすることで痕跡を消せる

相手の名前を変えたり、トークの履歴を削除したとしても向こう側から「次いつ会う?」などのメッセージが頻繁に飛んでくるようでは、浮気を疑われてしばらく監視をされたりしてしまった場合に言い逃れができなくなってしまいます。

監視をされている時に浮気相手からメッセージが飛んでくるという最悪のケースを避けるためにも、ブロックをして、そのあとブロックリストからも削除することにより、痕跡を完全に消すことができます。

浮気が疑わしい場合に調査すること

調査ポイント①:スマホの置き方

浮気をしていない人はスマホの画面が傷つくのを恐れて画面を上に向けますが、浮気や不倫をしている場合はスマホを下に向けて置く傾向があります。メッセージの受信や電話があった場合に画面が上を向いていると、通知でバレてしまうリスクがあるからです。

今までは上にスマホを向けていたのに、最近スマホの画面が下を向いているという場合は、怪しんだ方がいいでしょう。

調査ポイント②:LINE通知が来た際のリアクション

LINEでメッセージが来たのに、

  • 画面を確認しようとしない
  • その場でスマホを開かなかない
  • 画面を隠す

などのリアクションがあった場合は危険信号です。

普通はLINEが来たら、内容のチェック程度は行うはずです。
それをしないということは不自然な行為とも捉えられます。その場で確認しない場合は、あなたに見せることができないような後ろめたいやり取りを誰かとしているかもしれません。

調査ポイント③:スマホのパスワード

パートナーが寝ている間やお風呂に入っている時に、スマホにパスワードがかかっているかどうかの確認をしましょう。もしかかっている場合は、誕生日や結婚記念日などの設定しやすいパスワードを何個か試すことでパスワードの解読を試みましょう。

複数回パスワードを間違えてしまうと、一定時間のロックがかかってしまい、パートナーにバレてしまうリスクがあります。ロックがかかった状態でパートナーにスマホを見られてしまうと、パスワードの解読を試みたことがバレてしまうので、試すのは3回程度までにしておきましょう。

また、パスワードを同意なしに入手することは法律に触れてしまうケースもあるので、そういったリスクも把握した上で行うようにしましょう。

調査ポイント④:スマホの通知画面

LINEの中身をチェックしなくてもメッセージを確認することが可能です。通常、スマホの画面上部を上から下にスワイプをすることで過去に通知されたメッセージなどの履歴を確認することができます。

また、ここでLINEの内容を確認しても既読が付くことはないので安全に浮気のチェックをすることができます。トークの内容が気になっている場合、まずはスマホの通知画面を確認するのが望ましいでしょう。
調査ポイント⑤:LINEのパスワード設定
もしスマホのロックを突破することができたら、次にLINEのアプリアイコンをタップしてみましょう。LINE自体にもセキュリティ機能が付いているため、そこでもパスワードでロックがかかっている可能性があるのです。

LINEにロックが掛かっている場合、浮気や不倫をしている可能性は非常に高いと言えるでしょう。なぜなら、LINEのロックを解除するためには4桁のパスワードをもう1度入力をしなければならないからです。スマホのセキュリティという観点で考えれば、スマホのパスワードだけで十分なのです。

調査ポイント⑥:LINEのトーク履歴

LINEにパスワード設定がされていなかった場合は、まずトーク履歴を確認するようにしましょう。また、トーク履歴をチェックする際に必ず気を付けなければならない点が1つあります。それは未読メッセージを見ないようにすることです。未読メッセージを見てしまうと、既読を付けたということがパートナーにバレてしまいます。

また、浮気相手や不倫相手とのトーク内容から浮気や不倫の証拠となり得るものがあった場合は、必ずあなたのスマホのカメラでトークの履歴を撮影するようにしましょう。スクリーンショットを取ることで、勝手にスマホを見たという不要な証拠が残ってしまうリスクがあるからです。

LINEの未読メッセージを見る方法

パートナーのスマホでLINEのチェックをしている最中に怪しい友人からメッセージがくる可能性もあります。気にはなるけどタップしてしまったら既読が付いてしまいバレてしまいます。

パートナーにばれることなくこっそりメッセージのチェックをしたい場合は「機内モード」に設定してからメッセージの確認をするのが望ましいです。機内モードにすることによって、インターネットとのつながりを断ち切ることができるため、中身を見たとしても既読がつかないようになるのです。

ただし一部のAndroid端末だと、既読が付いてしまうケースもあるため気をつけるようにしましょう。

また、新しいiphoneであれば、トーク一覧画面を強めに長押しすることで既読をつけること無くトークの内容をポップアップ表示することが可能です。ただし、間違えて指を離してしまうとメッセージが開封されてしまうので気をつけましょう。

調査ポイント⑦:トーク履歴の流れ

LINEのトーク履歴は最新順で上から並んでいます。トーク内容が2〜3通しかないのに上の方に残っている場合や、会話が不自然に切れている場合は注意が必要です。LINEはトーク履歴を1通単位で簡単に消すことができるので、疑わしいやりとりは、その部分だけ削除しているというケースが非常に多いです。
調査ポイント⑧:LINEの個別通知設定
怪しい可能性があると目星を付けた人の個別通知をオフに設定しているかチェックしましょう。トークの右上部分にある矢印のボタンをタップすると、その友達からの通知がオフになっているかオンになっているかを確認することができます。

もし怪しいと感じる人物からの通知がオフの設定になっているということであれば、その人と浮気や不倫の関係を持っている可能性が極めて高いと言えます。そのようなことが確認できた場合は、その人をマークしてさらに詳しく調べていくようにしましょう。

調査ポイント⑨:LINEの非表示リスト

非表示リストに追加された友だちは、通常のトークはできるのですが友だちリストに表示されなくなります。したがって、非表示リストに追加されている人は浮気相手・不倫相手である確率が非常に高いと言えます。

LINEの非表示リストは、「設定」→「友だち」→「非表示リスト」から確認することができます。非表示リストに追加されている人がいる場合はその画面を自分のスマホで撮影して保管をしておくようにしましょう。

調査ポイント⑩:LINEのポップアップ通知設定

LINEの内容確認が完了したら、スマホの「設定」を確認し、LINEの通知設定を確認しましょう。サウンドやAppアイコンバッジ表示、ロック画面に表示などの通知項目がありますが、LINEでこの設定をオフにするということは、病ましい内容がある可能性が非常に高いと言えます。

LINEは私生活の中で最も重宝されるメッセージアプリなので、メッセージが来たことを知らせる通知を消すと非常に不便になるのです。つまり、わざわざ不便な選択をするということは、何かしら見られたら困るやり取りがあると推測することができます。

調査力とアフターケアのMR探偵社

パートナーのLINEにログインする方法

パソコン版のLINEを使ってログインする

パートナーのアカウントで、パソコン版のLINEへログインするには、パートナーのメールアドレスとパスワードが必要になります。また、スマホのLINEに認証用の数桁の数字が表示されます。ログインの際にはスマホのLINEで数字を入力して認証をしなければならないため、非常にハードルの高い作業になります。仮にメールアドレスとパスワードが分かっていたとしても、スマホでの認証が成功しなければ中身を確認することはできません。

さらに、ログインに成功してもスマホのLINEにログインをしたという通知が届くため、その通知を消す必要があります。この作業を行うためには、パートナーのスマホと自分のパソコンを同時に持っている必要があります。

また、1度ログアウトした後にまたログインをした場合も再度スマホに通知が行きますし、未読メッセージを開ければ当然既読が付くので注意をするようにしましょう。

LINEのトーク履歴をバックアップ・復元する

LINEのロックを解除することができても内容まで確認する時間が得られなかった場合は、トーク履歴を自分に送信しましょう。
自分のメールアドレス宛にトークの内容を送信することで、あとから内容を確認することができます。ただし、送信したメールの履歴は残ってしまうので、必ず相手側の送信履歴を削除しなければなりませんので注意してください。
コピーiPhoneを作成する
あまり知られていない方法ですが、コピーiphoneを作成するという方法があります。コピーiPhoneとは、パートナーのiPhoneと同じ情報・アカウント・アプリを持っているiPhoneのことで、浮気調査の際に非常に便利な方法の1つです。

コピーiPhoneの作り方は、今パートナーが使用しているiPhoneに対して、iTunesで「暗号化したバックアップ」をし、別のiPhoneにそのデータを復元するだけです。これでほぼ完全なコピーを作ることが可能になります。

パートナーの浮気が疑わしい時に出来ること

LINEで位置情報を送ってもらう

直接的に浮気や不倫を見破ることはできませんが、覚えておくと便利なLINEの使い方があります。それは、位置情報を知らせる機能を使用することです。

LINEには、自分の位置情報を送る機能があり、これを使うことで急に飲み会に出かけた時や、その他の怪しい行動をしている時に、位置情報を送らせることで実際の居場所を確かめることができます。もし位置情報の送信を拒否した場合は、浮気をしているなど、やましい行動をしている可能性が高いという判断をすることができます。

位置情報の送り方は簡単で、トーク画面の左下にある「+」ボタンをタップして「位置情報」をタップするだけです。

購入した有料スタンプをチェック

浮気や不倫をしている相手とLINEをしていると、相手からの反応を取るためにLINEの有料スタンプを購入することがあります。今まであなたとの会話でスタンプを使っていなかったのにも関わらず、急に使うスタンプの種類が増え始めたら注意が必要です。

浮気相手からスタンプをプレゼントされていたり、可愛いスタンプを自分で購入して送っている可能性が高いからです。
トーク画面から「アルバム」「ノート」をチェック
LINEには友だちやグループごとにアルバム機能とノート機能があります。トーク履歴は警戒して消していても、アルバムやノート機能の中には不倫旅行の計画だったり、行った時の写真の履歴がたくさん残っているという場合も非常に多いです。

アルバムには写真がずっと残るという認識が希薄な人は多いため、チェックをする価値は十分にあります。怪しいと思った人とのノートとアルバムは、もし見れるのであれば必ずチェックするようにしましょう。

LINEのアカウントを複数持ってないか確認

あなたのパートナーがスマホを2台持っていたり、タブレットを持っている場合は、そちらにもLINEのアカウントがあるのではないかということを疑いましょう。メインのスマホではなく、もう1台のスマホやタブレットで浮気相手とやり取りをしているケースが非常に多いです。

また、facebookアカウントで偽名を名乗ることで別のアカウントを作ることも可能です。出会い系サイトなどを別のアカウントで利用して浮気や不倫をするための相手を探しているという場合も少なくないので、もしメインのスマホとは別で端末を持っている場合は必ずチェックするようにしましょう。

トーク履歴を消されて証拠が掴めなかった場合

LINEで浮気相手の証拠を掴みたいけど、頻繁にトーク履歴を削除されてしまって証拠をつかむことができないという場合は、浮気相手のLINEを確認することを考えましょう。

実際に浮気相手のLINEを見るということは非常に難しいと思いますが、自分の友人とパートナーの浮気相手に友好関係があるケースもあるので、その時は友人に何気ない会話の中でトーク画面を見せてもらうようにお願いしてみるなどの策を試みるのもいいでしょう。
とはいえそういったパターンは非常に珍しいので、最後の手段として頭の片隅に入れておくのが望ましいでしょう。

確実に浮気の証拠を掴むためは浮気調査を依頼する

ここまで、LINEを使った浮気調査の方法についてお伝えしてきましたが、パートナーのLINEを見るチャンスが圧倒的に少ない場合がほとんどだと思います。さらにバレてしまった場合、パートナーとの関係がギクシャクしてしまうというリスクもあります。

もちろん、1人で浮気や不倫の証拠を掴むことが1番ですが、LINEのやりとりが見つかっただけでは不貞行為として認められないなど、法律的な壁もそこにはあります。
そこで、確実に浮気の証拠を掴むために有効なのが探偵事務所に依頼をすることです。

探偵に浮気調査を依頼すべき理由

旦那や妻の浮気や不倫が原因で、離婚や慰謝料・養育費などを請求する場合は、ほとんどの方が探偵事務所に浮気調査の依頼をします。慰謝料を請求するためには不貞行為を確認して、証拠として提出する必要があるからです。

現在は不貞行為として認められるのは、ラブホテルや旅館などの宿泊施設や愛人宅などに浮気相手と2人で入っていく瞬間の写真や動画のみです。この瞬間を素人の人が証拠として撮影をすることは労力や調査力で考えるとほぼ不可能です。そのため慰謝料を請求をしたい場合は、探偵事務所に依頼をすることで確実な証拠を入手して確実に勝訴することを考えているのです。

LINEのやり取りは不貞行為としては認められていないので、それだけしか証拠がなければ言い逃れをされて泣き寝入りになってしまいます。不貞行為としての決定的な証拠を掴んで、その補足情報としてLINEでのやり取りを提示していくことが重要になってくるのです。

LINEがきっかけで浮気や不倫が発覚した事例

最後に、ラインがきっかけとなって、旦那の浮気や妻の不倫が発覚してしまったという体験談・エピソードをご紹介します。

旦那へのLINE通知の多さから浮気が発覚

Aさん(40代女性/パート主婦/神奈川県)の事例

Aさんの旦那さんは、都内の商社に勤務しています。Aさんは高校時代の同級生で、就職した後の同窓会で再開しそこから交際に発展。3年後にご結婚されたそうです。非常に真面目な旦那さんで今回までは浮気や不倫をするような気配は一切なかったようです。

浮気はAさんの旦那さんへのLINE通知の多さがきっかけで発覚しました。家にいる時も出かけている時も、四六時中LINEの通知がなり続けていて、「誰とLINEしてるの?」と質問をしたのですが、「大学時代の男友達」とその場では誤魔化されたようです。その質問を投げかけた後の旦那さんは落ち着いておらず、あまり機嫌もよくありませんでした。

今までそんなことは無かったので怪しいと思ったAさんは、旦那さんがお風呂に入っている間に、スマホを覗いてLINEの中身を確認。セキュリティ認証は無かったためそのまま中身を見た結果大学時代の同級生の女性と不倫関係だあることが発覚。更には自分の悪口が大量に書かれていて、そのことを問い詰めた結果、旦那はほぼ逆ギレ状態。大喧嘩になり離婚することを決意したそうです。

不倫をしている事実が既にわかっているため、慰謝料を請求して離婚をしようと考えたAさんは探偵事務所に浮気調査の相談に行きました。険悪な関係状態のため、旦那さんは家に帰って来ず、不倫相手と不貞行為をしている瞬間の写真を撮影するのに時間は掛かりませんでした。結局、浮気の証拠を元に慰謝料を請求した結果、合計で500万円の慰謝料を取ることに成功しました。

妻のスマホからライン通知が消滅。不倫相手と隠れてやり取りをしていた

Bさん(40代男性/会社員/長崎県)の事例

Bさんは40代の会社員です。奥さんは3個下で普段はパートに出ているそうです、夫婦中はたまに喧嘩をする程度で基本的には良好でした。

Bさんが奥さんの浮気を疑ったきっかけはLINEの通知が明らかに少なくなった時です。自分がLINEを送っても通知がなることは無く、「なんで急に通知が鳴らなくなったんだろう・・・」と不審に思い、奥さんが寝ている隙にLINEのメッセージを覗いてしまいました。

すると、悲しいことにLINEのメッセージはパート先の社員と思われる男性からの愛のメッセージでした。奥さんのスマホにはロックが掛かっていたので中身は見れませんでしたが不倫関係にあることが簡単にわかってしまったのです。その瞬間Bさんは絶望してしまい涙を流してしまったそうです。

問い詰めてみようと思ったものの勇気が出ずに結局、何事も無かったかのように過ごしていたのですが、どうしても浮気については許すことができずに、結局妻に慰謝料の請求をすることに決めました。非常に大きな決断でしたが、証拠を取らなければ慰謝料を請求することができないのは法学部出身のため知っていて、思い立った瞬間すぐに探偵事務所に相談に行きました。

調査結果は、パートに行くと言っていた平日の昼間に頻繁にラブホテルに言っていたという悲惨なものでしたが、十分な浮気の証拠にはなったために相手の男性に直接慰謝料を請求しました。相手は家族にバレるのも会社にバレるのもまずいということで非常に焦っており、すぐに400万円の慰謝料が振り込まれました。奥さんには、浮気が発覚したことも、浮気の調査をしていたことも一切伝えていなかったため驚いていましたが、離婚する旨を伝えてすぐに離婚をしたそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はLINEでの浮気を見破る方法について解説してきました。LINEで浮気を見破ることは相手が警戒していればしているほど困難になりますが、今回の方法を実践して少しでも多くの証拠を掴んで頂ければ幸いです。

浮気や不倫を疑っている時は非常に気持ちが辛いかもしれませんが、事実を確かめなければ前に進むことはできません。ぜひ浮気や不倫を見破って、賠償請求や離婚などの調停を有利に進めて幸せな日常を再び取り戻してくださいね。

MR探偵事務所の浮気調査はこちら

浮気調査・不倫調査動画

MR探偵事務所ではみなさまに探偵をより身近に感じていただき、探偵調査のことを知って頂くために[YouTube]チャンネルを開設して浮気調査・不倫調査の調査動画も配信しております。万が一お困りの時になったら探偵という選択肢を知って頂ければと思います。

【浮気調査】二人の男と不倫?探偵の尾行映像を特別公開!第一弾

【浮気調査】不倫旅行を追跡!! 名探偵の調査映像特別公開!第二弾

【浮気調査】同級生で不倫!?[探偵の調査映像を特別公開!第三弾

田村 淳
24時間 365日 相談・見積もり無料!
まずはお気軽にご相談ください。